話題346 今、これが好きだ!



今現在好きではまっているミュージシャン・俳優・芸人。
また小説・映画・テレビ番組など。
この人、もしくはこのジャンルにはまって日々あけくれてるという物を教えてくれー。



***レス(発言は古い順に並んでます)***


オーガストインディアンというインディーズのバンドにはまっています。一度ステージを見る機会があったのですが、独特の世界観に思わず引き込まれてしまいました。今は彼らの活動から目が離せない状況です。  11/9/10(GOGOSHIDENKAI)

どんな音楽かは申し訳ないが知らないけど、一度俺をゲストに呼ぶように言って。
あ、ギャラは普通にもらうよ(笑)。 11/9/10(石川浩司)

わたしが今好きではまっているのはアメリカNBCテレビで放映されているコメディードラマ「THE OFFICE(ジ・オフィス)」です。2005年に放映が開始され、2011年9月からシーズン8が始まるという人気番組です。マンションのケーブルテレビで去年くらいから観始めました。主演のスティーヴ・カレルは「40歳の童貞男」でブレイクし、最近ではハリウッドでも「ゲット・スマート」など主演映画が公開されているコメディー俳優です。ペンシルベニア州の片田舎にある紙のセールス会社の支店が舞台でその支店のボスのマイケル〔スティーヴ・カレル〕を中心にしたお馬鹿で愉快な社員たちの織り成すコメディーなのですが、何が面白いかというと、そこにテレビ局のクルーが撮影に入ったという設定で「フェイク・ドキュメンタリー」の手法をとっているということ。会社で起こるいろいろな出来事や事件に対し、いちいちその当事者が別撮りで「あれはどうだったうんたらかんたら」とインタビューで御託を言ったりする手法が新鮮に感じます。出演しているのは皆コメディー系の芸達者な俳優たちばかりですが、かなり即興性の芝居の要素も強くて、大筋のストーリーは設定されているのですが、そこから逸脱していく役者の即興芸みたいなものが笑えて、今まで観たことのない種類のコメディーに仕上がっています。いつもやる気のない会社で空気はだらだらしていて社員たちの机上のパソコンの画面にはたいていソリティアなどトランプゲームが映し出されているのも好き。日本ではまだ放送もDVD発売もされてないと思いますが、日本語版が出たら人気が出ると思うんだけどなぁ。 11/9/10(波照間エロマンガ島)

英語が出来ると世界が広がるんだなぁ・・・。
あ、タイ語も出来るんだよね。凄いなぁ。 11/9/10(石川浩司)

ブラックワイドショーという番組の一部が動画サイトにあったので見てたらはまりました。
仙台南警察署の防犯ソング「パトちゃんのラブコール」やROLLYさんが風俗店のシステムを電話で尋ねるコーナーなどがあるのですが、極めつけは北朝鮮の映像を流していたこと。律動体操なんかも流れてました。
なお残念ながら大人の都合で半年で終わってしまったそうです・・・11/9/10(ズミ天)

そういうのなかなか続かないよね。
もう大人の事情のない、治外法権みたいな放送局出来ないかな? 11/9/10(石川浩司)

神聖かまってちゃんが好きです。ライブに行ってますますハマりました。くせになります。
自宅に遊びに来た人には必ず聞かせてます。  11/9/13(まねき猫!)

YouTubeでいくつか観た。
俺は微妙かな。悪くはない。今の音楽界の中ではかなり頑張ってると思う。
でも過激とか言われると今までいろんなライブを観て来たいやらしい年寄りの俺は「これで過激なの!?」とか思っちゃう。
でも確かに本当に過激だと一般の人が聴く音楽にはなかなかならないのも事実だから、こういうマイナーとメジャーの橋渡し的なバンドがもっともっと出て来たら少しは音楽状況も面白くなると思う。
今はともかく「こういうのが売れるから」でやっている商業バンドと「売れる音楽に未来はない」と幻滅して好きなことやるインディーズから出ないバンドと二極分化が進んでいるように思える。
どちらも不健全な気はするな。 11/9/13(石川浩司)

私は今ゴキブリコンビナートという劇団にハマっています!
まだ学生ということもあり生で観には行けないのですが、DVDなどを購入して家に誰もいないときにひっそりと楽しんでいます  11/9/16(ササキマッケイ)

劇団じゃない本物のゴキブリコンビナートにはまっていたら怖い。  11/9/16(石川浩司)

間違いなく強震モニタにはまっています。すごく未来だし、地震を可視化って新しいと思う。
テレビとかネットでも緊急地震速報と一緒に強震の画面でればいいのに。
と、これだとやや話題とズレてるかもなので、映画監督ですが、スペインのフリオメデム監督に夢中です!本当に本当に大好き! 11/9/22(ことり)

強震モニタにフリオメデム監督・・・。
ことりがマニアックだということは分かる。 11/9/22(石川浩司)

今に始まったことではないのですが、アップル社の製品が本当にことごとく大好きです。
なんて私の為にある企業!って思う程大好き。デザインも本当に大好き!
でもジョブズが死んでしまったので果てしなく不安・・・・ 11/11/4(ことり)

本当、これからどうなるんだろーね。
俺もスタイルが世の中を変えていく、というのを初めて見た気がするから。 11/11/4(石川浩司)

インドカレー作りにはまってます!
これまで特にカレーが好きというわけではなかったのですが、毎日カレーでも良いという大のカレー好きの夫の影響で色々試しているうちに、とても良いレシピ本にめぐり合いました。最近では週の半分以上はカレーです。小瓶で買っていたスパイスのあまりの減りの早さに、業務用の大袋で買うようになりました。 スパイスで作るカレーは、ルーみたいに油っこくないし、野菜中心なものが多く、バリエーションも豊富で、とってもお勧めです。 12/1/13(ぴよまる)

まぁインドではカレーは日本でいう醤油みたいなものだからね。
バリエーションも無数にあるしね。
タイカレーもおいしいよん! 12/1/13(石川浩司)

似顔絵にはまっています。プロアマ問わず人の描いたものを見たり、自分で描いたり。
好きな有名人のを見てると楽しいのはもちろん、いまいち顔が覚えられなかった有名人のを見て、こんな特徴があったのか!と覚えてしまえることもありこれも楽しいです。
石川さんの似顔絵も描いてますよ!石川さんの眉と眉の距離感が好きです。 12/1/13(豆三元)

僕も関係してるネットマガジン「ニヒル牛マガジン」(http://nihirugyubook.but.jp/)の土曜日のパロディ似顔絵の連載も凄いよ!
是非見てみてね〜。 12/1/13(石川浩司)

コメディアンの清水宏さん。まだ実際にライブを体験したことはありませんが、友人からDVDを借りたり動画サイトでそのパフォーマンスを観たりするうちに、異常なくらい脳内をシェイクされ、ノックアウトされてしまいました。今外国に住んでいるので日本へ帰国の際は、舞台を観に行きたい最上位に位置するコメディアンです。先日ラジオで細野晴臣さんと坂本龍一さんの対談を聴いていたら、細野さんが清水さんを注目していると言っていてびっくりしてしまいました。すごいですねー。  12/4/7(波照間エロマンガ島)

清水さんの笑いも結構ジャンル分け不能な独自の路線いってるよね。
普通の芸人だったら「つかみ」としてやる客いじりや雑談を延々やってショーにしてしまうような。 12/4/7(石川浩司)

ニヒル牛マガジンの“富山の鬼才・大谷氏の4コマ漫画”にはまっています。なので金曜日が待ち遠しいです。
私は、極度に絵が下手なので、絵の上手な人って本当に羨ましいのです。
  たまの“ひるね”CDジャケットのシンプルな絵ですら上手に描けません。  12/5/3(みるく)

大谷のニヒル牛マガジン連載はまだ爪を隠してる。
ニヒル牛にて販売してる「うんこじじい」という漫画は傑作だよっ! 12/5/3(石川浩司)

日本のテレビは物理的条件もあって本当に観なくなったのですが、先日動画サイトでバラエティー番組に出演するHKT48〔ex-AKB48〕の指原莉乃(さしはら・りの)さんを観ていたら、なーんか気になってきてしまい、次々といろいろな動画を探して追っかけるほどになってしまいました。まだファンかどうかはわからないのですが、不思議な魅力のある女性だと思います。スキャンダルもバネにして、すこーんと突き抜けるような予感があります。これからの展開が楽しみ。  12/7/28(波照間エロマンガ島)

多分居たとしたら自分の子供ぐらいの年だと思うんだけど。
えーっと、勃つ? 12/7/28(石川浩司)

辛いもの。
韓国料理を食べられるように、味噌汁などに唐辛子をガサガサかけて食べていたら大好きになり、近所の韓国料理のお店に、ビビン冷麺などの辛めの物を食べに行ってます。
でも韓国料理って、何でも辛い!と思っていたら違うんですね・・・。 12/8/9(秘密の座席)

お菓子まで辛かったら笑うね。 12/8/9(石川浩司)

日本と韓国のお笑い番組の比較にはまっています。
まだ言葉が完全に理解できてはいないのですが、内容がわかれば面白いものもあれば、見ているだけで笑えるものもあります。
あと、こちらのお笑い番組では、男は上半身裸になる際、乳首が見えないように、よくテープを貼ってます。
たいていお笑い番組は「15歳未満の青少年には不適切な番組です」と、始まる前にお断りが出るのですが、青少年以外でも、ゲイなどの人達にも際どく映るんだろうな…。 12/8/9(Hi-)

へえー。じゃあニュースで海水浴場なんかを映す時も大変だな。
ホルモン鉄道が腹太鼓を人前で出来る日はまだ先だな・・・。 12/8/9(石川浩司)

芸人のスギちゃんが好きです!
なんか見ていて安心します。 12/8/9(黄色いさんた)

ネタとキャラのアンバランスさ加減が可愛くていいのかもね。
俺も嫌いじゃないよん。 12/8/9(石川浩司)

12/7/28の石川さんへのレスなのですが、指原莉乃さんはまだ10代だと思うのですが、異常に大人びて見えるのです。言葉を返せば「老けている」?そこがまた、魅力なのかもしれません。 12/8/24(波照間エロマンガ島)

「10才の年齢詐称」とか暴露されたらアッパレだよね。 12/8/24(石川浩司)

手前味噌甚だしいこと、ご容赦ください・・・。ここ数ヶ月、「ニヒル牛マガジン」の充実ぶりがひときわだっていて、「今、これが好きだー!!」と叫ばずにはいられない有様です。 http://nihirugyubook.but.jp/ 月曜日から日曜日までの豪華連載陣による、日替わり更新。
特にこのところの私的オススメは、月曜日週替わり連載の、淺井カヨ氏「モダンガール復興計画」と、モチメ氏「京都大原留学記」。また、金曜日新連載のデニス・イワノフ氏「お肉の次にキミが好き」が好いです。それぞれ読むと創作のツボを刺激してくれ、「自分もがんばるぞー」という気持ちにさせてくれます。そのほかにも素敵な連載陣の日替わりコラムのほか、毎月1日に更新される、トップページのアート・ディレクションも心躍らされることをお伝えして、この項終わります。  12/3/14(波照間エロマンガ島)

そうそう。ちなみに淺井カヨ・モチメ両氏は俺が執筆を依頼した。
確かに筆に熱が感じられるよね。
そして滅多にない人生を送る本人からの直々のメッセージは素晴らしい。
今後もどんどん充実させたいな。毎日覗くのが楽しみな新聞みたいな存在になればいいな。 12/3/14(石川浩司)

お菓子を作るのは前から好きなのですが、最近の作りぶりがすごいです。
先週作ったお菓子は紅茶のシフォンケーキ、抹茶のシフォンケーキ、いちごのアイス、黒豆のモンブランケーキ。今週はクリスピーチョコレートバー、いちごのマカロンタルト、オレンジとバナナのアイスを作りました。いちごがあるのは今だけだし、作りたいお菓子のアイデアもたくさんあるし、桜が散る前に桜スイーツが間に合うのか!?など、時間との勝負です。 13/3/31(ぴよまる)

それ写真に撮ってブログとかやったら?
スイーツ物は女子が見逃さないからね〜。
意外なところから何かオファーがあるかもよ!? 13/3/31(石川浩司)

もちろん投稿は言うまでもなく、石川さんやたまの楽曲に日々酔い痴れてるわけですが、その他のミュージシャンならば20代前半のガールズバンド「赤い公園」が今のお気に入りですね。なんか人を食ったようなキャラクターでPVも工夫があり面白い。ヴォーカルもちっちゃい金切声の子じゃなくて長身のファルセットが綺麗なおねえちゃんで、ロックバンドによくあるぎゃんぎゃんな感じじゃなく、よく練られた和音やリズムが心地よい。今後の活躍が期待されます。 14/5/19(オポムチャン)

ちょっと前に共演して度肝を抜かれたチャラン・ポ・ランタンもメジャーデビューしたな。 14/5/19(石川浩司)

またまた、手前味噌になりますが、「石川浩司のひとりでアッハッハー」の姉妹ホームページ、「ニヒル牛マガジン」から生まれたユニット、サインボールズに最近はめろめろですよー。木曜日担当のエーツー2コさんの自作漫画に登場した架空のロックバンド、サインボールズ。しかして、出演者全員実在人物です。最近、DVDも製作されました。メンバーは、博士〔2コ〕、ポテト〔石川ある〕、ニュアンス〔白江亜古〕、ハーフ〔エヴァ〕の4人。その他、ニヒル牛界隈の濃ゆいキャラの出演者多数という感じで、究極の「内輪受け」漫画といってよいかも〔笑い〕。ちなみにわたしの推しメンは、ポテトです。FBやTwitterでサインボールズのつぶやきがアップすると、「ポテトー!」と叫んでしまいます。そんな「今、これが好きだ!」でした。石川さん、ポテト推しのわたしは趣味は悪いでしょうか?  14/5/31(波照間エロマンガ島)

悪いと言ったら靴を隠されます・・・。 14/5/31(石川浩司)

 毛の生え変わり時期に入った猫を、ナデナデしまくること。毛がたくさん抜けるのを見るのが楽しい。 14/6/12(あさひ)

そのうち毛だと思ったら内臓まで・・・。ギャーッ! 14/6/12(石川浩司)

私は最近、古い物に興味があります。アンティークのお店や骨董市に出かけて、レトロなデザインのボタンや、恐らく戦中の頃に使われたような半纏を購入したりしています。手頃な価格のものもあるので、意外と立ち入りやすいお店も多いです。あと、ホーロー看板はいつ見ても飽きないです。 15/4/16(あゆみ)

うん、いいよね〜。
懐古趣味だけじゃなくても返って斬新なものとかあったりしてね。俺も見るの好き! 15/4/16(石川浩司)

アニメ『Serial experiments lain』の主人公・岩倉 玲音(イワクラ レイン)のイラストを描くのにハマっています。僕にとっては決定打と言える作品なのでやっぱり夢中になって描くことができます。 好き勝手に描いているので、キャラクターのイメージや性格は全然気にしてませんが、ど素人が描いた割には、そこそこカワいくできてると思います。 15/7/31(Sankaku)

アニメはよく知らんのだがはまったら奥が深そうなのは分かる。
その世界に入れたらそれはそれで楽しいだろうなぁ! 15/7/31(石川浩司)

  いちど石川さんがtwitter上で井上涼さんをほめていらっしゃったようなうすぼんやりした記憶がありますが、Eテレの「びじゅチューン!」が大好きです。
古今東西の美術作品を井上さん独自の見かた・解釈でご自作の歌・アニメで紹介するという斬新な5分番組。昔っから美術の授業が大嫌いだった教養&審美眼ゼロの私もハマる面白さ! NHKのページで過去に放送された動画もご覧になれます。私のお気に入りは「委員長はヴィーナス」「ランチは地獄の門の奥に」「真珠の耳飾りのくノ一」「ベーカリー空也」などなど。シュールで痛快ですよ! ちなみにDVDブックでは豪華なコーラス付きで演奏されます←買っちゃいました。 16/5/14(オポムチャン)

機会があったら観てみよう。
そういうのっていつかどこかで繋がったりするんだよね。シュール繋がりとかでね。 16/5/14(石川浩司)

このご時世に自分でもさすがにバカだとは思うのですが、カセットテープ作りにハマっています。 そういえばパソコンもウォークマンもなかった小学校の頃、よく図書館でCDを借りてきて、お気に入りの曲だけを延々録っていたなあ…それを思い出し、ラジカセとテープを買い込み、最近は夜な夜な自分の好きな曲やテーマに沿って集めた曲のアルバム作りです。

ずいぶん長い間忘れていましたが、カセットテープて音がヨレてビヨーン、、、となったり、途中で絡んで止まったりとアクシデントが多いです。しかしCD・デジタル音源に慣れてしまっていたわたしにとっては、そんなアクシデントすらも嬉しく感じてしまうのでした。 17/2/24(ひのこ)

うん、うん。そういうのって本当に楽しい。そういうことやっている時間が実は幸せの本質だったりする。
デジタルで何でも気軽に出来てしまう時代だからこそ尚更価値があるよね。 17/2/24(石川浩司)

最近関西でがんばってる若手スリーピースバンド「ヤバイTシャツ屋さん」が好きです。メロコアバンドでサウンドは格好いいのに歌詞があほで、ひたすら「ネコ飼いたい」とか叫んで終わりとか、出身大学の近所をおちょくって「貴志駅周辺なんもない」とか、ベースの女の子がいっつもモー娘。の道重さんシャツを着てるとかギターの奴がテレビで意気込みを聞かれて適当なウソばっかり言うとかHPがめっちゃ出鱈目とか完全にふざけてます。こういう路線ってきっと刹那的なものでしょうがあほさがはじけまくってて大好きです。 17/3/6(オポムチャン)

誰か共演セッティングしてくれないかなー。
ホルモン鉄道と相性いいかも? 17/3/6(石川浩司)

17/3/6のオポムチャン。先日ラジオで「ヤバイTシャツ屋さん」ぐうぜん聴きましたよ。メロコア系というんですか? いいですねー。今帰国時に観たいバンドをチェックしてリストアップしているのですが、タイミングが合えば観たいです。紹介ありがとうございました。 17/4/16(波照間エロマンガ島)

まだ聴いてない〜。ヤバいのか!? ヤバいならいいな。17/4/16(石川浩司)

年をとると、新しいものから、昔読んだもの、見たものをもう一度見たくなりますよね。10年位して、宮脇俊三や吉村昭、村上春樹、新田次郎、司馬遼太郎を読破しまくり、はたまた源氏物語を再読しています。誰かが言っていましたが、年をとると時間がなくなるため、時間を無駄にしたくなくなり、新しいものを読む時間より昔のものを読み返すことが多くなるそうです。あと「昔はこうだったなあ」と振りかえったり、ノスタルジーに浸る・・・なんていう年寄りあるあるなんでしょうね。 17/9/18(わいわい)

あと新しい作家の文体に慣れるまでが疲れる、というのもちょっとあるかもしれない。 17/9/18(石川浩司)

先週から世界中で公開されている 『スター・ウォーズ/ 最後のジェダイ』。このシリーズ最新作で無名のアジア系アメリカ人女優がメインキャストの一人に大抜擢され話題になっています。名前はケリー・マリー・トラン。わたしは公開直前まで知らなかったのですが、とにかくびっくりしてしましました。アジア系女優が超大作映画にメインキャストとして出演することは100年の歴史をもつハリウッドでも稀なことで、しかも興行収入順位の上位に入る超話題作ですから、これはシンデレラストーリーと言ってもよいでしょう。でもこのケリー・マリー・トラン、美醜の判断は人それぞれでしょうけれど、お世辞にも美人女優とは言えた容姿はしていず、ぽっちゃりした体型に愛嬌のある姿かたちが逆に観客を魅了してやまないインパクトを与えていると思ったのです。
賛否両論の姿かたち?!でもわたしは可愛いと思いました。コメディエンヌとしても今後楽しみな女優さんであります。  17/12/26(波照間エロマンガ島)

確かにアジア系女優がヒロインのハリウッド映画ってないよね。
今後はアジアもどんどん活躍してほしいな。
世界の人口的にもアジアは圧倒的に多いのだからいろんな意味で可能性は高いよね。 17/12/26(石川浩司)

14/5/19に書いた、個性的なガールズバンド「赤い公園」は残念なことにめっちゃおもしろいヴォーカルの174cmのお姉さんが脱退してしまいました。しかし残されたギター・ベース・ドラムの女の子たちも負けず劣らず個性派揃いなので、「たま」ばりに3人でも最高のバンドでありつづけて欲しいところです。スリーピースになるのか、誰がヴォーカルやるんだろ・・・ そこも含めて楽しみです。すぐ解散しませんように〈泣笑〉。 18/2/27(オポムチャン)

そういえばチャットモンチーってどうなったんだっけ・・・。 18/2/27(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る