話題57 運命



「運命は変えられる」という言葉を聴いたことがありますが、先のことは誰もわからないだけで運命は生まれたときから決まっていると思います。
こうすればよかった、ああすればよかったと後悔することがあっても、そのことを後悔することが決まっていたんだと思えば我慢ができる気がします。
石川さん、みなさん運命についてどう思いますか?03/2/20(めめ22歳)



***レス(発言は古い順に並んでます)***


運命は、科学で解明できると思うね。全ての、本当に全ての因果関係を分析すれば良いのだから。ただ、それを解析できるコンピューターは、俺が生きている間には出来ないだろーね。あと、運命が決まっていたと仮定したとしても、それを知ったら、人生つまんねぇだろうなぁー。03/2/20(石川浩司)

私の運命が決まっているのなら、変なことばかりするようになる運命は誰が決めたんだ(笑)? 03/3/3(ともこ)

運命は科学で解明できるかどうかは実は微妙な所なんです。と言うかできるかどうか 証明すればノーベル賞貰えてカエル飛びし放題です。
石川さんの言っているようなすべての現象を綿密に調べれば必ず何らかの原因があるとするのが古典力学、別の言い方だとニュートン力学の考え方です。
これに対して、20世紀になって登場した量子力学では、ある現象が起こったり、ある場所に物が存在したりするのはある”確率”でしかわからないと言う考え方です。
したがって量子力学が正しいとすれば、すぺての要因を抑えてそれをスーパーコンピューターで計算したとしても未来の事は正確には解らない事になります。
ただし、この量子力学、今でも疑いの余地が残されていて本当に正しいのか否かの決着は付いてません。だからそれを証明できたらノーベル賞ものです。でも、今みんなこうして普通にパソコンや携帯電話を使っているけど、これらは全て量子力学の考え方無くしてはあり得ない産物です。だから量子力学はかなり正しいのではと思います。
と言う訳で運命は”ある確率”でしか決まっていないに一票!
ちなみに自らが量子力学の発端となったアインシュタインは最後まで量子力学には反対していて「神様はサイコロを振らない。」と言う言葉を残しているそうな。 03/3/3(VEGA)

しっかし、運命決まってたら、つまんねーなー。まさに「話題22 人生って何?」だな。研究する必要なーし! 03/3/3 (石川浩司)

運命・・・
考えれば考えるほど解らなくなる言葉ですね。

例えば、よく「運命の出会い」などという言い方をしますが、その出会いで全てが終わったわけではなくて、そこからまた色々なことが起こるわけですよね。
そうすると、「運命」という言葉を自分の人生の中で使えるのは、人生が終わろうとする時だけじゃないのかなあと思ったりします。

今際のときに、「ああ、あの時のアレとその5年後のアレが運命の出会いだったなあ。
そしてここでこんな風に死んでいくのがわたしの運命だったのだ・・・」てな感じで。

それから、「偶然」と「運命」はどういう関係にあるんだろうな、と思います。
「偶然が重なると必然になる」ということを聞いたことがありますが、その「必然」は「運命」と近いもののような気もします。 03/3/3(わにこ)

恋愛において、運命って何度もあると思う人と(笑)一度しかないと思う人に分かれますね。どっちの立場から考えても幸せだなぁ〜と思います。運命が一度もないとぼやく人もいますが、それがあなたの運命なのよっ!って思ってしまいます。というか、自分がどんどん行動を広げていけば、運はあとからついてくると思うんですけどね。『1に2にも前進あるのみ。運は頑張る人についてくる♪』イエイッ!まとめてみました(笑) 03/6/30(たらこそば)

個人意見ですが、運命は最初から決まっているとは思いたくない!と私は思います。そうなる運命だったのさ〜なんて冗談で言っても、本気でそうは思いたくないな。私は運がなかった、ついてなかったと思ったほうが気が楽だしよ〜し、またまたこれから頑張るぞ!!と元気になれるのだ。変ですかねぇ? 03/7/14 (たらこそば)

自殺者の生命線はみんな長かった・・・。 03/7/14(石川浩司)

お!私は生命線が短いのを気にしてたけど、気にしなくてもよさそうですねえ。
恋愛で運命的なシーンになったことがあります。
「こ、、これ、、って映画以上?!」みたいなの。
そう感じたこともあったのに、別れが訪れてしまったのもまた運命なんでしょうねえ。
自分自身のことについては、行動次第で変わります!
さ〜って、行動するかな!(サボテン)

たらこそばさんの意見に賛成。運は行動するものについてくる。たとえ運命で決められていたとしてもそこに至る過程の違いによって 同じ運命でもよいものと見ることができる!”人生楽ありゃ苦もあるさ〜〜  泣くのが嫌ならさぁ歩け”イエイッ!!まねしてみました。   03/7/21 (そもさんせっぱ)

なーんかみなさん『運命』という言葉をマイナスにばっかり使っているようですが…
べつにそうじゃなくって、万事、実はちゃーんとどこかで決まっちゃっているというのが私の持論なんですけどね。だっていくら選択肢があろうと、結局どれかひとつを選ぶわけだし、うーん、うまくいえませんが…。
まあ悲観・諦観してるわけじゃあないんで^^ 03/7/28(まりじ)

うふふ・・・私は彼氏に会ったのも交通事故にあったのもすべて運命だと思っています。この先どうなるかはわからないけれど、事故にあわなきゃ会えなかった人だから今はこの運命に感謝。後遺症は残ったけど・・・・。でも後悔はしていないさっ!!みんなにも幸あれ!! 03/8/4(たらこそば)

そういえばさぁ・・・・私の運命線ってめちゃくちゃ枝分かれしてんの・・・・。しっちゃかめっちゃかな人生を送るってことかねぇ?今までで十分他人とは違うはちゃめちゃ人生なのにこれ以上なにかがあるってんのかい?そりゃあ楽しみだやな(笑) 03/8/18(たらこそば)

受け売り(ひょっとしたらネタ元はこのサイトのどっかかも??だとしたらスイマセン。)なんですが、道でお金を拾う確率は常に100%なんだそうです。なんでかは分かりません。 03/8/25(たにし係長)

「運命」ですか…。
個人的には、「はじめから決まった運命」ではなく、「偶然のめぐり合わせ」を支持したいです。そのほうが楽しいから。いわゆる「まん」というやつですね(方言?)。なので、「運命だった」よりも、「まんが悪かった(or良かった)んじゃなー」という表現が好きです。03/9/8(やんちゃん)

でも運命が決まっていたとしても、未来の事は誰にも分からないのだったら、決まっていないのと同じ事なのではないですか?
未知の未来をなんとかしようとして現在必死に生きる訳ですから。 03/9/22(VEGA)

「運命」、よく自分で道を選択したように見えても、実ははじめから決まっていたっていいますよね。この先、どんな道がまっているのか手探りの毎日です。 04/3/1(杏)

運命は過去にだけあるのかもしれませんね。振り返った時にしか見えないから。
でも、「お金を拾う確率は常に100%」は信じることにします。明日から拾いまくるに違いない! 04/3/1(うろたえ太郎)

今、世界中にどれだけのお金が落ちているんだろうね。すげー金額だぞ、きっと。 04/3/1(石川浩司)

死ぬ直前に宝くじが当たりそうな気がする。ホントにそうなったら運命を恨むなぁ。 04/4/26(ペロ)

例え生きていても病気で寝たきりでもあまり嬉しくないしな。 04/4/26(石川浩司)

たにし係長さんがおっしゃってた「お金を拾う確率は100%」は、そのお金を拾う人はこの人と最初から決まっていたという意味だと思います。ということは「お金を拾わない確率も100%」ということも言えるのかな? そっちのほうがはるかに多いなぁ。チッ。04/5/10(のん)

たとえ運命が決まっていたとしても、後悔しないように毎日生きることをがんばっています。あのときこうしとけばよかったなー、とか後になって後悔してへこむのがきついので。それで、自分は精一杯やったのに報われなかったらすっごい怒ります。相手は気持ちを受け入れてくれなかった人であったり、必死で解いたテストであったりいろいろです。もしかしたら自分勝手な行動に見えるかもしれないけれど、それでも時々は自分を正当化することも大切なんじゃないかと。いや、やりすぎはダメだけれど(笑) 04/8/17(モザイク)

でも世の中、精一杯の人だらけだけど、半分以上はそれに見合った報いは得られてないからな〜。ま〜ノー・ジンジャーなことは多いね〜。04/8/17(石川浩司)

運命って、その人の持つ素材ってイメージかな。
生まれる親は選べないし、健康か病気がちかってのも選べないのでは。
同じ素材でも、味付けが違うとまるで違った料理になるように、ある程度決まっている運命をどう生きるかによってまるで違った人生になると思います。  04/9/6(きぃ)

占い師が占いが外れた時の決まり文句が「運命は変えられるんです!」だからな〜。ズルッ!  04/9/6(石川浩司)

こんなはずじゃなかったと思っても、そうなることも運命だったわけで。
後悔はすること、あります。でもだからといって前に進まないわけには行かない。
運命が決まっていてもそれが自分に分からないのなら、未来に希望を持って今出来ることを精一杯やるだけです。  04/9/6(Rio)

この話題の最初の石川さんのレスが大好きです。運命は決まっている。調べれば分かるはず。量子力学が確率を持ち出してきているのはあくまでも現在の見方で考えると確率的にとらえるしかない場合があるというだけのことで、根本的にひっくり返す科学が出てきても不思議ではないはずです。量子力学のいう「確率的存在」とは、そこにモノが有るか無いか調べるとあったりなかったりするが、その様子が一意的でないので、確率的なのだと考えよう、という後ろ向きの?議論だと思います。そして因果関係を解き明かすのが自然科学のお仕事でしょう。つまり、「あのときのあの現象にはこういう原因があったからなんだなあ」ということしか明らかにはできないのが人間の本性ということでしょう。未来は見えないんだから。そうは言っても、現在の状態、理科屋さんのいう「初期状態」があるのだからそこから出発して起こるさまざまなことはけっこう予想できることもあるのでしょう。自然科学者は理性的な予言者ですね。
でも、仮にすべての因果関係の連鎖ですべての未来が決まっているとして、それを人としてどうとらえるかは
また別問題です。その決まっているであろう未来に、腹をくくって「どうにでもなれ」と思うのか、やけくそに「どうでもいいや」と思うのか、「何がきても大丈夫、楽しんでやろうじゃねーか」と思うのか、思い方は人それぞれさまざまで、それもまた面白いことだと思います。自分が今楽しいことをしたいのも運命、いやなことでもがんばってやらなきゃ、と思うのも運命、自分が今こうしてこの宇宙のこの星のこの国の
この場所にいるのも運命、...そして自分がそう思うのも運命。だったら日頃の現象すべてが因果律下の
(因果関係で作られた)運命なんですから、気にせず生きて行こうじゃありませんか!? 04/9/13(かづ)

そーなんですよ、かづさん。04/9/13(石川浩司)

友達が給料全額とブランド財布を落としました。
「これも運命だよ」といって慰めたら、「馬鹿にしてんのか!」と怒られました・・・。04/12/6(ペロ)

給料もらってないし、ブランド財布も持ってないので落とす心配なし! ラッキー! 04/12/6(石川浩司)

すっごいくだらないことで運命感じることはある。
たとえば、すごい気に入った服があったり、それがセールで値下げしてたりすると、「私に着られるために作られた服だな!!」とか。
そんな程度か・・。トホ。04/12/20(さっちゃん)

マダムソースは落とさないように気をつけましょう。04/12/20(ペロ)

実際、手取りは幾らなのさ。教えなさいよ〜!05/1/17(ペロ)

コロッケ3ケ。 05/1/17(石川浩司)

この前の土曜日、ペロさんに会いました。
これもなにかの運命か!(笑)
いろいろいただきましたぜ!05/4/13(kyuuri)

病原菌とかか? 05/4/13(石川浩司)

病原菌は女性から貰うものだぜ!05/4/18(ペロ)

「私からの誕生日プレゼント」ってか!? 05/4/18(石川浩司)

ペロさんからもらったものは全身からよだれが出ちゃうようなものでした。
うひょぉうひょぉ言ってます。05/5/2(kyuuri)

俺にもくれないと警察に言う。どこまで丸見えなんだ? 05/5/2(石川浩司)

マスタには「レーズンバター」を奢りますよ♪05/7/4(ペロ)

石川さんの日記にも書かれていたような気がしますが、あの上から下まで真っ黒で、裸足で歩いている男の人は何なのでしょう。石川さんは「ホームレスではない」と書いていたと記憶しています。  その方との遭遇率が異様に高い。もう運命かよ!と思ってしまうほどです。運命なのか?逆らえないのか?! 06/10/6(鈴)

某S駅付近に現れる彼だね。俺も3日に一回は見るから運命というよりあの町に住んでいる人は全員見ているかと。格好はああだけど、ちゃんと自宅があるんだよね。だからホームレスではナイのだ。 06/10/6(石川浩司)

後輩を自殺で亡くしたとき「こういう運命だったのかもしれないね」
と言っている人がいてとても腹が立ちました。
「運命」って片付けてしまうことにより、考える事をやめているような気がして。
また、運命を期待してばかりで、現実を見ることを怠ってしまうこともあると思います。
運命論なんて信じない!後づけ!現実があるだけって思います。
「僕たちの出会いは運命だよね!」なんてのは可愛くて好きですけれど!  07/8/8(桃玉)

俺が宗教、特に新興宗教が嫌いなのはまさにそれ。「運命」とかのイメージだけの言葉に何の疑いも持たず、自分で考えるのを停止してしまうところ。現存の教祖が牛耳っているところは特に怖い。人間なんだから間違いだってあるはずなのに、全てを盲目的に信じてしまうからね。  07/8/8(石川浩司)

「運命」ってネガティブなかんじで使われることが多いような気がして苦手です。
自分の身に降り懸かった災いを他の何かのせいにしたくて使っている人ばかり見て来たから、好きじゃないです。
「悪いことが起きたのは運命のせいじゃない!お前の心持ちひとつで、どうとでもなったのではないか〜い!?」と言ってやりたかったです…  07/8/16(のっち)

すべてがそうとは言えないけど「その災いが起きたのは、そもそもあんたに間接的に原因があるんじゃない?」ということ多いよね〜。そういう人の愚痴を聞くのは嫌なもんだよね。  07/8/16(石川浩司)

運命は先の運命を思ったり現在のことでこれは運命なのだろうか?とか考えるよりも、過去の普通そんなことないでしょう!って出会いをした友人や伴侶との思い出を思い出して「いやー、運命だったね、すごかったね、アッハッハー!」と酒を飲んで想うのが好きです。 07/8/26 (ことり)

あぁそうかもね。後になって思うもの。そして酒のいい肴話。 07/8/26 (石川浩司)

たまを再び好きになった年に「イカ天復活祭」が放送されたのは運命だと思いました。
再び好きになるのが今年だったら、きっと「イカ天復活祭」は見ることはできなかっただろうし、そう思うと恐ろしいです。
テレビで見る昔の石川さんも今の石川さんもかわいかったです。
本当にイカ天を見られてよかった。  08/1/11(若様)

でもやっぱり昔はお肌ツルツルだったなぁ・・・。ハァァァァ。 08/1/11(石川浩司)

昨年の夏、ホルモン鉄道に行けたかどうかが大きな運命の分かれ道だったと思います。
 大雨で外に出るのも恐くてどうしようとすごく迷ったけど、おっくさんに励まされてえいっ!!!という感じで出掛けました。
 そうしたら色んな人に会えて、打ち上げまでくっついていっちゃって、石川さんにお酌なんかしちゃって(手が震えてましたね)。
 その延長に今の私がいるわけで、ほんとに大きな分岐点だったんじゃないかなあと思います。 08/1/25(鈴べる)

あーそうか。それまではチャットとかだけの感じだっけ。ひょんなことから新しい人間関係とか出来るのが、世の中面白いよね〜。 08/1/25(石川浩司)

最近、「私は石川浩司という偉大な人間に巻き込まれる運命だったのだわ!」とか思います。そうだとしても巻き込まれる前より断然楽しくかつ運も強くなった気がするんで、大満足でぇす! 08/1/30(桃玉)

楽しけりゃそれが一番!
たとえ俺の人間としての小ささがハッキリクッキリ明らかになったとしてもね (笑)。 08/1/30(石川浩司)

そんな時はチラっと横目で見て、「アラ、意外と小さいのね」と言います!!・・・・あれ、人間としての小ささの話でしたか、間違いました! 偉大な人に限って、「うわっ!小せぇな〜」というエピソードがつきもの。ファザーはどのていど小さいのかしら!わくわく。08/2/12(桃玉)

大きさはともかく、神様が丁寧にラッピングされたのがちょっと・・・。 08/2/12(石川浩司)

中学の同級生だったダンナとネットで知り合って結婚、っていうのも運命かなと思うんですが、それ以上に近頃「たま」を聴きながら「私ってたまを聴くために生まれてきたんじゃないかしら?」と思うことが多くなりました。13〜15歳の思春期の頃も、それからブランクはあったものの私の潜在意識の中にはずっとあって再び三十路超えてまた何かに取り憑かれたように聴いています。他のアングラ系や独特系の音楽では「たま」ほどの満足感は得られないのです。もうこれは運命じゃないか!!としか思えません。
それ以外思うことが出来ないのです。 08/2/12(梅桃ひよ子)

おぉ、そこまで言われるとはミュージシャン冥利につきます。ありがと! 08/2/12(石川浩司)

自分は、運命というものは半信半疑?なんですが、これは運命だ…!と信じてやまないものもいくつかあります。そのひとつが、自分が今たまにはまっているという事です。
私がたまにはまった経緯は…小1の時、学校でイントロクイズをやり2年生の問題が「二酸化炭素をはきだして〜♪」…流行りのものに疎かった私は解らず。しかも答えもよく聞こえず。でも不思議な声とメロディが気になりまくり。?>中学の時ラジオで「さよなら人類」を聞く。この曲だったんだあ!と感動。?>その後ちびまる子ちゃんのED曲を聞き「たまってまだいたんだ〜」と思う 08/3/10(なんて失礼なんだろう…)?>2〜3年ほど前、大好きな「ストレイシープ」のゲームを中古で偶然発見、EDで原マスミさんの曲を初めて聞き、こんな素敵な曲を唄ってる人だったんだ…!と感激、CDを手に入れ毎日聴きまくり。同じ頃七尾旅人さんにもはまりこちらも毎日聴きまくり。不思議な声と音と歌詞。そういえばたまも変わった声だったな…と急に気になり始め、去年の12月ネットで欲しいCDを買うついでに試しに「さんだる」購入。見事にはまり毎日聴きまくり。唄いまくり。
…こんな感じです。小1の時少しだけ聞いたフレーズをずっと覚えててその後ラジオで聞く事も、マスミさんや旅人さんにはまり、そこからたまにはまる事も、きっと生まれた時から決まっていたことなんだと信じております。今、この歳 08/3/10(23歳)ではまったのも意味あるのかな〜なんて考えたりもしてます。

ものっそい長文になっとりますね。すみません。 08/3/10(ななを★)

そう。そしてたまのCDを全部集め、パスカルズにはまっていくことも運命として決まってる。 08/3/10(石川浩司)

村上春樹さんの小説によく「そうしないわけにはいかなかった」というような表現が出てきます。私もマルタさんのライブに行かずにはいられない。この気持ちこそが運命かな、と思います。 08/12/13(鈴べる) <br><br> 理由なき行動こそ、本当に必要なことなのかもね。 08/12/13〔石川浩司〕

これは、運命!?って感じた事は、あるような〜ないようなよくわかりません。
運動する命?運ある命?命は運動?命は運?  08/12/29(新宿)

何を言っているのだ(笑) 。  08/12/29(石川浩司)

マルタさんに出会ったのも恋に落ちたのも運命なら、「片想い」も運命のような気がします。くすん。 09/3/1(鈴べる)

う〜ん。男と女の間はどうなるか分からないからね。  09/3/1(石川浩司)

霊視でみてもらったら凄くびっくりするような、でも悪いことじゃないことを言われました。
たいていのことには驚かない私ですが、これにはびっくりしたなあもう。
という顔をしていたみたいで、
でもね、あなたの運命にそう書いてあるからね。
と、言われました。
どんな風に書いてあるんだろう?見てみたい〜
ちなみに全貌が見えるわけじゃないんですって。 09/3/13(ますちゃん)

つまり木は見えるけど森は見えないのかな。
どちらかというと全貌を知りたい。
・・・いや、やっぱり知りたくない。  09/3/13(石川浩司)

運命に逆らうのも運命なの?と時々嫌になってしまいます。どんなに力を尽くしても全てはじめから決まっているようで。 09/6/23(鈴べる)

それは逆。
どんなに力を尽くしても全て何も決まってない。  09/6/23(石川浩司)

石川さんがそこにいて、私がここにいて、それが交じり合うところが運命のような気がします。 09/11/1(鈴べる)

人との運命は複雑な紐で絡まっている気がする。
そこが面白い。  09/11/1(石川浩司)

運命を信じすぎるといけないなぁと思います。
実際それでタイムロスしたような・・・
まぁでもそれはそれでよかったのかな。 10/1/27(きよ)

運命については正直あんまり考えたことがないんだよね。
人生を振り返った時「そういえば、あれが運命の分かれ道だったかな」とちょっと思うことはあるけど、要は結果論。
運命を信じるより、直感を信じる方が面白くなるよ!  10/1/27(石川浩司)

高校で出会った親友は1年生で同じクラスになった瞬間惹きつけられました。女子校だったんですが、スタイルも顔も抜群でしかもすごくオシャレで個性的。そしてアングラ。
ものすごく変人なので友達がいなかったけど、私はそんな彼女がものすごく気になって話しかけました。
同性だけど憧れというか、ちょっと恋に近い感情でした。 11/6/10(ねこ)

アングラ好きは少数派だから、それだけで同胞意識が芽生えるしね。 11/6/10(石川浩司)

運命、あると思います。今の彼氏と出会えたのも運命だなーと思ってます(笑)  11/6/30(ねこ)

なんでも思ったもの勝ち! 11/6/30(石川浩司)

もっぱらネガティブに使われがちなものは信じませんが、ヒトとはこういうときこうしてしまうもの、という確率は確固としてあるんでしょうから、それに添うか否か、の話なんですよね。深いなこの話題。
どっかから我々を俯瞰してる奴がいて、そいつの書いたノート通りに我々は動かされてる・・・ なんて考え方もちょっと面白くて好きですけどね。  13/11/12(オポムチャン)

風が吹けば桶屋が儲かる如く、いろんな物が作用して未来は作られるから、第六感というかある程度の予測は計算でも可能ではあるよね。
それが運命という言葉かどうかは微妙だけど。 13/11/12(石川浩司)

占いとかでは、「あなたの運命は決まっている」とよく言いますよね。
生育歴がその人の人生の基盤になることが多くて、家庭環境や友達の影響によっても、ねじれた性格になってしまって、仕事も人間関係も上手くいかない人もいるかもしれません。
しかし、途中で誰に出会うかで、運命は変わっていく可能性があると思います。
自分の目指すものを導くものに出会うことが出来れば好転して行き、自分の目指すものを阻むものに出会ったら、暗転していくと思います。
私は今、プライベートでは勇気を出して石川さんのサイトに投稿を初めて、石川さんにライブでまた出会えて、お陰で笑いや喜びのパワーを頂いています。
一方、職場ではライバル職種の職員が現れ、その人に仕事を奪われいじめも受けていて、やりがいを失くすという状況に来ています。なので、転職を考えています。
そこで、また転職して誰に出会うかで運命が変わっていくのかな・・・。
そう考えてみると、自分の行動で運命を変えて行っているのかもしれません。 14/4/18(ハーブティー)

もちろん育った環境などはあるだろうけど、大人になったら半分以上は自分の思慮で運命は大きく変わると思う。
そうじゃなければ占い師にしたって生まれた時に一回見てもらえばそれでおしまいだからねー(笑)。 14/4/18(石川浩司)

どこかにこの世界で起こる事を完璧に計算できる方法なり感覚がある様に思いますが、生きている人間がそれを得るには命と引き換えになると思います。運命を知りたいというのはある意味知性や知識欲の満足ではないか。

書く事がないのでさっさと結論にしますが、心というものが大きく起因する事だと思うのです。魂のステージやランクなどというものがあるそうですが、やはり自分の心に無いものを求めて人は自然と動き出す。恋愛などでしかこの言葉が使われないのはもったいないと思いますが、何気ない生活にも運命の働きは確かにある。それこそぼくがたまの音楽などから命がけで知ろうと思った事です。 14/4/25(Sankaku)

運命があると信じることは宗教に他ならないのかもしれないね。
俺は魂にステージやランクなどというものは無いと思ってる。
出来るだけ平常心でいられるようになる程度はあっても。 14/4/25(石川浩司)

今まで運命についてそう深く考えたことがなかった(というか、運命に限らずものを深く考えたことがない…。し、知っちゃったら人生がつまらなくなる気がするんです!)ことに今気づかされた私ですが、今まで運命というものに自分がなんとなく抱いてきたイメージを引っ張り出してみました。
  運命は全部が全部がっちり決まってるわけじゃなくて、線路のレールのように細かい部分部分が組み合わさってできていて、その時の行動によってまっすぐ、左折、右折、果ては戻ったりなどどんなレールが置かれるか一つ一つ決まっていく、というようなものだと思ってきました。
え、レールの切れ目?
…3分ごとぐらいじゃないですかね(笑)  14/8/7(すこんぶ)

それ、ほとんど正解だと思う。 14/8/7(石川浩司)

僕も運命があるというよりは、直感を信じて生きているような気がします。
それ以上あまり考えた事がない!  14/12/26(西大路)

俺も深く考えない。
「ま、いろんなことがあらーな」と思う。
実際そうだし。信じ過ぎるのは何ごとも危険。 14/12/26(石川浩司)

僭越な自己賛美の話と思って聞いてほしいのですが、 自分の中にある知らない自分っていると思います。身近な話、職業を選ぶ時にもそういう自分が集中したり夢中になれることってあると思うのです。  

要は何を見て自分の心がなじむのかも、運命にかかわってくると思います。
ぼくは普段物腰の柔らかな丁寧な人たちのいる環境にいるので、僕自身も自然と丁寧さを心がけるようになりました。 あるとき作業中に危うくものを床に落としかけました。なんとかキャッチしましたが、調子が乗っていて「アブネ〜」という言葉がちょっと大きな声で出てしまいました。その時に思ったことは自分ってワイルドな事にも憧れているのかなということでした。

自分の姿出で立ちは自分には見えず、逆に他人からは一目瞭然かもしれませんが、ちょっと違う自分を発見した様な感覚でした。やっぱり運命ってわかりません。でもひとつ分かっていることは、もうひるんではいけないということ。石川さんたちのようになんにでも挑戦してゆける人間になりたいです。ちょっとはサボったり、時にはグータラしたりも含めて。(笑) 15/2/12(Sankaku)

なんでも挑戦まではしてないけど(笑)。
ビクビクしながら自分のやるべきだなと思うことだけ挑戦してるだけっす〜。 15/2/12(石川浩司)

    北海道礼文島桃岩荘ユースホステルは、私の運命の島となりました。「ヤギ」でも送ったのですが(まだ採用されていない^^)、この島というかYHがなければ自分の人生は 大きく変わっていたと思います。別の言い方をしたら、もっと早く10代のころに出会いたかった所です。5000pためて、ぜひ石川さんと旅行をしてみたいです(笑)。 16/7/31(わいわい)

具体的なエピソードが聞きたいね。
ヤギは映像観ただけではよく面白さが分からなかったのでボツです・・・。 16/7/31(石川浩司)

鍼師になる道があるというのは子供の頃から知ってはいましたが、一浪して短大1年の途中までは全く考えてませんでした。というより、なる気はなく興味もなかったです。
ところが、鍼師と何の関係もない短大の同級生の一人と喋る内に、流派によっては鍼はおもしろそう、これは研修会探してそこに所属してやるのも良いなあと。
そして鍼師を目指す事を決意。今所属している研修会を学校入学前に知る事ができ、そしてよくよく考えてみれば、石川さんと出会う切っ掛けをつくってくれたのはその研修会の後輩。
まさにこれ運命ですね! 17/4/30(西大路)

そうかもね。ちなみにホルモン鉄道の大谷もパスカルズの坂本さんも鍼師っす。
世の中は鍼師で溢れてる! (というほどでもないか・・・) 17/4/30(石川浩司)

パスカルズのメンバーの中にも鍼師が居られたとは。完全に聞き落としてたと思います! 17/5/9(西大路)

昔、イベントで鍼対決もしたよ〜ん。 17/5/9(石川浩司)

パスカルズのライブの打ち上げで鍼を使わずに指だけで実践治療的な事をさせてもらった事はありますが。
なぜ鍼をつかわなかったかと言えば理由は一つ。既にビールが僕自身の体に入ってたからです! 17/5/16(西大路)

酔っ払って眼球に刺してギャアアアアアッ! 17/5/16(石川浩司)

ちょっと自慢話めいてるかもしれませんが。

2014年に一人暮らしを始めるべく、通い先の所長さんの知り合いの不動産会社に足を運びました。その際の悩みは、やはりいい物件がすぐ見つからず何度も通ったり、案件を吟味するのに時間がかからないかという事でした。

しかしいざ行ってみると物件のフォルダに一発で自分に合う物件がありました。6畳一間ロフト付き。押入れ一つ分の荷物があったのでそれにピッタリでした。また、主要道路が近くにあり、いろいろな店も近くにあります。

これほど自分に合うものが一発で見つかるのもやはりただ事ではないと思います。やはり普段の行いがこういう運勢に響いてくるのでしょうか。調べてみるのも面白いかもしれません。 17/5/16(Sankaku)

希望が具体的にハッキリしてる方が絶対いいんだよね。
それを伝えることによって不動産屋さんも迷わずにそれに近い物件を出してくるから。
「なんとなくいい物件を・・・」が一番損な言葉なのかもね。 17/5/16(石川浩司)

17/5/9の石川さん。今後類似イベントがあれば実験台希望ですー。 17/5/28(波照間エロマンガ島)

確かお互いがやりあったのだったと思う(そのイベントには行けなかった)。 17/5/28(石川浩司)

知久さんがサッポロラガービールを飲まれたり、美味し い物を食べられたりした時によくこの言葉をツイートされてますよね。 17/12/4(テングザル)

それは「ウンメー」だっ!
分かるまで前レスを「どれのことだろう」と読んじゃったじゃないか! (笑) 17/12/4(石川浩司)

前もどこかで書いたような気もするのですが、人が生まれた時、全国の神様が集まって「この子はこの人と結婚させよう」と神様同士が決めてくれるのだそうです。古い物語ですね。 18/4/19(わいわい)

でもたいてい年齢差があるからまだ作られてすらない子供と結婚を決めることもあるという矛盾。 18/4/19(石川浩司)

ちょっと自慢話めいてしまいますが、私が運命を感じたことをお話しします。
私は精神症を患っていて、今でも病院に通い、その手の病気の人のための作業所に通っています。2013年から著しく調子が良くなり、一人暮らしを視野に入れるようになりました。

グループホームという、その手の病気の人達や、支援をしてくれるスタッフと共同生活をする施設がありますが、通っている作業所から情報を頂き、東西南北、様々な施設を6,7か所ほど見学しました。埼玉県入間市の施設と僕の住んでいる市内の施設の2か所は体験利用もしました。
しかし私は割と体調のいいほうだったらしく、もっと困っている人たちにあてがいたいとのことで、利用を断られてしまいました。2014年、両親との仲が苛烈なまでに悪くなり、もう一緒に暮らせないとのことで、通っている作業所の助けを借りて、普通の一人暮らしの実践を目指しました。

私は、押し入れ一つを丸々使うほど荷物(主にフィギュア)を持っていましたが、一人暮らしをする際の最大の悩みとして、それらをどうするかというのがありました。親からも荷物を整理するように言われていましたが、一つ一つを大切にするつもりで買っていたのでそれはできませんでした。果たしてどうなるのか。

2014年の5月か6月だったでしょうか、僕の担当のスタッフさんと、所長の知り合いである近所の不動産会社に足を運びました。
入口の脇にお勧めの物件のチラシがありましたが、確か一目で今住んでいる部屋の物件が目に留まった気がします。6畳ワンルームでなんと天井に3畳のロフト付き。一目見ただけでここだと思いました。一応他の物件も見てみようとのことで、最初に見つけた物件も含め、2か所を見学しました。
しかし、もうすでに心は決まっていました。他の人にとられないように早めに契約をしましたが、7月に入って、引っ越しも済ませ、自分だけの部屋が持てたということで、気分がときめいたのを覚えています。
あくまで荷物を全部しまえる部屋ということが条件で当初は部屋を探しましたが、その部屋は行政道路がすぐ近くにあり、いろんなお店が近くにあります。部屋は少々狭いですが、交通の便などもよく結構便利なところでした。

人生の一番大切なところで一番運がいい。本当はそういうのを過信してはいけないのですが、やっぱりそういう事もありうるのかと今でも感じ入ります。いつもは何かさえない感じもあるけれど、やっぱりこういう運勢は本当に大切にすべきだと思いました。 18/6/17(Sankaku)

うん、それは良かったね。うまいタイミングに当たったのかもね。 18/6/17(石川浩司)

ある日、何がどうしたのか急に悟ってしまったのか、全部運命というか必然だって感覚的に感じてしまいました。今起きている現象は方程式にしますと、過去のめっちゃ大量の事象×膨大な偶然≒必然=今のコレなので、最早、自分の自由意志なんて太刀打ちできない代物=今だと思いました。おとんが射精する日、帰宅途中に横断歩道が点滅するかしないか、犬のフンを踏むか否か、コンビニの店員さんがレシートと領収書をホッチキスで留めますか否かさえも、自分の存在に関わっています。なので、もはやすべて運命=必然と思って、愉快に今を味わい尽くしたいと思います。 18/7/1(もんぢゃ)

「急に気が変わる」ことですら、そのうちスーパーコンピューターでそれがどのタイミングで来るかとか計算できるようになるんだろうな。 18/7/1(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る
トップに戻る