話題242 年齢 (2)


他のトピックにも書いてますが、僕は大の軽自動車好き。でも現実は電車派(公共交通利用派)で車は自身の金では買わない。そんな僕が、患者を診てて最近感じた事。
今年40歳男が、茨城県筑西市から栃木県に仕事で立ち寄ってそのまま京都に戻ってきました。単独運転の車は軽四。 今年61歳男が、京都から群馬県みどり市まで1800のハイブリッド車を往復単独運転。
二人ともかなり疲れていましたが、軽四で走ってきた男にはその自覚殆どなし。
ある程度の年齢になってどうしても長距離運転をしなければならない人は、それなりの大きさの車は必要だと思います。
診療していてわかるこの感覚! 18/3/17(西大路)

ああ、やっぱり疲れ具合が違うんだね。
今度はタンクローリーで行くことを勧めてあげて。 18/3/17(石川浩司)

栄養ドリンクが大量に入ったタンクローリーで(笑) 18/3/27(西大路)

生ビールでも? 18/3/27(石川浩司)

タンクローリーに生ビールを入れて行った時は、目的地についてから飲むように(笑) 18/4/3(西大路)

車自体が酔っ払ってフニャフニャになって走ってたりして。 18/4/3(石川浩司)

高校野球中継の中でキャプテンやピッチャーのご両親が時々出てこられますが、俺と同世代の人やと思う回数が増えてきました。考えたら、42歳で高校3年の息子が居るのは普通ですもんねえ! 18/4/12(西大路)

俺なんてそろそろ孫が・・・という同級生が出て来そう。 18/4/12(石川浩司)

野菜のナスを自然と食べれるようになりました。
父親がナスが嫌いで子供のころからあまり積極的に食べた記憶がありません。
「秋ナスは嫁に食わすな」という諺がありますが、おいしいのがよくわかります。
「ぎょうざの満州」でも自然となす料理をたのんでました。今は麻婆茄子を食べてみたいです。 18/9/17(Sankaku)

麻婆茄子おいしいよー。密かに好きな食べ物ベスト20くらいには入る。 18/9/17(石川浩司)

話題372の所にも書きましたが、先日2年ぶりにホルモン鉄道ライブを観て、としとったなあと感じました。勿論良い意味で! 18/10/7(西大路)

やる方も聞く方も同じだけ年取っていきますからなー。自然の摂理。 18/10/7(石川浩司)

波照間エロマンガ島です。56歳のわたしですが、最近次々と疾患が発見され、いやおうなく「死」を見つめてしまってます。なんか笑ってそれらを迎え入れたいのですが、あちこち痛かったり疼いたりヒリヒリしたり悶絶したりで、笑う余裕もなさそうな気配です。それらもろもろ笑い飛ばして「ドキドキドキリコ初体験」に投稿できるくらい客体化できればもうけものなのですがね…。老いも含め、病とは少しずつそうやって意識も蝕んでいくものなのかと思ってみたりも。 19/3/12(波照間エロマンガ島)

俺もいつそうなるか。笑いたいけどその余裕もない状態っていうのはあるからね。
誰にでも老いはあると意識では分かっているとはいえ、現実として直面するとまた違うからね。 19/3/12(石川浩司)

私はビジネスマンとかではないのですが、この年になって書類を頻繁に持ち歩くようになりました。

2017年の8月に、毎月やっている金銭の計画表を書くのをさぼり、よりによって一番大きな金額の通販を忘れてしまいました。
通い先の所長さんからお金を借りる羽目になってなってしまいましたが、それからより慎重に毎月計画表を書くようになりました。

石川さんのホームページの投稿内容をメモしたノートもあるので、書類を入れたリュックを持ち歩いています。 19/7/30(Sankaku)

俺も突然外でアイデアとか思いつくと手帳に書き込み、その後パソコンに書き写してる〜。 19/7/30(石川浩司)

野菜が好きになりました。
サラダももちろんおいしいけれど、キュウリや大根などの漬物が好きです。
漬物は乳酸菌が豊富らしくヨーグルトよりもいいと言います。
中華料理のレバ野菜炒めなどが大好きです。

私に限らず、特に女性は年を重ねると体にいいものを自然と察知出来る感覚が育つようです。 19/11/2(Sankaku)

俺も若い頃に比べると断然野菜がおいしく、好きになった。
年齢的に求めていくのかもしれないね。 19/11/2(石川浩司)

私、Sankakuも2019年8月で齢35歳になりましたが、この年になると自分の人生の在り方というものが徐々にのしかかってくるような気がします。

若い時分は、例えば好きな音楽や歌手などを、凄いよねスゴいよね、と聞いてくれる人に持ち掛けるのは楽しかったけれど、最近になってそういうことを慎むようになりました。

「俺はビートルズを知っているんだ。ジミ・ヘンドリックスを聴いたことがあるんだ!レッド・ツェッペリンの凄さが分かるんだ‼」

そんな有名人や他人の凄いところ、そして知識量を使って自分の格を示してくる輩は一山いくらでいくらでもいるようです。
しかし、彼ら自身が人生において何を成し遂げてこられたのか、実に疑問が浮かぶところです。
自分の人生の充実を成し遂げてこそ、初めてそれらにも息吹きが与えられるものだと思います。

「顧みて 恥じることなき足跡を 山に残したろうか」
「ふと想う 悔いひとつなく悦びの 山を築けたろうか」

私が知っていることで自慢したいのは、上記の歌詞だけで十分です。 19/12/31(Sankaku)

何かひとつくらいは「(ほぼ)誰にも負けないもの」を持ってるといいよね。
それはどんなくだらないことでも構わないから。 19/12/31(石川浩司)

20歳そこそこの同僚と話していたところ、「ヤンマーって何の会社ですか?」と訊かれて思わず「えぇっ!?」と叫んでしまいました。
しかし調べてみたら近畿地方でヤン坊マー坊天気予報の放送が終了したのは2001年、彼女が物心つく前です〈ちなみに、私の住んでいた北海道では2013年まで放送されていました〉。
あの天気予報がなきゃ農作業機械メーカーの名前なんてそりゃ知らないよなぁ…と大袈裟に驚いてしまったことを反省するとともに、大いなるジェネレーションギャップに動揺しました。 20/3/8(ANA)

えっ、もうやってないの!? 20/3/8(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る