話題366 結婚



中学生の女です。
私は付き合ってる彼に結婚しようねと、いーっつも言われます。私は正直、中学生から付き合って結婚は難しいし、いつか別れるんだろうな…と思っています。別に彼とはこのままずっと入れたらいいなと思っているのですが、石川さんは結婚できる可能性はあると思いますか?  14/2/10(あやか)




***レス(発言は古い順に並んでます)***


これは「新しい話題 彼氏と結婚について」としていただきましたがもう少し範囲を広げて「結婚」にしますね。
で、結婚の可能性はもちろんあるよ。
Gさんだって高校時代の初恋相手とそのまま結婚して今に至るからね。
もちろんこれからまだ紆余曲折もあるだろうけど可能性が無いことは無い。
将来のダンナによろしく! 14/2/10(石川浩司)

これは難しい問題です。年頃の男の子はたいてい目先のことや彼女とエッチなことをすることで頭がいっぱいなので、真剣に投稿者さんのことを愛して言っているのでしょうが未来のことに対してどこまでビジョンを描いて具体性を持たせていこうとしているかは怪しいところです。それが出来ている中学生男子というものを、私は想像できません。
少なくとも私は、自分でお金を稼げるようになるまで結婚しよう、なんて発想は出来ませんでした。愛さえあれば、とは言いますがお金=定職もないと実際問題辛いです。
投稿者のあやかさんはとても現実が見えているようですが、人が夢見がちであることは悪く働くことも、良く働くこともあります。彼がそのままピュアにあなたを愛し続けたらおのずとやるべきことに目覚め、あなたを幸せにしてくれるでしょう。問題は彼が途中で妥協したりサボりだすことです。そんな生半可な気持ちで結婚を口にするような彼なら、そこまでの彼だったということです。
彼が信じられるようなら、もちろん可能性は大いにあります。今後の彼の男っぷりに刮目しましょう。偉そうにごめんなさいね。 14/3/4(結婚10年目・オポムチャン)

俺結婚した時定職なかった・・・医療事務のバイトで一人で暮らすのがせいぜいの収入。
向こうの方が普通のOLだったので明らかに倍以上の収入だったなー。
なので「一生働いてね!」と言った(笑)。
翌年、ひょんなことから事態が急変したのは結果論。 14/3/4(石川浩司)

可能性があるか無いかならばあるが正解だと思います。自分の同級生でもそういう夫婦いますよ。
それで今の彼と結婚したらそういう相手だったのだし、しなかったのならそういう相手なのです。
ちなみに私は中学生の頃の彼氏のことは当時は胸が痛くなるほど好きだったですが、今振り返るとナイネ!です。
しかし、Gさんの初恋の人とそのまま結婚ていうのは何度聞いてもどれだけハンサムなんだ!!って思います。
世界ハンサム選手権とかあったら絶対ゴールデンハンサム賞ですよ!!  14/3/17(ことり)

とにかく一概には言えないんだよね。小学生から好きでそのままうまくいく例もあるし、何度も恋愛を重ねて大人になってやっと決めた人と半年で別れる人もいるし。
人それぞれ〜。分からないから面白い〜。 14/3/17(石川浩司)

私も中学生のとき「どうせ付き合ったって別れるのに、何で彼氏を作らないといけないの?」という感じでした。けど、今思えば結婚したいと思うほど好きな人がいなかっただけかも。あやかさんたちがお互いに結婚したいと思いながらお付き合いしているのは素晴らしいことだと思いますし、今のその関係を大切にされたら良いのではないでしょうか? 14/3/24(ぴよまる)

うんうん。結婚に限らず世の中どうなるか誰も分からない。
だからこの質問に完璧な答えは無い。
まずは今の幸せからさっ! 14/3/24(石川浩司)

一時代前の日本人の傾向かもしれませんが、僕の父方の祖父母を見ていると何が楽しくて結婚したのか分からなくなります。戦時中のいわば政略結婚だったという話で経済的にもなかなかの実績があるのですが、この二人もセックスをして子どもを作ったと思うとちょっと絶句します。

アメリカ人はよく抱き合ったりキスをしたりして、愛し合っているムード満々ですが、離婚率は高いと聞きます。どこかの投稿で、ハマるもの程最初は嫌悪感から始まるという方がいらっしゃいましたが、ホントに続くものほどある意味そうなのではないかと思います。
とあるニュースの特集で婚活をとりあげたとき、参加者達が収入など現実面に打ち当たり、いやもっとライトに相性面だったかもしれませんが、場の空気がちょっと渋り始めた時、ゲストの作家・石田衣良さんが「結婚は恋愛の先にあるもの」と発言されました。理想論と片付ければそれまでですが、豊富な経験から多彩に物事に切り込む石田さんの発言はとても深く響きました。恋愛の経験すら無い自分には与り知らぬ所ですが、やはりこの理想を見つめずして何になるのか。

ここからは私得意の根性論になりますが、やはり個々の人生をきちんと生きない事には結婚も上手くいかないと思います。石川さんと奥様はベストカップルと名高い側面もありますが、何でもいいから自分の出来る事を考えて全うしてゆく。そんな所に思わぬキッカケがくる。石川さんの話をお聞きするとそんな気がしてなりません。お互いにさりげなく、それでも命を掛けられる程共有出来るものを見つける事。恋愛や結婚の甘美さはそれについてくると思うのです。 14/4/4(Sankaku)

逆にものすごく燃え上がっちゃうと冷めるのも早くて離婚になっちゃうのかもね。
うちの夫婦なんてなんとなく付き合って三ヶ月後には結婚決めて今に至るからねー。
激しくは燃えなくてもチロチロ火種くらいは残っているのかな(笑) 14/4/4(石川浩司)

したらしたでね、いろいろ大変ですよ。結婚。親元に居る時と比べておっそろしいほど自分の時間が減るし、子供でもできようもんならなおさらです。私の投稿時間が通勤途上か夜22:00〜2:00の間に限られるのは、単純に家族の相手をしないといけないからです。
そんな自由がすいすい消えていく環境、よほど一緒に居て楽しい人でないと、何年も持たないです。趣味と笑いのツボの共通。これを是非見極めてください。あと女性へ、家事はなるべく早目に夫に仕込みなさい(笑)。 15/8/14(オポムチャン)

多分結婚自体より「子供がいるかいないか」がより大きいとは思うな。
なんせ人ひとりを育てる社会的な義務も責任があるからね。
笑いのツボの共通はかなり大事。全部じゃなくても同じことで笑えないとツラいよー。 15/8/14(石川浩司)

僕も小学生後半から中学生にかけて、「何々ちゃんと結婚したい」などと、軽々しく言っていた記憶が。ところがだんだんとそれが、40歳までは結婚は考えられへん。子供はもってのほか。そして今に至っております。
子供が欲しくないのに結婚したいと言うのもどうかと思ってたので、しかしもう年齢的に子供がどうかと言う年齢から離れつつあるので、夫婦二人なら良いかなあと。
実際にできるでけへんは別にして、子供が本気で欲しかったらこんなのんびりしてまへんでー! 15/9/10(西大路)

我が家はな〜んも考えずに流れで結婚したからなぁ。
なんせ何度も言ってるけど俺は結婚時はアマチュアバンドやってるただのフリーターだったからなぁ。
それでも結婚したいからしたんす。とても単純に。 15/9/10(石川浩司)

石川さん夫妻の話は何回読んでも聞いてもいやされますわ! 15/9/17(西大路)

どこにでもいる平々凡々な夫婦でごじゃります〜。 15/9/17(石川浩司)

「想い出に代わるまで」というTBSのドラマの一節に
「人は親を選べない。子供も選べない。兄弟も選べない。家族の中で唯一選ぶことができるのは結婚相手だけだ」 というセリフがあるのですが深い言葉ですなあ。。。 17/10/12(わいわい)

だから一番大切にしたい。
唯一、自分で選んだものだからその自負としても。 17/10/12(石川浩司)

この話題を始めた方はまだその彼氏と付き合ってるのかしらと微笑ましく読みました。彼氏がどう言っているというのももちろん大切だけど、自分がどう思うかの方が大切だと思います。中学生でも80歳でも「この人と結婚したい」と思えることが一番ではないでしょうか。 18/7/1(Sabina)

そうそう。まずは自分。これはすべての基本。
わがままということではなくて、総合的に考えた自分ね。 18/7/1(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る