話題266 動画サイトについて



??皆さんは動画投稿サイトについてどう思いますか? 07/10/4(ヘドロフォン)



***レス(発言は古い順に並んでます)***


ビミョ〜なんだよね。俺はライブ等はプロモーションになると思ってるけど、あまり画質がいいのが出回るとそれで満足しちゃってその人の作品買わなくなっちゃうからね。なので、微妙。 07/10/4(石川浩司)

私はすっかり楽しんでしまっているので動画投稿サイトには文句言えません・・・・。自分も動画サイトで見たもので欲しくなって買ったものもあるし、ニコニコ動画でもたまの動画見た人がたまを好きになってニコニコ市場のほうでたまのCD買っていたりも見かけるのでそういうのはなんだか嬉しいのだけども、単純に観る側でないとやはりいろいろ難しいところあるのかもです。 07/10/19(ことり)

プロモーションの意味ではいいんだけどね。 07/10/19(石川浩司)

私は、素直に、楽しんでます。
懐かしい映像とか拾って、保存したり。
知らなかった曲を、勉強したり。
カラオケのレパートリーが増えました(`・ω・´) 07/10/19(りあちゃん)

今後どうなるんだろう。いろんな意見を持っている人がいるからね。 07/10/19(石川浩司)

こんにちは、リアルタイムでファンだった割にはブランクが10年以上あって、いまさらながら動画サイトに載っているクリップを毎日眺めているものです。

実はこの話題を読む前に「bootlegと言われる密録ものはやっぱり頭にきますか?」って投稿しようか、と思っていたのですが、動画サイトにもかなりそういうものが出回っているので、こちらで質問させていただこうかと思いました。

bootleg反対派は、そういう行為はもちろん違法ということもありますが、石川さんのおっしゃるように「それで満足してちゃんとしたものを買わなくなるのでは」という危惧がアーティスト側にあると予測できます。でも本当のファンだったら、ビデオなりDVDなりが発売されていたら、画質のいいものをちゃんと購入するのでは、って思うのです。

bootleg容認派は、そこのところ「だってこのコンサート・ライブ・舞台のビデオ/DVDは販売されていないし、見にいけなかったものだし」といろいろその行為を正当化しようと理屈をつけるでしょう。

私としては「ファンだったら正規のビデオ、CD,DVDが販売されていたら買うから心配なし。ファンでない人は元から買うつもりもないから売り上げに響くことはない」という気持ちです(笑)。

まあbootlegを売ったりするのは問題外ですが、石川さんはファンが録画、録音することをどうお思いか尋ねてみたくなりました。

それからここを見ている、たまのファンの方々で、例のサイトで動画をアップロードしてくださった人がいたら、心から感謝してお礼申し上げます。 07/10/19(うる)

基本的には俺もそう思うしOKなんだけど、プロモーションビデオとかならともかく、ライブを撮影したものなどは微妙だね。
というのは必ずしも本人が納得いかなかったライブが流されてたらやっぱり不快だから。
「会心のライブだ!」というならともかく「あ〜あの日は体調悪くて自分の悪いとこばかりが出ちゃったな〜」という日のライブがどこかで勝手に録られて流されることもあるわけで、それはちょっときついな。
なので基本的にはやっぱり本人に許可を取って流すべきかは決めるのが妥当かなぁ。 07/10/19(石川浩司)

ビデオ(DVD)化されていない「世にも奇妙な物語」の名作をyoutubeで発見して、すごく嬉しかったです。感動系の。泣けましたー。 07/11/17(りあちゃん)

ちゃんと法的にも問題なくテレビ局が旧作をきちんとアップしてくれるシステムが出来ればいいね。少しぐらいお金払っても見たい昔の映像は山ほどある。 07/11/17(石川浩司)

この話題については、私も石川さんの意見をお伺いしてみたいと思っていました。
私が再び「たま」のファンになったのも動画サイトで「いわしのこもりうた」を聴いて涙したからだし、その感動が強烈で「たまの最期!」買おうと速攻で決めたので、本当に好きな人は、ちゃんと正規で手に入れられるDVD等があったら買うと思います。
たまに関して言うと、手に入る映像よりも入手不可の映像の方が圧倒的に多いので私は動画サイトを活用しているし、そうでないともう2度と見ることができないかもしれないモノも多いと思うから。あくまで私の考えですが。 もちろん、今度発売されると小耳にはさんだDVDは必ず買いますよ!!
ホントに好きならちゃんとしたモノ手元に置いておかなきゃ!! 08/2/12(梅桃ひよ子)

みんなそう思って買ってくれれば問題ないんだけどね。そういう人ばかりじゃないからね。たまの他のメンバーや様々なアーティストも皆それぞれ意見があるだろうしね。
例えばたまは一応現在DVDが発売されてるからそれを買うという手はあるけど、映像ものを発売してない人や絶版になってる人達には「ただで見られ損」みたいに思う人もいるだろうしね。 08/2/12(石川浩司)

主に視聴しているのはyoutubeですが、やっぱり無料でいろいろな物を見られるのはいいですね。4たまも見る事が出来ましたし、それ以外でもCDはあるけどまだ生で見た事のないバンドや歌手の歌、日本では公開されていない映画、昔のテーマソング、カラオケで歌ってみたいけど音源がない歌探し&練習、名前は聞いたことはあるけど、一度見てみたい声優の映像…。利点を挙げたら、キリがないですね。
ただ、ネットユーザーとしては便利だけれど、タダで見られる立場の有名人にとっては、宣伝にもなるし、はたまた売り上げの減少にもなるようで、複雑な心境なのはわかりますね。見られるのを防ぐには、極論すれば、映像作品を一切活動において発表しない、テレビの出演を全て頑なに断るしか、手段がない訳ですが、メディアの露出をしなきゃ、それなりの売り上げも期待できなくなったこのご時世じゃ、微妙でしょう。もちろん、動画サイトも投稿されるのを逆手にとって、宣伝に使うというアイディアも増えているようですが。
大学時代に、文化関連の講演を聞いた事があり、そこで文化戦略担当の公務員の方が、「一度メディアに発表された著作物全てが、国内のみならず、海外でも権利侵害されていないか、100%トレース(追跡)するなんて、不可能に近い」とおっしゃってましたしね…。 10/1/19(Hi-)

微妙な問題なんだよねー。
製作者としては、例えば曲の途中までは宣伝の為無料で聴けるけどフルは勘弁とか、ダウンロードは不可的な感じが妥当かなとは思うけどね。  10/1/19(石川浩司)

おそらく動画サイトでたまの動画を見なかったらここまでガッツリはまっていなかっただろう。
そういえばニコニコ動画があまり注目されてなかった時 無修正のエロアニメが投稿されていたことを思い出した。が ものの数分で削除されてしまった。 11/9/22(ズミ天)

よくその数分で見つけたな。
・・・どんだけネットに張り付いていたんじゃ〜いっ! 11/9/22(石川浩司)

エロ動画の追記 うろ覚えですが「R-18」というキーワードでずーっと検索していた と 新着動画一覧にたまたまあったのを見た のどちらかと思います。まぁ そのときはつり動画(いわゆる映像編集で途中までエロアニメを流し濡れ場のシーンに突入する寸前に、ガチムチなレスリング映像が流れるという 悪戯動画)
だろうと思ったのであまり期待はしてなかった気がします・・・
もっとも今はエロ動画サイトなぞいっぱいあるのでオカズには困らないです。 11/9/28(ズミ天)

オカズばかりじゃなく、たまには主食も食べてね! 11/9/28(石川浩司)

子供の頃は、たまの映像なんてほとんど持ってないし、見る手段もなかったから、偶然、テレビで数秒でもたまを目にした時は、すごく嬉しかったですけど、今は見放題だからそういう感動も味わえないんだろうな。 11/9/28(ちょんぼ)

でもテレビとネットはまだちょっと違わない?
能動的に見るか受動的に見るかで。 11/9/28(石川浩司)

最近なぜかYOUTUBEの動画がたくさん削除されてるようです。プレゼントキャストとかいう会社が削除依頼を出してるみたいですね。しかしYOUTUBEがプレゼントキャストに頼んで削除依頼を出させてるという説もあるそうです。
たまの動画も結構消されてるようです。DVDとして販売されている映像を削除するのは私も良いと思うんですが、そうじゃない映像を削除されるのは困りますよね。気に入ってる動画をいきなり消されると腹も立ちますし。私はたまの曲でかなしいずぼんが1番好きで、あれを歌ってるとこを映像で見るのはYOUTUBEでしか出来ないので、その映像を消されると困ります。みなさんが気に入ってる動画も削除されないといいですね。 11/12/10(みー)

これは『新しい話題 YOUTUBEの動画が大量に削除されている』として頂きましたが、こちらに統一させてもらいます。
まー権利関係とか難しいんだよね。
放置のところもあれば厳しいところもある。
それを削除依頼を出しているのがレコード会社や事務所ということがほとんどだろうけど、ミュージシャン本人かもしれない。
例えば権利云々じゃなくても、自分が納得いかない演奏だったりしたらそれを勝手にアップされたら嫌なものだしね。
一番いいのはちゃんと権利関係者に許諾を得た上で例えばプロなら有料で配信出来るシステムがあればね。
観られるごとにミュージシャンにも収益があがれば、逆にかなり積極的に出す人もいると思うんだけどね。 11/12/10(石川浩司)

権利者が法的に守られるべき権利を侵害され違法にアップロードされている動画なわけですから、権利者が削除を依頼するのは当然であり、それを「その映像を消されると困る」という言い方をするのは筋違いだと思います。もし仮にそれらを違法と知りつつも観るのだったら自分ひとりでこそこそ一人で楽しめばいいのであって、こういう場所で他人に同意を求めるのはいかがなものかとわたしは思います。 11/12/24(波照間エロマンガ島)

そうなんだよね。
バンドのように権利者が複数の場合は個人によって意見が違うと難しいけどね。
プロモーションとみるか権利の侵害とみるか。 11/12/24(石川浩司)

海外滞在中の身であるが故に、日本の番組が恋しくなったり、仕事で必要になった時などに、結構動画サイトを利用してます。
ただ、まだ放送が終わってない番組の映像は、Yotubeではすぐ削除されてしまうみたいですね。
そのせいか、最近は近頃の番組・過去の番組を問わず、中国の某動画サイトにアクセスすることも増えました。
当然、画像が悪かったり、下に中国語の字幕が付いて見にくくなったり、若干音声と映像がズレることもありますけど、見られるに越したことはないので、重宝してます。
ちなみに、日本語を勉強している中国人の友達に「日本語の勉強に役立ってる?」と聞いたところ、「下に字幕があったら、そっちに見入ってしまう」との答えが返ってきました。 11/12/24(Hi-)

海外の人は便利だろうなぁ。
いずれにしても広告を入れて収入を得るか、課金制にして収入を得るかを確立させて著作権者にバックの制度を早急に作らないといけないと思いまーす。 11/12/24(石川浩司)

Youtubeやニコ動などの動画・音声のダウンロードソフト?「Craving Explorer」は、まだパソコンに詳しい人にしか知られていないようです。大谷氏や滝本晃司さんのライブ音源を聴けるなんてある種宝の山ですが、やはり最近の著作権法の厳しさから、ダウンロード前に必ず確認項目が現れます。
僕の様にある意味力づくで良識を覚えて問題を遠ざけている人間はともかく、本当に一長一短だと思います。Youtubeを知ったときは良くも悪くもショックだったし時代の変わり目だったのでしょう。そんな中で僕が心がけている事は、好きなものへの敬意を忘れず意欲やときめきを枯らさない事。そして本当に有意義だと思ったものにはきちんと対価を払って観賞する、Youtubeで石川さんをある程度観たらライブやDVDを買う姿勢を持つ事。それさえできればとても意味のある物に変わると思うのです。

そのダウンロードした、たまの音源をニヒル牛2でかけさせてもらっちゃたけどこれってマズいかな・・・。いやいや、たまゆかりの地でたまを聴いて何が悪い!!!と、とりあえず大見得を切っておきます(笑)。 14/2/10(Sankaku)

そのソフトは知らないけど音源は微妙だね。
例えば演奏を失敗した、本人達が納得しないライブ音源を隠し録りされてそのバンドの価値を下げることもあるからね。 14/2/10(石川浩司)

Youtubeが世の中に誕生してまだ10年〔2005年4月に最初の動画がアップロードされた〕しか経ってないという事実に改めて驚かされてしまいます。インターネットでYoutubeをクリックして動画を見ることは、多くの人にとってもはや当たり前の習慣になっているからです。10年以上前、ブログやらホームページやらを作っていたときは、映像ファイルは自分のもっているサーバーにフォルダーを作って、そこにアップロードして公開していました。その映像は、ごくごく少数の人にしか見てもらえないものばかりでしたが、現在は世界中の人から閲覧され、「ユーチューバー」とかいう、それで収入を得ている方もいるんですってね。ほんと、インターネット時代、どういうもの が流行るのかわかりません。
また、動画サイトではありませんが、グーグルが出てきたのも、2002〜3年からで、それまではまったく知られていなかったというのも今となっては信じられないです。今、会社の広報関係の仕事をしていて、自社のサイトを検索エンジンの上位にあげるための「SEO」という分野について勉強しているのですが、グーグルのサイト評価がそのまま、同一検索キーワードでのページの位置を決めてしまうということで、いかにグーグルに評価されるサイトを作るか、腐心しているんです。
インターネット空間上で今後何か大きなイノベーションみたいなものが発明されるような予感はあります。 15/6/19(波照間エロマンガ島)

独占禁止法みたいなのにはあたらないのかね?
日本だけじゃないから法律も難しいよね。 15/6/19(石川浩司)

音楽を著作者の都合を無視して勝手に流すのはいただけませんが、最近はもっぱら子供時代にクリアーできなかった難関ファミコンソフトのクリアー動画をいろいろ視ています。たいていのゲームのプレイ動画は上がっているので、あの頃悔し涙を流した鬼のような難易度のゲーム達を全国の猛者がすいすいクリアーしていく様は壮観で楽しいです(笑)。たまに完全にデータいじってるやつもありますがまぁそれもご愛嬌。 16/11/7(オポムチャン)

あー、俺も観たことある。スッキリするよねー。
同時に出来なかった自分に忸怩ともする。 16/11/7(石川浩司)

昔の見られないVTRが見られてとても好きです。
何度も同じ場面を繰り返し見られる。
もはやうちではテレビにビデオやDVDプレイヤーは付いていません。 17/5/16(わいわい)

俺も好きだし実際活用もしているのだけれど、自分たちが販売しているものまで勝手に無料であげられてると営業妨害なので複雑な気持ちすな・・・。 17/5/16(石川浩司)

最近視て面白かったのが、パソコンか何かでドラクエのリメイクを〈たぶん、いやほぼ確実に〉許諾もなしに作っちゃって、グラフィックも設定もそのまんまでリアルに再現したうえでストーリーを無茶苦茶下衆なものにしている、という動画でした。完全に本家に対する冒涜ですがそれにしてはストーリーやセリフ回しが原作に忠実かつオリジナルで上手いし、ちゃぁんと元のゲームのお話との整合性はとれているし、冒涜は冒涜でもむしろ作品に対する強い愛情がないと作れないような作品でなんだか感心してしまいました。でも原作に携わった方々は悲しいだろうなぁ・・・ 複雑な気分です。これを面白がって視ている私も同罪ですね。 18/3/17(オポムチャン)

俺も見たい・・・。同罪。 18/3/17(石川浩司)

私も好きですよ。具体的にはドラクエだけですけど「マダイ」「ありえん」「焚火ニート」「勇者の代わりに…」などです。こういうゲームを作る技術がある人が凄い・・・。 18/3/27(わいわい)

世に出てない天才はいくらでもいるもんね。 18/3/27(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る