話題375 好きなファッション



ここのところ男性の投稿ばかりでむさ苦しいです!笑 というわけで女子が楽しめる話題、ファッションでキラキラ語り合いましょう!☆ ちなみに私は石川さんがお召しになられてるTシャツのデザインがいつも可愛くて素敵だなあと思ってます(^_^) (あさひ)

***レス(発言は古い順に並んでます)***


ファッションの話にどこまで俺がコメント出来るかわからんが(笑)。
俺のTシャツはたいていニヒル牛で買った作家のもの。
なので手描きとかで世界でひとつしかないものも多いっす!(石川浩司)

お、いいですねー!ニュータイプ話題☆
石川さんのTシャツ、私も興味深くいつも拝見しております。
パスカルズヨーロッパツアー中に来てらしたブラジャーのTシャツはかなりポイント高いです◎ 15/8/7(ジェレ美)

あのTシャツはいわゆる「面白Tシャツ」として狙って売られてたものじゃないんだよね。
施設の作業所で作られたものなのでピュアにブラジャーを描きたかった人が描いたTシャツ。
だからなんか好きなんだよね〜。 15/8/7(石川浩司)

私も石川さんの変てこTシャツのファンです。そういえば、2月のチェンマイ逃避の会で、チェンマイ在住の人が掘り出しものの放出衣料品を大量に安く買える店を教えてくれて、皆で買いに行ったことがあり、石川さんもそこで変てこTシャツ買ってましたね。そこは1日一回何十袋とズタ袋が送られてきて、それを袋から出して床にぶちまけ、その山の中から衣料を買うというとてもワイルドな仕様のお店でした。とにかく安くてそして変なものが多く売ってました。 15/8/7(波照間エロマンガ島)

そうそう、どうやら台湾あたりから流れてきた学校や商店の名前の入ったTシャツとかねー。
でも今年行ってみたらもうお店は無かった・・・残念。 15/8/7(石川浩司)

ウフフッ! おっさんだけどキラキラ語ってもいいですか!? 私の好きなファッションは石川浩司Tシャツにパスカルズの手拭いを首に巻くというハードコアなスタイルです! こないだ出前ライヴの時もその格好でしたが参加者から「今日は服装からもキチガイ臭ハンパないっすね!」とお褒めに預かりました! キャッ♡  15/8/14(狂人オポムチャン)

それはステキ!
そんな狂人オポムチャンが好・き・よ♡ 15/8/14(石川浩司)

私は若い時分は靴が大好きで、特にラバーソールの厚底靴や先端が尖がった革靴などを好んで履いていました。原宿のアストアロボットとか、竹下通りの丸玉商店なんて店には日参して、イギリス製の変なデザインの靴を多く購入してました。今も実家の自分の部屋にはその頃買った靴が残っています。中でもお気に入りは、靴底が15センチくらいになっているロンドンブーツっぽい革靴。身長が180センチ以上になったのでよく履いていました。私は当時からジーンズはあまり好まず、タック入りのスーツのずぼんに革靴を合わせて履くのが好きでした。なのでラバーソールみたいな厚底靴が好きだったのです。そんな靴の思い出でした。 15/8/14(波照間エロマンガ島)

波照間エロマンガ島と言えば俺はまず「暑いタイなのにいつも厚着をしている」というのが印象的だな。
でもさり気ないオシャレには気づいていたよっ。流石の俺でもね(笑)。 15/8/14(石川浩司)

僕はエチオピアに暮らすムルシ族のファッションが好きですね。
基本全裸にボディ・ペイント。
ほかに身につけるものは首輪、イヤリング、腰ひも、草花の冠など。
つややかに引き締まった黒い肌が美しいです。

日本で真似すると即通報です。
ムルシ族、うらやましいなあ。
「恥部」が全然「恥部」じゃないんだもの。
まるで手足と同じみたいに。 15/9/10(イーダ健二)

まぁでも冬という季節のある日本ではどちらにしろ出来ないかもね・・・。
南の国はいいよなあ。凍死することも餓死することもほとんど無いし。 15/9/10(石川浩司)

15/8/14のオポムチャン。このウキュピ界隈で手拭いを首に巻くというハードコアな人を何人か存じ上げています。石川さんのファンに特有な性質をお持ちなのでしょうかねー。研究対象としてみると面白そうです。 15/9/10(波照間エロマンガ島)

ああそう言えば結構多いわ。
特に神奈川県在住の友人に顕著。 15/9/10(石川浩司)

好きな、というか単なるファッションの話題ですが、この度転職いたしまして、新職場の雰囲気がグッとオフィスめいた為また服買わなきゃなと、最近それがケッコウな至上命題となっております。
前までの職場では完全パートのオバちゃん服でよかったために、ここ1年以上まったく服を購入せずに済んでおりましたが、いかんなー、毎日綿ではダメっぽいぞ今度は。
というわけで久々にOL的服を買いに街へ繰り出します。気にせず我が道を貫けばと安易に仰るなかれ、最低限のカラーに染まるべきは女子の処世術なり。あーあ、財布痛いな。とはいえやっぱり、安物とはいえお洋服を買うとテンションあがるのもまた女子心だなと再確認しました。あはは。 15/9/10(ジェレ美)

自由業に付けば下着一枚で仕事出来るよ(笑)。 15/9/10(石川浩司)

つい数日前、イギリスのファッションデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドさんが、シェールガス採掘の反対の抗議として戦車に乗りキャメロン首相の家に行った映像がニュースで流れ、世界中にセンセーションを巻き起こしました。ヴィヴィアンと言えば、1970年代パンクロックの黎明期に、キングスロードに「SEX」というパンクファッションのショップをオープンし、夫のマルコム・マクラレンとともにセックス・ピストルズをプロデュースしたことで知られています。当時の雑誌インタビューで私がもっとも印象に残ったヴィヴィアンの言葉は、若者は一刻も早く家を出て自立しなさい、ということでした。少なくとも学校を終えて社会人になったら自活してものを考えよ、と至極まっとうなことを言ってました。その言葉に影響を受けた私は20代から家を出て、紆余曲折を経て現在に至っています。 15/9/17(波照間エロマンガ島)

俺も10代で家を出た。
男は特に一回は出た方がいいと思うな。
自分が何が出来ないのかがよく分かるから。 15/9/17(石川浩司)

1979〜80年前後、メジャーデビューが決まる前後のテクノポップバンド、プラスチックスのライブに足しげく通っていました。そして私服のセンスも以前のアイビールックからガラッと変わり、プラスチックスやニューウェーブバンドが着ていたファッションに思いっきり影響を受けたロンドンっぽいファッションになっていきました。髪の毛はもちろんテクノカットで〔笑〕。靴は以前にも書きましたがラバー・ソールが好きで、シャツやパンツは、当時プラスチックスのメンバーがよく着ていた「COZO(コーゾー)」というカジュアル服のブランドを好んで着ていました。「コゾ」と短く区切って発音してましたが、今や誰も覚えてないだろうなー。検索してもヒットしてこないから。個人史的には19歳の大学入学から卒業までの数年間に入っていくわけですが、クラブの草分けだった六本木クライマックスや西麻布の328、レッドシューズ、ピカソ、新宿のツバキハウス、原宿のピテカントロプスエレクトス、渋谷のナイロン100%など毎日のように入り浸っておりましたねー。わたしの人生でいちばん遊び狂ったのが1983年ですが、その頃は徹夜で遊んでそのまま大学へ行って課題制作して……みたいな生活をしてました。 15/9/26(波照間エロマンガ島)

やっぱりオシャレだねー。
俺も20代は遊んだけどそれはアパートでの麻雀だったり飲み放題の店(当時はまだ少なかった)を見つけて延々飲んだくれたりとか。スマートさのかけらもない。
やはり中央線文化なのか。
いや、俺がグータラで金稼ぐのにあまり興味がなくて、同好の士が集まってただけだな・・・。 15/9/26(石川浩司)

1980年、高校3年の前期期末試験の試験休みに神戸に旅行したときのこと。三宮のアーケード商店街を歩いているとサトウブラザースという軍服放出品の店が目につきました。何の気なしに入ってみると、そこにとても素敵なベレー帽を発見。値段も手ごろだったので即購入し、その後数年間はこのベレー帽が自分のファッションの必須アイテムだった時代がありました。何故ベレー帽に興味が入ったかというと、1980年の春頃パスレコードからデビューした、Phew〔フュー〕というニューウェイブの女性アーチストがいて、彼女がかぶるベレー帽がオシャレでかっこよかったからです。Phewのライブは80年代前半何度か観ましたが、オーラは凄かったですねー。今でもわたしは帽子が好きで、昼でも夜でもかぶって外出します。という「好きなファッション」=ベレー帽な話でした。 15/10/9(波照間エロマンガ島)

Phewは俺も好き〜。
ベレー帽って元々軍隊帽だよね。いつから漫画家やアート系の人の定番になったんだろ。
手塚治虫かな? 15/10/9(石川浩司)

インド綿の落ち着いた色合いのざっくりした服が好きです。
普段はかっちりした服を着なくちゃいけないので、休日は束縛感のないものを身につけたい。
インド綿素材は、肌触りも形も雰囲気も、私の中で解放された自由さの象徴です。

そしてTシャツ。
たまの解散ライブで買った1枚と、しょぼたま再結成ライブで買った3GのデザインのTシャツはここぞという時に着用しています。 15/10/9(わにこ)

俺もTシャツは結構考えるな。
今日はこういう人と会うから、このフェスのTシャツ着て行ったら興味しめすかな?とかね。 15/10/9(石川浩司)

常夏の国に住んでいますが、Tシャツに短パンなどの薄着で出歩くことはありません。最近はヨットパーカーないしはウインドブレーカーを羽織って出かけます。タイの公共交通や公共施設は異常に冷房が効いており、薄着でいると身体が冷えすぐに頭痛がしてくるからです。だったら、多少は汗をかいても長袖の格好でいたほうが身体は温まって快適なのです。なのでフードつきの洋服を着て過ごすことが多いです。仕事中はカラーシャツにネクタイというのがスタンダードです。ファッションと実用両方兼ねています。 15/10/21(波照間エロマンガ島)

昔から「この人なんで南国で厚着してるんだろ・・・ハッ、俱利迦羅紋紋かっ!」と思っておりました・・・。 15/10/21(石川浩司)

実はこれを書こうとしてる前まで、女性のファッションの話になってるやろからと思ってあまり読んでませんでした。勿論女性も居られるようですが、書いてはる人見てたらあまり変わってへんやん 15/11/14(笑) 15/11/14(西大路)

女子〜。もっと語れ〜! 15/11/14(石川浩司)

15/10/9の石川さん。ベレー帽の歴史を紐解くと、中世期スペイン=フランス国境のバスク地方に端を発するという記述にぶつかりました。以降、制服や軍服などのユニフォームに使われたり、民衆にも広まっていったとの由。戦後日本で手塚治虫はじめ漫画家がベレーをかぶるようになったのは、19〜20世紀のフランスの画家からの影響があるようです。私は以前、19世紀印象派以降の画家のポートレートや肖像写真を集めたことがあるのですが、ベレーをかぶって絵を描く画家の姿はよく目にしました。今思い出したのですが、その中でナビ派に分類されるピエール・ボナールという画家は、アトリエで絵を描くときベレーにスーツ・ネクタイ姿で制作している写真があり、非常にオシャレだな、と思ったことを記憶しています。 15/11/14(波照間エロマンガ島)

ああ成る程〜。
でもよくよく見るとベレーっておかしな形だよね。そこがいいのだが。あの上のポッチは何の意味があるのだろう。 15/11/14(石川浩司)

ボタンシャツの腕をまくるスタイルが好きでしたが、最近は7分袖のシャツがあるのでそれが気に入ってます。サマーセーターも好きで、これでも昔に比べてずいぶん近所のパルコなどの服屋に行くようになりました。 15/11/24(Sankaku)

俺もユニクロやG.Uなら入れるようになった・・・。
とにかく店員が声かけてくるような店は一切駄目。すぐ逃げる(笑)。 15/11/24(石川浩司)

ウィンドブレーカーを羽織っていれば大体好きです。
でもお高くて買えないので、着てる人を見て憧れてます。 15/12/22(わお)

レインコートとは・・・違うな。 15/12/22(石川浩司)

「その服で寒くないですか?」などと、この冬はよく聞かれます。10何年変わってないんですがねえ。ちなみに夏も冬も基本上は2枚です。勿論夏服よりは厚めの服ですが! 16/3/6(西大路)

ステージでは0枚っす! 16/3/6(石川浩司)

例年どおり、今年も2月は休暇をとってチェンマイに遊びに行ってきました。そこでの出来事はあちこち投稿していきますがまずはファッションの話。仕事場から直行で飛行機に乗りチェンマイに行ったもので着替えがなかったので、さっそく宿のショッピングコンプレックスのデパートに行ってヨットパーカーやシャツ、下着、靴など買い込みました。髑髏の文様でおなじみの私の好きな日本のファッションメーカーがあるのですがそこでポロシャツを購入しました。
タイ北部在住のタイ人の友人女性も同じ時期チェンマイに遊びに来て、新しい服を着てデートできたのはテンションあがってよかったですねー。 16/3/6(波照間エロマンガ島)

彼女美人だったねー。このこの! 16/3/6(石川浩司)

ださいスカジャンが欲しかったのですが、どれも高い・モコモコ・変にオシャレ、なやつで全然気に入らず…
しかし灯台下暗しで地元のリサイクルショップにて1,800円のペラペラのだっさいものが売っており、即買いしました。あったかくて、今冬は常にこれを着ていました。 16/3/6(ひのこ)

ださいものは一周まわれば最先端! 16/3/6(石川浩司)

2015年鬼籍に入られた現代美術作家の三上晴子さん。彼女が世に出た1984年頃お会いしたことがあります。アトリエでは絵の具の飛沫があちこちに飛び散っているだぶだぶのステンカラーのコートを着ていてこれがオシャレで超かっこよかったー。当時は大工場のゴミ置き場から金属の切れ端や治具などジャンク的なものを集めて溶接で繋いだりして構造物を作っていました。1980年代後半、ほぼ同時に同じような方法論でジャンク的なアートを作り始めた人が数人いて、私は興味があってそういう人たちと話す機会を求めた時期がありました。三上さんはその中の一人でその後電子アートのほうへ移られていきましたがとても刺激的な作品を作り続けてました。1985年頃ナムジュンパイクが来日したときに三上さんはオープニングアクトとしてパフォーマンスをやった記憶もあります。 16/3/28(波照間エロマンガ島)

芸術家の絵の具飛び散ってる服ってカッコイイよね。 16/3/28(石川浩司)

そうですね、ださいもの、とまでいかなくってもシンプルでも組合せによっては今までにない感じの雰囲気が出せるので、素朴でも他の人がやってないスタイルが好きですね。ひとに関しては。嫁はんの好きなモデル・女優さんの菊池亜希子さんなんていいですね。 16/3/28(オポムチャン)

「えんがわ」のふたりの女の子はふたりとも靴下は左右違うの履いててほおっ、と思った。
同じの穿くのはダサいのかもしれんなあ。
でもそれは便利だ。片方ばかりの靴下が何故か家にはたくさんあるから。 16/3/28(石川浩司)

なーるほど、ダサいも一周まわれば最先端。ブームも廻ったりしますものねぇ。私が高校生のころはキュロットスカートなんかを穿いてる女の子ってのは小学生以下に限られてて、もっと大きいお嬢さんが穿けばかわいくってこちらも勃起してうれしいのになぁ、と夢想して彼女に話してみるとそんなの穿いてる大人の女子は変態、と否定されてしょんぼりしてたら20年後にはスタンダードになっちゃっててもう最高です。かわいい。エロい。嬉しい。夢、カナウンダ。 16/4/18(オポムチャン)

やっぱりランニングシャツに半ズボンに勝るもの無し! 16/4/18(石川浩司)

このトピ主さんのコメント「ここのところ男性の投稿ばかりでむさ苦しいです」というのと「女子が楽しめる話題、ファッションでキラキラ語り合いましょう!」という言葉がどうしても看過できません。ファッション=女子の楽しめる話題ってあなたは男性を差別しているんですか?しかもトピックがあがってからはあなたは何も発言してないじゃないですか?! 男性のほうが発言しているじゃないですか! あなたは本当にファッションは女性の話題だと思っているのですか? その辺の意見をお聞きしたいです。 16/4/18(蜻蛉)

まぁおそらく発言したきりここも見てないと予想。
投稿するもしないも見るも見ないも自由だからねー。
俺だけは誰からも投稿が来なくならない限りは続けるつもりだけど・・・。 16/4/18(石川浩司)

話題を提供された方は古参の投稿者さんでいらっしゃいまして、丁度この頃こちらのHPに投稿する人数が全体的にすごく少なく又投稿者も限られていてちょっとだけ停滞気味だったと記憶しております。この王様のコーナーは特に、一時期ホント男性投稿者の方ばかりだったんですよね(^_^;)
そんなわけで、純粋に活性化を目的としての話題立ち上げだと当時わたくし個人は拝察いたしました。話題文に関して男性べっ視とは全く感じなかったものですから、なるほどそういった視点もあるのだなと私も今回改めて気付かされました。
さて好きなファッションですが、案外ですね、ヘルメットが好きなんです。髪の毛ペタンてなるし蒸れるので自分でするのは難儀なんですが、人様が着用しているのは男女問わずカッコいいなと思います◎ 半ヘル・ジェット・フルフェイスでも工事現場用でもetc...大抵のヘルメットはなんだかとっても魅力的です。16/4/18(ジェレ美)

ライブにくるのはどちらかというと若干女性の方が多いけど、投稿はどーしても男性が多いね。
クイズやインディアンケートなどのほぼ名前が出ないものは結構投稿してくれるんだけどね〜。
ヘルメット!
昔バイクに乗ってた時走りながらヘルメットの中でムチャクチャ大声で歌ってた。
なのでいつも唾でベッショリ(笑)。16/4/18(石川浩司)

「男性の投稿ばかりでむさ苦し」かったのは事実ですし、男性から見てもエロを超えたグロには目を背けたくなるものもありました(苦笑)。※あくまで個人の感想です
それに、どこにも「女子“だけ”が楽しめる話題」なんて書いてありませんよ。
話題を投下した人が発言(投稿)を続けないのは、何もこの「話題375 好きなファッション」に限ったことではありません。
「意見をお聞きしたい」とのことですが、おそらく同じ答えが返ってくるだけだと思います。
そもそも始めから“男性”の石川さんがお召しになられてるTシャツの話じゃないですか(笑)!
トピ主さんがご提案されたように、男女関係なくキラキラ語り合えるといいですね(´ー`) 16/5/14(デクノボー)

そうだね。なにしろ俺がファッションがすげー分かってたら不自然(笑)。 16/5/14(石川浩司)

4/18の石川さんへ、私もバイクに乗ってる時はヘルメットの中で歌をガンガン歌ってましたー!眠気覚しになるし、大声で歌っても案外バレないんですよね。あの熱唱は気持ちいい♪ 16/7/28(ジェレ美)

俺もあれで大声出せるようになったところあるなー。
みんなもやってみんしゃい〜。 16/7/28(石川浩司)

1989年頃だったかMTVを観ていると、ファイン・ヤング・カニバルズというイギリスのバンドがステージ演奏している場面に出くわし、スカやR&Bを基調とした音楽性にドンピシャに嵌ったのですが、何より上質で伝統的な洋服を着崩すようなファッションがめちゃくちゃカッコイイと思い、一目でファンになりました。ボタンダウンシャツのすそを出してその上にカーディガンを着るというようなセンスが、ね。
あれはなんというファッションだったのか今となってはわかりませんが、世の中に認知されていたファッションスタイルとしては「プレッピー」にいちばん近かったような気がします。1980年代イギリスから出てきたバンドのファッションにはとにかくとことん影響されまくり、自分もましたねー。 16/8/23(波照間エロマンガ島)

でも欧米人と日本人は基本的な体型が違うから「ありゃっ?」という人も多かったよねー。 16/8/23(石川浩司)

綿・麻のおさえた色遣いの、ちょっとくたっとしてる服を着た女の子が好きです。嫁はんもそんな路線なので影響されてますね。ハデな方も嫌いではないですよ。でもどちらかっていうと、服装も性格も地味目な女子が好き。何様だ私は。ははは。 16/11/7(オポムチャン)

俺も派手な子とはほとんど縁がないなー。
地味目好きは同じ。 16/11/7(石川浩司)

東急線沿線で10代青春時代を過ごしたので、同年代の若者のファッションには当然意識は向いておりました。慶応大学の付属高校の学生が着ていたグレイのステンカラーのコートはよく見かけましたがオシャレでいいなぁといつも感心していました。私は特に制服にはフェティシズム的偏愛は感じなかった方ですが、東急線の乗り換え駅の自由が丘駅のベンチに座り、用もないのに制服姿の男女をただぼーっと眺めている時期はありましたね。あ、じゅうぶん変態かにゃ。でもやはり東京女学館の制服は当時は最高に可愛かったなー。のちに姪っ子がその学校に入学しあの可愛い制服を着るとは思いもよりませんでした。 16/12/3(波照間エロマンガ島)

とうじ魔とうじ「移動式女子高生」の歌詞にも東京女学館の制服出てきた気がするな。見たい。 16/12/3(石川浩司)

お腹がぷっくり出てきたので和服着たいんです。和装が好きなのですが現在生活しているタイでは当然のことながら馴染みません。でも次回帰国時には浴衣か甚平をあつらえてタイでも着てみたいと考えています。国王の喪が明けてからかな。 16/12/26(波照間エロマンガ島)

もしかしたらモテるかもよ。アニメも人気のジャパンスタイルだもんね。 16/12/26(石川浩司)

トーキング・ヘッズのゲストギタリストで、1980年代再結成したキング・クリムゾンにも参加していた、エイドリアン・ブリューがヴィンテージアロハを着てギターを弾く姿はカッコよくて憧れました。「超絶変態ギター」と言われていたのですが、改造しまくりのフェンダーストラトキャスターでエフェクターを駆使して象さんの鳴き声「パオーーンパオーーン」と奏でるクリムゾンの「エレファント・トーク」という曲は大好きでした。 17/8/1(波照間エロマンガ島)

梅津さんもよくサックスで象さんやるな。 17/8/1(石川浩司)

先日SNSでアロハシャツを着た石川さんを見て「格好いいな」とお世辞ではなく思いました。あまりにもランニングシャツやTシャツを着たイメージが強すぎるので、ちょっと見違えてしまいましたよ。これからは襟のついた服を着るといいんじゃないですか?なぁんてえらそうに言ってすみません。でもアロハは似合うと思います。 17/9/18(波照間エロマンガ島)

うん、俺も意外だった。
ラフな格好が好きだからアロハもありだな。 17/9/18(石川浩司)

ミクシィを始めた頃、PVC〔ポリ塩化ビニール〕製のパンツやブラウス、マスクなどを愛好する「全身タイツ」系変態のグループに参加してイベントやワークショップに足しげく通って己の変態性を深化させていました。その中から緊縛の世界を知り、今でも何人か交流があります。 17/9/25(変態サル人間)

あのコミュニティというシステムは今でも好きなのだが他のSNSで今ひとつ発展しないのは何故なんだろうね。 17/9/25(石川浩司)

あまりファッションは気にしません。でも名誉のために言っておくとキタナイ恰好やだらしない服装をしているわけではありません。
沖縄で海人Tシャツを着たり、北海道で地名Tシャツとか網走監獄Tシャツを着ても恥ずかしくないのに、羽田へ着いたとたん恥ずかしくなるのはなぜだろう。
今秋葉原へ行くと外国人観光客がアニメのTシャツとか多く着ていますね。 17/10/19(わいわい)

俺も昔は外国で間違って変な日本語が書かれたTシャツとか好きだったけど最近業者が「おもしろTシャツ」として販売してるのは業者の思惑に乗っかってるようで恥ずかしくて着れないんだよな〜。 17/10/19(石川浩司)

靴大好きなわたしですが、タイに引っ越してきて困ったことがあります。タイの灼熱の太陽は地表を高温にしてしまい、すぐに靴底をやられてしまうのです。ラバーソール靴などとても履けたものではありません。ゴムの底がアスファルトの熱で溶けてしまうからです。また雨季は道路冠水がすぐに起きるので高価は靴はぜったい履きたくないし。。。もちろん常夏の国なので上着でオシャレすることもなく、そんなこんなでファッションに関しては不満いっぱいのバンコクなのでした。 17/11/4(波照間エロマンガ島)

南国だと日本で言えば基本夏のファッションしか無いものね。
サンダルマニアはいかが?  17/11/4(石川浩司)

17/11/4の石川さん。はい、タイはサンダル天国ですー。わたしも休みの日は素足にサンダルやゴムぞうり履いて出かけてますよ。タイ人女性はビーチサンダルで会社に出社してもいますし。まぁスーツに革靴なんて高緯度地方のローカルな風習なのかもしれませんね。低緯度地方はもっと裸族に近いのかな、ばんざい。 17/11/28(波照間エロマンガ島)

南国が先進諸国だったら「大事な場は背広で」というマナーも生まれなかったかもね。 17/11/28(石川浩司)

1983年上半期のクラブファッションといえばその年川久保玲と山本耀司が相次いで発表した「ボロルック」「乞食ルック」と言われた、洋服のシルエットを大胆に切り刻んだアバンギャルドなファッションを自分用にカジュアルにアレンジした街着でした。新宿のディスコ、ツバキハウスではめいめいこの「ボロルック」を着飾ってファンカラティーナやロンドンポップで踊り狂ってましたねー。文化服装学院に通う学生たちは皆自分で洋服を作って夜遊びに出かけていました。この頃から東京の若者ファッションがファッションデザイナーとは関係なく、独自な進化を遂げるようになっていった記憶があります。わたしもその傍らで彼らに影響を受けオシャレに目覚めていきました。1983〜4年は個人史的に言うと人生でいちばんよく遊び、いちばん楽しかった時代でした。この頃聴いた音楽や体験したアートからは30年以上経った現在もなお刺激を受け続けています。 17/12/4(波照間エロマンガ島)

その頃の写真ない?見てみたいなぁ。 17/12/4(石川浩司)

冬になると各テレビ局の女性アナウンサーがニットシャツを着て胸のラインを強調してきますね。
ここ1、2年は夏場でもノースリーブのニットシャツを着るという、男性視聴者獲得作戦の徹底ぶり。
ちなみに1995年ごろ流行ったキャミソールブームの時、それまでの女子アナウンサーの制服だったスーツを脱ぎ捨てキャミソール姿で朝の情報番組に出演した高島彩アナウンサーを見て「下着でテレビに出てる!」と驚いたものです。 17/12/26(テングザル)

俺も「下着でテレビに出てる!」と思われただろうか。
ま、実際下着だけど。 17/12/26(石川浩司)

17/12/4の石川さん。1985年頃、雑誌「宝島」のディスコやクラブで遊んでいる若者の特集でグラビア写真に登場したことがあります。いつかお見せいたしますね。 17/12/31(波照間エロマンガ島)

おおっ、若き遊び人の波照間エロマンガ島の姿、見たいね! 17/12/31(石川浩司)

17/12/31の追記。この写真は初体験(90)「初めて雑誌グラビアページに登場(1985年、22歳)」に投稿しました。

先日バンコクで石川さんにお会いしたときに「この人エロさんじゃない?」と指摘されました。「正解です!」とわたしは答えました。今から33年前のわたしを言い当てられてうれしかったです。 18/2/27(波照間エロマンガ島)

目が変わってなかった。
・・・あとは全部変わってた(笑)。 18/2/27(石川浩司)

夏はほぼTシャツ一枚にジーンズなので、冬の方はコートでおしゃれができます。ユニクロで白いダッフルコートを買いましたが、これを最後にファッションにはあまり芳しくなくなりました。今はライトオンのジーンズが欲しいと思っています。 18/3/17(Sankaku)

自転車乗りだから、サイクルファッションもいいかもね。 18/3/17(石川浩司)

55年間生きてきましたが、ダッフルコートだけはまだ購入したことないですね。Sankakuさんのレスを読み、いっしゅん寒い国に引っ越してダッフルコートを着たくなりました。でもおそらくは購入しないで死んでいくのでしょうけれども。いつか高緯度地方に引っ越すことはあるのかな、いや無いだろうな。 18/4/12(波照間エロマンガ島@低緯度地方)

バンコクに異常気象で大寒波が来たりして・・・。 18/4/12(石川浩司)

ユニクロのダッフルコートは1月の終わりごろにもなると3990円(定価はたぶん9990円)くらいになったと思います。冬物処分の時期ですね。 18/4/26(Sankaku)

流行さえ追わなければそういう時期に買うのが一番だよね。
俺は追うも何もまったく知らないし知りたいとも思わないからいつもそういう時期に買う。 18/4/26(石川浩司)

ユニクロ系列のお店「GU」の魅力がわかりません。安い値段でオシャレな服が買えるそうですが、やはり質はあまりよくないとのこと。私自身、服には長持ちする質のあるものを求めています。そこらへんは音楽CDやマンガやDVDを買う時と基準は同じです。
ユニクロや、ライトオン、またSEIYUにも、一時期僕好みのものが置いてありました。 18/6/3(Sankaku)

GUって多分何かの略称じゃなくて「自由」ってことなんだろうな。
いずれにしろ安い服でも昔より質はあがってる気がするなあ。 18/6/3(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る