話題220 仕事



ずばり、聞きますっ!みなさんは”仕事”とゆーものをどう考えてらっしゃいますか?!
ある日、僕よりちょい年の若い知り合い達と飲んでました。
その時に”仕事とは?”
とゆー話になりました。
その時、皆が”生活のため”、”金のため”、みたいな答えが相次ぎました。
あまりに皆が冷めてるとゆーか、若いのに、年食った親父みたいな事言うもんだから
僕はたまらず、”どこかに楽しみがあるものでない?!”
と返しました。
”楽しみ”とゆーのはちょい語弊があります。
もちろん”苦しみ”もあります。
あるプロジェクトがあるとします。それをやる時、用意された予算、締め切り、その中で”現実”とゆー物と戦いながら、葛藤しながら、自分の中で計算して、そのプロジェクトを遂行していく。
その中で100%を目指しベストを尽くす。そこでそのプロジェクトが成功した時のある意味の”達成感”は最高の”楽しみ”です。
そこで成し得なかったモノ、納得できなかったモノも生まれてきます。その時、しばらく”あの時、ああしておけば良かった...”なんて”後悔”に悩んだりもします。けど、そのプロジェクトは出来上がった後、成功はしたんだし、圧倒的な指示も得れたのだから、その”後悔”は自分への”課題”として、また次の仕事に続ける。次の仕事で更なる上質なモノを作れる事を目指す。その心構え。
その繰り返しだと思うんです。
会社の人間関係の中で”こいつは信頼できる。”
”こいつならまかせられる。”
そういった信用を持たれる。これもある意味、僕の中では”快感”であり”楽しみ”です。
”自己実現”な部分もある気がするんです。
もちろん、あらゆる意味で自分の才能や、技術力の無さなんかにめちゃめちゃ自信がなくなる時だってあります。
そりゃ、給料や、生活は大事です。
けど、お金や、生活のためだけだったら、なんか悲しくないですか?なんか未来に続くビジョンとかってあったりした方が楽しくないですか?
そういった意味の事を話したのだけど....そいつらには理解されず、
”もっと、現実見ましょうよ。”
”大人になってください。”
というような意味合いの事まで言われてしまいました(泣)。
けど、当時、そんな事いった奴らは無職だったり、バイトを転々としてるフリーターだったりしました。
”こいつらとは二度と酒など飲むか!!”
とそれきり完全に連絡をとってません。
皆さん、どうお考えか知りたいですっ!☆ 06/8/31(TOM)


***レス(発言は古い順に並んでます)***


えー、人それぞれだと思うね。仕事を自分の生き甲斐としている人もいるし、逆に自分のしたいことは他にあって、単に収入の手段としか考えない人もいる。みんながみんな前者になれるわけじゃないからね。例えばプロを目指しているミュージシャンが本当はそれで生活出来ればいいんだけどそれでは収入がないので例えば郵便の仕分けの仕事をしていたとして、そこに「プロジェクトの完成を目指せ!」と言われても「そもそもプロジェクトじゃないし・・・」とやっぱり困るのかもしれない。なので仕事をどう考えるかは個人個人の勝手だと思うんだけどねー。06/8/31(石川浩司)

アルバイターですが、あたしにとっては、仕事はやっぱり「お金のため」でしかなぁーーーいっ。 でも、そのなかに楽しみを見つけてやり遂げた時は、達成感があって嬉しくなりますね(^^*   06/9/19(りあ)

現在病気で働けません。
働けるようになったら、どんな仕事でも誠意を尽くしたい。「プロジェクトの達成」云々も大切ですが、与えられた仕事、たとえばお掃除や後片付けなんかの小さな仕事もきちんと出来るよう、心掛けたいと思っています。
「仕事」は私と社会を結ぶリンクのようなもので、今それをぶっちぎられて、とてもつらい、早く働きたい。 06/9/27(鈴)

流石、石川さん!冷静ですね!冷静な分析だ!
そうですね!人それぞれの考え、要はバックボーンってのがある。
”はっ!”とさせられました。
彼らには彼らなりの考え。僕は僕なりの考え。
互いに認め合う事ですね。
いや〜。やっぱ、石川浩司。
我の中で『漢』と書いて『おとこ』と呼ぶ人だ!
COOL!☆
恐れ入りましたm(_ _)m  06/9/27(TOM)

いや・・・ぶっちゃけそんなにたいした意見ではないです(笑)。 06/9/27(石川浩司)

↑なんだかすごい勢いでTOMさんに尊敬されてますね〜(笑)
私は会社に勤めていますが、とってもヒマなお仕事です。
自分はのんびりした性格なので毎日ホヨヨ〜っと過ごせるのは良いことですが、本当にこのままでいいのかな?とも考えてしまいます。
(でもすぐに忘れてまたホヨヨ〜っと過ごしてしまうのでした・・・) 06/11/14(ねこじん)

仕事が生き甲斐とまではいいませんが、お客さんと話したりしていると、なんだか安らぐ気分にはなれます。
だからあたしの場合は仕事が癒しなのかも。
もちろん大変なときもありますけどね。忙しくて死にそうなときとか。  06/12/24(入)

俺もバナナで太鼓叩いている時など「こんなことやってお金もらっていいんかいな〜♪」ということもあるけど、精神的な葛藤できっついことも時にはある。どんな仕事でもたいてい良い面も悪い面もあるよにゃー。  06/12/24(石川浩司)

仕事はしんどいものですね。やりたいことをやれてるだけでも幸せだとは思いますが。自分はホントに社会の役に立ってるのかなあと立ち止まって考えることが多いです。  06/12/24 (わにこ)

「社会の役にたつ」の「社会」がそもそも曖昧だから、あまり考えすぎない方がいいかも。小さな下請けの鉄工場で汗水たらして一所懸命働いて作っているネジが、実は本人達も知らずにどこかの国の罪もない人々を殺傷する兵器の部品かもしれない。逆に人の命を助ける医療器具の部品かもしれない。でもネジは、ネジだ。  06/12/24(石川浩司)

私の本業はファンなので、好きなことを仕事にできなくとも、安定した収入と自由な時間が欲しいです。
この二つを両立することが難しいのは百も承知なんですけれどね・・・。07/11/28(桃玉)

どっかに「安定した収入」を出してくれる機械ないかなぁ。07/11/28(石川浩司)

完全に仕事は収入のため、そして収入は遊ぶため、ですね。今のところは。
なので定時でさっさと帰るし、無駄な労力は極力使いたくない。
別に努力もしたくないし、真剣にも取り組んでいない。
ただ、100%大嫌いな仕事か?と言われるとそうでもないので恵まれてるのかもしれない。  08/3/10(さっちゃん)

そうやって割り切って仕事をしてる人と、天職だと思って仕事してる人の間には若干溝があるだろうね。
どっちも別に間違ってない。 08/3/10(石川浩司)

ずばり「生活破綻しないため」に働いている以外の何物でもないのですが、最近はやっとやりたかった仕事をしているので、「それがしたいから仕事をしている」といった感じになっています。
そういう面も仕事であるんだなってのは初めての経験だったので人生まだまだ「こうだ!」なんて物事について決め付けられないなぁって思いました。 08/4/22(ことり)

俺もたまがデビューする28までは完全に生活の為にバイトしてたなあ。
小心者なので、一銭もお金がないとか、借金生活とか、かえって精神的にプレッシャーになって何も出来なくなってしまう性格なので、常に最低限(本当に最低限だが)のお金はキープしてたな。 08/4/22(石川浩司)

結論から申し上げますと、私もやはり「生活の糧」以上の何物でもないと思っています。
と、言いますのも話題132と少しかぶりますが、私が大学を卒業したときに丁度就職氷河期のピークにかかり、よほど運のいい人かよほどマジメに将来ビジョンを見据えてきた人でない限り、自分の希望の仕事に一発で就ける人はそう多くありませんでした。今までに受けた会社は数十社、ひょっとすると50に近いかも知れません。そんな状況であると、もうえり好んでる余裕なんてないのです。
また、職場というのは究極の利害関係のカタマリであるからして、蓋を開けるまではその環境がいいかどうか、条件がきちんと合っているかどうかもわかりません。ここだ、と思って入ってみても、全然違う現実に打ちのめされてる人も少なくありませんし、私も経験した事があります。
やりがいがある、条件がいい、環境がいい、すべてにおいて恵まれてる人はこのご時世、そう多くありません。もちろん人生一回こっきりですから理想を追い求める事も大事ですが、現実と折り合いをつけることも、自分の生活やモチベーションを長期間持続させるためには必要なことです。
本当は、絵を描いたり手芸をしたり創作する事が好きなので、日がな一日そればっかりをやっていたいのが本音ですが、それでは生活が成り立ちませんので、結局一番やりたい事を一番後回しにしてしまってるのが現状です。それでストレスためてしまってるので、本末転倒もいいところだという自覚はあるし、その気持ちが仕事にも出てしまって最近悪循環で苦悶してます。
・・・あ、これは「お悩み相談室」で相談すればよかったかな?? 08/6/4(梅桃ひよ子)

特に人間関係は重要だよね。ひとり嫌な上司がいるだけで、仕事内容は気に入っていても毎日鬱々と通勤しなければならないことってあるからね。そいでそういうことは就職してからじゃないと分からないからね。
「私の上司に当たる人の人柄や性格を教えてくださ〜い。嫌な人なら入社やめま〜す。キャピピッ!」などと聞いたら、絶対受からないだろうしな・・・。 08/6/4(石川浩司)

私は職を転々としています。社員、派遣、バイト、とやってみましたが、あまり積極的に勤めたいとは思いません。
怠けたいわけではないのです、でも組織に入った途端、自分の意思とは関係ないことでもしなければならない、というのがどうも苦手なのです。

自由な生活がしたくて、しばらくバイトで生活していましたが、収入が少なすぎて結局時間はあっても何も出来ないという状態になってしまいました。やはり時間があるだけではダメ。お金は必要なのです。

現状、転勤も無く、仕事とプライベートをある程度分けられる派遣社員が自分には合っているようです。

でも常に他にも収入確保出来る方法が無いか、考えています。自分の好きなことで収入が確保出来ればそれが一番だと思います。派遣をずっと続けるつもりはありません。

人によっては、その好きなことが大きな企業で大きな仕事を任せられること、だったりするのかもしれません。  08/6/12(ゆうこ)

そうなんだよね。そういう趣向の人もいるから、サラリーマンが全部自分の生き方を曲げてる、ということでもないんだよね。 08/6/12(石川浩司)

ちっちゃな会社ですけど、仕事は学生時代に学んできたことの延長みたいな感じです。いままでやってきたことが仕事で活かせるのは嬉しいです。けど学生時代のほうがお金をもらってないのにがむしゃらに頑張ってた気がします。今はお金をもらってますが不満が山ほどありますね。まあ割り切って楽しいと言い聞かせながら仕事してます。 10/2/28(ちょんぼ)

まぁ長く続けるにはそのくらいがちょうどいいかもしれないしね。
がむしゃらを続けてるとカロー死しちゃうよん!  10/2/28(石川浩司)

社会人3年目ですが、いろんな友達の話を聞くと「辞めた」とか「辛くて泣きながら上司に電話した」とか「憂鬱で食欲なくなった」とか皆苦労しているようです。私は、といえば性格のせいか特にスランプもなく、こんなふうに毎日通ってるだけでお金が貰えるなんて〜♪ららら〜♪って思ってます。 10/12/2(可南)

俺なんて歌って踊るだけで金もらえるんだぜえ〜。
しかもメチャクチャな歌と踊りと来ている。
みんな俺になると楽だぜ〜!  10/12/2(石川浩司)

仕事は好きです。クレーム対応も結構好き。
できなかった仕事をこなせるようになるのが楽しいし成長を感じます。中間職やめて自営をはじめたのも仕事が嫌だからとかではなくて一年同じ事を繰り返すのが見えて成長が止まるのが分かったからです。ですので苛酷な労働を好みます。Mというやつですかね…。私はお金の為では無いです。だって前職より今のほうが貧乏です二分のいち。お金は結果。だから結果を出すためにガムバル。少しお金が増えたらまた新しい事をしたい。とにかく仕事がうまく決まった後のビールは最高ですので上手い一杯のためにも楽しく頑張ります。 10/12/10(金やん)

そうそう。良いこと言うな!
つまりお金じゃないところにも幸福はあるのだよね。それを何に感じるかは人それぞれだけど。
俺もライブやってて誉められた時に「この仕事、最高っ!」と思うな  10/12/10(石川浩司)

歌って踊って、もいいですけど、石川さんのお仕事の場合、代役がたてられないですからね。そこがスリルがあって面白いともいえそうですが。 10/12/13(可南)

俺のやっていることなんて、誰でも出来るようなことばかりだけど、ただ、やる人がどこにもいない(笑)。  10/12/13(石川浩司)

仕事といえば、やっぱり「収入源」であることが第一ですが、同時に「生き甲斐」みたいなものも見出せる場なんじゃないかな、と、働く身分になって、考え始めています。
学生だった頃、就活をしたのですが、やりたい事がはっきりしていなかった事もあり、内定は1つしかもらえませんでした。
「平凡なサラリーマンになって、最低限、食べていければいいや~」と、思っていたのですが、その最低限の仕事すら、させてもらえないというのは痛かったです…。
正社員を目指すんだったら、どんな仕事であれ、目標意識がないと、働くことすら許されないのか、というのが正直な感想でしたね。もちろん、アルバイトや派遣社員、また、とにかく誰でもいいから、働く人がほしいという職場だったら、話は別でしょうけど。

自分の場合、紆余曲折あって、家族の中で一番給料は低いですが、生き甲斐と思える仕事を始めることができたので、まあいいかな、と思っています。
ただ、一生涯続けられるかが心配であり、また海外就職だったので、日本での常識が通用しない時がしょっちゅうあるのがネックなのですが…。 10/12/25(Hi-)

日本での常識なんて日本でしか通用しないからね。
人口を基準にすれば世界60億以上の人間の60分の1にしか通用しないんだから、あんまり気にすることない。
郷に入ればなんとやらでがんばってくらしゃい!  10/12/25(石川浩司)

初投稿です。お願いします。
仕事に対するモチベーションが高まらないのです。
モチベーションの高め方ってありますか?
殿方が怒号の声を荒げるときの心理も参考までにお話ください。  11/6/10(ぺぎちゅ)

俺は普段はそうは思ってないけど、ステージの時だけは自分を騙す。
「おまえ、プロだろ。金もらってるんだろ。」と。
そう唱えて鼓舞する。
それ以外の時はプロ意識なんて全然ないんだけどね。
そうやって自分騙しでもしないと本当にグダグダになっちゃうから。

怒号はあんまり聞いたことないから分からないなぁ。
女性もヒステリックになってる時あるよね。怖い。とりあえず触らぬ神に祟りなし。 11/6/10(石川浩司)

他人のために自分を犠牲にして・・・なんて思っていたら、仕事なんて長続きはしません。
ドラマ『ショムニ』を見てから、ガラッと考え方が変わってしまいました。
まず、自分の大好きなことを思い浮かべます。例えば、『石川浩司さんのライブに行きたい』など。
でも、ライブに行くにはお金が掛かる。→お金を手にするためには働いて収入を得る必要がある。→収入を得るために会社で働く。→不況の世の中、再就職は難しいので今の職場で一生懸命(に見えるよう)に働く。結果、石川浩司さんのライブに行くために働く。別に、他人や会社のために働く必要はありません。全て自分の欲望のためです。
よく怒号を上げて権勢をアピールする人がいますが、つまりのところ怒鳴る以外の方法を知らないお馬鹿さんなんです。
自分の処理・対応できる許容範囲を超えた事案が発生すると、どうしていいのか分からなくなってワァーッとなってしまいます。とっても可哀想なお馬鹿さんなんです。哀れみの心で見てあげましょう。『フッ。またコイツ怒鳴ってるよ。学習しろっつーの。はいはい』と心の中で願ってあげましょう・・・。 11/6/18(デクノボー)

そうそう顔はきょとんと、心で笑って。 11/6/18(石川浩司)

仕事でいろいろな担当や係に任命されますが、給料が増えるわけでもないので損した気分ですね。最近は「節電担当者」というへんてこな係に任命されました。 11/6/30(可南)

スイッチをこまめにオンオフする係かな?
それぞれが自主的にやることじゃないんだー。 11/6/30(石川浩司)

10/12/10の金やんや10/12/25のHi-さんのコメントにとてもインスパイアされました。実際自分の行動や体験を通じて出てきたコメントですから、言葉の重みが違いますね。実は先日、タイ駐在の某機械メーカーの技術部門の責任者の方とお話する機会があったのですが、大企業間の熾烈な競争で厳しい要求が続く中、何のために仕事をやっているかというと、究極的にはお客様のためにではなく、自分の「生き甲斐」や「成長」を確認したい、つまるところ自分のために仕事をしている、と言っていたのが印象的でした。やっぱり、自分の現在までの歩みを自分で承認できなかったら仕事は続かないのではないでしょうかね。そんなことを感じます。 13/9/11(波照間エロマンガ島)

そうだろうねー。一回こっきりの人生、内容は同じことでも自分の為と思えることをやらないと時間がもったいないお化け出る〜。 13/9/11(石川浩司)

  2ヶ月くらい前から人手不足のため今までやっていたWEBサイトメンテナンスと広報の仕事に加え、電話の苦情処理の仕事も兼任でやるようになり、毎日キャパシティー限界近くまで脳は演算処理を強いられています。というのも、電話の相手は日本人だけでなくタイ人や西洋人もいるので、日本語、タイ語、英語を話さなくてはならないからです。苦情を社内のタイ人スタッフに伝えることもしなければならず、この2ヶ月間くらいで飛躍的に語学能力が向上しました。でも人間ってそういう異常状態も日常になればなんとかできるようになるんですね。ほんと、不思議であります。 13/12/27(波照間エロマンガ島@バンコク)

必要があれば上達するんだろーね。
タイに10年も通ってても日本人の友達とキャハハハ遊んでばかりなのでタイ語はおろか英語も全くうまくならず。 13/12/27(石川浩司)

仕事・・・今本当にそれで悩んでいます。
今までやりがいのあった仕事が、ちょっとしたいざこざがあって、すっかりやりがいをなくしてしまいました。
「収入源」と割り切って働く人は、仮に人間関係が悪かろうが、やりがいがなかろうが、とにかく稼ぐためと頑張れる強さがあると思うのですが、私のように、「誰かの役に立つため」と思って働いている人間には、人間関係の良さややりがいの有無で、モチベーションが左右され、やる気に大きく影響してきます。
仕事に対する思いは、個人で違うと思います。
収入が少なくとも、自分の働きが誰かの役に立ち、「あなたがいてくれて助かる、よかった」と言ってくれたら、私はそれを仕事だと意欲的にすることが出来るんですが・・・
結局私は、他者からの評価ばかりを気にしたり、求めてしまっているのかな。 14/5/3(ハーブティー)

んー、それは難しいね。
「誰かの役に立つため」より「人の喜ぶ顔を見るのが嬉しい自分の為」と考えをチェンジすると楽になるかも。
まあ性格にもよるんでなかなか簡単にはいかないかもしれないけど・・・。
一度やってみて。 14/5/3(石川浩司)

06/12/24 の石川さんへ。今、思い出しました。
>小さな下請けの鉄工場で汗水たらして一所懸命働いて作っているネジが、実は本人達も知らずにどこかの国の罪もない人々を殺傷する兵器の部品かもしれない。
私が最初に就職した会社はプラスチック金型を作る会社だったのですが、ある時製品図の図面を見ると、「レーダー」と書いてあり、もしかしてこれは兵器なのではないか?俺は人を殺傷する兵器の部品を作っているんじゃないか?って悩んだものです。悩んだあげく、上司に相談すると、一言「これは玩具だよ。兵器の金型なんかこの会社で作るわけないじゃないか」と一笑に付されました。まぁ、そんなものですよね。でも、そのとき以来、自分の関わる仕事がどういう形で世の中と接点をもつのかについては、深く考えるようになりましたです。 14/8/22(波照間エロマンガ島)

でも例えば兵器に使う一本のネジとかだったら分かりようもないよね。
自分でも知らないうちに手を染めてるかも。
さらに直接の物理的な物じゃなく政治的なものだったりだったらどこまで関与してるか知る術もないしね。 14/8/22(石川浩司)

最近口惜しく思うのは、人間のいちばんの働き盛りとされる30代後半から40代前半にいい仕事ができなかったことへの後悔です。当時の私は自分の能力よりもはるかに下に見積もった仕事しかせず、余った時間にエネルギーをすべて使って趣味や快楽に打ち込んでいたんです。複数の仕事を持ち、大家として家賃収入もあり、収入はけっこうありましたが、まったく満たされてませんでした。海外旅行もたくさん行きましたが、これじゃない、という想いがどこかでありました。自分が選択した人生なので、それは自分の責任というしかないのですが、それにしても何をしていたのだろう、という思いがあります。身体に無理が利かなくなった51歳の今ごろになってそんなことに気がついたわけで、現状ワーカホリックのように働いているのは、神様が試練を与えているのかもしれないな、なんて。「もっと仕事しろ、もっと仕事しろ」と、たくさんの仕事を50代のおっさんにまわしてきます。まさに無茶ブリ也。でも、そんな試練を楽しんでいる自分がいることも確かで、それは楽天的なマゾキストだからかなー。まぁ、こんな感じでバンコクにいますよん。 14/8/25(波照間エロマンガ島、もうすぐ52歳)

ヤベー。俺ずっと遊んだりあとゴロゴロしたりしてる。
ジジイになってからツケがまわってくるのかな。
俺、楽が大好きなんだよー。いつでもサボっていたいんだよぉぉぉぉぉーっ。 14/8/25(石川浩司)

研修会に入って初めて師匠に言われた事。
「この仕事は相手が喜んでくれる上、本来ならお金をもらう方が頭を下げるのに、お金を渡す方が頭を下げて渡してくれる。こんな良い仕事はないし、手間賃やと思えば良い!」
まあ誤診は恐いですけど楽しいです。でも正直大変! 15/1/25(西大路(鍼灸師))

結構肉体労働だよね。時間も長いし。
大変な仕事、ご苦労様っす! 15/1/25(石川浩司)

最近厚生労働省で省内での夜10時以降の職員の残業が禁止になった、というニュースが入ってきました。
今から25年くらい前、中央官庁と取引のある某企業で働いていた頃、よく厚生省に出入りしていました。厚生省の職員の人はとにかく残業が多く、夜何時に行っても人がたくさんいてメチャクチャ働いていたイメージがあり、このニュースはなるほどと思いました。確か霞ヶ関の合同庁舎の何号館か、労働省と厚生省が二つ同居していて、そこからこれらの省が合体した記憶があります。中央官庁勤務の公務員の仕事は激務だとそのとき痛切に感じたものです。まあ「まず隗より始めよ」で監督官庁から人間並みに労働しろ、ということなのでしょうけど。どうなるんでしょうかね。 15/2/2(波照間エロマンガ島)

残業が完全に禁止には出来ない職業もあるしねぇ。
外科医が手術の途中で「あ、時間だからボク帰るねー」こ、怖い・・・。 15/2/2(石川浩司)

今の仕事は実を言うと好きではありません。でも得手不得手で言ったら、性にあっている仕事のような気がします。「You're fired!」と言われるまではしぶとく居続けようかと思います。  15/8/14(波照間エロマンガ島)

成る程。好きではないけど性にあってる。
深いなあ。確かにそういうことあるもんなあ。人間関係でもそうだよね。  15/8/14(石川浩司)

ははは。事に仕える。すなわち仕事。ぜんぜん仕えられてねぇ。使えねぇ(笑)。あほ過ぎてひとり休憩時間中に嗚咽。なんでふつうに考えればできそうなことをも行き当たりばったりでアドリブで対応しかできなくて、冷静に論理的に筋道立てて考えるという行為ができないのだろう。知るかぼけ(笑)。うーん正社員向きでない。バイト向きだけどバイトにも劣る性能の悪さ。ぼくの適職はやはりいなくていいひとだい。一生遊んで暮らしてぇ、とか思ってたら今日窓口に来たご隠居が「働かんようなって遊んでばっかりおったらすぐガタが来た。人間働かんとアカンな」とおっしゃっててあああほでも仕事は馘にならんかぎり恥を忍んであほなりに続けようと思い直しました。お年寄りの言葉はリアルだ。  15/11/1(オポムチャン)

確かにオフが多くても微妙だ。
もうお金なんて稼がなくても悠々自適のはずのスーパースターがいつまでも活動を続けるのはそういうとこかもね。  15/11/1(石川浩司)

仕事について、「もうダメ、限界だー!辞めたーい!!」とこの2年で10回以上は思いました。でも、なんとか目の前の壁を壁を乗り越えて現在までたどり着きました。精神的にとってもとってもきついですが、多少は成長しているとは思います。自信がないままもう少し続けていきます。無職の人を蔑む気持ちはありませんが、無職でなくて良かった、仕事があって良かった、と感謝しています。 15/11/14(波照間エロマンガ島)

俺も綱渡りだけどなんとか仕事が繋がってて良かったと本当に思う。
やっぱり仕事ないと精神的にもツラいからね〜。 15/11/14(石川浩司)

ここ数週間、忙しすぎて投稿も怠りがちでした。
ようやく落ち着きつつあります。
せめてクイズだけでもと思っていましたが、それすら投稿出来ない日が続くなんて・・・
好きな王様のコーナーの更新タイミングも早くて辛い日々でした。 16/12/26(邑楽)

おぉ、そういう理由だったのね。
もう飽きたのかとちょっと心配してた・・・。 16/12/26(石川浩司)

全然飽きていないですよ。
年末は毎年忙しいので、来年の今頃もきっとこんな感じだと思います。無理しない程度に投稿していこうと思います。 16/12/31(邑楽)

はーい、これからもよろしくー。 16/12/31(石川浩司)

というわけで冬のボーナスが支給されました。会社がわたしの働きを評価してくれてうれしいです。まだしばらくはこの会社でお世話になる予定ですが、自分の人生の後半のジャンピングボードにしてさらに躍進したいと存じます。 16/12/31(波照間エロマンガ島)

俺も死ぬまでに一度はもらってみたい・・・サンタさん・・・。 16/12/31(石川浩司)

先日昇進し給料が少しだけ上がりました。
仕事かプライベートか良くわからない会社にいるので
働いているとう実感が薄いのですが、給料が上がるのはやっぱり嬉しいですね。 17/2/24(邑楽)

いいねー。年取ってもギャラはあがんねえからなー。
その上乗せ分の半額でいいから何も言わずに俺に意味なくくれや。 17/2/24(石川浩司)

出社時間に遅れると「時間をきっちり守れ」というのに、定時退社時間で帰ろうとすると「もう帰るのか」と怒られる日本の会社の不条理。 17/4/3(わいわい)

そうだよね。「30分遅刻しますが30分残業します」が職種にもよるが通らないのはおかしいよねー。 17/4/3(石川浩司)

明日から1週間、タイの旧正月休暇です!仕事しないで遊んで過ごしてそれで給料が出るんだから最高だなぁ。 17/4/16(波照間エロマンガ島)

俺もその時だけ入社したいっ! 17/4/16(石川浩司)

あっという間に1週間のタイ旧正月休暇が終了し、今日から仕事再開。陰陰滅滅 な気分でございます。まぁエンジンがかかるのは遅いですが、じょじょに始動していきます。 17/4/22(波照間エロマンガ島)

俺は仕事が詰まってるのも最近は体調との兼ね合いみて考えねばならないし、仕事無かったら生活に困るしバランスが難しいねー。 17/4/22(石川浩司)

4月より業務変更があり、何だかすごく忙しい業務になってしましました。
前任が忙しくしてただけなのですが・・・
早く慣れて自分のペースを作りたいものです。 17/5/16(邑楽)

ああ、前任の人が頑張った部署だと比較されちゃうからねー。
自分のやり方を見つけてうまくやってつかあさい! 17/5/16(石川浩司)

「ワークショップ」とは何じゃ?
仕事屋さん?
ああ、「体験型講座」の事か。
ならそのまま「体験会」とかでいいじゃん。 17/9/8(テングザル)

俺もずっとよく分かってなかった。
特に「ショップ」ってお店しか思いつかないからダミ声のオッさんが「あい、いい仕事入ったよ〜。そこの姉ちゃん、時給3千円のキャバクラいかが〜」とか言ってるのしか想像できない。 17/9/8(石川浩司)

前任者は、仕事の為なら公私混同全く厭わず、経費に関しても自腹をバンバン切ってきた人なので、仕事が相当苦戦しています。同じようには出来ないので。 あまり悩むタイプではないので、なるようになれって思ってます。 17/9/18(邑楽)

自分のやり方でやるしかないよね。
ストレスたまるのが一番良くないから。 17/9/18(石川浩司)


王様の耳はロボの耳に戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る