世の中に無い言葉しりとり(2)

世の中に存在しない言葉を作り、その解説やエピソードを書く妄想コーナー。
しりとりの言葉数は自由。「ん」で終わらないことだけが規則。同時に送られてきた場合、適当にひとつを選んで次の言葉に繋げていくが、採用されてもされなくても5ポイント。
さあ、どこにもない新しい言葉を作っちゃえ!

応募はメールにタイトル「しりとり」で送ってくださいな〜!
尚、この(2)から語尾に「ん」もOKとします。その場合、ひとつ前の言葉から繋げてください。
例えば、みかん→かんしゃ→しゃしん→しんぞうの様に。よろしく〜




ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラランド

2016年にアカデミー6部門を受賞した作品のpart10目の作品。(わいわい)。

ラ・マン茶の男

映画、愛人とお茶を飲みに行こうとする男の物語。(わいわい)

lieと空っ風

義理人情上毛かるたの「ら」。群馬県民は義理と人情に厚いが、すぐ「疲れたー」と言って横になってしまうこと。またはその例え。(わいわい)

ランボル・ギーニー

三浦ロス疑惑の三浦氏が逃げに逃げた時、ランボルギーニーのようにすばしっこかったこと。そしてなかなか見つからなかったことを「ランボルギーニー・イオタ」という。(わいわい)

らくろう‐ぐん【楽浪群】

楽して浪人してもあまいいい大学群しか受からないぞという準え。またはその教え。(わいわい)

ランキング

国の代表が走るマラソン大会。
国王が居る国は国王が、日本からは総理大臣が強制的に参加させられると言われている。また、国によっては優勝できなければ帰国後すぐに公開処刑になるようである。(西大路)

楽あれば楽ばかり

平等な世の中は存在しません。楽ができる人は常に楽ができるのです。
逆に苦がある人は苦ばかりです。(反対語:苦あれば苦ばかり) (よこよこ)

リア獣

熊のヌイグルミだと思ったら本物の熊だったりすること。偽物に見えて本物であることの例え。(19/9/23)

ウサイン・ボトル

ボトルチャージをしても速攻で無くなること(紫の上)

膿は広いな大きいな

大怪我をして身体中から膿がこぼれ出してる様子。ホラー漫画によく出てくる。(富士の病)

野ぐそ峠(ノグソトウゲ)

国道や都道府県道にある峠の内、トイレの空白地帯で特別に大小便をする事が許されている峠。ただ、トイレットペーパーや手洗い用の水は各自で準備し、汚物は埋める事が条件である。(西大路)

ノーリスクノータリーン

リスクを一切背負わないことは何も生み出さないただのおバカさんという意味。(亀太郎)

兎滑稽(うこっけい)

可笑しなウサギちゃん。いつも笑わせてくれるみんなのアイドル。(メアリー)

産もう布団(うもうぶとん)

子作りの為に用意された布団。少々乱暴に扱っても破けたりしない。(五次郎)

豚息(とんそく)

豚のフガフガいう息に妙に興奮する性癖の人。養豚場勤務の人に時々見られる。(19/10/14)

苦死刺し(くしざし)

活きのいい鶏の首を絞めて苦しめてから殺して、そのまま焼き鳥にすること(ももか777)

首切り全員楯突いたらカリ原液飲ます(くびきりぜんいんたてついたらかりげんえきのます)

ブラック企業の社長の間で流行ってる歌。言うことを聞かない社員をクビにする時、逆らった人には青酸カリを原液で飲ますと脅す際に歌う歌(ももか777)

苦渋栗浜(クジュウクリハマ)

一面が栗で埋め尽くされている浜。気候変動が原因でなったと言われているが、潮干狩りをしたい人はそんな浜を観ながらひたすら泣き続けていると伝えられている。(西大路)

Queen(食えーん)

クィーンではなく、これ以上食えない、という意味であります。(紫の上)

えーん会

ただ滂沱と皆で涙を流しながらやる宴会。葬式とかそういうことではなく、純粋にえーんと泣きたい人たちが集まる会。(19/10/22)

石川コウジーパウエル(イシカワコウジーパウエル)

打楽器や音の鳴るものはおもちゃでも何でも楽器にして巧みに演奏してしまう音楽家。かつては伝説のバンド「TAMA」に在籍していたが2003年に惜しくも解散。現在ソロ、ユニット、オーケストラ、アイドルグループ等参加し渡り鳥の如く活動している。(もちっこ)

伊勢AB

イセエビのランク(紫の上)

委飲会(イインカイ)

新入社員が中心になって企業の枠を越えて集まる飲み会。
上司からの飲み会参加の強制問題や、花見の場所取り問題など、パワハラセクハラについて考える事を目的にしている。 公務員にも参加資格が与えられていて、弁護士も居るようである。(西大路)

磯野カオリ

漫画「サザエさん」の登場人物。15歳の中学3年生。波平の双子の兄の海平の娘。福岡在住。つまり、サザエ、カツオ、ワカメにとっては従姉妹となる。その名前のとおり「磯の香り」の体臭があり、ひそかに悩んでいる。(仏壇返さん)

いざ石川

いざ石川とは、台本にない即興的な行動、動き、言葉などをして、面白く感動することをやる時に使う言葉である。(よこよこ)

胃腸並木(いちょうなみき)

胃腸が生えている木が延々続いている道路。(ハンニバルカーニバル)

キツキタネ

キタキツネに似ているがキツくて汚ねえ動物。(19/11/10)

ネットカフェ

指名手配犯とその同行者が入店可能なカフェ。経営は犯罪歴のある者に限られていて、指名手配犯になった者が自身所有の携帯やパソコンからインターネットにアクセスする事で店の情報がメールで送られるシステムになっている。(西大路)

熱湯カフェ

すごく熱い飲み物しか出てこないカフェ(ハンニバルカーニバル)

ねんねんごろごろ

  愛猫と心が通じ合ってたわむれるさま(ももか777)

ネットアビュースドランカー/Net Abuse Drunker

インターネット上で他人を罵ることで快楽を得る、仮想優越感中毒者。この世に無い言葉だが、すでにこの世に誕生している現象の一つである。(テングザル)

寝た子はコタツ

こたつで寝た子は育つという、古老の言い伝え(紫の上)

寝る子は粗雑

寝てばかりいる子供はマナーを覚える時間も寝ているので粗雑になることが多いこと。(ゼンバーグ)

妻身食い(つまみぐい)

夫婦の営み。(19/11/22)

イチロ

偉大なスーパースターイチローは有言実行。無理そうだと思っても言ったことは必ず実現する男である。
イチロはイチローから一を引いたもの。
イチロからイチを引いたら口だけになる。
つまり口だけの人のことを揶揄するときに使う言葉である。(よこよこ)

胃癌退職(イガンタイショク)

癌が理由での退職。(西大路)

イカロスのジェットスーツ

イカロスの翼で有名なイカロスは生きていた。何度もの失敗を重ねたが、ついにジェットスーツの開発に成功した。失敗は成功の母、七転八起と同義。用例「あいつもついにやったか。まるでイカロスのジェットスーツ(イカジェット)だな」(デングザル)

イージー好かん

なんでも簡単に考えることが嫌だという人。軍艦に乗っている人に多い(ゼンバーグ)

嫌よ嫌よは嫌の内(いやよいやよはいやのうち)

主に恋愛の駆け引きに使われる。相手の断り方(甘えた声での「やだぁ~」等)によって本気で嫌がっていない心情を察した時は、交際もしくは一夜を共にする等、良い結果になるかもしれないが、大抵の場合は本当に嫌なので勘違いしないようにという戒めの言葉。(もちっこ)

ちんげくさい

チンゲンサイの古くて臭うもの。チン毛とは一切関係ない。(19/12/13)

陰毛蔓(いんもうづる)

最近薬物使用で次々と逮捕芸能人。よく芋づる式で芸能人が逮捕されるという言葉で表現されるが、実際は陰毛蔓でつながれていたことがわかった。(もちっこ)

ISISる(いすいする)

  イスラム国のツイッターにマンガ・アニメ・ゲームの画像を送りつけたり、またオタク好みの18禁エロ画像を送りつける事(ももか777)

衣料事故(イリョウジコ)

買った服のサイズが、表示と実際と違っていたなどのトラブルを言う。靴や靴下のトラブルもこれに分類される。(西大路)

いじめ虐待犯罪対策部(いじめぎゃくたいはんざいたいさくぶ)

自身の評価に傷が付く事を恐れ「いじめ」や「虐待」の解決どころか隠蔽に走る教諭や職員たち。そこで誕生したのが「暴力団犯罪対策部」(通称:マル暴)のOB・OGによって組織された、子どもたちの生活を守る「いじめ虐待犯罪対策部」(通称:マルい)である。(テングザル)

淫具ランド(いんぐらんど)

  ウキュピ郡アッハッハー村にあるアダルトグッズショップ。イギリス人が経営してるらしい(ももか777)

土瓶虫(どびんむし)

土瓶の形をした不可思議な虫。南米で最近発見された。おいしい。お湯の中に入れてスープ状にすると独特のコクが出る。(19/12/23)

尿瓶蒸し(しびんむし)

陶器で作った尿瓶の内部にいれた小便を蒸して飲む料理。北東アジアアルタイ地方で古くから残る風習として珍重されていた。(入江の陰核)

寝具マザー(シングマザー)

子供に催眠術をかける事のできるお母さん的女性。現役母は勿論、出産や子育て経験のない女性でも問題なし。(西大路)

しがら味噌

しがらみに苦しむ人たちが集まって一緒に作った味噌。味噌樽がとても大きい。(もんぢゃ)

シマクマの誉れ(しまくまのほまれ)

パンダを見たことがない画家が友人に説明を求めた。友人は笑いながら「白と黒の模様をした熊だよ」と答えた。画家はシマウマを連想し、シマ模様のクマを描いた。その絵は現代アート界で「シマクマ」と称され2億円もの値が付いた。無知から価値が生まれることもある、転じて"無知を馬鹿にしてはならない"という教え。(テングザル)

志村県(しむらけん)

関東地方にできた新しい都道府県。県庁所在地は東村山市であるが、現在県内はこの市しかない。知事はシムラヤスノリ氏。
名所は白い顔したバカな殿様がいる城とブルドッグの散歩をするチンパンジーがいる動物園。
挨拶は「アイーン」、会話を終わらせる時には「だっふんだ」で締め、相手の名前を聞く時に「何だチミは?」など独特な方言が特徴。教育面では早口言葉、スポーツ面ではパイのパイのパイ体操を取り入れるなど盛んに色んなことに取り組んでいるが、知事に良く似た変質者の被害が1番多い危険な県でもある。(もちっこ)

けんちんちん汁

ちんちんの形のきのこが入っている東北地方の一部で冬に食べられる汁。きのこの種類より、いかに本物のちんちんに似てるかがより高貴なものとして珍重される。(2020/1/6)

ルーズヘアー

美容業界にて新しく誕生した名称で禿げ散らかした状態にする髪型のこと。「もう薄毛でからかわれるのは沢山だ!」と思った日本人美容師が発案した。
あの漫才師も役者も司会者も音楽家もゲストコメンテーターなども実はこの髪型のセットをしているとかで密かにブーム進行中。(もちっこ)

類線がゆるむ

年を取るといろんな所の線が緩む。涙腺だけじゃない。(かきあげ)

ルーザーズ

ルーズな人ばかりで結成されたグループ。バンド・お笑いなど、何でも良い。(西大路)

ループおじや

わんこそばの如くおじやを盛られる。
食べても食べても盛られる。輪っかの中で食べる。輪っかから出ると盛られない。(波乗りJ)

ルイージ・マリオシンドローム/Luigi Mario Syndrome

マリオの弟ことルイージの「僕はいつだって有名なマリオ兄さんの弟でしかないんだ。みんな僕のことをルイージじゃなく"マリオの弟"としか見ていない。僕は何者なんだ?」という、特に有名な家族を持つことから発生する自己認証喪失症候群の一つ。ルイージ症候群。(テングザル)

無視マニア

誰からも無視されてひとりでいる状態が一番好きな種類の人たちのこと。集団に馴染まず、変にかかわってくる人を拒否する。21世紀になって増加していると言われる。(20/1/12)

青田狩り(あおたがり)

この世の青田さん全員をカツアゲすること。(ポコポコ)

アホロ11号

月と間違えて太陽に行ってしまったアホな宇宙船。(ナタデンココ)

汗ち料理(あせちりょうり)

汗かきの人が作るおせち料理。塩分が多いので食べ過ぎ注意。(もちっこ)

アベとアソウの知恵比べ(あべとあそうのちえくらべ)

ある国にアベとアソウという二人の極悪人がいた。ある日その二人が知恵比べをしたが、あまりにも極悪すぎて出てくるのは悪知恵ばかり。見物人も呆れるばかりだった。そこから転じて、やればやるほど悪い方向へと進む様子、やらぬがマシの意。用例「あいつに修理を頼んだが、ますます壊れているじゃないか。ありゃアベとアソウの知恵比べだな」(テングザル)

アナルホジッチ切断面

アナルセックスを行なうときにカリの掘削角度によりアナルの切断面が変化することをAV男優の島袋浩氏が発見、2007年のAVNポルノアワード学会に学術発表した。(トマト夫人)

麺財布(めんざいふ)

麺チェーン店だけで使えるカード。このカードで支払うとトッピング(ネギ、海苔、煮卵)のうち一品が無料サービスとなる。罪は帳消しにはならない。(20/2/1)

腐卵臭料理(ふらんしゅ・りょうり)

字のごとく、硫黄や硫化水素の臭い、すなわち「腐卵臭」を取り入れた日本料理のことをいう。2030年代の全世界的な活火山活動期に火山近くの温泉地帯にて流行を見せた。(トマト夫人)

腐卵宗

全体的にちょっと臭い宗派。お経を唱える前には必ず頭に硫黄の塊を乗っけなければならない。(ナタデンココ)

風鈴は文化(フリンワブンカ)

「不倫は文化」と言っている人の言い換え語。またこの言葉には、風俗は文化という意味もある。(西大路)

不明金玉【ふめいきんたま】

股間を強打してしまったことで睾丸が増えたように見える現象。時間が経てば自然消失する。某音楽家が昔なったといわれる。(もちっこ)

ふえなくてもワカメ

成長したワカメだったが、背は低く胸も小さいままだった。コンプレックスから引きこもりがちになったワカメにカツオはこう言った。「ワカメにはワカメにしかない良さがあるんだよ。増やすべきなのはサイズじゃなくて自信じゃないかな?」と。その日からワカメに笑顔が戻った。他人と比べる必要なんてない、一人一人が素敵なのだという教え。(テングザル)

ふれ(ふれ)

原日本語にあった指示代名詞でラテン語のiste(君の言うそれ)に相当する。
話し相手の近くにあるものを指して使われていた。連体詞は「ふが」で「君が言うその」という意味になる。
例文 我、ふれを欲す。故にふが願ひ叶えん。(私は君の近くにあるそれが欲しい。それ故君が言うその願いを叶えよう。)(ももか777)

フーセンゴム

コンドームを膨らまして風船のようにしてベッドの上でファンタジーに浸るもの。
時に全部風船にして飛ばしてしまい、気づいたら使用分がなくなってることもあるので注意。(ゴーゴン)

ふんどしを脱ぐ

気を緩めること。
男をやめること。比喩としても使う。「こんなんだと俺はふんどしを脱がないといけない」等(よこよこ)

不自由自由

不自由なことをあえてマイナスと捉えるのではなく、むしろ積極的に楽しむ自由のこと。
緊縛などのこともいう。(ハンニバルカーニバル)

うんこー情報

うんこがあと何分で肛門まで達するのかを計る機械。外出時に便利である。(20/2/13)

ウンコのめざめ

埼玉県ウキュピ郡アッハッハー村のコウジ畑でしか栽培できない野菜。色は茶色でトグロ形状、臭いがきついがホルモン焼きとの相性は抜群。季節を問わず栽培できるのだが、2月に限っては生産者が行方をくらますので、出荷されない。(もちっこ)

膿の日(うみのひ)

悪い子は罰として、「海の日」を「膿の日」にされて体中膿だらけになります。(ポコポコ)

ウィーンキーッペディア

突然動いて急ブレーキをかける 危ないドライバーの百科事典(ズミ天)

うしだらな息子

「ふしだらな娘」ならぬ、「うしだらな息子」。前者は天然色情狂で男漁りに精を出すが、後者は牛がだらりと舌なめずりするように妄想してばかりの童貞せんずり野郎のことを言う。1日10回以上せんずり射精に精を出すばかりで部屋はいつも栗の花の匂いが漂っている。(かぶと小五郎)

ウランバトル

人形峠頂上でウラン開発や使用について、賛成派と反対派が行う討論会。(西大路)

海のグソクムシ山のダンゴムシ

毎日毎日浜辺でケンカばかりしているダンゴムシ兄弟を見兼ねた神様が、「似た者同士とは言え、そんなに互いが嫌いなら離れて暮らしなさい」と兄を海へ弟を山へと放り投げた。嫌いだったら尚のこと気にするなという教え。用例「あいつらは海グソク山ダンゴの方が幸せになれるのにな」(テングザル)

梅はサイダーか 錯乱はまだかいな

とある梅酒のソーダ割りを好む名士が、これまた好みの嗜虐的なシーンの鑑賞に際し放った言葉。
転じて、自分が好むものを自分が好む飲み物とともに寛ぎながら楽しむ様を表す慣用句となった。(たちつ亭と〜助)

ナベツカミ

オナベさんを探して「見っけ!」とつかんで捕まえること。但しシャレが分からないと「なんじゃ、おめえはっ!」と殴られる危険性がある危険なゲーム。(20/3/1)

ミジンコ切り専用包丁

  小さい物も切れるように工夫を重ねられた逸品。使いこなせる人はいないし、使い道も無い。(Kotosan Dog)

南風邪(みなみかぜ)

南半球で流行る風邪。インフルが流行っている時期に南半球で流行っている。国を閉鎖しないとおさまらなくなることがある程の勢力。(ポコポコ)

三毛ランジェリー

布地に三毛猫の抜け毛を付けて作られた女性用下着。白・茶・黒色がバランス良く配置されていてエロいデザインが多い。主に夜の営みで使用されていたのだが、抜け毛に潜んでいたノミが原因で陰部が痒いとクレームがたくさん出たので製作中止になった。(もちっこ)

ミント納豆

ミンダナオ島の名産、オッタクァミィゴの通称。通はパクチーと一緒に刻んで食べる。(ズミ天)

ミラーボールも自分じゃ光らず

キラキラと輝いて見えるミラーボールも、当たった光を反射しているにすぎない。どんなに優れた人であっても他人に助けられていることを忘れるな、他人の才能を受け止められるよう自身を磨きなさいという教え。(テングザル)

ずらかった

あまりに辛過ぎて、ハッと気づいたら知らぬ間にズラを買って被っていたほどの状態。
心労が多過ぎて意味不明な行動をしてしまうこと全般を指す言葉。(20/3/17)

た抜き言葉(たぬきことば)

  ウキュピ郡アッハッハー村の方言で過去形の「た」を言い忘れる現象。
「さっきご飯食べ…」「それ買っ…の」など。(ももか777)

タバスコタバコス

元来は禁煙用に作られた激辛タバコであったが、タバスコマニアの間で評判となり高値で売買されるようになった。最近ではタバコスタバスコの名で偽物(ただのタバスコ)まで出回り社会問題となっている。早口言葉の「タバスコタバコスタバコスタバスコ」はこれが語源。(テングザル)

タニシ専用ギター 

タニシサイズのギター。人間が演奏できる大きさではないのでこれを演奏できる人はいないし、タニシは楽器をできないので音は誰も聞いたことがない。(Kotosan Dog)

たんぱく室

マッチョな人しか入れない部屋。(ナタデンココ) 

タシる 

薬で何度もしょっぴかれること
例文 隣の奥さんタシったらしいわよ(ズミ天)

鱈馬鹿煮【たらばかに】

材料:鱈 1匹、大量の水
作り方
1.沸騰した水に鱈を入れ「これでもか!」というほど、長時間煮ます。(おおよそ2~3日)
2.煮汁と身を別々に分け、煮汁を捨てます。
3.残り身をそのままいただきます。
ポイント
あまりにも味気のなさと時間を要したので、調理したのがバカバカしい気分になります。(もちっこ)

ニンジン検査薬

体の中にニンジンが入ってないか検査する薬。
カレーやシチューを食べた人の中には結構な割合で入ってる。(20/3/28)

クンニ河内

日本のミュージシャン、作編曲家。1984年にB級アイドルグループ「おっ立ったーず」の企画立案を手がけ、深夜番組でプチプレイクさせる。その最年少メンバーで当時17歳だった草井満子と結婚するもその後離婚。現在、ネットフリックスで製作中の「全裸監督2」の劇伴を担当するとうわさされている。(大月源信)

クルッタエビ

出荷されてもなお、狂ったように飛び跳ねるエビ。
味はまずい(ズミ天)

九条鞍馬口(クジョウクラマグチ)

京都市中心部を全面的に作り直す計画で通される通名を付けた交差点。ここには地下鉄鞍馬口線の苦情(クジョウ)駅が設置されるが、市民の意見を無視した都市改造のため駅名はこのようになったと言われている。(西大路)

栗子県

  音楽が盛んな県。リコーダーで有名。県内の学校ではアンデス25が用いられている。(Kotosan Dog)

臭みは香水のもと(くさみはこうすいのもと)

最高級の香水にうんこの臭気が足されているように、魅力を完成させるためには何らかの臭みが欠かせないものである。転じて"欠点があってこそ人はより魅力的に見える"という教え。「臭みは旨味」と同義。(テングザル)

クレームシチュー

とてつもなく不味くクレームが絶えないシチュー。(もちっこ)

チューチュータコ買いな

おっさんにキスされたと思ったら、蛸の押し売り。(20/4/13)

なにわ315(ナニワサイコウ)

関西が日本から独立して新しい国家を形成する時、大阪に首都を設置するためのキャッチフレーズ。ただ、これに猛反発した京都は独自の国家を形成しようとするも、内戦で焼け野原になったと言われている。(西大路)

梨子藩(なしごはん)

  江戸時代に在った藩。梨と米がよく取れた。(Kotosan Dog)

泣っくるボール

泣きながら暴投。だいたいその場にベシャリと落っこちる(ズミ天)

名指しの権兵衛

名を名乗らずに手伝いをした人が、噂を糧に有名になった様を指す。匿名で人助けをしたつもりでも、わりと顔が売れて実質名前を売った人を称賛する慣用句。(たちつ亭と〜助)

夏の冷房に冬の暖房(なつのれいぼうにふゆのだんぼう)

夏の冷房と冬の暖房が体調維持には欠かせないことから、転じて"順調な時の冷静なアドバイスと落ち込んでいる時の温かい言葉は生きる上でありがたいものである"という教え。逆にならないよう注意すること。(テングザル)

ナイチンガール

元は男性だったが、切り落として女の子になった人のこと(オションション)

ルイ・アームウイーク

ジャズ・ミュージシャン、ルイ・アームストロングの弟子。腕の力がすこぶる弱く、ほとんどの楽器が持てなかったミュージシャン。(20/4/21)

蔵スター(クラスター)

酒造会社などに居る、信頼の熱い社員の事。社長は勿論、現場社員でも事務員でも良い。(西大路)

クリーム地図

  クリーム関係の場所(牛乳を売っている場所など)に特化した地図。(kotosandog)

暗いム

悪の組織。根暗で陰湿な作戦しかしない。(ズミ天)

九鳥人(くとりひと)

  日本国憲法第九条を守る平和主義者。平和を表す鳩のマークをいつも胸につけてる人達。 (ももか777)

区民な差異区民な差異(くみんなさいくみんなさい)

  JR線が通ってない練馬区の住民が持ってるコンプレックス。他の区から埼玉県扱いされて、その差異が 練馬区民を苦しめてると云う。 (ももか777)

クル女イカ(くるめいか) 

通い妻が事後の後イカ臭いまま外出して、何をしたかバレる様。 (ももか777)

  九―苦楽九蘭主義(くーくらくくらんしゅぎ)

伝説のコスプレイヤー九蘭嬢の信条。ローアングラーなどマナーが悪いカメコでも受け入れる主義。
九蘭嬢はマゾなので、どのような苦楽でも快感に変わるという (ももか777)

クマノミ

体長・体格共に熊並に大きい蚤【熊蚤】。映画で有名なオレンジのおさかなではない。蚤と同様に跳ね回って移動するので、着地したときの地響きと迫力は小動物から恐れられている存在。鮭が大好物。(もちっこ)

ミットもない

お金のない野球チームのこと。グローブもバットもボールも無いので、木で石を打ってやってる。ケガ人続出。(20/4/28)

茨鼠(イバネズ)

茨城に生息する鼠。ギターを弾くと寄ってくる。特にアイバニーズ製のギターを好むという。(Kotosan Dog)

怒ヶ石(イカリガセキ)

日頃の鬱憤をぶつける事ができる石。ぶつける事で発散できるだけでなく、ぶつけられた石は相手や状況を判断して攻撃を加えたりもする。合法的殺人に使えるため、多国から期待されている。
なお、JR奥羽線の碇ヶ関駅とは何の関係もない。(西大路)

鋳物煮えたも御存じない

映画「ボルケーノ」〔1997年〕を鑑賞していたときに気づいたこと。ロスアンゼルス市街の地下深く、近隣の活火山から溶岩流が流れてきた。マンホールを熱しついには溶岩が地下から地上にマグマが噴出した様子を目撃した瞬間、わたしが思い浮かべたフレーズ。つまり「マンホール=鋳物」が煮えたんです。それを主人公の科学者は先に気づいたのですが、ほかの市民はまだ誰も気づかない。つまり「鋳物煮えたも御存じない」状態なんです。パニック映画の定石パターンですね。はじめは誰も信じないのに、あとから遅れて気がついたときは滅亡直前というやつ。 (波照間エロマンガ島)

イジリウム(いじりうむ)

股間の弄り過ぎで精液や愛液に時々含まれる金属成分。
舐めると性欲が上がるという。(ももか777)

威嚇サイ

体からイカ臭い匂いを醸し出して威嚇し、外敵を近寄らせないところからこの名前が付いたサイ。しかし、匂いフェティシズム達の酒のアテとなり良く狩られるので、近々絶滅危惧種に選定される予定。(もちっこ)

磯野揚げ

サザエやカツオ、ワカメを混ぜ込んで揚げたもの。
塩をかけていただく(ズミ天)

伊豆から見えるハワイ島(いずからみえるはわいとう)

ハワイは年間8cmづつ日本に近づいており、8000万年後には完全にくっ付いてしまう。どんなに遠い道のりでも、時間を掛ければ達成できる事だってある。「塵も積もれば山となる」「雨だれ石を穿つ」と同義。(テングザル)

牛のダンスはブザマでステキ

決して姿形がスマートでは無い牛が踊ると、それは当初見てられないほどカッコ悪いと思ってしまうが、そんなことも気にせずに懸命に楽しんで踊ってるさまは、返ってとても魅力的に見えることがある。
転じて、価値観の逆転現象のことを言う。(20.5.9)

キンタマキリキリ金曜日

キンタマを万力で、キリキリ絞め上げる日(ズミ天)

キッサンボッサン

Kiss and 菩薩さん(口づけしたら菩薩になった)(万里小路)

金ブラ(キンブラ)

金玉用ブラジャー。左右別々になっているのが特徴で、以前紹介したチンブラとは別物である。(西大路)

金太の大暴言

「間に合うね?」「参った~!」「『間借り!?』って噛みつかれちゃった」などなど、特定の名前の人が発言に際し注意すべき語録のこと。(たちつ亭と~助)

キトゥーちゃん

頭の先端が亀に似ている人気ネコキャラクター。
撫でると硬くなるらしい。(もちっこ)

切手も一人じゃ旅をできず(きってもひとりじゃたびをできず)

切手が貼ってあっても郵便屋さんがいないと相手には届かない。転じて"どんなにお金持ちだろうと人の手を借りなければ生きてはいけない"という教え。用例「そんなに威張り散らしてどうする。切手も一人じゃ旅をできず、だぞ」(テングザル)

ズリネタ探して朝になり

夜に「ちょっとオナニーして寝るか〜」と気軽な気持ちでズリネタの動画などを探しているが、納得のいくものがなかなか見つからず、結局朝になってしまうこと。
些細なことが翌日の行動に響くようなおおごとになってしまうことを指す。(20/5/18)

臨検バンド

戦時国際法に定められた公海上の敵国船舶内における強制的な立ち入り検査を実施する時、2030年代においては国際法および国同士の利害が複雑に絡まりあい、臨検が10時間以上に及ぶことが常態化された。それに対して監査要員のストレスを軽減するために、その10時間のあいだBGMとして船舶上でライブコンサートが行なわれるようになった。それを称して「臨検バンド」と呼んだ。(波照間エロマンガ島)

リュウ・チジョウ

中国のアクション俳優。幼いころから格闘技に親しみ、中国で放送されているニセウルトラマンのスーツアクターも務める。(ズミ天)

リマスク

感染予防の効果のないマスク。予防できると思い込んで使用している事が問題になっている。(西大路)

リトマストゥイッター機能(りとますとぅいったーきのう)

2020年、愚劣な政権によるネット工作で、トゥイッタージャパンはデマとフェイクニュースが溢れ返る最悪の状況だった。そして政権が倒れると、情報モラルを回復すべく新たな機能が登場した。AI〈人工知能〉判定による、信ぴょう性の低いトゥイートは赤く、逆に高いものは青く、どちらでもないものは変化なく表示される機能である。(テングザル)

リッ屁クリーム(リッペクリーム)

腐った卵状の香り成分が含まれた化粧品で、セクハラ対策として開発された。
キスを強要されそうな時に予め自身の唇に塗ると、その臭さに相手が怯んでしまうという画期的にも見えるが、塗った当人も酷い腐臭で倒れることもあるという諸刃の剣みたいなリップクリームである。(もちっこ)

ムツシロウ

畑正憲さんのひとつ上の兄。植物王国の国王。(20/6/8)

撃マスク(ウチマスク)

銃やナイフの柄入りのマスク。これに、「近づいてきた者は容赦なく襲撃」と書いておく事で、かなりの感染予防効果が得られると言われている。なお、コロナ患者が日本で初めて確認された頃から開発に取り組み始められていたようだ。(西大路)

恨身 粂子(うらみくめこ)

大御所女優で、おばあちゃんアイドルとしても活躍。お茶の間で白目をむいて藁人形を打つ姿が懐かしい。(ズミ天)

うんとこどっこい少林寺(うんとこどっこいしょうりんじ)

中国のある村に浩浩〈ハオハオ〉と呼ばれる少年がいた。何をやらせても「うんとこどっこいしょ」と周りの誰よりも遅かった。しかし彼には「拳法の達人になりたい」という夢があった。毎日毎日ほんのほんの少しづつ少しづつ技を覚えっていった。それから50年、彼は立派な少林寺……パーカッションの達人となった。転じて"夢を叶えるスピードは人それぞれに違うもの"という教え。(テングザル)

牛には牛のやり方がある

千葉県八街市にて繁殖農家を営む、鈴木牛右衛門さん〔64歳〕は、畜産市場から子牛を買ってきて、見よう見まねで食用牛を作ろうとしました。ところが牛は大きくなったものの、食用には適さないと千葉県の農業試験場の早田敦博士〔62歳〕にこきおろされます。「牛には牛のやり方があるんだ」と早田博士は鈴木牛右衛門さんに言葉を残しますが、鈴木さんにはなんのことかさっぱりわかりません。鈴木さんがあることに気づき日本一の食用牛を生み出すのは、早田博士の言葉をもらって34年後のことでした。鈴木氏は98歳になっていました。(波照間エロマンガ島)

ウシレレ

見た目ウクレレそっくりだが弦を弾くと「モォ~」と鳴る。
子供達に演奏する楽しさと、動物にもっと触れあってほしいと願う植物王国の国王ムツシロウさんの弟である畑正憲さんが考案と言われている。音調整する時にペグを回すと何故か乳が出る。
他にもイヌレレ、ネコレレ、サルレレなどの動物シリーズがある。(もちっこ)

冷急車(れいきゅうしゃ)

クール宅配便のこと。死体の保存移動にも使える。(20/6/23)

車歌(シャカ)

バスやタクシーなどの車内で流される歌や音楽。車両一台ずつに専用の曲が作られている。ただ、路線バス内で音楽を流す事には不評もあり、京都市交通局が一時期実施していた類似の取り組みが中止に追い込まれた経緯もある。(西大路)

シャブシャブ

鍋料理の1つ。肉、野菜などの具材をダシがひたひたに入っている鍋にくぐらせて食べる。但しダシは違法な薬が…。 (もちっこ)

シャーマニズム・ユートピア/Shamanism Utopia

全ては神の思し召しであると考える人々によって作られた、かつて地上にあったとされる楽園。どんな事象も神のせいであると思うことで憂いなく生活できていたが所詮は人間、あるゆる犯罪も神の御心であると屁理屈を述べる悪者たちが現れ遂には滅びた。転じて"神の言葉ではなく己の良心に従え"という教え。(テングザル)

ヤンバルクンニ

2020年に日本で発売され世界的に流行した大人のおもちゃ。
マスク状のゴムバンドにPVC製の鳥のクチバシ的形状のものを装着し、女性の秘所にあてがう。ゴムバンドには超小型スピーカーが内臓、FM音源の鳥のさえずりが流れ微振動しバイブレーたー機能を有する。ヤンバルとは沖縄本島北部地方の名称。(波照間エロマンガ島)

人肉(ニンニク)

「やけに臭みの無いニンニクだなあ。美味い、美味い」と食ってたら...。(20/7/10)

クレームコロッケ

シュークリームなどに使われているクリームが入ったコロッケ。味は賛否両論あるようだが、一人でも食べる人が居る限り販売し続けるという話である。(西大路)

苦もあるさ

にんにく食べてたら多分おいしく感じる瞬間があるって(万里小路)

クスコ藤原の医療プレイショー

医療系SM女優のクスコ藤原による膣鏡を使った医療系SMビデオシリーズ。クスコ藤原は攻め受けどちらのプレイも可能なユーティリティープレイヤーである。(波照間エロマンガ島)

食う集合

  美食家の集合体(Kotosan Dog)

クチブル

ブルブル震えてる唇のこと。(夜逃げくん)

くだらなくないくだらない

世の中の発明だって、意外とくだならい発想から生まれたものも多い。くだらないも突き詰めると、人類にとってかけがえのないものを生み出すこともある。さあ、人類発展のためにくだらないことを考えよう!(テングザル)

苦リコーダー・カルテット

笛が苦手な人たちが何故か4人集まって笛を吹いているグループ。(ずんずん)

都市相応(としそうおう)

「こんな小さな町だもの。歯医者が二件しかないのは都市相応だね」のように使う。(20/7/18)

ウザインボルト

骨折などで患部を固定された患者が発する言葉。鎮痛剤の過剰投与で発すると言われており、患者本人にその記憶はない。(西大路)

嘘つきは安倍首相の始まり(うそつきはあべしゅしょうのはじまり)

言わずもがな。「嘘つきは泥棒の始まり」の転用であり厳密にはこの世に無い言葉だが、すでに世界中で周知されている日本発祥の恥部である。(テングザル)

牛密時(うしみつどき)

牛が集まって密になっている時間。新型コロナウイルスが蔓延している昨今、牛や馬でも避けなければいけない。(はしびろこう)

馬い具合にまぐわおうぜ

2040年代、第三次世界大戦での核爆発による放射能汚染のため、地球上ほぼすべての食品に有害汚染物質が含有され、人類はその中毒症状に悩ませられることとなった。とりわけ深刻だったのは、成人男性のペニスが勃起時に平均チン長5センチにも満たなくなってしまったことで、女性とのセックス不能症で深刻な人口減少の危機にさらされていた。
そこで株式会社典雅からペニス装着型の張り形商品「馬い具合にまぐわおうぜ」が発売された。これはバイブレーター機能、ピストン機能を内包した馬並みの巨大ペニスの張り形で、これを装着すると射精を後押しし、女性の子宮に届き着床をアシストすることが治験によって確認され、世界中で使用され人口減少のストッパーとして人類滅亡の危機を救った。この貢献により、開発者のアナーキー吉田博士は、2049年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。(波照間エロマンガ島)

ウーザーイーズ

注文した料理をきちんと運ばない配達人のこと。(もちっこ)

ズルムケ

本当は仮性包茎なのに、こっそりズルして剥いてる状態を見せること。(20/7/28)

ケチリンピック

世界中の吝嗇家が集まってお互いのドケチ生活を発表して競い合う祭典。いかに金銭を使わないで過ごせたかが優勝の鍵となるという企画。今まで開催地まで渡航する費用が勿体ない理由で辞退者が多かったが、Zoomアプリが注目される様になってから自宅からでも参加できるようになり世界中で注目が集まっている。(もちっこ)

ケナシ草(けなしそう)

  時折道端に生えてる雑草。ハゲを見るとつい「このハゲ親父ドスケベ野郎」と口走ることがあるという。(ももか777)

煙る人〔けむーる・じん〕

金鳥から発売された人形の形をした蚊取り線香。体長20センチほどのファンシータイプのケムール人人形底面にあるスイッチが着火装置になっていて、スイッチを入れると人形の頭の部分から煙がもくもく出される。カートリッジ型となっており、専用の小型線香を取り替えて使う。2022年の日経トレンディ上半期ヒット大賞受賞。(波照間エロマンガ島)

毛無視(ケムシ)

脱毛の言い換え語。存在意義を無視しての脱毛を防ぐために作られた用語。(西大路)

結婚首輪(けっこんくびわ)

孫悟空(西遊記)の頭の輪っか(緊箍児)のような、浮気をすると徐々に絞まっていく戒めの首輪。しかし無事に生きている間は浮気をしていない証となり、周囲からの信頼が厚くなるという効果も。(テングザル)

わさびのサビ抜き

一見ブラックジョークを言っているように見せかけて、全く誰も笑えないイヤミな発言、もしくはそれをのべつまくなし言う人のことを揶揄する言葉。(20/8/8)

傷口に砂糖を塗る

本人はいいことをしているつもりでも、他人からするといい迷惑なことはたくさんあり、時にはいやがらせ以上に感じる時がある。それを表す言葉。
本人に自覚がないのが一番始末が悪い。気持ちは嬉しいものの、嫌なことをわざとされる以上に結果悪いことになってしまう場合がある。 (よこよこ) 

傷口に塗った塩を舐める(きずぐちにぬったしおをなめる)

一方では傷口に塩を塗り(攻撃)一方ではその傷口を舐める(癒し)様子から、"狡猾で卑怯な有様"の意。用例「アイツは陰で散々悪口を言っておきながら面と向かうと親しげにカラオケに誘うなんて、まさに傷口に塗った塩を舐めるだな」(テングザル)

金玉舐めたら甘かった

オーラルセックスの最中、竿を手コキしながら睾丸を舐めたら甘い味がした。なぜ甘かったのか。ちんこから漏れたカウパー腺液か、それとも糖尿病にかかった人の尿か、それとも自分の唾液が原因か。わからない。世の中わからないことだらけだというときに使う。(波照間エロマンガ島)

キズツキ

キツツキを品種改良された鳥。キツツキはくちばしで木をつついて穴を空けるが、キズツキは木を頭突きして穴を空けるどころか大木を薙ぎ倒すことができる。
しかし頭を強く打ち込んだことにより頭蓋骨損傷で死んでしまうケースが多いので寿命はとても短い。(もちっこ)

岸部のアルバム

岸部一徳、岸部シロー兄弟の絡み写真集。マニアの間で一時期話題になったもの。
テレビドラマの「岸辺のアルバム」とは何の関係もない。(20/8/25)

無菌質(ムキンシツ)

喋ったり付き合ったりしても何も害の無い人の事を言う。良い人という意味ではなく、おもしろくない人という意味である。(西大路)

むちむちふりん

鞭を使った不倫。傷跡が残るのですぐにバレる。(ちょちょべーた)

むなっしー

非公認キャラクターの負の心から生み出された妖怪。
取り憑かれると何もかもやる気が出なくなる。(もちっこ)

ムキムキバットムケテナイ〔むきむき But 剥けてない〕

日本のお笑いコンビ、品川庄司の庄司智春の全裸流出写真をネット上で見たことがあるが、よく鍛えたマッチョの肉体なのだが陰茎部は短小包茎で、まるでミケランジェロ作のダヴィデ像のような印象をもった。ダヴィデは聖書の言い伝えではユダヤ人なので、赤ん坊のとき割礼の儀礼をしているはずだからズルムケちんこであるはずなのに、何故包茎なのだろう、という疑問を美術史の勉強をしているとき思ったことはさておき。「水曜日のダウンタウン」で庄司を見るたびに、庄司の全裸写真からダヴィデ像の包茎のことを連続して想起してしまうわたしなのであった。そんな気持ちを「ムキムキバットムケテナイ」と詠んでみました。(波照間エロマンガ島)

いんらんどんす

高価な織物の金襴緞子ではなく、安っぽい生地で下着まで見えてしまうような服。主に淫乱の人が見せつけるために趣味で着る。(20.9.8)

スウィートバスターズ

「甘えた事を言うな!」や「それは単なる甘えだ!」など、困難な事象を全て「甘え」で片付けようとする極端な精神論者の総称。用例「俺の上司ってさ、水中で1時間以上息を止められないのは甘えだとか言うスウィートバスターズなんだよな。水中、それは苦しいって」(テングザル)

菅田まさか

読んで字のごとく菅田将暉の物まね芸人(記者になりたいけど…)

好きよキャプテン2021〔すきよ・きゃぷてん・にぜろにいいち〕

1975年に発売されたザ・リリーズのセカンドシングルにして最大のヒット曲を46年ぶりにリメイクし、再発売されたシングル。1960年生まれの燕真由美、燕奈緒美の一卵性双生児デュオが60歳の還暦を迎え、エロエロの魔熟女として蘇る。1975年にティーンエイジだった1957年から1962年生まれの還暦世代男性の購買層を狙い、石橋貴明のYoutubeチャンネルなどでプロモーションを図ったが、残念ながら大ヒットにはならなかったようだ。(波照間エロマンガ島)

すべての道はチャイナに通ず

どんな方法をとっても同じ目的に達するというたとえ。
また、すべてのことは一つの真理から発しているというたとえ。
インバウンドによる好景気、コロナウィルス、マスク不足、総裁選挙…真理はわかりませんが、そんな気がしちゃいます。(よこよこ)

スメルイカ

めちゃくちゃ臭いスルメイカ。臭すぎて食べることはできない。(もちっこ)

                     

するめいか

物事を実行するか否か悩んでいる時に発する言葉。「するめいか、せざるべきか」(ハンニバルカーニバル)

かんばい

嫌な奴と乾杯しなくちゃならない時「乾杯〜!」と言ってるように見せかけて「完Bye」と縁切りを願う言葉。(20/9/18)

淫買沼〔いんばいぬま〕

江戸中期の安永年間〔1770年代〕、老中の田沼意次は下総国〔現・千葉県〕の印旛沼の干拓開発に着手した。ところが地元にあった赤線街から流れ出たる膣外射精した客の放出した精液が印旛沼に流れ込み、沼はひどい「イカ臭い」状態になったという。そこで印旛沼は別名「淫買沼」と呼ばれるようになったとか。(波照間エロマンガ島)

異新の会(イシンノカイ)

大阪都構想に反対する勢力が結成した非公式の政党。大阪で結成され、京都でも党員が増えていると言われている。 (西大路)

淋病また淋しからずや

淋病はお女郎さんにも相手にされなくなり、おちんちんが淋しくて泣く病気であるよ、との古人からの言い伝え (キット)

一瞬懸命人生道(いっしゅんけんめいじんせいどう)

一所懸命でも一生懸命でもなく、一瞬だけ懸命になる様。普段はのんびりと生き、大好きな趣味の時だけ全力を発揮する最高の生き方。「一所に集中しすぎると、かえって周りが見えなくなり道を外す。人生はのんびりと周りの景色を楽しむくらいが丁度いい」という教え。(テングザル)

イリタマゴヤキネコ

西表島に密かに生息している卵焼きの臭いを出すネコ。
同じ島にいるヤマネコによく狙われる。(もちっこ)

いつまでもあると思うな妻と子供

我が家を顧みず会社や友人、遊びに興じていると、離婚届を机の上において妻と子供が家を出て行ってしまいます。
日本の離婚率は約38%、四組に一組は離婚しているそうです。
浮気なんてもっての他。家庭を大事にしましょう。(よこよこ)

妄想ズリ僧(もうそうずりそう)

エロい動画がいくらでも手に入るこの時代において、常に妄想だけでセンズリ、マンズリを行う現代の修行僧。(20/9/27)

ウクライナ女は童貞に食わすな

コーカソイド人種で圧倒的な美しさを誇るウクライナ人女性。地球上の童貞男がもしもウクライナに入国したら、きっとウクライナ女にめろめろになって、身上つぶしてしまうこと必定のことから、童貞男はウクライナ女に近づけてはいけないということ。それくらいウクライナ女性は魅力的だということ。(波照間エロマンガ島)

ウラミジール

関西のある芸人が常用しているクスリ。
既に発売済みのオモシロクナールがあるが対しておもしろくならず、ヨクスベールで更にすべってしまった為、ウケてくれなかった人々に向けて開発された。
服用すると人や物事に対して恨み言ばかり言う効果がある。
どっかの都市名・人名と間違えられ、ややこしいので全く売れない。(もちっこ)

上原かさぶた

フリップ芸を得意とする芸人。
主なネタは、「なぜ人は生きるのか」「なぜ万物には寿命があるのか」、「なぜ人はエロいことを考えるのか」(記者になりたいけど…)

ウキョー!

会話中驚いた時などに、「ウワー」と叫んでしまう意味の言葉。ところが、京都市内で会話中「ウキョー!」と叫んでしまうと別の人物が空かさず、「サキョー!」と続けてしまうと言われている。(西大路)

うこんの空目(うこんのそらめ)

多くの人が「うこん」を「う〇こ」と空目する事から、誰にでも起こり得る間違いの意。用例「先輩に似た人がいたから思わず声を掛けちゃいましたよ。まさにうこんの空目ですね(笑)」「誰がう〇こだよ(怒)!」(テングザル)

ウンババルンバ

汚れを感知して自動で部屋の掃除をしてくれるルンバが、ペットのウンコ(ばば)に反応してウンコをかき回して大惨事になっている様。(newguinea)

バス停に飛行機

予想外なものがやってくること。例文「昨日の晩飯まさかの松阪牛のすき焼きだったよ。バス停に飛行機だな」(20/10/11)


           トップに戻る