話題377 休日



休日についてのトピックを作りました。皆さんは休日をどのように過ごしてますか? わたしは20代の頃は休日は寸暇を惜しんで遊びまわっていましたが、50代になった現在では文字どおり休息して英気を養う日となっています。半日ごろごろして午後からバンコクの街をぶらぶら散歩します。その中でタイマッサージを受けて食事して夜帰宅するのがパターンとなっています。また、年に数回まとまって休みがとれるので旅行に行ったりもします。皆さんの休日に対する考えなども聞かせてもらえたらうれしいです。  16/5/14(波照間エロマンガ島)



***レス(発言は古い順に並んでます)***


俺はこういう仕事なんで休日と言っても仕事のメールのやりとりとか思いつけば新曲の断片作ったりとか、もちろんこのホームページのレス付けたりとかかな。
あとはひたすらYouTube観ながら酒飲んで寝てる〜。
特に用事が無ければ外にも行かない。仕事がなかったらほぼ引き蘢りっす〜。 16/5/14(石川浩司)

ほんとなら狂ったように投稿に打ち込む、とか言いたいんですが現在4歳のぼうずの相手がもっぱらですね。幼稚園は14時までだから平日は嫁はんにかなりの負担が掛かっててぜんぜん自分の時間を持たせてあげられてないので。現在の私の休日は、イコール嫁はんの休日です。自転車で走り回ったり電車バスの定期が使える範囲を乗り回したり・・・ おっなんか最近体重が落ちてきた。うれしいけどなんか疲れるなぁ(笑)。どちらかというとこうして自由に投稿ができる平日の夜が私の休日みたいなものですね。 16/5/26(オポムチャン)

そのうちオポムチャンJr.も親子で投稿を始めたらどうだろう?(笑)。 16/5/26(石川浩司)

休日についてあらためて考えると、自然に「時間とは何ぞや」を考えることになりますね。 少し大袈裟な言い様になりますが、最近、「生きること=自分の価値観に基づいて時間を過ごすこと」だなあとつくづく思います。大人になると、時間の多くは仕事や家事育児に費やすことになり、それらはは自分で選んだ状況であっても思い通りになるものではないので、それらをしなくても良い時間が、自分の価値観と向き合う時間だと思ったりしてます。なんて小難しいことを書きましたが、自分の休日は、寝坊、録り溜めたテレビ番組のまとめ観、子供のサッカー試合の応援または引率、翌週の食材まとめ買いが主な過ごし方です。ここに石川さんのおっかけ、を入れられるようになるころには定年になっていて、毎日が休日かもしれないです。 16/6/3(わにこ)

俺、休日多いよ。多分年間半分以上。
もっとも休みの日こそアイデア出ると熱心に物書いたりもしてそれが仕事になることもあるので境界線が曖昧・・・。 16/6/3(石川浩司)

また身体を壊し入院してしまいました。3日間検査と治療で個室に宿泊し、現在は週1回のペースで通院しています。
平日はできるだけ残業をせずにすぐに帰宅し、できるだけ多く睡眠をとるように睡眠体勢に入ります。休日もできるだけ休息する体勢で家の中でごろごろしています。すっかり休日に対してはリフレッシュ、気分転換というよりかは、ひたすら心身の休息という側面が強くなったのは初老に入ってきたからでしょうか。「健康」でないことで心の安寧を得られないことは病気になる前の想像をはるかに超えていました。やはり死へのカウントダウンという観点から見て、余生に対しての余裕がなくなるわけでそれは心細いものがあります。
そんな休日についての最近のわたしの見解でありました。 16/7/22(波照間エロマンガ島)

うん、50を過ぎると「体のどこにも支障が無い」という人の方が珍しい。
老いの扉を開いたら後戻りは出来ないから如何に現状維持を長く保てるかだよね・・・。 16/7/22(石川浩司)

たまにぼうずの世話からも解放されて、ダッラーっとひとりの休みが半年に1日くらいの頻度で手に入ることがありますが、そんなときはひがな一日パーソナルコンピュータで猥褻めぐり、または電子ピアノで出鱈目あそび、飽きて寝てたらぼうず&嫁はんが帰って来て終了、みたいなパターンばっかりです。なんかダラダラしたら余計に次の日疲れちゃう。でもダラダラは大好き。私はどうしたらよいのでしょう。 16/7/28(オポム)

俺なんかダラダラの極北。一日何度も昼寝する。
でも反省なんかしない・・・。 16/7/28(石川浩司)

日月が休みですが、日曜は研修、月曜は最近は往診が時々あるのででもライブに一番行きやすいのが月曜日。
あー、休日何してるかでしたよね。友達と外うろうろしたり、家に居る時は最近は本読んでる(音訳CD聴いてる)事が多いかな?
そうそう。今年から「山の日」という新しい祝日が増えましたが、盆休み手前なので仕事何日から何日まで休みにしようか悩みます。まあ一緒にして長期休みにするのがねらいなんでしょうが、自営は悩みますよこれ! 16/7/31(西大路)

俺の「すごろく旅行のすすめ」という本は横浜かどこかの図書館で音訳されてるよ。
別の地方の人が借りられるかは分からないけど。 16/7/31(石川浩司)

著者検索やタイトル検索では石川さんの本出てきませんねえ。やり方が悪いのかもしれないので再度やってみますわ! 16/8/11(西大路)

だいぶ前だからなあ。もう廃棄処分になったのかもなあ。 16/8/11(石川浩司)

タイでは2016年8月12日のシリキット王妃の誕生日=母の日の祝日が金曜日で土日と合わせて3連休になったので久々にチェンマイに遊びに行ってきました。ふだんはバンコクで忙しく仕事をしているので、チェンマイに到着した瞬間からずっとリラックスできました。滞在期間中過ごす場所はホテルのスイミングプールや猫のいるリバーサイドカフェ、日本料理屋、タイ料理屋など、ここ数年まったく変化のない場所ばかりですが、そのワンパターンがかえって良かったりします。また休みができたら訪れようと思います。 16/8/23(波照間エロマンガ島)

日本に来たら自宅や東京を素通りして奈良とか沖縄にでも行ったような感じかもしれないね。 16/8/23(石川浩司)

ずっと寝てたいけどぼうずが退屈するので車なり徒歩なりどこぞへと連れ回すしかない。でも嫁はんともども限界のときは畳の間でぶっ倒れます。ぼうずも散々文句を言いますが両親ともにくたばれば仕方ないと思うのか、ひとりでプラレールで遊んだり本を読んだりしています。軟弱なとさんを、許せ。 16/11/7(オポムチャン)

それも含めて子供も成長していくのだよ。 16/11/7(石川浩司)

不定期で副業をしているため、週末も出勤することが多いです。なので、ここ最近は水曜や木曜がオフになってます。本業も週に数日のみの勤務で、出勤日が増えればと考えていはいますが。一人暮らしが始まったため、オフの日もほとんど洗濯や掃除で終わることもほとんどです。
それでも、オフをいつにするか、まだ自分で決める余地があるだけでもいいのかな? 16/11/19(Hi-)

うちの妻もたいてい水木がお店を休む日(お店自体はバイトが入ってやってる)。
俺も平日は休みのことも多いのでふたりで休日を遅めの朝食で楽しんでまーす。 16/11/19(石川浩司)

30代から40代中盤にかけて土日深夜勤務ありの変則シフトで仕事していました。副業も複数やっていたので収入はありましたが、身体は常に疲労していました。正月や大型連休に働き、ふだんの平日にまとめて休暇をとって年3〜5回海外旅行したりしていました。今にして思えば可処分所得が非常に高いかなり贅沢な身分だった、貯蓄せずに遊びすぎたと反省しています。でもこの時期があったからこそ、海外移住の視点が芽生え、所得は日本にいる時分の2/3ほどに下がりましたが、今こうしてなんとか仕事して生きながらえているとも思えるのです。50代中盤の現在は普通の勤め人と同じく週末休みをいただいておりますが、やはり規則正しく決まった日に休めるというのは人間必要だと強く実感します。身体に無理して働けるのは40代までだな、と。そんなわけでますます休日の重要性をかみしめる今日この頃のわたしでした。 16/12/3(波照間エロマンガ島)

ほんと、先日週に5本ライブあった時は終わって「しばらく休める〜」と心底思ったもんな。 16/12/3(石川浩司)

2017年4月中旬のタイの旧正月休みはタイのビーチリゾートでのんびりすることにしました。
実は先月のこと、急性腰痛になり椎間板ヘルニアと診断され、激しい運動は控えざるをえなくなりました。よって長時間のバスや鉄道の移動は患部を痛めつけるので止めることにしました。明日の夜、旅立ちます。1週間のんびり静養してきまぁす。 17/4/16(波照間エロマンガ島)

腰を使った激しい運動は控えるように・・・か。
マグロ状態で向こうに動いてもらうしかないね! 17/4/16(石川浩司)

最近、プレミアムフライデーとか、キッズウィークとか、やたらと休ませようとしてますね、日本政府。
プレミアムフライデーは話題にすら上がらなくなりましたが、キッズウィークで子供が休みになっても親が有給休暇取れなければ被害者は子供ですよ! 17/6/25(西大路)

自由業、子供なしの俺には一生縁がないのかもなあ。 17/6/25(石川浩司)

17/4/16の追記。最近村上龍さんの「案外、買い物好き」というエッセイを読んだのですが、龍さんも椎間板ヘルニアをやって、リハビリとして腹筋を鍛えて腰への負担を軽減した話が載っていました。その際、ヨーロッパの若い男性がステッキをファッションと実用の両面で使っているのを見て感心したという話を読み、ステッキをもってもいいかな、と思いました。確かにヨーロッパの古い都市は石畳の道路が多く、足場がおぼつかずに転倒の危険が多いことに思い当たりました。中高年になって足腰が弱る前に老後に備えてステッキを使う欧州紳士、いいなあ、と。
石川さんもチェンマイで骨折した時にステッキを使っていたと聞きましたが、使い心地はどうでしたか? 17/6/25(波照間エロマンガ島)

悪くなかったね。
灰野敬二さんもステッキ使ってるね。
いつもあの格好で町を歩いているので近所の女子高生たちに「あの人見かけたら今日一日ハッピー」という都市伝説があるそうな(笑)。 17/6/25(石川浩司)

加齢してくると休日の重要性が日に日に増していくことを痛感します。いかに心身を休ませて平日の活動への英気を養うかということに腐心します。それでも最近は平日に体調不良で倒れたて悪い結果になってしまったりするのが残念なのですが。オンオフの切り替えが苦手な私は悩み続けですね。 17/9/8(波照間エロマンガ島)

俺の仕事は休日と仕事日の境目が曖昧。
仕事中が一番ある意味で「遊んでる」こともあるしね。はー楽しい。 17/9/8(石川浩司)

どこか王様で書いたと思うのですが、一日一回外に出ないと機嫌が悪いです。犬と同じです。ショッピングモールで立ち読みでも可。 17/10/19(わいわい)

俺はみんなと団体行動している時でも極力ひとりになれる時間が一日一回は欲しい、かな。
旅行中でも「一時間各自自由行動しよう」とか言う。 17/10/19(石川浩司)

17/10/19の石川さん。同感です。この2月にチェンマイ逃避に来ていた友人たちとチェンライの有名な地獄寺寺院に行ったときも、解散して自由時間を設けて1時間ほど各自好き勝手に過ごしました。わたしは行ったことがあるのでコーヒーショップで案内してくれたタイ人の友人と駄弁っていました。 17/11/4(波照間エロマンガ島)

集まったり離れたりどちらも面白いことはある。
何事も強制や束縛がないのが一番〜。 17/11/4(石川浩司)

2019年の春、10連休になる可能性があるとか。
今の天皇から新しい天皇に変えるのをどの時期にするかで決まるようですが、もしそうなれば何しましょ?
そんな多く休ませてもらえるのか?自営とは言え! 17/12/4(西大路)

俺には全然関係ねー。
ライブが少しは入りますように・・・。 17/12/4(石川浩司)

そして、2019年は天皇誕生日による祝日はないようです。今の天皇は12月生まれ。次の天皇は2月生まれ。
そして、4月30日が天皇退位で即位が5月1日! 17/12/12(西大路)

何千年後かは一年間全部旧天皇誕生日になってみんなずっと休んで一生終わる。 17/12/12(石川浩司)

今の天皇誕生日(12月23日)は、退位後は何の日になるんでしょうねえ? 17/12/19(西大路)

クリスマスイブイブで! 17/12/19(石川浩司)

では、クリスマスイブもクリスマスも祝日にして、クリスマスウィーク。
日本が日本でなくなりますな(笑) 17/12/26(西大路)

他の宗教の人が怒りそう。 17/12/26(石川浩司)

仕事があるからこそ休日が楽しい。この気持ちに感謝して十分かみ締めて新しい年を迎えることにします。 17/12/31(波照間エロマンガ島)

それは言えてる。
俺も休日が多い=仕事がないなのでほどほどがいいっす。 17/12/31(石川浩司)

正直なところ、もうこれ以上休日は増やしてほしくないっす! 17/12/31(西大路)

そういう意見も大人になったからこそ分かる! 17/12/31(石川浩司)

でも、2019年の天皇退位と即位の前後、結婚が増えるかもですね! 18/1/27(西大路)

平成の終わりと新元号の最初ということ? 18/1/27(石川浩司)

そういう事です。特に今回は生前退位なので、自粛する必要がないまま新元号になるため、お祝いムードで結婚も! 18/2/6(西大路)

西大路もそれに合わせて。結婚!結婚! 18/2/6(石川浩司)

話題68を中心に出している年上女、実はつき合えてたかもという事が浮上してきました。というより、間に入ってたやつの大バカが露呈してきました。
しかしこの男が居なければその女とは出会えてないのでずっと我慢してたのですが。
ごめんなさい。この今この話になれば感情が揺れてしまいます。現時点で何も書けないです。バカを丸々信じた僕がバカかもとしか書けません。
でも来年結婚かー! 18/2/17(西大路)

奪うのじゃ! 18/2/17(石川浩司)

2018年3月1日はタイでは万仏節の休日。タイ語ではワン・マハーブーシャーといいます。旧暦3月満月の日、釈迦がウェールワン寺院を訪れた際、悟りの境地に達した1,250人の弟子が偶然一堂に会したという奇跡的な出来事を祝う日で、人々は寺で説法を聞き、手にロウソクを持って本堂や仏道を3巡します。タイでは酒類販売禁止日と法律で定められています。例年この休日は2月になることが多いので、同時期チェンマイに遊びに来ている日本人の友人たちはお店でお酒が飲めないので呑兵衛さんは難儀します。わたしもタイに住んでそろそろ10年ですが、仏教系の祝日の禁酒についてはもう諦めています。「郷に入れては郷に従え」ですね。でも、静かに1日過ごすと確かに気持ちが浄化することもあるので自分にとっては浄化する日という風に捉えて過ごしていますね。 18/3/17(波照間エロマンガ島)

俺は事前に酒買っておいて部屋で飲む・・・。 18/3/17(石川浩司)

波照間エロマンガ島@バンコク在です。わたしはバックパッカーの聖地と言われているカオサンロード界隈が好きで、休日のときなどよく出向きます。と言ってもゲストハウスに宿泊するわけではなく、日が沈んでちょっと気温が下がった頃に街をそぞろ歩きしたり、よく行くバーでお酒を飲んだり、自家製窯のあるイタリア料理レストランでピザを食べたりするくらいですが。外国人旅行者がたくさんいる中で、旅行者気分を疑似体験するのは気持ちよいです。そんな休日の過ごし方でした。 18/3/27(波照間エロマンガ島)

実はバンコクは10回以上行ってるけどカオサンに行ったことが無いんだよね〜。
行ってみたいんだけど、どこの駅からも遠くて。バスは苦手だしなー。 18/3/27(石川浩司)

18/3/27の石川さん。わたしの自宅からは、バス、タクシー、自転車、チャオプラヤ川水上バスなどでカオサンに行くことができます。どの交通手段でも20分以内には着くかな。 18/4/3(波照間エロマンガ島)

どうしても昔からの自分の感覚で電車駅を基本としてしまうので(車を運転しないのと道路事情に信頼がおけない)、そう考えると行きづらい土地なんだよねー。 18/4/3(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る