話題306  最近気が付いたこと(2)


なんだか自分が老けたことに気づきました。
ずっと欲しかったニトリの滑り止めハンガーと同じ性能のものが100円ショップに4本セットが売ってることに気づきました。 18/5/19(もんぢゃ)

でも使って見ると使い心地が違うものもあるからね。
時々まったく同じメーカーの商品が売ってる時は「やりぃ!」と思うけど。 18/5/19(石川浩司)

この前、所沢駅周辺でお祭りがあり、所沢のイーオンの前で地元のミュージシャンがライブをやっていました。
知らない人ばかりでしたが、最近の歌手はしゃべりも上手いなと思いました。バラエティ番組のお笑い芸人みたいに饒舌です。
そういえば2015年に中野区野方のライブハウスに出演しましたが、僕以外の歌手の方はMCでほんとによくしゃべりました。下手をすると1曲から2曲分ぐらいの時間しゃべっていて、その時間を歌にあてたくないのかと思ってしまいました。

いつのころから歌手の人もトークを求められるようになりましたが、私にはよくわかりません。どんどん世の中が複雑になっていくようでちょっとめんどいです。 18/7/31(Sankaku)

まあ、フォーク系の人はよく喋る人多いよね。
今に始まったことじゃなく、俺が高校生の時に見たグレープ(さだまさしのユニット)のライブでは、ステージ時間の3分の2はさだまさしのトークだった。相方の吉田さんはずっとじっとトークが終わるのを待ってたな。 18/7/31(石川浩司)

バナナジュースを、普通に飲んでも美味しいけどストローで飲んだらもっと美味しいと気づきました。 18/9/17(もんぢゃ)

そういうものってあるよね。逆にガバッと一気にいった方がおいしいものも、どちらもあるよね。 18/9/17(石川浩司)

最近、kindle unlimitedに加入しました。
これでよーやく蛭子能収大先生の漫画を読むことができるぞ!と思っていたら
「私の彼は意味がない」という回に「必殺 意味なし上がり」の文字が
あっ、「たまのまがたま」で四人がマージャンしてる回で石川さんが叫んでたのはこのことだったのか・・・ と気が付きました(ちなみに私はコウモリ人間の回が好きです)  18/12/29(ズミ天)

そう、それっす。当時メンバーみんな読んでたから、分かる人には分かるギャグだったんす。 18/12/29(石川浩司)

ここ最近になって、この話題に投稿されたポイント制廃止論を読みました。ポイントの獲得にとらわれて投稿の内容が粗雑になっているとのこと。確かにこの「王様の耳はロボの耳」が始まった当初にも、それこそポイント稼ぎの単なるリアクションともいえる投稿がいくつかあったように思います。それを考慮して石川さんもこのコーナーのポイントを制限するようになったと、どこかに書かれていました。

力ずくな意見ではありますが「だったら内容や質のある投稿をし続ければいい」というのが僕の考えでした。私の投稿にも石川さんは割といいリアクションをしてくれているとは思うのですが、気分が落ち込んだ時は自信がなくなることもあります。それでも内容を吟味しそれを文章化することは、ある意味、癖や習慣になります。石川さんが投稿者たちに「投稿することをやめないでほしい」と言っていた意味がここに来てなんとなく分かってきました。

ある漫画に「権力や金のある奴は性の亡者だ」というセリフがあります。「島耕作」という漫画の主人公も最近は会長として、架空の人物でありながら、新聞のまじめな広告の討議の場に登場するようになりましたが、漫画を読んだ人によれば島耕作もエッチなことばかり考えているとのこと。やはり生きて仕事をすることと、性愛とは切って放すことができないのでしょう。
また投稿者の中の、自称・変態さんのモチベーションはやはり尋常ではありません。性の亡者とまではいかなくても、真面目な話から面白い話、そしておバカな話まで本当にバラエティに富んでいます。そこから来る、前人未到の20000ポイント越え。なけなしの人生経験から文章を絞り出している私には到底追いつけません(泣)。

本当にいいことをされている人ほど、反省や自分を見直すことに優れ、また悪くなれば自己嫌悪に陥ってしまうという傾向があるように思います。2ちゃんねるのような悪ふざけじみた投稿がないだけこのホームページはとてもいいのですが、良識あるおもしろい方が舞台から姿を消されてしまうということがなによりも残念でなりません(戻ってこられましたが)。 19/1/7(Sankaku)

時には書けない時期があってもいいから、また戻って来てほしい。実際そういう人もいるしね。
継続は力というか、継続しか力にならないと思う。 19/1/7(石川浩司)

このホームページの投稿で、以前書いた内容と同じことを結構自然に書いてしまっている自分がいます。
割と感覚的に何を書いたのかは憶えているつもりではあるのですが、気を付けないとほぼ全く同じことを同じ話題に投稿しそうになってしまいます。 19/1/7(Sankaku)

俺なんて前のをいちいち読み返してられないし、同じ話題には同じ思いやエピソードしかないから被りまくり。
すんまへん、勘弁してチョーッ。 19/1/7(石川浩司)

ああ・・・ 懐かしなぁポイント制廃止論者さんの御意見。いや私はその後もまるで反省せず内容スッカスカの下劣で自己顕示欲まる出しの駄投稿の大量生産でこのHPをご覧の皆様に長きにわたってイヤガラセをしてきた大罪人なのですが〈泣笑〉、投稿の質を上げるのは難しいですね。楽しく気軽に我らが石川さんとお話しできるという敷居の低さを失ってまで、万人が唸るような名投稿をし続けなければならない、なんてことになったらそうそうは誰も投稿してくれませんものね〈笑〉。それは石川さんの望むこのHPのあり方ではないと思います。ただ私に対するご批判はもっともなことなので、ふたたび耐えられない旨のご意見があれば今度こそ何も言わずにこの場を去ろうと思います、ははは。

私が眼病で休んでいる間も、前人未到の20000ポイントを達成されたエロマンガ島さんは変わらずの剛腕ぶりで頼もしい限りです。Sankakuさんも書いていらっしゃるように話題のバラエティと造詣の深さはさすが投稿王でいらっしゃいますよね。あまたの良識あるおもしろい投稿者さん、私もまだ不調ですので邪魔ものが弱ってるこれを機にどうぞ復活お待ちしております〈笑〉!!  19/1/24(オポムチャン)

また新しい人も何人か入ってきて嬉しいが、ベテランもとにかく「やめないでほしい」。
多少の空き時間があってもしょうがないが、この一言です。 19/1/24(石川浩司)

エビフライやエビの天ぷらが高級な食べ物であるということに最近気が付きました。

私の家の近所に個人経営の定食屋があり、刺身やとんかつなどの和食を取り扱っていますが、普通の定食が760円〜1450円なのに対し、「エビフライ定食」は1300円と確かに高めです。またほかの食堂でも海老天は高い値段で出されています。

子供のころ、エビは嫌いでした。大人になってからは食べられるものが増え、食べる楽しみも増えていきました。
最近の夢はカニの本場でカニをたらふく食べることです! 19/1/24(Sankaku)

子供の頃は今のようにしょっちゅう海老なんて食えなかった。というか、高級食材すぎて家で食った記憶がほぼ無い。 19/1/24(石川浩司)

これからお話しすることはある意味ほかの投稿者への批判ともいえる内容ですが、ちょっと気づいたことを。

(失礼も多分にあると思いますが、とりあえず書いてしまったので投稿いたします)

あるポイント長者様の文章は、いろんな場所に見られます。石川さんも「これだけの文章力と洞察力、そして多彩な経験が面白くないわけがない。」と太鼓判を押されていました。確かに文章全体を見てみると、ものによっては下手にまじめな論文よりもクオリティが高い内容なのが手に取るようにわかります。

しかし文章の量やものによっては、何か読む気がしない、というか読むのにエネルギーがかかりそうだな、と正直思わされることがあるのも事実です。その方も短い文章の時は素直に面白いと思えるのですが、このホームページの管理者であり、まとめ役である石川さんのほうがやはり何枚か上手(うわて)です。
そんな石川さんたちの文章を見ながら、私が文章を書く際に覚えてきたテクニックとしては、改行を頻繁に行い一行の文章を長くしすぎないこと。
私も書く以上は読んでもらいたいと思う手前、その方たちの内容の質には到底追いつけませんが、読みやすい文章というのは追求してきました。

いろんな形の投稿、そしていろんな人たちが集まるこのホームページで、その方たちは、オールマイティに理詰めな面白さの中枢を担っていらっしゃると思います。「ザ・レポート」などでは長い文章になってしまうこともままありますが、やはり書きたいことがたくさんあるのでしょうか。ちょっと長すぎるのも考え物だな、と思わされることも結構あります。まあ一番の理由は私の頭が良くないこともあるでしょう。私も頭が良くなりすぎるのを拒否した人間です。頭の悪い人間は、かっこいいものとそうでないものを、ごみをあさるカラスのように正確にかぎ分けるといいます。頭を使い、理詰めに考えすぎたりすることは、ある意味臆病なのではないかとも思います。

また、至極余計でおせっかいな事を言うと、投稿者全員は石川さんのふんどしを借りて相撲を取っているということ。このホームページの法的権利、著作権はすべて石川さんに帰属するとあるように、ここはすべて石川さんの領域であるということ。石川さんの力は借りても、本当のムーブメントは自分から起こす、そういう踏ん切りはどこかで必要だと思います。
それでもこれだけいろんなことが楽しく話せ、変に派閥やつるみなど悪い要素もない。投稿を初めて6年近く、私自身も随分と文章を作る練習になったと思います。広いネットの世界でも、これだけ素晴らしいところはちょっとやそっとでは見つからないのではないでしょうか。このホームページと関わった事が未来につながるように、そう思います。

「好きの力を信じなさい」(水木しげる)

好きなことを全力で追求することがものすごいパワーを生み出す。ポイント長者様たちは正にそれの体現者です。
これほど多彩な面白い人たちが集まってくるというのも、まさしく石川さんやたまのスター性のたまもの!!他の趣味には何かと距離をとってきた私ですが、たまの音楽だけは全身全霊で追いかけたい‼そういう人も少なくはないはずです。
光の速度でも端から端まで行くのに150億年かかるという宇宙の広さ!そんな宇宙もとりあえずは有限だそうですが、人っ子一人にとっては十二分過ぎるほどに無限の世界!!石川さんたちの楽しみの追求も、そんな宇宙の大海原に出ているのではないでしょうか。 19/2/15(Sankaku)

どの投稿を読むも読まないも自由だしね。
とりあえずよほど問題のあるもの以外はなんでも受け取ってみて、苦手だと思ったらそこから距離をおく。
これは投稿だけではなくて、俺の生き方なのかもなあ。 19/2/15(石川浩司)

18/4/12の追記。
石川さんたちは、やはり自分たちが楽しく素晴らしいことをしている、出来ているということを心の底では確信しているのでは、とおもいます。

「時には書けない時期があってもいいから、また戻って来てほしい。実際そういう人もいるしね。継続は力というか、継続しか力にならないと思う。」

私の上司たちがある意味石川さんたちと同じ人で、やはり、自分たちのそばにおいでよ、ということ私たちに呼びかけます。実際彼らはとても信頼されてとても楽しく、厳しい仕事も力を合わせて乗り越えます。

本当に良いものを知っているか、いないか。またそこに身を寄せているのか。これにより人生に大きな差がついてしまうように思います。 19/2/15(Sankaku)

素晴らしいかどうかは他人のそれぞれの判断だからなんとも言えないけど、楽しいことはやってるよ。というか楽しくないことからは極力逃げてる(笑)。 19/2/15(石川浩司)

漫画やイラストを作るのに、パソコンを使う人が増えているということ。

たとえば、小物などで実在のお菓子の箱を描く際には、CGを使ったほうがきれいにできます。
また、トーンなども昔は専用の用紙を使っていたそうですが、イラストソフトを使った方が圧倒的に率がいいのでしょうか。

上手に使いこなせれば、格段に美しいイラストが描けるのは言わずもがな。これからの漫画界が楽しみです。 19/2/15(Sankaku)

ただ、美しいイラストが良いイラストなのかは俺は疑問が残るかな。
すべてではないけどね。 19/2/15(石川浩司)

おおぅ・・・ 何故かこのページ文字が赤くって見づらいのは私だけ・・・?
ありゃりゃやっぱり長文は嫌われますねぇ、皆様申し訳ありません。でも石川さんは読みごたえのある長文も読みたい、とどっかで確かおっしゃってくださってたので、投稿数はだいぶ減りましたが今後も迷惑長文を送らせていただくかもしれません。その際はどうか私の投稿はお読みにならず飛ばして頂くということでご容赦くださいませ。どうも短くまとめるのが苦手なもので、恐れ入ります。 19/2/26(オポムチャン)

赤くって見づらいの、すみませんでした。単なるタグの打ち間違いなので投稿じゃなくて普通にメールで知らせてもらえると助かります。

ところで僕はどちらかというと長文の方が好き。物にもよるけど一行コメントなんかよりは。俺は返す方なのでどうしても一行にしかならないことも多いけれど。
見てる人の趣味もいろいろなので、誰かが絶賛してる投稿を「私はああいう投稿は嫌い」というのも、その逆もあるからね。
中には会ってみたら「こういう人だからああいう意見なのか...。」と分かる人もいるしね。すべてが平均的な感じの人とは言えないからね。思想的に過激な意見なども実際は少数のちょっと精神的にどうか、という人がいろんなところで発言してそれに引っ掻き回されてる場合も多いしね。
圧倒的多数の「これはダメだろ」の意見じゃない限り、賛否両論くらいのものの方が俺は好きだな〜。 19/2/26(石川浩司)

2018年公開された「アベンジャーズ・インフィニティーウォー」にはスパイダーマンが登場しています。で、その背中には新しいアイテムとして、蜘蛛の形をかたどったアームが装着されていて、見栄えが本物の蜘蛛を想像しわたしはとても気持ち悪く感じてしまいました。なんていうんだろう、本当の意味での「蜘蛛男」のような装置だったので蜘蛛が苦手なわたしは視覚的に受け付けなかったのです。アームなどない以前のスパイダーマンのほうがずっとよかった、そんなことを最近気づきました。 19/6/15(波照間エロマンガ島)

子供の頃、すっごくでかくてカラフルな蜘蛛が電柱に巣を作ってる道があって、ものすごく怖くて走って通り過ぎた記憶。 19/6/15(石川浩司)

いつの頃からか、『ファイブクエスチョン』の質問の内容をメモするようになりました。そこから日常の中から思い浮かんだ質問をキチンと覚えておけるようになり、投稿の数が格段に増えました。またこのコーナー『王様の耳はロボの耳』の投稿もメモするようになりました。

投稿するのが以前より楽しくなりました。メモの効力を唱える本がありますが、その通りだと思いました。 投稿の楽しさを追求する第2段階に入りました笑)。 19/7/2(Sankaku)

うんうん、習慣づけると広がる世界ってあるんだよね! 19/7/2(石川浩司)

オポムチャンさんの文章はかなり特徴的であるということ。
とお目に見ても一目で分かることに気が付きました。(笑) 19/7/2(Sankaku)

とお目に見る・・・老眼ですか(笑)。 19/7/2(石川浩司)

ある2枚組のDVDのDISC 2に、時間にして1時間近い映像特典がついていたことに気が付きました。
そのDVDを買って2年半ぐらい経ってから気が付きましたが、なんか感慨深かったです。 19/7/2(Sankaku)

時々見逃していて「あっ、こんなものがっ!」ということあるよね。先入観でそれだけと思ってたりね。 19/7/2(石川浩司)

わ・・・ 私の文章が過度に関西弁を多用して読みづらく皆様にご不快を与えているであろうこと・・・。Sankakuさんをはじめ投稿者の皆様、誠に申し訳ございません・・・。特徴を出した方が書いてても読んでも面白いと思って意図的に多用していましたが、先日更新の「インディアンケート」でそれが大いなる過ちであることに気が付きました。今後も懲りずに投稿いたしますが、なるべく皆様にご迷惑のかからない書き方で綴ろうと存じます。 19/7/19(オポムチャン)

関西弁多用してたっけ?あんまりそんな印象ないな。
昔に比べたらお笑い番組とかの影響で俺は違和感なく入ってくるけどな。 19/7/19(石川浩司)

以前どこかに書いたかもしれませんが、1984年頃に大阪のなんば花月に吉本のお笑いを見に行ったことがあります。そこでいちばん衝撃を受けたのは関西弁がよく聞き取れなかったこと。サブローシローやハイヒールの漫才でそう感じたのです。同じ日本語なのに漫才の内容が60%も頭に入ってこないんです。これはどういうことなんだー!! と東京出身のわたしは本当にびっくりしました。

時は漫才ブームがピークを過ぎ、勝ち組と負け組がじょじょに分かれてきた頃でしょうか、それでも東京のテレビ界には関西芸人がしっかりと定着してきていた頃だと記憶しています。そのなんば花月ライブ体験で気づいたのは、東京のテレビで見る関西芸人の笑演芸って、東京の人たち用にスピードを遅くアレンジしてわかりやすくしているということでした。今はどうなのかな。これだけ吉本興業が大きくなって日本の芸能界を席捲しているとあまり意識はしなくなっているのかもしれませんね。当時はまだ東京にいると、日常生活で関西弁が聞こえてくると違和感は確かにあったような気がします。 19/8/16(波照間エロマンガ島)

確かに子供の頃に比べて、関西弁の浸透ぶりはすごいよね。
他の地方の方言も浸透したら面白いな。 19/8/16(石川浩司)

普通のコカ・コーラとコカ・コーラ ゼロは、かなり違う飲み物であることに気が付きました。

先輩の男性のお宅に遊びに伺う時、先輩への手土産はいつもコカ・コーラ ゼロを希望されます。
僕もそれに流れて同じものを飲んでいましたが、あるときちょっと思い立って普通のコーラを買いました。

いざ飲んでみると、腹へのもたれ具合に歴然とした差があり、同じコーラでもこんなにも違うのか、と驚きました。
ペプシコーラやメッツコーラなどでも随分と違うといいます。 19/9/1(Sankaku)

ずっと同じの飲んでるとなかなか気づかないよね。 19/9/1(石川浩司)

ネットにも断食は必要だということに気が付きました。

私の住んでる市内の図書館は平日は夜9時までやっています。利用幅は制限されていますが、ネットも出来、石川さんのホームページは読みたい放題です。(制限されているので投稿はできません)。
2019年の7月、夏ならではのノリもあって閉館近くまで石川さんのホームページを閲覧していました。3日間ぐらいネット漬けでしたが、どんなにいいものでもさすがに飽きがきて、観るのも嫌になり、10日間くらいネット断食しました。

今、投稿の文章を書きながら改めて投稿の楽しさを噛みしめています。
「投稿ダイエット。流行らせよう! 17/9/30(石川浩司)」(話題7より)
石川さんのこの言葉からもっと遠くに行けるように祈るばかりです。 19/9/12(Sankaku)

楽しんでくれることが一番。
時にいろんな事情で離れていってもまた戻ってきてくれた時は嬉しいもんさ〜。 19/9/12(石川浩司)

東京の高円寺駅周辺は、物理的に独特の匂いがすることに気が付きました。

最初その匂いを感じたのは、線路下の飲み屋の並ぶアーケード街でした。
やはり濃密な感じのする場所柄からかなと思っていましたが、駅からちょっと離れた今どきの店が並ぶところでも同じ匂いがしました。 人によっては好き嫌いもあるでしょうか。私の住んでいる町では感じられない匂いなので、なかなか珍しいです。 19/9/17(Sankaku)

若者が多い街と老人の多い街ではそれだけで匂いは明らかに違うものね。
体臭や付けている香水的なものの差もあるかもね。 19/9/17(石川浩司)


「王様の耳はロボの耳」のトップに戻る
トップに戻る