話題313 私はこの3つでできている







ずばり、「私はこれでできているよ〜」というものを3つ挙げてみてください。
ちなみに今の私は、

・ミネラルウォーター(凝っている。毎日いろんな銘柄を飲んでいる)
・日常クイズ(何があっても毎朝見ている)
・アガサクリスティ(毎日必ず読んでいる)

の3つです。09/7/2(わにこ)

***レス(発言は古い順に並んでます)***


うーんと、とりあえず「ホームページ更新」「惰眠」「好きなCDのiPod内での順位あげ」で。  09/7/2(石川浩司)

今のところで言うと、「パソコン」「楽器」「ゲーム機」になるでしょうか。ヒマなときでもこれだけあれば大丈夫、ということで。 09/7/13(たちつ亭と〜助)

あっ、俺楽器なくても平気だっ(笑)。  09/7/13(石川浩司)

『食』『妄想』『現実逃避』です。 09/8/8(じゅんぢ)

俺もいろんな嫌な事、面倒くさい事から逃避し続けているうちにこんな風になっちゃった。  09/8/8(石川浩司)

「お笑い」「漫画」「飲み物」
3つに絞るのキビシかった…。   09/8/8(あきたけ)

お笑い的要素は俺も生きてくうちで最重要項目のひとつだな。例え今後戦争とかに巻き込まれたとしても、それはなくしたくないもののひとつ。  09/8/8(石川浩司)

回答
「日光」「猫」「鳥」 
今はこの三つかな。一週間で最低一回はみないと体の調子が悪くなる気がします。 09/8/8(新宿)

えっ、東武線に乗って!?  09/8/8(石川浩司)

「酒」「歌」「蕎麦」
酒と歌があれば、なんとか楽しく生きていける気がします。
色々あって、先月は一ヶ月間ほとんど蕎麦ばかりだったので、細胞が蕎麦仕様になってると思います。人間って、蕎麦で生きて行けるんですね。 09/8/19(ジャン子アヤ)

あー、俺も蕎麦は結構あるなあ。
なのでソバアレルギーのマネージャーがかわいそうです。  09/8/19(石川浩司)

抱っこ・睡眠・酒、ですかねぇー。抱っこされながら眠りながらお酒飲んでたらきっと満たされるのだろうなぁ。ああ、ダメ人間。 09/10/9(ことり)

眠りながらお酒を飲むとは随分器用だな〜。
抱っこはいいよな。抱っこは。
来世はダッコチャン人形に生まれるといいね。
まっ黒だけど。  09/10/9(石川浩司)

「創作活動」「芸術鑑賞」「未来への夢」 09/11/1(りあちゃん)

未来への夢かあ!
♪僕の未来は〜火葬場の灰〜   09/11/1(石川浩司)

たま(言うまでもなく、自らの青春時代の代名詞)・笑点(たまと同じ時期からずっとハマっているTV番組)・韓国(高2の時の出会い以来)といったところでしょうか。
それらが未だに中毒もしくは快楽状態となって、今の自分を形成しているというような状態ですね。 10/2/8(Hi-)

そして遂に韓国で就職を決めたのか。
今度はそこで笑点と俺たちのライブもプロデュースしてみる!?  10/2/8(石川浩司)

「タイ」「エロ」「ネット」
ぐーたら人間なので好きなことしかできません。3つ選ぶとこれかな。「タイ」を極めたく日々精進(消尽)しています。「エロ」はエロスのことでもあり、自分自身のことでもあります。最近はマンガさんと呼ばれるよりエロさんと呼ばれるほうが圧倒的に増えてきました。「ネット」はコミュニケーションの手段であり自分自身を記録するツールとして必要不可欠な存在になっています。 10/5/31(波照間エロマンガ島)

確かに波照間エロマンガ島さんのネット活用は凄いなーといつも思う。
何かそれに絡めた仕事があるといいね。
でも仕事となったら違うのかな?  10/5/31(石川浩司)

一年前の私は一体何を言っていたのだろうか?!
私はロマンチックが服を着て歩いているような人間なので「甘えんぼ」「ロマンチック」「エロ」です。
これが正しい私の要素です。でも最近、あなたのロマンチックは軽井沢や清里のお土産屋に売っているイチゴちゃんが挟まったクッキー程度の陳腐なロマンチックだ、と罵られました。
そしてエロが人を動かすパワー・原動力って何にも勝てないですよね。エロが絡んだときの私の行動力、パワーは自分でも凄まじいものがあると思います。
「エロ」が波照間エロマンガ島さんと被りましたが、「エロ」「タイ」とくると瞬時に波照間エロマンガ島さんがうかぶので、エロとタイでの認知度は凄いと思いました。 10/9/25(ことり)

エロはすべての原動力、これ納得。
ネバネバはすべての原動力、これ納豆食う。  10/9/25(石川浩司)

『たま』 『スウィングガールズ』 『お笑い』
この3つが、『デクノボー』を暗闇から救い出してくれたものです。  11/9/16(デクノボー)

じゃあもしこれらを取り上げてしまったら、暗闇の中に戻ってしまうのか・・・。
その際はマッチを持っていけ。少しだけ明るいぞ。  11/9/16(石川浩司)

月日が経ち、自分を組成している3つの要素も変化しているように思えます。今の3つとは―――
「ニヒル牛マガジンの週一の連載」 「日々のお仕事」 「読書」。
ニヒル牛の連載は、今現在の自分にとっての関心あることを文章を書いて整理できるので、とても重要な時間になっています。それが、日常の仕事にもよい影響をもたらしています。今やっている仕事は実はいちばんやりたい仕事ではないですが、しかし気に入ってる仕事であり、自分のキャリアをブラッシュアップするためには役立っているので挙げてみました。マガジンの原稿を書いていて思いついたアイディアを実行したりもしています。あと、読書については、以前のようなジャンル関係なく片っ端から乱読していたスタイルから、今自分が興味のある分野について、深く考察を進めるスタイルに変わってきたので、同じく入れてみました。この3つが相互に好影響を与えあっていると考えています。 13/4/15(波照間エロマンガ島)

ニヒル牛マガジンの連載の為に俺も旅行に出ることある〜。
何かのキッカケになるって実は大事なことなんだよね。 13/4/15(石川浩司)

2014年、私はスケベ・布団・wifiで成り立っています。フカフカの布団の中でiPhoneをwifiに繋ぎ、スケベななんらかを見ているような集合体です。  14/3/17(ことり)

去年も一昨年もそうじゃなかったっけ?  14/3/17(石川浩司)

2014年4月の波照間エロマンガ島は、「仕事」「仕事」「仕事」でできています。
  去年暮れに勤めていた会社が吸収合併され、その仕事をするのが会社に一人しかいないため、突然仕事が2倍以上に増えてしまったのです。毎日朝から夜12時近くまで仕事しています。こんなに働いているのは、30代の頃以来かもしれません。しかし、齢五十を越えると、身体がしんどくてたまりませんなぁ。まぁ、嫌いな仕事ではないのでなんとか続いておりますが、自分の限界が見えたら辞めるかもしれません。そんなちょっと肉体と精神のバランスを保つのに必死な今日この頃です。 14/4/12(波照間エロマンガ島)

南国でそんなに働いている人がいるのか?
もしかして高給取りかな。いつでも御馳走になる準備は出来てます! 14/4/12(石川浩司)

「投稿」「エロ」「歌唱」。全部へたくそですが、なんだか投稿が一番文化的な行為のような気がしますね。投稿してる内容はやっぱりエロなんですけどね。 14/4/12(オポムチャン)

俺も「投稿へのレス」で出来てるとこあるかもしれない。
毎日毎日もう15年かぁ。 14/4/12(石川浩司)

「マンガ」「音楽」「ネット」かな。結構選ぶのが難しいですね。
マンガアニメ)・・・多分何歳になっても好きです。両親は、私のこの趣味を嫌っています。
音楽(歌)・・・聴くのも歌うのも好きです。
ネット・・・依存し過ぎてます。病気です。 14/10/9(ハーブティー)

マンガは昔は家が漫画図書館になるほど凄かったけど最近はそれがネットに取って変わったなあ。
ネットってあらゆることがあるからね。もちろん眉唾には気をつけつつも。
それをベースにして実際の行動にも出られたらコストパフォーマンスはいいと思う。要は使いようだね。 14/10/9(石川浩司)

  2015年2月の波照間エロマンガ島は「チェンマイ」「投稿」「浩司LOVE」でできてます。いやん、3番目はリップサービスですよ〔笑い〕。2回目のチェンマイ行きを虎視眈々と狙っておるであります。ちくいしライブは難しいですけど・・・。 15/2/7(波照間エロマンガ島)

チェンマイライブは平日になっちゃったからねー。
それにしても初めて会った時16歳だった知久君がもう50歳だよ。
長い付き合いだなぁ。 15/2/7(石川浩司)

2015年9月。今月の波照間エロマンガ島は「支店長業務」「癒し」「ストップ・メイキング・センス」の3つでできています。仕事が充実しているので生活に張りが出て、疲れきった心身を癒してくれる人にも出会ったみたいです。あと、1984年のトーキング・ヘッズ主演のライブ映画「ストップ・メイキング・センス」は、30年ぶりくらいに見返してみてずるずるとハマって毎日視聴しています。 15/9/17(波照間エロマンガ島)

疲れきった心身を癒してくれる人にも出会ったのか・・・。
女か男かがまず気になる・・・。 15/9/17(石川浩司)

「ライブ」「何か作る」「現実逃避」。 15/12/22(わお)

おっ、もしかしたら俺もほとんど同じかも。意味合いにおいては。
「ライブ」「何か作る=ホームページの更新」「現実逃避=睡眠」。 15/12/22(石川浩司)

・音楽(主にたまとニヒル牛作家の人)
・フィギュア(最近は美少女フィギュア)
・自転車の旅(片道最大3時間程度)
自転車は生活の中で何かと便利です 16/1/29(Sankaku)

フィギュア以外は分かる(笑)。 16/1/29(石川浩司)

2016年1月末の波照間エロマンガ島は、
「沖縄料理金城のイベントで歌謡曲DJで石川さんと共演する」
「仕事で大量の間取り図を作成している」
「意中のレディーボーイと次のデートを妄想している」
の3つでできています。

歌謡曲DJばんばりましゅ。 16/2/14(波照間エロマンガ島)

第二回もやろうねー! 16/2/14(石川浩司)

2016年7月末の波照間エロマンガ島は

「病気の快復に向かって、酒を止め毎日摂生しながら精進する」
「行き帰りの通勤車中で小説や評論の本を読む」
「好きな人間とLINEで毎日トークする」
の3つでできています。

3つ目はいちおう「人間」と書いておきましたが性別はここでは書かないことにしておきます、お察しください(笑い)。  16/7/28(波照間エロマンガ島)

病気はライフスタイルも変わるよね。
俺もなるべくこのまんまで生きていきたいと思ってるけどある日突然変わることもあるんだろうな。 16/7/28(石川浩司)

「いつでも寝られる自由」「いつでもトイレに行ける自由」「いつでも痒い所を掻ける自由」
逆にこの3つが制約されると自我が崩壊して暴走・・・しないように、自由のない場所へは近づかないようにしています(苦笑)。 16/9/8(デクノボー)

俺もとにかく自由が奪われるのが何より嫌。肉体的にも精神的にも。
ただ「いつでも寝られる自由」は車の運転中とかはおやめください(笑)。 16/9/8(石川浩司)

1・旅/旅行 2・スポーツ観戦 3・読書
面白い答えだと
1・アイスコーヒー 2・桃岩荘 3・イオン
かなあ(笑) 17/8/1(わいわい)

イオン(笑)。確かに俺もコレクションチェックにしょっちゅう行く。 17/8/1(石川浩司)

2017年9月下旬の波照間エロマンガ島は

「仕事で自分が提案した企画を実現し、会社の売り上げに貢献しつつある」
「行き帰りの通勤車中やすきま時間に小説や評論の本を読む」
「好きな人間とLINEで毎日トークする」
の3つでできています。

体調はまだ本調子ではありませんが、このところ仕事のほうが充実しています。なのでオンオフの切り替えが上手くいきだし、プライベートがだんだん充実してきた感覚があります。読書が気分転換にとても良いです。あと、わたしにとってはスマートフォンは大当たりでした。パソコンよりも高い買い物でしたが、ここ2年くらいでコミュニケーションは劇的に変わりました。各種アプリをダウンロードすることにより人間関係の「拡張」がありました。プライベートを充実させてくれるツールとしてなくてはならない存在になっています。 17/9/25(波照間エロマンガ島)

あれ?一番メインのエロいことが入ってないけど・・・!? 17/9/25(石川浩司)

私の投稿はこの三つで出来ている。
1・困ったときの礼文島桃岩荘
2・とても書きやすい大学の話題
3・とにかくスポーツ大好き
次点・昔のたまのことについてなんでも聞いちゃう 17/12/26(わいわい)

ところでわいわいはどこの大学行ってたの?
いろんな大学名が出てくるけどどこか分からない・・・。 17/12/26(石川浩司)

「聖心女子大ですっ!」とこういうときに言ってみたい(笑)。 17/12/31(わいわい)

そしたらカッコいいな! まぁ同時に変人にも見られるけど・・・。 17/12/31(石川浩司)

こんばんは!
私が制作している作品に影響を与えたのは 『知久さん 昭和 エロ』です!(石川さんごめんなさい…)
特に知久さんの作品からは、多大なる影響を受けておりいまの作品の方向性が定まったきっかけとなりました。
知久さんからは曲だけではなく、ファッションやキャラの作り方なども影響されていますが、特に瞳の描き方に影響を与えました。イキイキとして、美しい瞳の描き方は知久さんから学んだと言っても過言ではありません。
昭和も、元から私は好きでしたがたまの曲を聴いてからは常に昭和を感じるようになりました。
今では、常に昭和の世界を描いています!
エロは…Twitterでフォローしている絵描きさんの作風からの影響がすごくあります、エロと昭和の融合性は高いんじゃぁ…
この三つだけではなく他にも色々と影響されているものはあります。石川さんのネットでしているこのような活動にも影響されています! 18/6/3(ヘンリー)

まぁ実はたまがメジャーデビューしたのはもう平成になってからなんだけどね。
でもいつまでも残る昭和臭...。 18/6/3(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る