話題300 石川浩司関連のCD・DVDなど



このページは以前「年刊 石川浩司 &DVD」というタイトルでしたが2016/6/1より今回のタイトルに変更になりました。 引き続き投稿よろしくお願い致しま〜す!



「石川浩司ライブ・イン・チェンマイ」のオマケ冊子として世にでた、「年刊石川浩司」について、ご意見、ご要望、ご感想、新コーナー案など、なんでも結構です。
お話してくださいませー!よろしくお願いします。
果たして本当に次号は出るのか?!   08/11/28(桃玉)







***レス(発言は古い順に並んでます)***


話題タイトルは「年刊 石川浩司」で貰ったけど、その冊子に加えてDVDの感想も募集しま〜す。
評判が良ければ次号も出るらしいので、例えば「こんな特集、企画をやって」「こんな写真を載せて」「こんなコーナーを作って原稿募集したら?」なんてのも歓迎。
DVDも「こんな曲、セッション、コンセプト、シーンのあるDVDなら絶対買う!」「あの時のライブ、もし録画してたら是非入れてー」とかの意見なども貰えたら嬉しいなー。
少しは感想、意見が来ますよーに・・・。  08/11/28(石川浩司)

「出るらしい」って・・。気持ちは100%出したい。あ、万が一感想の投稿が来たら読まないでおこう。恥ずかしくて穴に入る。キュポキュポ。ヌチュヌチュ。 08/12/13(さっちゃん)

出してくれえええっ!ドピュッ! 08/12/13〔石川浩司〕

小樽なんじゃのセッションを再生出来るなら素晴らしいですが・・・。 08/12/13(鈴べる)

共演者のOKが取れれば是非入れたいね。 08/12/13〔石川浩司〕

今年はしょぼたま復活ライブや、北海道ツアーなど、ビッグなイベントがたくさんあったので、その時々の写真がありましたら、是非とも載せて頂きたいです〜。楽しい雰囲気が伝わってきそうで、見てみたいです。 08/12/13(たちつ亭と〜助)

しょぼたまは俺ひとりのものじゃないので難しいけど、一応念のため撮影はしている。
それが何らかの形になるかどうかはGさんのやる気にかかってるところが大きいかな。 08/12/13〔石川浩司〕

購入しましたが、まだ全部読む暇がなくて、部分的なところしか見てませんな。大谷さんをはじめとする、共演者の方々のインタビューは是非お願いしたいです。今後の参考のため、いろいろな企画も足して頂きたいですが。
次号の年刊号は是非1ページぐらいはカラーでお願いします。 09/4/3(Hi-)

カラー・・・金かかるんだよね。
ま、俺が直接作ってるわけじゃないので製作者に委ねますが。  09/4/3(石川浩司)

そろそろ、次号に投稿しようと思っている石川さんネタの大枠ができつつありますよ〜。
A4のでっかい本も同人誌っぽくていいですが、持ち歩きのコンパクトさを考えるとB5でもいいかなあと思いました。 09/5/1(蓮)

桃玉さん、そういう意見だそうでーす。  09/5/1(石川浩司)

自分もお邪魔した北海道ツアーの写真を送らせて頂きました。自分のmixiページに載せた写真の中で、マイミクの方々からそれなりに反響のあったものを選んで送ったので、出来上がりが微妙に楽しみです。
文責は自分の文章力や、秘蔵の思い出の問題もあり、また、滞在中に過ごしたのがわずか3日だけだったので、断念させていただきましたが(苦笑) 10/2/8(Hi-)

ところで果たしてこれ出るのかね?
桃玉さん、時期が分かったら教えて! 10/2/8(石川浩司)

私も、次号をすっごく楽しみにしているひとりです!!
必ず買いますし、宣伝もしますー!ぜひぜひつくってください〜♪ 10/2/19(どんぐり子)

自分のことだから言いづらいけど、出たらいいなー!  10/2/19(石川浩司)

もう2枚目のソロDVDが出るんですか…?
楽しみ…だけど、早く買わないと、限定プレスだから、すぐ売切れてしまいますよね。
海外滞在者の身だから、その間に新作が出されたら、売り切れるまでに買えるか、不安になりますね。 10/5/29(Hi-)

誰かに頼んで買っておいてもらうか、本当に買うなら一枚キープしておいてもいいよ。  10/5/29(石川浩司)

石川浩司ファンとして「年刊石川浩司&DVD」の次回作の完成はほんとに楽しみにしています。桃玉編集長殿、時間がかかってもよいので切にお願いしたいしだいであります。 11/5/3(波照間エロマンガ島)

今は編集長もいろいろプライベートが忙しいらしく、ここを見ているかも不明・・・。 11/5/3(石川浩司)

2009〜2013年のチェンマイ逃避組のハイライトシーン画像、動画は個人的に所有しているので、何か御入用な時は、すぐに取り出せるように準備しておきます。2012年の骨折療養事件や、妖艶ホリデーのオフショット集などなど・・・。「年刊 石川浩司」次回作はいつになったらできるのでしょうか。腰を長くして待ちます。 13/6/4(波照間エロマンガ島)

編集のひとりSさんも動かないとな。
現在Sさん、今さらSMAPの全裸君にハマってるからなあ・・・。なかなかこっちまで手がまわらないらしい。 13/6/4(石川浩司)

13/6/4の石川さん、そうなんです。Sさんは、2009年4月23日のSMAP某メンバーの全裸不祥事事件以来、針がマックスで振り切れたように事件の情報収集やら何やらで、完全にあっち側(狂気)の世界に行ってしまいましたからw。もうこのHPもほとんど見てないのではないかと推測されます。2009年2月のチェンマイでは、北海道ツアーの映像をどうするか、考えていたんですけどねー・・・。そういえば先日、大谷氏が「Sちゃん、2008年の北海道ツアーのDVDのほうどうなってますかー」という泣き言をつぶやいていたのを見かけました。ファンとしては、「年間石川浩司」と「ホルモン鉄道 北海道ツアー 2008」はいつか陽の目を見て欲しいところであります。 13/9/11(波照間エロマンガ島)

一応今年は1月と6月の二回ライブ等に来てくれたけど。
北海道ツアーは結構面白い映像残ってると思うのでもったいないなーとは思うな。
Sちゃん、DVDじゃなくてもいいからYouTubeでも上げてくりやー! 13/9/11(石川浩司)

・・・年刊になっというて欲しかった・・・(泣笑)。
あの冊子すっごく面白かったので。私が過去一度だけ訪れたニヒル牛で購入したのはその冊子付DVDと「石浩町住人シリーズマグネット・空港ですねる浩司くん」の2点でしたが、どちらも我が家のお宝です。
拙筆ながらも投稿者代表として寄稿する気は満々なので、いつの日か製作のお2人の気がまぐれたら(笑)立候補しようと思います。気長にお待ちしてます。 14/9/21(オポムチャン)

多分制作者たち、もういろいろ他のことで忙しくてここすら見てないと思ふ・・・。
嗚呼、時は経っていき、人は変わっていくのだなあ。 14/9/21(石川浩司)

あ、「年刊 石川浩司」に何か原稿を書いた記憶がある!付録DVDにちょこーっと出演も! 2008年というと、もう6年前ですかー。ちょっとDVDを見て往事を懐かしんでミマス。6年経っちゃったけど、「6年刊」でも「7年刊」でもいいので出してくださいー!なんでも協力します。 14/9/28(波照間エロマンガ島)

おーい、制作者ー。聞いてるかーい。こんな声もあがってるぞーっ!
「なんでも協力します」と言ってるからとりあえず制作費を100万円くらい出してもらおーぜーっ! 14/9/28(石川浩司)

歌のお兄さんが禁止されている魔法の粉に手を出したせいで、DVD「おかあさんといっしょ ファミリーコンサート やぁ!やぁ!やぁ! 森のカーニバル」が絶版になってしまいました。
NHKには番組の再放送を依頼する「お願い!編集長」というシステムがあるのですが、これまでに寄せられた熱いお願いも全てが水の泡です。
残された試聴方法はDVDのみと、一時アマゾンでは3万円超まで値が高騰していました。
実はこのコンサートの1年前から噂があり、週刊誌で報道されたりお兄さんが囲み取材を受けられたりした事もありました。
まさかハイ状態のお兄さんと・・・(苦笑)。 16/7/7(デクノボー)

こういうことで聴けなくなったり観られなくなるものってあるんだよね。
作品はまた別だと思うところもあるが確かに微妙ではあるね。
自分はともかく一緒にやっていた人たちにまで迷惑がかかるからね。
そこのところの自覚の無いアーティストって案外多いんだよなぁ・・・。 16/7/7(石川浩司)

DVDは、観客がモザイクじゃなければいいなあ。。。
あと散歩のとき、通行人や自動販売機、看板もモザイク無しで。 17/7/14(わいわい)

ライブ等で何かに使う可能性のある時は念のため事前にMCで「撮影が入るので顔映りたく無い人は隠して」とか言ってはいるけど。
あんまり規制が厳しくなっちゃうと町なんてどこも映せないよね。 17/7/14(石川浩司)

最近無差別に音楽を聴いていてふと思ったことを書きたいと思います。
まず「リアカーマン」ですが、夏というイメージがします。「軍手」や「手袋」とあるのでもしかしたら冬なのかもしれませんが、夏になると自転車で北海道一周! とか大学生がするので、なんだかリアカーで北海道一周!というイメージがあるからかもしれません。
続いて「大晦日」。これはそのものずばり冬の夕方の風景ですね。
そしてGさんの「パルテノン銀座通り」。この曲は休日の午前中を思い浮かべます。初夏かなあ。ハーモニカと銀座の歩行者天国、明るい午前の陽射し、という感じ。 17/12/4(わいわい)

「パルテノン銀座通り」は「花火が打ち上がる」という歌詞があるから完璧に夏をイメージして作られた歌だね。
というか元ネタは吉田戦車さんの漫画だからね。夏の光景だった。 17/12/4(石川浩司)

なんで「リアカーマン」に「手袋」なんだ。「リヤカーマン」に「風」と書こうとしたのに。
本当に嫌だなあ。 17/12/12(わいわい)

俺も気づいたけどまぁいいかと・・・。 17/12/12(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る