話題365 幽霊



私は、幽霊が怪奇現象を起こす理由は幽霊自身が寂しいからだと思っています。
決して怖がらせるためではなく、何か現世の人間とコミュニケーションを取りたいがために怪奇現象というものを起こしているのではないかと思っています。  13/12/27(わさび茶漬け)




***レス(発言は古い順に並んでます)***


そういうのもあるね。
イギリスでの俺の幽霊体験(このホームページの「『たま』という船に乗っていた」参照)なんてまさにそう。
気づかれたくてしょうがない感じだった。 13/12/27(石川浩司)

あまりこの手は信じない性質ですが、確かにもし自分が意思を人に伝えたいけどその手段がない、というとき、たとえば意識はハッキリしているけれど身体が何らかの理由で動かせず言葉が喉から出せないときを想像すると、すごくもどかしくて寂しいでしょうね。その気持ちが高まりすぎて、周りの物にまで影響を及ぼしてしまう、と。なるほどね。共感できます。

私は姿こそ見ていませんが夜中にくぐもった声を聞いたことがあります。何を伝えたかったのでしょう、また、誰だったのでしょうね。 14/1/7(オポムチャン)

俺、全身麻酔で手術をする前夜、病室の天井からまるで線香花火の様に激しくラップ音が止まらない時があったなあ。
あれは何だったのだろう。 14/1/7(石川浩司)

心霊を信じるか信じないかで意見が分かれるそうですが、どういう所からそういう物の考えや観念が生まれるのでしょうか。僕の結論から言うと、幽霊はともかくとしてこの世はもうそれに支配されているのではないかと思います。「この世界はみんなの気持ちで出来てるんだね」(SHERBETS)。生き霊というものもあるように、特に人がなんだか何となく動く所にそういう霊の導きがあるのかもしれません。

幽霊の世界も色々あるでしょうが、やっぱり率直な情としては良い方向に成仏して次の世界に行ける様にしたいと僕は思っています。現世での寂しさやマイナスな心の蓄積が死後の彷徨いを作っている様に思うのです。 14/1/27(Sankaku)

俺は生きている人の「気」が生み出しているものと思っちゃう。
多分人が誰もいない砂漠や南極に幽霊はいない。 14/1/27(石川浩司)

本当だったら話題145とかに投稿する話かもしれませんがあえてここで。

あまりおおっぴらに話せる話題ではないのですが、7・8年前、ネット小説でサキュバス(男を犯す女の魔物、代表的なのがゲーム会社・カプコンのキャラ、モリガンとリリス)の話を読んでいたときの事です。高校の水泳部で、男の子が美しい女子部先輩たちに犯されてボロボロにされるという、結構シャレになってないクライマックスの下りを読んでいたときの事。突如目の前がチカチカ光り出し立ちくらみが精神にまで及ぶ様な感じに襲われたのです。その場にへたり込みましたが、自分の名前を呼びながら「戻れ、戻れ」と唱えて回復しました。しかししばらくの間、手のひらの感覚が変に柔らかくなるなどの奇妙な感覚が残りました。

一体なんだったのか、今もって謎です。ただ、世の中には軽はずみに近寄っては行けない領域があるのだと今になって思います。テレビでやる怖い話でも、不意の遭遇はともかくとして、悪ノリや興味本位で心霊スポットに出向く者は、たいてい文句無しの恐怖を味わうハメになる。臆病な自分にはとても出来ない芸当です。Youtubeなどにもお楽しみのホラーなどではなく、悪意や凄まじいマイナスマインドに満ちた動画があるようですが、気軽に触れられるネットにもそういう物があるという事には気をつけなくてはいけません。

余談ですが埼玉の名栗村から東京の青梅に向かう山道でそれらしい気味の悪いトンネルを通ってしまった事があります。・・・何もありませんでしたが。 14/2/10(Sankaku)

最初の話、感受性が豊かだったんだね。
そういうとこから(悪い意味での)トラウマが植え付けられることもあるからね。
今は本当に制御されていない情報に無意識にぶち当たってしまうこともあるから防衛本能も必要だね。 14/2/10(石川浩司)

私は物心付いた頃から金縛りもしょっちゅうだったし色々見えたし靴がビュンと飛んだり所謂幽体離脱したりが日常的にあったのですが、色々考えてそれは全部私の脳みそが見せていたり感じさせたりしているのかなってずっと思ってきました。
中学生くらいまでは特に物凄く勘が良くて、少し先の出来事がパッと見えたり、ペットが死ぬのの予知夢を見れたりじゃんけんも見えたりで感受性がべらぼうに高かったので幽霊の件もそういうのかなぁと思うのです。
ちなみに関係ないですが、勘の良さは仕事で集中するとお客さんのタイプが一瞬で透けて見えたりしたので接客業では恐ろしく能力を発揮出来ました。勘のいい人は接客業向いていますよ! 14/3/17(ことり)

うちの妻がまさにそう。
中学生の時ふざけて占い師をやったらことごとく当たっちゃって評判になっちゃって他のクラスからも「見てくれ!」とやって来ちゃってめんどくさくなって全部やめたそうな。
ニヒル牛での接客も基本的には楽しんでやってるようで有り難い。 14/3/17(石川浩司)

最近は内勤の仕事の他に外回りの仕事もするようになったので、お客さんと直接会って話す機会も増えました。先日、現場で用件を終え雑談していると、お客さんが幽霊を見ることができる体質らしく「よく霊体験をするんですよ」と話を切り出してきました。以前住んでいた部屋がラップ現象がひどくて、人がいないのに物音がしたり、窓が閉まっているのにカーテンが風にそよいだりしていた、うんぬんかんぬん・・・・・・、と話をしていきました。こうやって文字に起こしてみると、よくある凡庸な話なのですが、そのお客さんの口から話がついて出るのを聞くと、真実味がありすぎて、なんか引き込まれてしまったのですね、ぞぞぞぞーっと寒気がしてしまいました。そして同時に、怪談を聞いて怖くなる ことってすごく久しぶりだなぁ、と不思議な気分におちいりました。私自身は幽霊とか神秘体験にはほとんど縁のない人生を送ってきたので、なおのことそう思ったのかもしれませんが。
  あ、そういえば、今思い出した霊体験としては、1990年代中盤、東京の目黒に住んでいた頃、よく渋谷の会社から歩いて帰ってきたのですが、その途中ショートカットでお寺の中を通って帰ってくることがありました。ある日霊感の強い友人と一緒にお寺を歩いていると、後から彼女が、「さっき、墓地で〔幽霊〕いたよね」と言われたことがありました。そのときもぞぞぞぞーーと寒気がしたことを思い出しました。単なるビビリなのかもしれないですが。  14/4/4(波照間エロマンガ島)

最近何かで読んだのだが「自分が幽霊になったとしたらお墓なんかにいかないよね。だって怖いもん」納得! 14/4/4(石川浩司)

  14/4/4に書いたレスの追記。その目黒にあるお寺は瀧泉寺〔りゅうせんじ〕と言って、江戸時代、関東地方でサツマイモの栽培に成功、普及させたことで知られる青木昆陽のお墓があることで有名です。もしかしたら、青木昆陽の幽霊が「サツマイモ食べなさい〜」と言っていたのかもしれません。 14/4/12(波照間エロマンガ島)

あ、そこ行ったことあるなあ。サツマイモ発祥の地みたいなことが書いてあったなぁ。
サツマイモの幽霊だったらあまり怖くないかも?
足も遅そうだし。
・・・あっ、幽霊に足は無いかっ! 14/4/12(石川浩司)

  1975年頃、藤本義一が「雨月物語」の現代語訳を発表し、上田秋成論を取り組もうとしていた矢先、井伏鱒二から、執筆を止めることを説得された話は興味深いです。なんでも上田秋成論を書いた人は例外なく非業の死を遂げたとのこと。怖がりのわたしは、こういう話を聞くとびびってしまいます。幽霊に取り付かれるからだろうか、などと邪推してしまいます。14/5/31(波照間エロマンガ島)

  上田秋成論を書いた人ってそんなに多いのだろうか?
例外なく非業の死は確かに怖いな。
ま、もうここに出てきた人どちらにしろみんな死んじゃったね。 14/5/31(石川浩司)

飼ってる鶏がイタチに襲われて死んだ夜、庭を歩き回る小さな気配を感じた。目には見えないんだけど。朝起き来たら、家族も何か気配を感じたと話していた。僕らの無意識が同時に錯覚したとも考えられるし、死んだ鶏が「行くべきどこか」に行く途中、庭で道草食ってたんだとも考えられる。そういえばあいつ、庭でミミズ探すの好きだったっけなあ。 15/2/15(イーダ健二)

それはシルクハットを被った紳士だよ。
うちの庭もよく深夜にウロウロしている。 15/2/15(石川浩司)

なんだ、紳士かぁ。今度トラップで捕獲してみよう。 15/2/19(イーダ健二)

餌はワインがいいよ。もしくはシャンパン。 15/2/19(石川浩司)

11月の初めに、その手の番組としてはなかなかスリリングな心霊・超常現象の特集番組を観ました。

夜の街を高台から撮影していたらでっかいUFOが高速で飛び去るなど、見ごたえがありましたが、それを見てやっぱり、心霊や超常現象は本当にあるのではないかと思いました。

若い時分に、名栗村から青梅市へ歩いて行きましたが、行きつけの青梅の運動公園に辿り着いたのは、午前1時前でした。ベンチで眠ろうと横になったら、入口の方から若い女と男が入ってきたらしく話し声が聞こえました。あまり好きな人種ではないので、どうしようかなと思っていると、突如女が何かを怖がるように泣き出し、僕もちょっとヤバいと思って、眠りもそこそこにその場を後にするしかありませんでした。

白装束に三角のあたま布の幽霊はもう時代遅れかもしれませんが、何かその場所に行って気分や気持ちが変わったり、そして普段することのない行動に出るなど、そういう事ならありそうな話です。この前出したいかにも気味の悪いトンネルとかでなく、なんだかうすらさみしい広場や原っぱの方が危なかったりする、というのに怖さを感じるのは僕だけでしょうか。 15/11/24(Sankaku)

今はCG技術が本当に発達してるからなぁ。素人でも簡単に画像処理出来るしね。
UFOは俺も見たことあるからもちろんあるとは思うけど撮影動画の信憑性はなかなか難しいね。
幽霊は「怖い」と思う生きている人の気がそれを物質化してしまうように思えてしょうがない・・・。 15/11/24(石川浩司)

私の勤務しているその地域で100余年の歴史がある支店の窓口前の自動ドアは古いのかなんなのか、人もいないのに突如ヴウィーン、って開くことがあります。
58歳同僚は非常にそれを怖がるのですが、私は心霊現象は信じない方なのに「昔からこのお店に来てくださってたお客さんが懐かしんで入ってきたんだったら、なんだか嬉しいな」と思って、だれもいない中空に向かってにこやかに「いらっしゃいませ。ゆっくりしていってくださいね」なんて呟いたりします。それを聴いて同僚が余計にビビッてしまったりして楽しいです。 16/3/28(オポムチャン)

君の肩の上で今もゆっくりしているよ。
その顔が崩れたお爺さんでしょ? 16/3/28(石川浩司)

事故歴のある中古車には乗りたくないですね。どの席に霊が乗ってるかわかりませんからねえ! 16/7/31(西大路)

でも霊のおかげで夏場はヒンヤリしていてクーラーいらずかもよ! 16/7/31(石川浩司)

霊とは違うかもしれませんが、初体験にも書いた、祖父の急死を予知してそれが現実になった時は背筋に寒気が走りましたわ! 16/8/11(西大路)

何か察する第六感というものが優れてる人は確かにいると思う。 16/8/11(石川浩司)

よく「虫の知らせ」と言いますが、友達の一人が言ってた事。
高校の時に兵庫県北部の山に登山かキャンプかどっちか忘れましたが、行った所で、周りに居た虫が一斉に飛び出したそうです。
それを見た瞬間、ぜったいこの辺に何か気持ちの悪い事があると直感したそうです。
次の日か数日後、その辺に小型機が落ちたそうです。
「ニュースになってたあれか?」と言ったら、そうやて言ってました。
これを母親に言ったら、「これこそほんまの虫の知らせやん」て言ってました! 16/8/23(西大路)

もしかしたらその虫たちが大群になって小型機の飛行をストップさせたのかも・・・。 16/8/23(石川浩司)

元カノと消滅する直前の事。患者さんの一人から、「先生の彼女はユミちゃん?」と、全く違う名前を言われました。
僕は当時の彼女の名前も言ってなかったので、「これは裕美の呪いや。でも気合うとは全く思えへんねんけどなあ!」と思いつつ、裕美とのやりとりを復活させました。
結局は相手の対応に僕がぶちぎれてやりとりは終わりましたが、僕がその気になれば行けそうでもあったので、やりとりの復活事態は良かったと思った一例でした! 16/8/27(西大路)

やりとりからやりやりになることも多いで〜。 16/8/27(石川浩司)

幽霊じゃないのですが・・・昔は道端にお地蔵さんや鎮守様がたくさんありましたが現在は少なく手入れや守ってくれる人も少なくなってきました。
人の心がすさんできたというのは、このせいじゃないかという説がありますね。 17/10/12(わいわい)

都会ではほとんど見かけないね。 17/10/12(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る