話題49 麻薬 (2)

***レス(発言は古い順に並んでます)***


安全といわれるマリファナでもバッドトリップしちゃえば気が狂ったみたいに暴れて壁に頭打ち付けたりとか、そういうの目の前でみたことあるのでどんなものでもやはり危険はあると思います。
強すぎる刺激故にすごく気持ちよく尋常じゃないくらい楽しくなるのだろうけれども、強すぎる刺激は本来人間の機能で感じるレベルでない刺激なのだろうから絶対なんかしら悪影響はあると思います。精神病んで病院行きになる人多いですしね。
お酒くらいにしとけば一番平和です♪  07/8/16(ことり)

以前、ネパールでライブをやった時、市長主催の歓迎パーティで他の国のミュージシャンと輪になってたんだけど、そこにマリファナがまわってきたことあったな。友好の挨拶みたいな感じでもあったので、拒否をすると場の空気が壊れる。俺は一応口に付けた振りだけして隣にまわしたなー。
とにかく俺はその是非云々ではなくドラッグ関係は嫌いなんだよー。変に真面目ぶるつもりじゃないんだけど。  07/8/16(石川浩司)

学生時代に親しかった友人と数年ぶりに会ったときのことです。
彼は医者に嘘ついて睡眠薬を大量にもらったり、はっきりとは口に出さなかったけど恐らくもう少し危ない薬も使ってるようでした。
この話題の中でみなさんが言ってたように、その友人も「覚せい剤とマリファナは違う」とか「麻酔で使われるモルヒネだって麻薬の一種だし」みたいなこと言ってたけど、そんなことはどうでもよく、ただ凄く悲しかったです。

久しぶりに会った彼は何だか少し人が変わってました。薬のせい?
これは本来の彼の姿ではないと思いました。
脳を溶かし、その人がその人でなくなってしまうほどの有害性があるのならタバコや甘いお菓子の中毒性とは確実に違う。
どことなく理性の欠けた彼と再会し、そう感じました。ほんとに悲しかった。07/11/28(マイメロ)

実物を見るとやっと理解できるものってあるよね。その人がその人でなくなってしまうことほど悲しいことはないよね。07/11/28(石川浩司)

最近友人達が「葉っぱ吸いてー」と言っています。少しアングラな環境に身を置きつつあるので本当にそうなってしまうのではないかと心配です。まわりに吸ってる人がいるらしくその人たちから話を聞いてるっぽいです。大麻は常習性が無いと言ってますがやっぱり友達がそういう風になるのは怖いし悲しいです。自己責任 だとは思いますが07/12/11(そのふ〜ど)

俺を誘わないでくれれば勝手にやってくれと思っちゃう。でもとばっちりはごめん、という感じだなー。なのでやってそうな場合は近くにも寄らないようにしてる。07/12/11(石川浩司)

金八先生では以前麻薬をテーマにしたシリーズがありましたね。
よくテレビで放送できたな?と思います。
麻薬の恐ろしさは伝えられたと思いますが、シンナーやってた生徒は後遺症もなくピンピンしていたので、シンナーの使用を助長してしまうのではないかと放送当時は危惧していました。 08/3/10(ミッヒー)

俺の友達で若い時シンナーやってた奴、歯がボロボロだったなあ。 08/3/10(石川浩司)

身近な人間が今「新とんこつ」という富士市にある某ラーメン店のラーメンに中毒的にやられてしまい、私もちょっとやられ気味なので麻薬に違いないと確定したのですが、我が家町富士宮市の「肉の桑原」という肉屋の豚肉がまた中毒的に食べたくなる性質があって、静岡には麻薬が一杯で恐ろしいです・・・・。
ところで本物の麻薬ですが、こちらのほうの自然溢れる某所のほうでは自生しているのがある様子で、こんな植物を見つけたら通報しましょう、みたいのがご丁寧に写真入りで詳しく配布されたりするそうなのですが、そんな情報くれたら余計よからぬことする人が・・・ですよね。 09/1/16(ことり)

あれって雑草だからね。山に行くとそういう看板よく見かけるよね。あれは「この辺にお金がばらまかれているけど、警察に届けましょう」って書かれているようなものだよね。  09/1/16(石川浩司)

マリファナはヨーロッパ(特にスペイン、スイス、デンマーク、トルコ)では一応違法だけど みんなそれぞれ責任持って楽しんでるというのが常識だよね。
オランダでは罪はなくて、カリフォルニア カナダ、インド、オーストラリア、アフガニスタン、モロッコ、アフリカ、南米なんかは特に盛んで世界中どこへ行ってもそんなことは普通だよ、とんでもないものという意識を持っているのは東アジアとマレーシア。
それぞれが それぞれの場所でそれぞれの文化を持ってる、宗教上使用したり、大人の趣向品だったり。日本でも宗教上欠かせないものだったし。3年に一度日本に帰ってくるという生活をしていると、戦争に負けて文化を根こそぎ持って行かれてしまったという意識を感じずにはいられません。
もちろん ハードドラッグは別の話。日本では最近メディアがものすごく大麻を煽っているらしいけど 端から見ると、押さえつけられてパンクしそうな現状にメディアがようやく気づいたけど型にはまった報道の仕方しか知らない、という様に見えます。
今後日本で誰の手にも負えないぐらいマリファナが一般的な物になって 一部軽犯罪化されてもみんな同じ意見ですかね?はっきりいいますがタマのファンのなかにだってマリファナ好きなやつはたくさんいるでしょう 09/1/22(砂吹)

とにかく日本では印象としては殺人したくらいの「悪事」だもんね。俺もそれは完全に狂っていると思う。
俺はとにかく人に怒られたくないので現行では絶対やらないけど、たいして悪いこととはもちろん思っていない。
酒も好きだからそうなったら嫌だから敢えて強くは主張しないけど、マリファナより総合的に酒の方がよほど問題多いよね。マリファナで殺傷事件はまずないけど、酒なら日常茶飯事だもんね。 09/1/22(石川浩司)

麻薬じゃないけど、以前覚せい剤やってた人を見たことがある。
精神科にかかってた。まるで死んだようにぐったりしてた。
なんだか凄く怖い気分になった。 10/7/31(りあちゃん)

覚醒剤が麻薬じゃない?と思って調べてみたら、麻薬っていろんな定義があって、覚醒剤が麻薬に入る場合も入らない場合もあるんだね。
ちなみにある定義では煙草も酒も麻薬だった。  10/7/31(石川浩司)

この「麻薬」という言葉の定義もすごく複雑なようですね。ただ大麻の扱いにおける日本と諸外国の常識の違いや、何度も捕まりながらも大麻の合法化を唱えていた中島らもさんの話を読むと、煙草よりよっぽど害がないという意見や国がらみの事情があるという噂もあながち出鱈目ではないような気になります(薦めてる訳ではありませんよ)。
何はともあれ私には必要ありません、常習性のあるものはこのHPと手淫だけでもう充分です。 13/10/14(オポムチャン)

そうそう、そのふたつだけでそこそこ幸せに・・・。
しかもどっちも基本、お金もかからないしなっ! 13/10/14(石川浩司)

某ハンバーガーチェーン店の「黄色いチーズ」には、麻薬に酷似した成分が含まれているのだそうです。
それ故に小さい頃から摂取するよう子供受けするキャラクターを使ったプロモーションを行い、より強い依存と常習性を植え付けているのだとするアメリカ映画がありました。
フライドポテトも独特の匂いがしますし・・・。あ、こんな話をしてたら、また食べたくなっちゃった。ちょっと行ってきます・・・。 13/11/2(笑うピエロ)

ASKAの吸ってたのもそんなよーなものか。 13/11/2(石川浩司)

今、世界中の人を中毒にして、とり過ぎた人の健康に深刻な害を及ぼしているお砂糖は近々悪い物質としてどんどん他の甘味料などに取り替えられていくのではないかと思います。 13/11/12(Sabina)

他の甘味料も調べて行くうちに別の悪作用があることが分かり・・・。
堂々巡りの予感。
難しいよねー、いろんな線引きが。 13/11/12(石川浩司)

あはははは、13/11/2の石川さんのコメントを見てA氏はそんなことしないやい! とひとり純粋に信じてたファンですが見事にクロでした。長年応援しててCD・DVDもほぼ全部揃えて来たのになんだこの虚しさは。もうネタにして笑うしかないですね、悲しいですが。
ともあれどっかの校長先生とかポリスだとか、最近は売り手も若い子よりはお金のある中高年を狙うようです。ちょっと高級な食事処で悩んでる・疲れてる真面目そうなおじさんにフレンドリーにすり寄り、「疲れが取れるサプリだから」「気分がスッとするハーブだから」とか言って摂取させ、中毒にしちゃう、と。
実害にあったわけでもないのに、なんか書いててものすごく悔しくなってきました。 14/6/12(オポムチャン)

ちなみに健康ドリンク関係もコレクションの缶以外は飲まないなー。
高い割りに効き目あるか?と思っちゃうから。
最近はエナジードリンクで死ぬ人もいるから効果はあるのか・・・って死んじゃ駄目じゃん! 14/6/12(石川浩司)

たまに芸能人やミュージシャンの方が麻薬所持で捕まったり(最近のはここでも話題になってますね)していますが、仮に自分の応援する方が麻薬を所持/使用していたとして、それはそれほどショックなことでしょうか。
家族や友人なら当然ショックどころの問題ではありませんが、もし私の応援する人が麻薬を使用しているという噂が流れてきても、私は「えっ、そっか…まあそうね、毎日大変だろうし、しょうがないのかな…」くらいだと思います。(当然逮捕されてしまったら、当分その人の姿は見られないので悲しいです)
これは私の愛が足りないだけなのでしょうか?それとも私が非常識なのでしょうか。
  でも、不謹慎かもしれませんが何かを創作する人ってどこかおかしくないとやっていけないような気がするのです。あ、全員が全員おかしくなれって言ってるわけじゃありませんよ!
有名になれば、そういうものを使用することを持ちかけられる機会も増えるでしょうし。
  そこで断れず・断らずにその道に進んでしまうのはもちろん問題だと思います。
しかし、誰にでも降りかかる可能性のあることなんだし、やっぱりそんなに言うことでもないのでは?と私は考えています。
喧嘩を売ってるように見えたら申し訳ありません。ただ上のように考えた自分に疑問なだけなのです。あまりうまくまとめられなかった…。  14/6/24(すこんぶ)

あのビートルズだっていろんなドラッグをやっていて、そのおかげで生まれた名曲もあったかもしれないしね。
ただドラッグでもいろいろ種類があって、時には錯乱して人を殺してしまうようなハードなものもあるからね。
法律関係無かったとしてもそういうのは怖いね。
マリファナはもし合法になればやってみるかもなー(違法のうちは絶対にやらない。怒られるの嫌だから)。
アメリカとかの州では次々合法になってるからね。 14/6/24(石川浩司)

福岡のA○B48ことH○T48のUさん。
アスファルトの隙間から芽を出し花を咲かせている植物の生命力に感動し、そのピンクの花の写真をコメント付きでサイトにアップしました。
「いつもお花からパワーばもらえるっちゃん。このお花みたいに頑張るけんねー」と。
後日その花の写真を見た警察から劇場に電話が掛かってきたそうです。咲いていた場所を教えてくれと。
はい、その花は野生の「ケシ」でした[笑]。
正確には「アツミゲシ」という、アヘン法で栽培が原則禁止されている植物でした。
自生とはいえ許可の無い者が勝手に引き抜くと、収穫したものとみなされ罰則の対象になることもあるそうです。 14/7/6(デクノボー)

あれ、やっぱり誰か大御所芸能人でそういう人いたとテレビで観たなあ。
玄関の横でポーズ取ったグラビアに写った大きな花がケシだったと。
栃木や北海道でも「このあたりに自生している花などを取ると処罰されます」の看板見たことあるな。 14/7/6(石川浩司)

バッドトリップと言って、自分のコンディションやその薬との相性によって、気持ち良くなるどころか、悪酔いしてしまうことってよくあるらしいですが、私もそういう体験をしたことがあります。薬の認可の方面では比較的自由なタイで、バイアグラもどきの中国製の勃起促進薬を服用して、性行為に臨んだことがあるのですが、そこでそれは起こりました。もともと勃起不全ではなくノーマルにセックスできる自分は、わざわざその薬を飲んでセックスしたところ、効果が持続してしまい、8時間くらいずーっと勃起状態にあり、何度射精してもすぐに復活してしまう現象が起こりまし た。最初のうちは精神がついていったのですが、次第に精神は置いてきぼりにされて、下半身のみが暴走してしまう感覚にとらわれました。当時わたしは40歳でしたが、ほとんど寝ずに一晩で7回射精しました。翌日は後遺症のようにあとから精神状態がおかしくなり、ぼけーっとして何も手につかず、ずっとバッドな状態でした。以来、薬を使ってセックスはしていません。  14/8/11(こそり男)

8時間!健常な人が使うとそんなことに・・・。
でも相手は喜んだんじゃ?
いずれにしろ薬はすべからく毒でもあって、必ず何らかの副作用もあると思ってた方がいいよね。 14/8/11(石川浩司)

脱法ハーブ→危険ドラッグなんて間抜けもいいところの名前に変わったわけですが最近吸い込んでいっぱいなくなってはりますねぇ。また車運転してあっちこっちで大事故おこしてはりますねぇ。是非とも誰を巻き込むでもなく勝手にくたばっていただきたいのですがそれほど、気持いいんでしょうねぇ。性的な効果を高めるものもあるみたいだからお盛んな若人が好奇心で余計にやってみたくなるんでしょうねぇ。そんなもんに頼らなくても、自分の脳味噌の中に快感の種は腐るほどあるのに、ねぇ。ほぅら、日常の脳中のあほな思いを綴るだけでスタアがリプライ、ポイント付。お金もかからず得る、快感。語弊を恐れず書きますと、ここが私の麻薬です。 14/11/2(オポムチャン)

ふふふっ、これなら捕まることも無いしな。多分だけど・・・。 14/11/2(石川浩司)

最近脱法ハーブの事件、あんまり聞かなくなりましたね・・・ って他のニュースに紛れて目立たないだけなんでしょうかね。
思い出したのは中2の歴史の授業、1840年くらいでしたっけ、アヘン戦争があったのは。その時の様子として歴史便覧に掲載されていた「アヘンを吸う中国人」という白黒写真が妙に生々しく、前の席のオザキくんに「なぁなぁ、アヘンを吸う中国人やって」と話しかけたところ、「えっ!? オポやんアヘン吸ってんの!!?」と大声で叫ばれ、また普段からナチュラルな奇行が目立つ私のキャラクターと相俟って、しばらくニックネームが「アヘン」でした(笑)。躍起になって打ち消すのも疲れるので、阿辺けし子ちゃんなんてイメージキャラクターを創作したりして楽しく過ごしていました。 15/5/24(オポムチャン)

今じゃアハンなのにね。コノコノッ! 15/5/24(石川浩司)

  脳内麻薬だったら、いくつか意識的に出せます。名前は知らんけどハイになるやつ、感情が過剰に豊かになるやつなど。あんまりやってると感覚が狂ってきて、感情が高ぶって訳もなく泣き出したり、逆に全く感情が死んで何も感じなくなったりするので、のめり込むと危険。 15/7/3(イーダ健二)

ほおっ、それは技だな。
うまく使えれば最強だね!
失敗すると最悪だけど・・・。 15/7/3(石川浩司)

まず、マシかマシじゃないかという話の前に、法によってダメだって言われてるものはダメだと思います。また、合法ドラッグとかいって、法の目をかいくぐらなきゃいけないような得体の知れないものもダメだと思います。そんな中で僕が最も危険だと思うのは、誰が言ったか判らない、「○○は○○よりマシらしい」とかいった、巷の噂を鵜呑みにすることだと思います。確かに、酒で暴れる人はいるけど、麻薬の一部がOKとなったら、当然、酒プラス麻薬とか、もっと恐ろしい使い方が蔓延するのは目に見えてるし、そこら辺で麻薬を炙ったりされても、煙草以上に周りにいる子どもとか妊婦さんとかに被害が及ぶと思う。ただ、お酒も煙草も、今はただ法に罰せられるような事さえしなければ許されているというだけだと思うので、ちゃんとマナーを守って人に迷惑をかけないようなたしなみ方心掛けてないと、この先取り締まられることになりかねないと思うので、法で許されてるから良いんだっていう心持ちで扱うんじゃなくて、まだ許されてる事に感謝して謙虚な気持ちで扱い頂くことが、煙草や酒を愛するからこそ求められていることだと思います。 15/11/14(猫叉)

そうだね。ちなみに戦前までは覚醒剤は合法だった。町の薬屋さんでヒロポンという名前で今のエナジードリンクのように普通に買える薬だった。
なので時代とともに今後今は合法だけど非合法になるものも、逆に今は見つかれば逮捕されるものでも合法になる可能性なものもあるかもしれないね。
酒はともかくタバコはいつか非合法になる気がする。 15/11/14(石川浩司)

煙草、どうでしょうね。大きな税収源になっている関係上、なにか別のもので税をまかなえない限り合法のままな気もしますねぇ。
さて最近私の好きな元西武のK内野手がおくすりでアレストされちゃったのですが、なんなんですかC&AのA氏といい私の好きな50前後のお兄様方は軒並みシャブ中ですか!? もうやだ。キヨちゃんもあんな風体でも実は肉体改造などにもストイックだったので、もともと真面目な人が世間で名声を得て、次の活躍を求められて苦しんでいるときに甘い声に誘われちゃった、ってなパターンなんでしょうね両方とも。どうかこれ以上、私の好きな人がいけないおくすりに虐げられませんように。あとメディアの汚い筆致の記事はもうなーんも信用しません。 16/3/6(オポムチャン)

あとみんな言ってないけど「お金を持っている」ということも関係してるかも。
結構高いから貧乏人にはなかなか手出せないもの。
お金を持っていて「今までに無いさらなる刺激」を求めてやっちゃうところもあるんじゃないかなと睨んでる。 16/3/6(石川浩司)

そうですね、ズバリ覚醒剤となると相当なお値段になりそうですが例の脱法ハーブならだいぶ手軽に買えるのではないでしょうかね。私の中でどっちも同じようなモノ扱いにして混同しちゃってますが、いずれも摂取するとあほになることは保証済みですからね。妄想に取りつかれたりアヘ顔ダブルピースでとっ捕まったり、そんなにあほになりたいのかしら。そっか、真面目な皆さんがよくやっちゃうのはあほになったことないからなんだろうか。成る程、もともとあほの私がやりたいと思わないわけだ。納得納得。 16/3/19(オポムチャン)

何もやらなくても毎日シェシェシェのシェー! 16/3/19(石川浩司)

大麻は癌の特効薬になる可能性があるそうですが、日本は大麻の研究すら許していないと何かで読みました。製薬会社の陰謀でしょうか。 16/7/1(猫のチップ)

それもあるかもね。
遂にあのマイクロソフト社までが大麻ビジネスに参入とのこと。
本当にブラックな物ならこんな大企業が大手をふるって手を出すとは思えないものな・・・。
俺は程度だと思うけどね。医療用のものだけは認めるとかね。 16/7/1(石川浩司)

「大麻ー」
「コカインなさーい」
「今夜はしゃぶしゃぶよー」 16/7/28(わいわい)

「麻理、ファナ!(花)」
「隠せ、遺財」
「ここカイ〜ンだよー」
ああっ、会話にはならない(笑)。 16/7/28(石川浩司)

わたしはこの方今までの人生の中で、一度も「覚せい剤や大麻が欲しくありませんか」と声をかけられたことがないのですが、ミュージシャンの方は、やはり声はたくさんかけられるのですか? 石川さんも声をかけられたことはありますか? 16/8/11(わいわい)

某海外のフェスの打ち上げではいろんな国のミュージシャンが集まってそういうものがまわってきたこともある。なんせ合法な国もあるぐらいだからね。
俺はとりあえずニコニコ笑って受け取ったフリをして次の人にまわした。
ちなみに流石に覚醒剤は無いなあ。そういう人がいたらとりあえずその人とは距離を起く。大嫌い。 16/8/11(石川浩司)

ここしばらく某C&Aの話ばっかりで恐縮ですが、容疑者のA氏は「ろれつが回っていなかった」とか「意味不明のことを言っていた」とか記事によく書かれることに、どうも違和感を感じます。
私はC&AのCDはもちろんDVDもほぼ全部揃えているのですが、覚醒剤をはじめた、とされる時期の前からA氏はもともとそんなに滑舌が良い方ではなかった気がしますし、私が唯一マジョリティの音楽家で好き、というほどにすごい詩の感性の持ち主ですから、言ってることがいささか不思議だったり独特の言い回しだったり、というのも昔からなので、今年になって再び開始されたブログの文面が、どう読んでもヤク中の人間の書いたものには見えないんですよねぇ・・・。なのにマスコミは「意味不明」とか書いたりするもんだから、んでまたろくに読みもしてない人からもわけのわからんこと書いてる、とか言われて悪い印象がどんどん膨れていく。もともと(シャブやる前、ね)そういう調子の文を書くひとなのに。

私はファンなのでどうしても贔屓目に見てしまう部分があると思うから、誰かファンでもアンチでもない冷静な方がブログを全部読んで、「こういう発言は事実と整合性がとれていないので変」とか冷静に解説してほしいです。覚醒剤をやらかした事実は認めてますから、そこ(ブログ等文面)がどう変なのか、確証が持てる論を聞きたい。このままじゃ変とされる部分がわからない自分の脳味噌が疑わしくってやれません。 16/12/19(オポムシャブ)

俺がドラッグ系がすっげえ嫌いなのもまさにそこが大きい。
俺のちょっと変わった表現がそういうもののおかげで出来たと思われたくないから。
これからもそういうもの無しでちょっと変わった表現を見せていければいいなー。 16/12/19(石川浩司)

欧米ではコカインよりも安価に購入できるフラッカとかバスソルトなどのハードドラックがここ数年出回っており、ものすごい勢いで蔓延しているそうです。リンクは張りませんが、トリップしている状態の人間はまるで「ゾンビ」のような状態になり、走っている自動車に体当たりしたり、人間の顔面を食いちぎったりと恐ろしい症状が報告されています。日本で流行らないことを祈ります。 17/10/12(ロジャー・マリス)

ハードドラック怖いな〜。でもそうなるの分かっててもはまる人ははまっちゃうんだよな・・・。 17/10/12(石川浩司)

逮捕された芸能人やミュージシャンが「街でとか、知り合いから麻薬を勧められた」と反省コメントしますが、私なんて一度も「麻薬やりませんか?」なんて勧められたことありませんぜ。 18/4/19(わいわい)

俺も。でも実際逮捕されてる人はいるわけだからあるところにはあるんだろうねえ。
俺は「絶対やらんぞオーラ」を出してるからかな。
自分の表現がそういうことで作られたと思ったら我慢できん。
あと束縛恐怖症なので絶対牢獄に入れられたくない。 18/4/19(石川浩司)

僕も街で麻薬やらないかと声をかけられたことは無いですが、最底辺の高校に通ってた従兄弟は、学校で悪い友達に勧められたそうです。
やっぱり環境によるのかもしれません。 18/4/26(邑楽)

ああ、それはあるかもね〜。
あるところには普通にたくさんあるんだろうな。 18/4/26(石川浩司)


           王様の耳はロボの耳トップに戻る
             石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る