(68)


「インディアン嘘つかない」

 さぁ、ここは普段聞きづらい事を、アンケートの「はい」「いいえ」の二者択一でテッテ的にどっちの人間が多いかを調べるページだ。
そしてひとことコメントも付けてくれ(コメントが無い場合ポイントは付きません)。
ただ、答えたくないものは外して答えてもかまわんぞ〜。
尚このページには名前を載せないが、投稿メールにだけはいつものペンネームを書いてくれ。ポイント加算の為に。
さっ、君は世の中のマジョリティか、マイノリティか? 知られざる真実が分かるぞいっ!
只今募集中のアンケート

(今回は女性からの投稿が少なそう・・・答えられるのだけでもお願い・・・)

インディアンその1151・人並みもしくはそれ以上にエッチは嫌いじゃない。

インディアンその1152・いい雰囲気になって女性から迫ったのに男性が全く何もしないのは正直無粋。

インディアンその1153・男女共に痴漢痴女をされて気持ち良くなるなんて絶対に絶対にあり得ない。

インディアンその1154・昔よりエッチな気分になることは少なくなった。

インディアンその1155・野外でエッチなこと(最後までじゃなくてもよい)をしたことがある。




インディアンその1136

区(市)民税、国民健康保険、国民年金、NHK受信料は全て払ってる。


いいえ
はいの人のコメント↓
「市民税は少額ですが、他は全て貯金を切り崩して払っています。国民健康保険は大いに役に立っていますが、国民年金とNHK受信料は払うのを止めたいくらいです。」
「ゴチャゴチャ揉めるのが面倒くさいので全部払っています。」
「仕事柄、国民健康保険と国民年金には加入していませんが、社会保険に入っているという意味で「はい」です。」
「みんな払ってます。」
「あれっやばい、私まっとうな社会人じゃん! こっ、こんな馬鹿な・・・ 屈辱。」
「国保と国民年金は会社の企業保険と厚生年金ですが。税金を払ってない人間は軽蔑します。」
「溜めると後が大変なので…。」

いいえの人のコメント↓
「健保と国民年金は払ってますが、市民税はシステムがわかりづらくて不明です。受信料はワンセグで放送を見ているものの、家にテレビがなく、払わずに済ませています。仮に今後、ネットユーザーからも徴収するなんて事になったら、はらわたが煮えくり返るしかありませんね。」
「NHK受信料だけは払っていないです。あんまり催促にも来ないんで。」
「NHKは払っていないし、これからも払うつもりはありません。他はサラリーマンなので勝手に引かれています。」
「年金払いそびれたまま年を取ってしまった。もっと若くして死ぬと思ってたので。」
「受信機を持っていないので受信料は払っていない。」
「受信料なんて払うもんやおまへんで!」
「えねえちけいだけは払ってない」
「きちんと払えてないです。そういう意味でもはやく自立したい…。」
「NHKは払ってません。ヘビーユーザー以外でNHK受信料を鵜呑みにして払う人はたいてい馬鹿なお人好し。」



インディアンその1137

最初は違っていたのだがパートナーと政治的意見が全く真逆になってしまったら別れる。


いいえ
はいの人のコメント↓
「絶対別れるかは微妙な判断ですがあまりに意見が違う人とは暮らせません。」
「相方が あまりに過激な思想になっていったとしたら、逃げると思います。」
「その時点で、政治的意見が合わない相手をパートナーにしていることと、別れる手続きとどっちが面倒かを秤にかけて、面倒でない方を選ぶであろう。」

いいえの人のコメント↓
「既にパートナーである以上は相手の意見も尊重し、互いにとって良い未来になるよう話し合うと思います。最初は知らなかったのだが、応援していた方が右翼思想家だと知り離れたという事はあります。」
「その話題にはなるべく触れないように生活していきます。」
「それはそれこれはこれ、関係ないです。」
「政治的意見だけではなく、夫婦はもともと他人ですからいろいろ価値観の違いはありますので。」
「そんなことじゃ別れません。」
「性格上、別れられない状況に追い込まれてると思うので!」
「いつも知識の浅い私が意見するたんびに嫁はんにやりこめられて半泣きになってます。もともとそういう構図で固定されてるので別れない。」
「政治的意見くらいでは別れません。お笑い芸人の好みが変わってチャンネル争いをするようになったらわからないけど。。」
「政治の話はしないで仲良く」
「それが要因とはなっても、別れる決定打にはならないと思います。でもちょっと冷めるかも…。」
「最近は他人の国籍や思想信条よりも、日常でどういう振る舞いをしているかが大事だと考えるようになったので。ただし、お互い生活にそれらが原因で何も支障が生じないという前提があれば、こう考えていられるわけであって、利害が相反する業界に身を置いていると、そうもいかないかもしれませんね。」
「思想が一緒の必要はないです。」
「意見はそれぞれが持てばいいものですから。」



インディアンその1138

体の特徴をからかわれて怒ったり悲しくなったりしたことがある。


はい
はいの人のコメント↓
「身体の割に脚が太めなんですが、「病気かと思った」って。違うよ。あと、物心つく前に腕に大火傷をして、未だに片腕全面ケロイドが残ってるんですが、初めて気付かれた時にギョッとされたり憐れみの目で見られたりします。本人は忘れてるので、戸惑います(笑)」
「まだ相手の気持ちを理解できない小学校時代に、体型を馬鹿にされ悩んだ事があります。その経験があるからこそ、人を見た目 で判断するという低レベルな真似はしません。」
「生まれつきや病気で治しようがないところを突かれるのはつらいですね。」
「中学生くらいの頃はこういうの多いですね。」
「体の特徴というよりはアレルギー体質の事を言われ続けたので、ここに書いて良かったかはわからないが!」
「どもり、おかしな身体の動き、肥満でさんざんおちょくられ泣きました。今はネタにしてポイント稼ぎの元手にしてます。異常者でよかった。わーい。」
「小学校のとき、身体的特徴をからかわれました。からかった奴を誰にもわからないところで半殺しにしました。」
「どうにもできないことをどうしろと。何がしたいんだと悲しくなった」
「小さいころに言われたことは大人になっても残ります。」
「人にはどこかに触れてはほしくない場所があるものです。」
「子供の頃は「メガネザル」と冷やかされ、20代の頃には「老けて見える」と言われ、イラッとしましたが、耐え忍んでました。後の例は、相手は親近感を込めた冗談のつもりだったと釈明こそしてましたが、それでよく仲良くなれると考えてるなと、神経を疑ってしまいました。」
「子供の頃は良くありました。今は何とも思わないですが。」

いいえの人のコメント↓
「からかわれたことはあると思いますが、ネタと思い笑いに変えますね。」
「「漏斗胸」という特殊な体型ですが、それを特に差別的に言われたことはないです。」
「からかわれていたことがあったかもしれませんが、趣味が邪魔されるわけではないので怒ったり悲しくなったりはしません。」



インディアンその1139

エロ本やエロ動画などは性教育の為に必要だと思う。


いいえ
はいの人のコメント↓
「これは文化ですから!」
「学校で性教育が一切なかったのでそういうところから知識を得るしかなかったです。」
「絶対に必要とまでは言えませんが、性教育の遅れている日本では役に立っているアイテムだと思います。ただしジャンルによっては悪影響を及ぼすものもあるので、無差別に受け入れるのは良くない思います。」
「インターネットの普及で、それを簡単に見られるようになりすぎていることはあまり良くないとは思いますが。」
「これも答え方が難しいですね。必要だとは思いますが性教育のためではなく単に見たいから必要なのだと思います。エロは教育や学習とは無縁のものだと思っています。」
「それが何もなかったら今頃避妊もしらなかったです。」

いいえの人のコメント↓
「教育の為に必要ではないですが、大人の楽しみとしては必要です。」
「欲望のはけ口にはなると思うし、参考にはなるかも(笑)ですけど、あれが正しいと思われると女性は辛いから、教育とは言えないです。不自然ですから。」
「性教育とはベクトルが違うと思います。」
「よくわからない。が、どちらかと言えば「いいえ」。性教育、というのとは違うような気がする。」
「必要はないでしょう。」
「うーーん・・・・・・ 「はい」にしたいけれど一概に必要だとは言い難い・・・。人様に危害を加える行き過ぎた性癖(ネクロフィリアとか)に傾倒されても怖いし。「はい」と言い切れないのが親として情けないなぁ。」
「性教育は今までといっしょでよい。エロ本やエロ動画は性教育の為ではなく、劣情をコントロールし性犯罪をなくすために必要なのである。」
「教育の為ではなく快楽の為のもの」
「エロ動画はだいぶ脚色っつーか、男目線で作られているものが多い気がするので、性教育かというと「?」です。」
「男目線かつ無関係な前戯などに延々と重きをおいた作品では、現実に即した性教育がなされるとは想像しがたいです。それらのテーマも強姦ものや新婚ものなどでバラバラですし。せめてジェンダーフリーを徹底した作品でなければ、単なる娯楽にとどまるだけでしょう。(ゴムの使い方のレクチャー映像を含んだのもありましたけど)。」



インディアンその1140

今やってる俺関係のTシャツがソロ・ホルモン鉄道・パスカルズ・イシマツ・えんがわのどれかで発売されるとしたら一番興味があるのはソロ。


いいえ
はいの人のコメント↓
「バンドもいいけど石川さんひとりの方がインパクトがあります。」
「Tシャツだけじゃなくいろんなアイテムが欲しいです。キャラですからw」
「ホルモン鉄道のもほしいですが、一番ほしいのはソロです。」
「えんがわもいいけどいちばん石川さん色が出てパンチの効いてそうなソロがもう一品欲しいです!!」

いいえの人のコメント↓
「イシマツはまだアングラであるがゆえに、Tシャツなどのグッズが出れば、興味を持つ人も増えると思うのですが。」
「すいません、ホルモン鉄道ものが欲しいです。」
「ホルモン鉄道のTシャツが一番興味あります。」
「Tシャツですか。うむむむむむむむむむむむむむむむむむむ。どれにしようかな。ホルモン鉄道がいかなあー。」
「ホルモン鉄道!」
「一番は、メディア戦略的に拡大路線が期待でき汎用性も高い「ホルモン鉄道」です。次が「えんがわ」。キャラ化してのコメディ漫画、そこからアニメ化への展望が拓けるからこそ興味も持てます。」
「パスカルズがいいな」
「パスカルズ」
「パスカルズも気になるけど、一番はホルモン鉄道ですかなあ。」
「どれも欲しいけど、全部並んでいる中から あえて1つだけ選べるとして、多分手に取るのはパスカルズ関連かなと。おばさんが着ても許してもらえそうだから(^^;」
「色々でたら面白いですね。」
「えんがわのみ興味あります。」



インディアンその1141

日本で一番好きな山は富士山。


いいえ
はいの人のコメント↓
「台風一過、年末年始、お盆休みなど、空気が澄んだ状態になると、東京都や神奈川県からでも富士山がよく見えることがあり、とても癒されます。」
「登ったことありませんが、新幹線から見える景色が好きです。」
「とても絵になる山だと思います。」
「あの美しさは特別」
「日本の山と言えばやはり。」
「好きってほどでもないかも。他の山についてもあまり興味がない。」

いいえの人のコメント↓
「富士山も好きですが利尻富士や太田金山が好きですね。」
「地元の山が一番好きです。登りやすく初心者向けなので。」
「裾野は広し赤城山。」
「阿蘇山が好きです。」
「愛宕山。所在地京都市、標高924メートル。」
「岩木山。すてきですよ。」
「ちゃんと好きですよ。でも一番は天保山。」
「子供の頃に遊んだ、近所の名も無き山が一番です。」
「美しいとは思いますが、まだ登ったことがないので。マイナーかもしれませんが、開聞岳のほうが自分としては好きです。」
「あまり馴染みがないので。特にないです。」



インディアンその1142

日本で一番好きな都会は東京。


はい
はいの人のコメント↓
「やっぱりライブの頻度も多いので。名古屋や大阪も捨てがたいですが、生活上の便宜を考えると、東京には負けますな。」
「群馬・・・と答えたいけど都会じゃないからなあ。ということで好きなのは札幌だけど毎日通っていることからやっぱり東京が好きです。愛着も出てきたことですし」
「広い分だけいろんな一面が見られるから。」
「ニヒル牛があるから。」
「東京の人は冷たいと言われがちですが、そんなことはないと思います。」
「別の都会にも憧れるが、とりあえず東京。」
「他の都会より個性のある小さい町が多いと思う。」
「お金があれば住みやすくて良いです。」
「生まれ育った都市なので。」

いいえの人のコメント↓
「東京は恐ろしい所というイメージがあります。」
「札幌です。」
「大阪」
「地方の方が面白いような。」
「ちゃんと好きですよう。でも一番は大阪。」
「巨大すぎて疲れる」
「やっぱり地元が一番です。」



インディアンその1143

日本で一番好きなタワーは東京タワー。


いいえ
はいの人のコメント↓
「昭和の子ですもの」
「他のタワーに登ったことがないかもしれない。」
「やっぱりあのシルエットは美しい。スカイツリーよりも断然東京タワーです。」
「特に好きなタワーはないので、東京タワーが一番でいいや、と思って。」
「かっこいい!」

いいえの人のコメント↓
「PLタワーがガウディみたいで好きです。」
「ちゃんと好きですってば。でも一番は通天閣。ごめんね。」
「ごまさんスカイタワーが一番です。」
「横浜のマリンタワーのほうが好きです。」
「好きなタワーってのが無いです。嫌いなタワーも(笑)」
「東京都庁なら入場無料ですから(笑)」
「タワーかわかりませんが太陽の塔。」
「札幌テレビ塔に一票」
「神奈川県出身なので、横浜マリンタワーのほうが愛着があります。」
「特になし!」



インディアンその1144

日本で一番好きな都道府県は自分が今まで住んだことのある所。


はい
はいの人のコメント↓
「知らない場所のことは好きにはならない。旅行に行った場所でも生活すると違う面が見えてくるだろうから。」
「これまた生活の便宜上から。」
「北海道がすきなんですけどやっぱり生まれた故郷が一番好きです。愛着もありますし、やっぱふるさとだもん。」
「北海道がすきです。」
「田舎と都会の間にあります。便利ではないですが不便でもなくて、良い所がたくさんあります。」
「神奈川県が好き。」
「住んでないところは深く知らないという意味で。」
「埼玉あたりが住みやすい。」
「東京が一番好きです。いろんなものがあるし、いろんな出会いもあるので。」
「やっぱそうなっちゃいますね。マナー悪くって街も小汚いけど、愛着湧いちゃうんですよね。」
「実家のある県。なんだかんだいっても結局好き」
「今は東京に住んでいますが、好きなのはやはり地元ですね。」

いいえの人のコメント↓
「長野県。住んだ事はありません。でも、車がないときつそうなので住みません。観光には何回でも行きたい!」
「住んだ県は1県しかありませんが、他にもっと素敵な所があるように思います。」
「沖縄県。独自の文化があるから。」
「むしろ嫌い。」



インディアンその1145

日本で一番好きな音楽はたまとその周辺系。


いいえ
はいの人のコメント↓
「ファン歴20年ですが、今現在自分の好みにおいて、取って代わる音楽や芸術が他に見出せないので「はい」です。」
「国内最高峰の音楽です。」
「たま周辺のイカ天のころのバンドがすきです。」
「周辺がどこまでか不明ですが原マスミさんや小川美潮さんなど。もちろんパスカルズも。」
「最近はたま関連しか聞いてないです。こんなに長いこと聞き続けているのは初めてかもしれません。」
「現状ではそうなっちゃいますねぇ。滅茶苦茶石川さんに偏ってますけど(笑)。カラオケ曲数もっと復活しねぇかなぁ。」

いいえの人のコメント↓
「一番とかない。いろいろ聴くし、一番とか考えたくないですな。」
「細野晴臣さんの作ってきた音楽、その周辺の音楽が一番好きです。」
「ドラゴンクエストのBGMか、洋画映画音楽です。」
「パスカルズ。自由ともとれる演奏に、初めて行ったライブではまってしまいました!」
「たま。だけどその周辺系はあんまり」
「たまは好きですが、一番というと違う気がします。」
「どれが1番とかは無いですね。それぞれ好きです。」
「正直、たまよりホルモン鉄道の方が好きな私は変わっているのでしょうか。」
「たまとその周辺系は、これから少しずつ色々聴いて知ってゆきたいと思っています。」



インディアンその1146

どんな形でもいいのでテレビやラジオや映画などに出たことがある。


はい
はいの人のコメント↓
「20年近く前に、「探偵!ナイトスクープ」の依頼者として出た事があります。」
「大阪毎日放送で流れた映像’13「あがた森魚さ〜なぜ彼らは追いかけるのか」というドキュメント番組で、あがた森魚さん追いかけ人みたいなかたちで取材されました。https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/37782/155098/」
「欽ちゃんの番組に出演しました。」
「中2の時にテレビジョッキーに自転車の曲乗りででた。映画にもテレビドラマにも出たことあります。」
「NHK Eテレで腹太鼓で出た」
「小学校の時に私のクラスにラジオオファーがなぜか来て、クラス全員でラジオ参加。だが私はその時なぜか怖気づいてしまい「習い事があるから」と嘘ついてラジオ出演しませんでした。そんな小心者の私でも、またラジオ出演のチャンスが!高校の時にローカルのラジオにインタビューという形で出演しました。緊張しました。」
「最初は中学の時の陸上記録大会で出た(本人は見ていない)。」
「思い出したくもないことを思い出しちゃった。何十年も前の地方局。」
「超ローカルですが、鎌倉ケーブルテレビになら出たことがあります。陸上で鎌倉市の新記録を出してインタビューされました。」
「つい一ヶ月前に初めて出ました。市のフリーマケットに出る際に参加者として宣伝してほしいと頼まれたからです。」
「たまははきに知久さんのライブを見に行ったら東海林のり子さんがTV番組の取材にみえて画面に私も写り込んでいたらしい。見てなかったけど」
「2年半前に愛媛の猫の島を訪れたところ、TV局の人も来ていて、膝に猫が乗っているところが2秒ほど流れました。」
「高校生の時、地元FMに出演しました。友達が手伝いをしていて、一緒に出た高校生クイズの予選会の帰りに寄ってゲリラ出演。感想など言いました。」
「高校のころの部活のコンクールでNHKに出演しました。」
「赤子の頃に、母があるクイズ番組に出て優勝したことがあるんですが、その時に一緒に出たそうです。」
「阪神大震災の際、鉄橋の手前で身動きの取れなくなった電車に乗ってたのですが、NHKのカメラが停止列車の映像を撮影した際に窓際でぼーっとカメラを眺める間抜けな顔が映ってました。」

いいえの人のコメント↓
「いくつかのアニメのエンディングテロップに私の名前が載ったことはありますが。」
「記憶がある限りではないはず。ラジオカー中継が家から一番近い公園に来たので行ったものの、リポーターが僕を忘れて出られなかった。」
「一切ございませーん。そのうち逮捕されるまでお待ちください。」
「展示会に行った際にいつの間にか撮られていてテレビに映ったことは数回ありますが、出たという経験はありません。」



インディアンその1147

どんな形でもいいので新聞や雑誌や書籍などに出たことがある。


はい
はいの人のコメント↓
「沢山ありすぎて書けないけど、ヤングジャンプのちょっとしたグラビアとか、高校向けの雑誌とか、なんかたくさんあります。」
「朝日新聞でよしもとばななさんと対談」
「カバンをひったくられて、犯人が捕まった時に、私の名前は出されませんでしたが新聞の小さな記事になりました。」
「雑誌括弧でライターをしていたことがあります。ほか、ライフワークという雑誌の創刊号でレコード趣味の例として取材されました。ほかロック画報という雑誌でレコードレビューをしたことがあります。」
「全く違う時、全く違う場所に、なぜか同じ雑誌が取材に来て集合写真が載った。」
「平成3年の月刊ニュータイプにアニメの会社を紹介するコーナーがあってその写真の中に私が写ってます」
「過去の職場の求人誌に集合写真が載った」
「小学生の時に新聞社の見学に行ったところ、載りました。」
「雑誌グラビアに出たこと数回、インタビューされたこと数回。」
「顔が載ったことは無いですが、紹介してもらったことはあります」
「高校入試の合格発表の日、無事合格。お世話になっていた部活の先輩方に胴上げされ、その写真が地元の新聞に載りました。」
「車関係の雑誌にイラストが掲載されたことがあります。ゲーム雑誌では某ゲームでランキング入りしたことがあります。」
「学生時代に造園を学んでいて、芝生の濃淡を活かして地上絵をみんなで描いたら、地方新聞社が取り上げてくれました。」
「高校の部活動で新聞に写真が載りました。」
「読者コーナーへの投稿ですが。」

いいえの人のコメント↓
「一切ございませーん。そのうち逮捕されるま(以下略)」
「作品が掲載されたことは数回ありますが、本体は無いです。」
「記憶がある限りではないはず。」
「部活で優勝して名前だけ載ったことならありますが、「出た」と言えるレベルではないです。」



インディアンその1148

どんな形でもいいので表彰されたことがある(卒業式など全員のものは除く)。


はい
はいの人のコメント↓
「絵の賞状だけはへっぽこな自分でも頂いたことがあります。うれしかったのは、高校の時にデッサンコンクールで金賞を取ったことと、美術予備校のデッサンコンクールで5位ながらも入賞して賞状をもらったことです。」
「数年前、地元のお祭りの絵画コンテスト新人部門で1位を頂きました。人生初めての1位でした。」
「小学生の時に作った年度細工の灰皿が区の美術展に入賞して表彰された。」
「中学生のとき、描いた水彩画が賞をとったくらいかな。」
「『ガキの使いやあらへんで』の年間助演男優賞もらった」
「記憶が曖昧ではあるものの、小学生の時に大学主催の算盤大会で二位に入って表彰された事が。それ事態は良かったものの、貴重な日曜日をつぶして京都から東大阪まで行かされたのが気分悪かった。報酬ないんか?」
「これもありすぎますが、市や県の陸上大会とか、オリエンテーリング大会とか、読書感想文やポスターとかいろいろあります。」
「義務教育を受けていた何十年も前に、なんとかコンクールに入賞したのを思い出したが、あれも表彰ですか?」
「中3の時に読書感想文の選考で、高3の時に英検2級合格でそれぞれ一度ずつ。」
「珠算大会で優勝したのと、部活で優秀選手賞をもらいました。」
「学校のころは夏の自由研究。ほか献血の表彰。小学校の6か年精勤賞(やすまなかっただけ)とか。あと職場の永年勤続表彰(退職しいで働いていればもらえる)」
「書道で何度か賞を頂いたことあります。高校でも読書感想文で賞を頂きましたが、掲載された冊子を見ると教師によって文章が改ざんされていました。」
「幼稚園の頃に、健康優良児ってことで表彰されたことがあります。」
「会社員だった頃は何度もあります。」

いいえの人のコメント↓
「一瞬だけ投稿王になったことはありますけどね(笑)。」
「表彰とは関係がない人生を送ってます」
「団体としてはありますが、個人としてはないと思います。」
「表彰なんぞついぞされたことない」



インディアンその1149

どんな形でもいいので警察関係に直接声をかけられたことがある(こちらから交番に行ったとかは除く)。


はい
はいの人のコメント↓
「刑事さんから職質される→警察署で事情聴取→アパートまで送ってもらいその刑事さんから「エッチな絵頂戴」(笑)」
「家の近くの信号のない片側一車線の道を横断しようとしてた時に声かけられた事あります!」
「いわゆる職務質問。夜中に友人に呼び出されてすっぽかされて(男の家に泊まったらしい)途方に暮れていたその場所が交番の斜向かい。もちろんその友人とは縁を切った。あとは巡回連絡が一度」
「車で青信号を直進してたら信号無視のバイクの若人に車体横っ腹に激突され、パトカーに乗っけられました。目撃者がいたので放免。兄ちゃんは救急車。」
「鍵が付いていない自転車でMandala2の近辺をうろついてたら、職質に遭いました。自転車泥だと思われたんでしょうね…。他にも、歌舞伎町の横を歩いてたら、職質をかけられたことがあります。」
「MANDALA2で前売りチケットのために早めに並んでいたところ、通りかかったパトカーに職務質問をされました。みぐるみはがされました。(持ち物全部だし)」
「近所で殺人事件があった際に、捜査員(刑事)が直接会いたい とやって来ました。「犯人は160くらいで2階の窓から侵入できるほど身軽な男なんですけど、心当たりはないですか?ちょっと玄関を開けてくれませんか?」 玄関を開けると、目の前にいる180のデブを見た捜査員は「あ、いいです。ご協力ありがとうございました」とだけ言って帰っていきました。」
「歌舞伎町で職質。バッグの中には演奏で使った鉄の鎖が・・・」
「まあ公務員という仕事柄・・・。」
「勤務先に警察関係の方が来られて、「事務所の場所はどこですか?」とか、聞かれたことがあるな。」
「深夜自転車で職場から家まで移動中、一晩で2回警察に呼び止められました。自転車が盗難車でないかの検問でした。」
「自転車の二人乗りと、バイクのスピード違反。」
「高校の時にたった1回だけ学校をサボったときに、声をかけられてしまいました。」
「犬の散歩中に、パトカーから「赤いシャツの男がこっちへ来なかったか?」という様な事を訊かれました。犬の糞をさせてるのを怒られるのかと思ってドキドキしました。」
「自転車走行中に盗難車の疑いをかけられました。」
「近所で殺人事件があった直後、刑事が訪ねてきました。」
「通勤路で事件があったらしく、数日前のこの時間にここを通ったかどうか刑事に聞かれました。」
「しょっちゅう職務質問されます。」

いいえの人のコメント↓
「今まで生きてきた中でそういう記憶はないです。」



インディアンその1150

どんな形でもいいので石川浩司と直接会ったことがある(はいの人は一番近づいた時のことをコメント)。


はい
はいの人のコメント↓
「いっぱいありすぎてもはやほとんど覚えてない。一番最近のは飲み屋で隣に座って石川さんの腹に描かれた絵をウェットティッシュで消していた。夜中の2時に」
「石川さんにたいへん良く似た天使のおっさんでしたが、しりとりをオーダーした際に「きんたま」と仰りながら私の陰嚢を着衣越しにお揉みくださいました。私はニヤニヤしながらもちろん「まら」と返しました。下品な内容で申し訳ありません。すべて天使の仕業です(笑)。」
「ライブ、1000ポイント食事会、ツアーなどなど、枚挙にいとまがありませんね。」
「ツインベッドの隣に寝たことあります。起きているときならグラビアの企画でプールで接吻したこともあります。」
「今日もライブにいっておはなしをしました。外国旅行帰りの石川さんを成田空港で待ち伏せしたこともあります。」
「名古屋・東京・兵庫・長崎 他で直接お会いしたことがあります。本当にシャイな方です(笑)。某所では全裸の石川さんも拝見させていただきました(笑)」
「10年ほど前に、石川さんと行く1泊2日の旅行に参加しました。夜は民宿で隣に座らせていただきお酒を飲みましたが緊張でほとんど話せず、申し訳ありませんでした。」
「千倉でハッピーバースデーを歌っていただきました。」
「大阪の隠れた名店ではお世話になりました。」
「1番近づいたとき(ハグしてもらったとき)、汗かいてしっとりしてるなぁ、ライブってやっぱり疲れるんだなぁ、と思いました。」
「平成2年のNHK紅白歌合戦の打ち上げの場で。」
「主にライブで…。はじめて石川さんにお会いしたのは一昨年の11月、ネクストサンデーのライブだったかと思われます。」
「二度ほど。名前を言ったら驚かれ大声で「××かあああああああああああああ」と公衆の前で言われた。二度目は見事なまでに顔を忘れてくれていて逆に助かった。」
「最近だと練馬駅のイベントで石川さんと握手しました」
「2015年秋の関西出前ライブ!」
「はじめて石川さんのライブを観に行った円盤で、ライブ後に握手をしてもらったのが一番近づいた時だと思います。」

いいえの人のコメント↓
「直接会える日は来るのだろうか。」
「このホームページでレスを頂いたのが石川さんと最も近づいた時です。嬉しかったです。」
「ドッペルゲンガーにはまだ会えていない」


          トップに戻る