話題304 騙された…





日常で「騙された…」「してやられた…」と思った経験ありませんか? おバカな勘違いから詐欺の体験までなんでもあり! 09/2/21(きよ)





***レス(発言は古い順に並んでます)***


ソロライブをやっていると昔「ころばぬさきのつえ」を一緒にやっていた山下由がステージに出てきて即興で踊りだした。
ここまではよくあること。
ある日、やっぱり踊りだして来たが手には瓶ビール。やばいと思ったが、案の定歌っている途中に頭からビールをドバドバドバとかけてきた。
ここまではよくあること。
休憩時間に替えのTシャツを持ってきたので着替えて第二部開始。
と、また彼が踊りだして来たが手には瓶ビール。やばいと思ったが、案の定歌っている途中に頭からビールをドバドバドバとかけてきた。
もう、着替えはない。
結局ライブハウスの人に余り物のTシャツを貰って帰った。

でもいいんです。
ステージでは怪我さえさせられなければどんなパフォーマンスをしても。
それがセッションですから。  09/2/21(石川浩司)

山の中に住んでいるという人に話の流れで「犬飼ってる?」と聞いたら「家の周りはイノシシが出てペットは喰われるから飼えないんだ。」と言われて信じていたら嘘でした。でも行ってみたら、昔話によくある、山の上の一軒家そのもので、イノシシ本当に出そうだったんですけど・・・。 09/3/1(秘密の座席)

イノシシは山ではそんなに珍しい動物じゃないからね。言わば野生豚だもんね。  09/3/1(石川浩司)

20年来の中学時代からの友人に数年間ずっーーーとしてやられていたことなのですが、出会った当初、生年月日など色々なプロフィールも書き込めるアドレス帳が流行っていたので書いてもらって書きあったのですが、 そこの誕生日欄に3月3日って書いてあったから、ああ、ひな祭りが誕生日なんだってすっかり信じ込んでそうとばっかり思い続けてきたのに、数年、いや、もしかしたら十数年たったある日、今日誕生日だよね?って言ったら、「え?違うよ。八日だよ。」と平然と答えられ、一体今までなんの騙しだったんだよーーー!!って思いました。
ほんと一体なんの騙しだったんだろうか。 09/3/13(ことり)

中学の時、その子はまだ「3」が書けなかった・・・。  09/3/13(石川浩司)

高校の頃、文化祭のカラオケコンテストにウクレレ持参で出場しないか、と友人から持ちかけられました。当時からあがり症だった僕は当然すぐに断ったのですが、「ここでいい結果を残したらモテるぞ〜」という友人の囁きに俄然やる気になり、出場しました。
結果、準優勝とそこそこな成績を残したものの、文化祭終了後はちやほやされる雰囲気がまるで感じられず、「だ、騙された!」と思ったのでした。
もっとも、僕の根が単純だという話もありますが…。 09/3/13(たちつ亭と〜助)

せめて「リレー物語」で活躍しなされ!
・・・ってあれは「おーすけ」だったな。君とは全く関係がなかったな。ごめんごめん。  09/3/13(石川浩司)

高校2年の春休み、というかエイプリルフールにクラスの友達に騙されました。学校辞めるというメールを突然もらい、信じました。本気で悩んで悔しかったので、「四月馬鹿」という曲を作詞作曲してピアノで弾き語りしてテープに吹き込み、「だまさLetter」という手紙とともにその友達に渡しました。その曲の内容には本当に騙されたのは、騙されたふりした私に騙された君だというようなことも入れ、騙し返してやったぜって気分になってスカッとしました。 09/3/13(可南)

そーいえば昔「たまの四月馬鹿」というライブをやったことを思い出した。今はなき日進パワーステーションだったかな。  09/3/13(石川浩司)

「だまされたと思って食べてみて!」というものは90パーセントまずい。 09/3/13(あきびん)

「だまされたと思ってこのチンチン、なめてみて。甘いよ〜。ストロベリー味。」にも騙されちゃ駄目だよ!  09/3/13(石川浩司)

食事の店の店頭の食品サンプルには何回か騙されましたねぇ…。
むしろサンプルの方よこせって思うくらいに。  09/3/13(あきたけ)

空中に浮かんでるスパゲッティのフォークとかね。全然浮かないじゃん。
ちょっと、店長!  09/3/13(石川浩司)

むしろ、あっちのおーすけ君も色々騙されてますな。 09/3/26(たちつ亭と〜助)

騙されないようにするのも、みんなの手にかかっている!  09/3/26(石川浩司)

騙されたっつか、食い逃げされたことがある。
ずるいよー。
身体障害者の介護をしてる隙にだよー。 09/7/2(りあちゃん)

食い逃げは捕まるとすんげーカッコワルイけどね。  09/7/2(石川浩司)

ちょっと前に、新聞の勧誘が来ました。
勧誘「ところで、おいくつですか?」
と〜助「あ、ハタチです」
勧誘「え! じゃ、もしかしたら同学年かも…」
と〜助「え、え、そうなの!?」
それからしばらく話が弾み、結局3ヶ月新聞を取ることになりました。
後で友人にこの話をしたところ。
友人「それ、勧誘の常套手段なんじゃ…」
あ! と気付いたときにはもはや手遅れでした。今となってはあの勧誘の実年齢は分からずじまいです。 09/11/9(たちつ亭と〜助)

俺も一人暮らし時代、どこから来たかと聞かれ「おおっ、出身が同じだよ!」と勧誘員に言われたことがある。
でも取らないと分かると捨て台詞が「バ〜カ、俺の出身はそんなとこじゃないよ!」だった・・・。  09/11/9(石川浩司)

インド、バラナシからムンバイ行きの寝台電車のなかで一人の男が近寄って来て、
「晩飯はどうするんだ?ターリー(定食)いるのか?」と言うので、「いくらだい?」と聞くと、
「45ルピーだ.ここまで運んでやる」と言う、「たまたま今500ルピー札しか持ってないんだよ」と俺、「大丈夫だ.おつりも一緒にもってくる」と言って男は隣の車両に消えて行った...
そして いつまでもその男が戻ってくる事は無かった...... 09/11/26(Naughty Sato)

たぶん、45ルピーちょうど持っていたら、飯は食えたかもしれないな・・・。  09/11/26(石川浩司)

我が家の実家では御節料理ってお正月に出たことが無くって、そんなわけで珍しくって自分が結婚してからは面白く珍しくて作るようになったのですが、その話を親にすると「北海道人は御節って作らないんだよ」との回答を貰ったわけです。
で、私はそれをへぇ〜〜〜!って信じていたわけですが、今日北海道出身人にその話をしたところ、
「え?!北海道なんてむしろガンガン御節作ると思うよ???」との回答。
・・・・ああ、また騙されていた・・・・。「しゃぶしゃぶなんてなんにも美味しくないんだよ」に続いて、
「御節なんて何も美味しくないしどこのおうちだってたいしてやってないんだから」ってのにだまくらかされておりました。御節、たしかにたいしてうまくもないものもあるけど、それなりに豪華だからやっぱり美味しいのは美味しいです・・・・・。 09/12/27(ことり)

お母さんの一本勝ち!  09/12/27(石川浩司)

中学生のころ、ファンクラブの入り方っていうのが音楽雑誌に載ってて、たまのファンクラブに入りたいと思ってたので、その方法を実践しました。まずは、ファンクラブ入会希望と明記し、返信用封筒を同封したものをファンクラブ宛てに送付し、資料請求するっていう内容だったので、早速、そのとおりに送りました。いつまでたっても、資料は来なくて、騙されたと思ってましたが、ちゃんと約半年後に資料は来ました。 10/5/23(ちょんぼ)

おっ?それはデビュー当時の虚言倶楽部でしょうか、たま企画室のたまファンクラブでしょうか?  10/5/23(石川浩司)

話題がずれて申し訳ないですが…。ことりさん!うちの夫も北海道出身ですが、同じように彼も親から「北海道は御節を作る文化がない」と言われて育ったそうで、私と結婚するまで御節を食べたことがなかったそうです。だから、この件は特にだましたというわけではないのかも? 10/5/29(ぴよまる)

北海道には正月がないらしいよ。(嘘)  10/5/29(石川浩司)

姪っ子は歌が好きというので妹につられて歌った時の事です。歌い終わって数秒後、1歳で喋り始めたばかりの姪っ子に絶妙な間で「・・・・・・ハイっ。」と息のみの一言でしめられました。頑張って歌ったのに、その一言が辛かったです。 10/6/18(秘密の座席)

いや、間を取るのが絶妙な人間に育つかも!
それがなんだと聞かれたら答えられないけれども!  10/6/18(石川浩司)

時間がたってしまいましたが、資料取り寄せたのは、たま企画室のファンクラブですね。案内が着いたころには、はじめて行った96年のお歳暮のたまのライブで無事に入会は済ませていましたが。いつ来るのか待ち遠しくて、毎日ワクワクして楽しかったからいいんですけどね。 10/12/6(ちょんぼ)

あーそれは当時のこちらのミスですね。すみません!  10/12/6(石川浩司)

先日、自転車で通勤中にスリップ事故を起こしてしまい、病院に行きました。そこで知ったのですが、病院にも一次・二次病院というものがあるとの事でした。
自分の行った二次病院は、自力では歩けないぐらいの怪我を負った人が行くところということで、現地の人から見れば、大げさかつ費用も高額な処置をした、とのことです。
幼少期以降、あまり病院のお世話になったこともなかったので、ついついそういった区別が分からず、いろいろと損が多いですね…。 10/12/13(Hi-)

えっ、日本ではたぶんそういうのないと思うよ。  10/12/13(石川浩司)

親にはいっぱい騙されてたなぁと思います。
ハワイ旅行は100万円する、ビデオデッキは100万円する、しゃぶしゃぶは美味しくない、刺身に乗っているのはタンポポ、等々。
タンポポだけは大人になってもずっとタンポポだと思っていました。 10/12/31(ことり)

タンポポは100万円じゃなかったんだね。
でも100万円するハワイ旅行やビデオデッキもないわけじゃないし、食べ物は人の好みだからしゃぶしゃぶがマズイと思う人もいるだろうから、満更嘘とも言い切れない。
ま、嘘だけどね(笑)。  10/12/31(石川浩司)

前の日に買ったばかりのコートを着て、自転車に乗っていたら、第一ボタンがいきなり取れてしまいました。
大手デパートで買ったのに…。値段だけで購入の是非を決めちゃダメですよね。11/2/7(Hi-)

いや、常に安いところで買っていればボタンが取れても「安かったからしょうがないか」と思えるよ! 11/2/7(石川浩司)

職場の女の子たちの飲み会に誘われたので行きました。久々に同期の子にも会えるわ〜と楽しみにして行ったのですが、移動中の電車の中で、一緒に行く人に「実は今日は合コンなんだ」と言われました。「え!?」と動揺してると「だって「合コンだ」って言ったら来ないでしょ?」と言われ、人数も確定してしまっているので渋々行くことにしたのです。合コンの内容はまた別のコーナーに投稿します。(可南)

まぁ今風お見合いだよね。いいんじゃない? 11/2/28(石川浩司)

二十歳の時に、路上でアクセサリーを売っていたお兄さんに騙されました。

なんとなく立ち止まって、世界各国のコインをペンダントにしたものを眺めていました。するとロック系のカッコ良さげなお兄さんが、その中のひとつを手に取り「このコインはブータンという国のコインでね、ブータンて国は今年中に無くなっちゃうんだよ。」と語りかけて来たのです。
「えぇーーっ!!そうなんですか!!」と、私はその十円玉そっくりなコインペンダントを、千円出して買いました。

そして年が明けました。しかし、ブータンという国は無くなる気配もありません。今でもしっかり存在しています。
しかも、十円玉そっくりなので、ペンダントにする気にもなれず、今では行方不明です。千円返してーー!! 11/6/25(ごりぽん)

ブータンは親日国だから俺もいつか行ってみたいな〜。
あ、別にかわいい豚のキャラクターが住んでいるおとぎの国ではないよ。 11/6/25(石川浩司)

食堂に行ったら、うちにも有名人が来た!っておばちゃんにびっくりされました。細長いんで、アンガールズとかいう芸人に間違われました。どこ行ってもしょっちゅう言われるし、気持ち悪さを売りにしている人たちに間違われても全く嬉しくない…。 11/9/28(ちょんぼ)

田中と山根、どっちだろ? 11/9/28(石川浩司)

↑その話を聞いてから、アンガールズがちょっと気になる存在になりました。あんまりテレビ見ないので見かけることもほとんどないのですが…。 11/9/30(可南)

田中は結構好きっす。
気持ち悪さ開き直ってるところが。 11/9/30(石川浩司)

高校生の時に、新日本プロレスを観に行きました。
試合は、『蝶○正洋』や『武藤敬○』メインのタッグマッチ。
会場の『福岡国際センター』も熱狂に包まれています。
ゴングと同時に試合がスタート!
『カァーン!』
『ブチッ・・・。』
いきなりロープが切れてしまいました。
普段なら、『ロープへ振ったー! 戻ってきた所をラリアットー!』的な流れになるのですが、何せそのロープが切れちゃってありません。
ところが、プロレスラーの悲しい性。無いはずのロープへ振られると、なんとなーく跳ね返った様に戻り、モロにラリアットを食らうのです。
終始グダグダした感じの試合運びとなりました。
当時はまだ『K-1』など存在もせず、プロレス全盛時代でした。
『騙された・・・』とまでは思いませんでしたが、『段取り(台本)があるのか・・・』と気付かされた試合でした。 11/12/10(デクノボー)

大雑把な流れはあるかもだけど、要は即興肉体ショーだよね。
プロレスは詳しくはないけど、見ると面白い。 11/12/10(石川浩司)

そういえば最近、タイのセブンイレブンに、無糖の緑茶ペットボトルが置かれるようになったのです。しかし、タイ生活も5年目に入った私は、甘い味のする加糖の緑茶ペットボトルに身体が慣れきってしまったのでしょう、無糖にあたると「騙された!」と心の中で叫んでしまいます。・・・・・・タイの気候には、適度に甘い緑茶のほうが合っているような気もします。  12/7/28(波照間エロマンガ島)

昔は日本でも「水やお茶を売る」ということ自体なかったものね。
世の中少しずつ変化していくんだろーね。 12/7/28(石川浩司)

伊豆を車で走っていたら「桃8個500円」って看板が何個もずっと出てくるので、遂に我慢ができなくなって戻りの道でひとりぽつんと路肩で桃をトラックで販売しているおじさんのところへ立ち寄るも、500円のは小さくで美味しくなくてダメだ、2000円のにしろ、とおじさんは言い張り、どんな譲歩だよって感じだが「じゃあ4個で1000円にしてあげる!これでいいね!!」と桃を見本の桃とは違う箱から取り出して袋に入れて渡してきたので、なんとなく面倒になってしまった私と夫は1000円で買って来てしまったのだけども、その桃は小さい小さい桃で全部食べ終わるまで「インチキのおじさんの桃!インチキのおじさんの桃!」っていい続けながら食べました・・・。まあ、味は甘かったですヨ・・・。 12/9/28(ことり)

小型トラックの果物売りはたいていそうだよね。 12/9/28(石川浩司)

この間買ったお米が新米じゃなかった…。よく見たら「新米」と書いてないので、不注意だった私が悪いんですが、値段も新米と変わらないし、味もおいしくないので何かだまされた気分。この時期に新米でないものが売っているとは思いもよらなかったのです。いつものお店で買えばよかった。五キロもあるのに嫌だなあ。12/12/12(ぴよまる)

この間このホームページの「物々交換」で新米15キロも頂いちゃった。
旨し〜。12/12/12(石川浩司)

プリンターのインクカートリッジですが、普段量販店で買うより、ヤフーの通販で買ったら半額だと気がつきました。
今まで通販は自宅にちゃんと届くのかが心配で、たま関連の作品以外はあまり利用してなかったのですが。 …リアルに悔しいなあ。 13/3/31(Hi-)

俺も大きなバッグとか太鼓とか、今まで遠くまで買いに行きエッチラオッチラ運んで来たのが、なんと楽なこと・・・。
基本、店で現物見て買いたいが、俺もちょっと考え方変わって来てるかも。 13/3/31(石川浩司)

私が小学生の頃。近くに初めて回転寿司のお店ができました。
物珍しいってみんなで食いに行ったわけですが、回りゆく皿を見ると、私の大好物のシュウマイが流れて来るではありませんか!
平静を装ってめちゃくちゃ昂りつつ皿をゲットし、いざ食さん、と思ったらみんなが私を見て笑っています・・・?  

シュウマイは、おもいきりサンプル(つくりもの)でした。あとからカウンター内から板前のおっちゃんにニヤニヤされながら手渡されたシュウマイは、屈辱の味でした・・・。 15/2/2(オポムチャン)

まあそれはシュウマイの形のギョウザだったけどね・・・。 15/2/2(石川浩司)

  職場で販売してるとろろ昆布。羅臼の昆布らしく、「日高・利尻の昆布とはまた違う濃厚な味わい!  サクサク食感でこんなの初めて!」みたいなうまそうなキャッチコピーが載ってたので、これは昆布が大嫌いな私にも美味しくいただけるのではッ!?  と大袋3つ3000円を購入しあったかご飯に振りかけて掻っ込んだらゲロ吐きそうになりました。私には従来の私が忌み嫌う昆布とまったく一緒に感じました、てか濃厚な分、よりキライ成分が凝縮されており、泣く泣く親類に譲りました。勝手に騙されたあほ、私。はは。 15/4/16(オポムチャン)

そらキミ、嫌いな物がより濃厚だったら最初からアカンやろ。 15/4/16(石川浩司)

近所のドラッグストアで値下げ商品の元の値段のタグに、本当の元の値段よりも高い値段がついていること。ちょっとだけダマされました。 15/4/16(Sankaku)

それは意図的で悪い店だね。ネットで匿名で晒しちゃえ〜。 15/4/16(石川浩司)

  定食屋さんで写真つきメニューに騙されることはしょっちゅうです。定食にお鉢が無料でついてくるとかいって大きな食材の写真が写っていたので注文すると、めちゃくちゃちっちゃかったりとか。  15/11/1(波照間エロマンガ島)

ハンバーガーですら、写真のようにふっくらしてることは無い。
たいていベチャッと潰れてるもんね。  15/11/1(石川浩司)

有名人のサインに子供のころから漠然とした憧れがありました。大人になり、ヤフオクにて某海外の俳優のサインを落札し、1000円を支払ってしまいました。その後、宇多田ヒカルさんがその出品者が売っているサインは偽物であるとツイッターで指摘。ヤフオクに通報しましたがアカウント凍結などの対策はしてくれず、ただただ悔しかったです。 16/7/1(猫のチップ)

俺なんて数年ごとにサイン微妙に変えてるから昔のを見せられても自筆かどうか分からない・・・。
って、俺の偽物書く人いないから安心さっ! 16/7/1(石川浩司)

高校生の頃、ペットショップで「ミニウサギ」を購入しました。
エサをよく食べ、元気に・・・きょ、巨大化しました!
どんな生物も、子どもの頃はミニサイズ・・・(成体比)。
「ミニウサギ」という種類(品種)のウサギはいないそうです 16/8/23(苦笑)。 16/8/23(デクノボー)

ま、売った時はミニだったんだから別に嘘ではないわな・・・。
今度それに股がってライブにやって来てくれ! 16/8/23(石川浩司)

一時期友人とお歳暮の贈り合いを、と言っても年末プレゼント交換みたいなもんですが、5年ほど続けていました。
こちらが5000円程度の物を贈ると、相手も同額の物を贈り返すのが決まりです。
その年はお互い景気が良かったので、出先の近くにあったM越デパートから10000円の商品を贈りました。
しかし返ってきたのは、どう見積もっても3000円程度の商品でした。
相手の携帯に電話をして聞いてみても、届いたのは間違いなく3000円のギフト商品のようです。
遠いのと送り伝票や領収書を捨ててしまっていたので、泣き寝入りするしかありませんでした。 16/12/31(テングザル)

まぁ友人同士ですることじゃないね(バッサリ) (笑)。 16/12/31(石川浩司)

プロレスが真剣勝負だと思っていたこと。 17/7/14(わいわい)

稀にカッとなって真剣になるところもあるのがまた難しい。 17/7/14(石川浩司)

7年前に買った自動清掃機能付き冷暖房機から、ここ数年風が送り出されて来なくなりました。
全面プラスチック製のカバーに覆われたデザインで、その送風口から微かに冷気が出る程度です。
買い替え時だな〜と諦め、とりあえずイスに上って冷暖房機に付いたホコリを掃除機で吸う事にしました。
すると「あれ?ここ開くんじゃね?カパッ」
初めてプラスチック製のカバーが開く事に気付き持ち上げてみると、フェルト製のマットのようになったホコリが内部フィルターに隙間なく張り付いていました。
「自動清掃機能付きやなかったんかい!」
そのホコリを全部掃除機で吸い取りカバーを閉じてスイッチを入れると、信じられないくらい冷たい風が勢いよく送り出 されて来ました。
今年の夏は、ちょっと寒いくらいです。 17/8/19(テングザル)

よく見たら自動精巣機能付きだったりして。
子供が生まれるよっ! 17/8/19(石川浩司)

北海道の音威子府駅の駅そば。いろんな旅行記で「美味い美味い」と評判。しかし実際に食べてみたところ、一度ゆでたのを湯通ししてつゆをかけるので、麺がくったりしていて、騙されました。駅そばだから時間の関係で仕方ないもののこれはないよなあ。。。
駅で観光のアンケートをしており、何の気なしに書いたら、音威子府村の名産品が当選。乾麺状態(束)の音威子府そばが届きました。それをゆでて食べてみると・・・うまい!!!! なんでこんなに違うのだ!!! そば殻から挽いてあって麺が固くて腰があって、今までの人生の中でベスト1のソバでした。 18/9/17(わいわい)

駅そばはタイミングもあったのかもしれないね。 18/9/17(石川浩司)

 
王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る