話題332 ビートルズ (2)



18/4/19の石川さん。わたしもジョージのソロ時代作品好きです。1987年にリリースした「クラウド・ナイン」はELOのジェフ・リンと組んだアルバムで、シングルカットされたビートルズ後期のサイケデリック・ロック時代を彷彿とした「When We Was Fab」など繰り返し聴きましたねー。ジョージの作るコード進行は優しい気持ちになりますです。中学に入学したとき初めての昼休みの校内放送で「ダーク・ホース」からシングルカットした「Ding Dong」がかかっていたのを覚えています。 18/4/26(波照間エロマンガ島)

俺が一番好きなのは「リヴィング・イン・ザ・マテリアルワールド」かな。
ジョージの不思議なクセになるメロディが詰まってる。
でも他のどのアルバムも駄作や捨て曲が無い。素晴らしいミュージシャンだが、ビートルズがなかったら世に出てなかったかもね。良かった〜。 18/4/26(石川浩司)

ポール・マッカートニーは2010年、ポピュラー音楽で世界の文化に大きな影響を与えた優れた作曲家・演奏家に贈られるガーシュイン賞を受賞しました。で、ホワイトハウスの音楽堂みたいな小ホールでオバマ大統領やペロシ下院議長などアメリカ政界のVIPを前にして記念ライブを行なったのですが、その映像を動画サイトでぐうぜん見つけました。

ポールをはじめたくさんのアーチストが次から次へと出てきて、ビートルズ時代やソロ時代のポールの歌を歌い演奏したのですが、シビレましたねー。その中でいちばん興奮したのがスティービー・ワンダーが歌った「We Can Work It Out〔恋を抱きしめよう〕」。スティービーがクラヴィネットを弾きながら歌う姿はグルーヴ感いっぱいで最高でした。興味のある方は検索してご覧くださいませ。ビートルズがアメリカ上陸した1964年は、同時にデトロイトから登場した白人受けするモータウンレコードのソウルミュージックが流行していて、スティービー・ワンダーはダイアナ・ロスとシュプリームスなどと並び、そちらの雄だったのですね。当時のライバル同士の共演は心躍りました。 18/4/30(波照間エロマンガ島)

スティービー・ワンダーのキー・オブ・ライフも好きだったなぁ。 18/4/30(石川浩司)

スティービー・ワンダーといえば、さきごろ鬼籍に入った西城秀樹さんがスティービーのアルバム「シークレット・ライフ」所収の「愛の園」という曲をカバーしてシングル発売したことがありました。〔1980年〕 そのオリジナル版にはバックコーラスに児童合唱団が参加しているのですが、その中に当時ロスアンゼルスに住んでいてのちに日本に帰国しタレント・歌手・女優になる、西田ひかるさんが含まれていました。西田さんは2018年現在45歳〔1972年生まれ〕。アイドルも当然加齢するわけですね。 18/6/3(波照間エロマンガ島)

元SMAPもTOKIOもみんな40代のアイドルだもんね。
昔では考えられなかったことだよなあ。 18/6/3(石川浩司)

そういえば、先日18/7/23更新の「私のまわりのおバカさん」の「わが社のジョージ」を書いて思い出したのですが、ジョージ・ハリソンは1943年に生まれていますが、時の英国国王ジョージ6世にあやかって命名されたんですってね。 そのジョージ6世の父君のジョージ5世は「GEORGE V」と表記するのですが、これと同じ名前の駅がフランスのパリ地下鉄にあったのを10数年前に発見したのです。でもフランスなので英語読みはせず「ジョルジュ・サンク」と読むことをガイドブックを見て知り、「音の響きがかっこいいな」と感心したことを思い出しました。 18/7/24(波照間エロマンガ島)

マイケルとミッシェルみたいなもんだね。 18/7/24(石川浩司)

18/6/3の追記。西城秀樹さんが亡くなったとき、大ファンだったさくらももこさんが追悼のコメントをされたそうですね。それからわずか数ヶ月でさくらさん自身も逝ってしまうとは誰もが思いもしなかったことでしょう。
さて、西城さんについてわたしがどうしても胸につかえているのは、横尾忠則さんの愛娘の美美さんが西城さんについて何もネットで語ってないこと。昭和40年代に西城秀樹がはじめて大阪球場でスタジアムライブを始めた当初、熱狂的なファンとして10代の美美さんが紹介されていたのを見た記憶があるのです。当時横尾さんも俳優として出演していた「寺内貫太郎一家」に西城秀樹が出演していた関係で、美美さんが西城秀樹と交流をもった話を月刊平凡、月刊明星で読んだことを覚えているのですが。まぁ過去については語るのも自由、語らないのも自由だと思いますが、ここに私の未完了な気持ちをつづっておきます。美美さんは成人し女優としてドラマ何本かに出演し、その後画家になりました。 18/9/17(波照間エロマンガ島)

語れないか、もしくはいろんな意味で語りたくないということもあるのかもしれないね。 18/9/17(石川浩司)

17/3/27(のり平のちゃっきり金太)さんへのレス
先日「今の日時は2019年8月14日午後10時15分です」と勘違い投稿している人がいて、まさに仰る通りの感じでしたね。
勘違いじゃなく本当に未来(2019年)からの投稿だったら話は別ですけど。 18/9/17(テングザル)

今春、前橋に行ったら馴染みの古本屋が閉店していて挨拶口上の貼り紙がしてあって日付が「1917年11月」になってた。100年近く前の貼り紙!? 18/9/17(石川浩司)

かつて、5人目のビートルズは誰かという議論がよくありました。4人のメンバーに準ずる存在としてビートルズの活動に直接的に関わった関係者ということなのですが、ジョージ・マーティン〔プロデューサー〕やブライアン・エプスタイン〔マネージャー〕、メジャーデビュー前にメンバーだったスチュワート・サトクリフやピート・ベストもそう言われていますね。

ひるがえって、たまについて同じく5人目のたまは誰かと考えてみると、これはすぐにエンジニアの小俣佳久さんが思い浮かぶのですが、石川さんはどのような意見をお持ちでしょうか。そういえば、たまにおける小俣さんの位置づけとなる人を、ビートルズにおいて考えると、ビートルズのレコーディングエンジニアを長らくつとめたジェフ・エメリックさんがその位置にはまるんじゃないかと思いつきました。1966年の「リボルバー」以降すべてのビートルズのアルバムにチーフエンジニアとしてクレジットされており、後期ビートルズの華麗なるサウンドコラージュの大半は彼のエンジニアリングのサポートがあり結実していました。 19/2/26(波照間エロマンガ島)

まあ、小俣くんだろうねえ。
でも後期たまではアレンジを斎藤哲也くんもかなりしてくれている。ミュージシャンということに限れば、斎藤くんかもね。 19/2/26(石川浩司)

1969年1月30日のアップルビル屋上で行なわれた通称「ルーフトップコンサート」で「アビーロード」収録の「I Want You」がセットリストに入っていたのをどこかで読み、びっくりしました。全編の演奏ではなく作曲者のジョンの断片的なギター演奏とあるのですが、どんなものか聴いてみたいものであります。 19/4/2(波照間エロマンガ島)

へー、あの曲が入ったらずいぶん映画全体の印象も変わったかもね。 19/4/2(石川浩司)

1987年の結成から1990年代前半にかけて世界中を席捲したグランジロックの雄、ニルヴァーナのドラマーであるデイヴ・クロールがジョン・レノンについて語った言葉の意味について、最近ずっと考えています。

〔以下、引用〕ジョン・レノンについて、一人の人間にあれほど矛盾した性質が同時に存在していることが信じられなかった。「イマジン」の作者に関する伝説には困惑しているんだ。特に平和運動家だったレノンの暴力性に注目している。レノンは暴力を振るうことを意に介さない人だったと聞いている。

彼がどんなに愛と平和を主張した男だったかを考えると、すごく格好いいと思った。彼は聖人みたいだったけれど、犯罪者になっていたとしても不思議じゃないわけだ。そういうところが最高に好きなんだよ。〔引用ここまで〕

今までジョン・レノンについて数多くのインタビューや評伝が書かれていますが、この暴力的性格と平和運動家としてのありようについては興味深いですね。1965年の前衛芸術家の小野洋子との邂逅以来、ヨーコから大きな影響を受けたのではないかという気もしますが、本当のところはよくわかりません。 19/6/15(波照間エロマンガ島)

「イマジン」は完全にヨーコからの影響だと思われるな。ダダイズム作家としてのヨーコはそれまでもそういう類の活動をしていたし。
非暴力主義で知られるガンジーも、家庭では相当子供に拳を上げていたという話も面白いよね。 19/6/15(石川浩司)

19/6/15の石川さん。今は「マインド・ゲームス」という題名で知られる1973年発表のアルバムが、日本で発売当初は「ヌートピア宣言」という邦題がつけられてました。このアルバムの中にある「ヌートピア国際賛歌」という曲は、ジョンとヨーコが1973年4月1日に創設した概念上の国家「ヌートピア」の国歌であります。6秒間の無音の曲なのですが、この曲はその国民〔ヌートピアン〕となることを望む人々によってのみ構成される国家の国歌として「想像する人に自由に響く曲」になっています。これは「イマジン」の歌詞をさらに発展させたものとわたしは考えます。ヨーコが作ってきたネオダダの流れにある芸術と、ジョンの音楽が融合・結実した傑作ですね。まだまだビートルズについてはいろいろなことを語ることができると思います。 19/7/2(波照間エロマンガ島)

俺も当時それを知った時は感銘を受けたなあ。
癖の強いヨーコが苦手な人は多くて、俺もその気持ちは分かるけど、思想的にも最もジョンに影響を与えた人だもんなあ。 19/7/2(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る