話題202 外国で会った日本人



外国で会った日本人と思われる人に皆さんはどんな対応を取りますか?私はガンバって時々話しかける。 
情報収集にもなりますしね。ただ目を合わせ不自然に目をそらす時もかなり多いです。袖刷りあうも・・・といいますが、中国人からは、「あんた中国人?」って親しげに声かけられるけど、日本人からは一回もないです。同国人にフレンドリーな中国人がうらやましくもあります。グアテマラの辺鄙な所では、 日本人女性2人組に挨拶し、無視されたという経験もあります。インドからヨーロッ パまで回った人の話ではイタリアに入ると現地日本人の態度が冷たくなったということです。

確かにせっかくオーロラ見に来て周りが日本人ばかり!。団体旅行者が、「キレカー」「おばちゃんがおめけばおめくほどオーロラが動くごたる (おばさんが叫ぶ と叫ぶだけオーロラが動くみたいだね)」という九州コテコテ発言にはあーんぐりし ましたが、皆さんは外国で日本人に会ったときどのような行動にでますか?そしてそれは何ゆえに?  05/5/30スキーズボン



***レス(発言は古い順に並んでます)***


う〜ん、相手の雰囲気や場所などによってケースバイケースだなぁ。俺の場合話しかけられることも割と多いしなぁ。 05/5/30(石川浩司)

高校のとき、修学旅行で韓国に行ったのですが、私たちが団体で観光していたときのこと。
日本人女性2人組みの観光客とすれ違いました。
そのとき、ひそひそ声で
「あの子達、日本人じゃない?」
「えー、まさかぁ、韓国まで来るわけないじゃん」
と、話しています。

日本人だ!と言ってやりたかったけど勇気が出ず、韓国の高校生だと思われたままになってしまいました。05/6/6(杏)

観光客ではないけど、ユニバーサルスタジオの和食屋さん・・・だかお蕎麦屋さんみたいな
お店のおっちゃんが日本人だったので嬉しくなって色々話したのは覚えてます。あの辺りは日本人向けのお店多かったなぁ。「おにぎり○○ドル」と日本語で書いてあるお店があったり。05/6/6(りあ)

有名な観光地行くと日本人率すごいよね。スイスのとある町に行ったらちょうど夕方でメイン通りはすごい人混みだったけど90%が日本人。現地の人見つける方が大変だった。当然ハイキングの途中にも赤提灯のうどん屋があったりして景観を損ねていた・・・。 05/6/6(石川浩司)

新婚旅行での無人島クルーズ、やたらと日本人が多かった。お昼はビーチサイドでのバーベキュー。それなりに賑やかだが、なんか、話題が無い。というか、カップル同士の世界に浸りきっている。が、顔つき合わせてまったく会話が無いというのも不自然なので、当たり障りの無い「どちらからですか?」という話に。「うちは埼玉の上福岡です」「えぇっ!うちは川越!」「な〜んだ近いですね」「東武東上線・・・(苦笑)」「成田まで時間かかったでしょ?」「それだけで疲れました」「帰りもまた、あの電車に乗らなきゃいかん。気が重いですな」・・・バハマの眩しい太陽の下、どこまでも青い空とコバルト色の海に囲まれて、何ゆえに埼玉の話を・・・ 05/6/6「Fuck−Dah」

パスポートが無い僕には声の掛けようがありません・・・。
島国育ちの悲しい日本人でごわす。05/7/4(ペロ)

Fuck−Dahさん上福岡とは・・・なかなか良いところにお住まいですね!
準急でゆったり帰れてうらやましいです。
埼玉は結構たまファン率高いのでしょうか。05/7/11(kyuuri)

昨年、WSF(世界社会フォーラム)の開催地インドでの事。物凄い人だかりと、物凄い埃と土煙の会場にて出会った日本人のオバサン。何の目的で来てるんですか?と尋ねたら、「ジェンダーフリー」との答え。言われてみればオジサンでした。05/8/3(T.E.E.)

kyuuriさん、どうも。福岡の「Fuck−Dah」です。そうなのです。「上」がないのです。今は九州の福岡県民なのです。でも、上福岡は懐かしいですね。準急、停まっていましたっけ?(苦笑)たしか、ふじみ野で急行に通勤急行に乗り換えていたような・・・? 駅の東口は結構賑やかだったのですが、私が住んだ西口はいい感じに寂れていました。どこかに書いたのですが、毎朝すし詰めで池袋へ向かい、さらに丸の内線へ、という鬱々した日々を送っているうちに、ふと、「東武東上線の下りに乗って、どこか知らない街や野山を歩いてみよう」という天啓に導かれました。高坂から山道を歩いている時に予期せぬ場所に現われたJAXAの地球観測センター、東松山のスリーデーズマーチの抜け道(?)、川越からJR乗換えで高麗川下車の巾着田も楽しかったですね。

しかし、せっかく埼玉に住んでいたのに、石川さんとはデートできず。といっても当時はインターネットも普及していなかったし、このサイトも無かったはず。南青山のMANDALAで遠くから拝んでいるだけでした。九州にいるとなかなかポイントを使うのも難しいですね。東京は平壌よりも遠い??? 05/8/15「Fuck-Dah」

金さえあれば遠くはないのだが・・・ここに集ってる人はおそらく平均年齢30歳ぐらいだろーか。はっきりはわからないが、まぁ世間的には「いい大人」なんだが、その割に金を持ってる奴は少ないとみた。まぁ食うに困らないまでも、それ以上の収入面での裕福よりも別に大切なことを持っている人が多いようで。
・・・でもなぁ、みんな俺には生涯縁のないボーナスとか退職金とかあるんだよなぁ。それで「なんじゃもんじゃ会」開いたらどうだろうっ!? 浩司の提案っ! 05/8/15(石川浩司)

話題の趣旨からどんどん逸れていきますが・・・往復書簡ということで。確かにそうです。私もその気になればいつでも上京できます。結婚前、東京と九州で遠距離恋愛をしていた頃は月に2回、行き来していました。猛火が燃え上がっていました。金に糸目をつけずに。後先考えずに。やりたい時にやりたい事をやる。幸い、今現在も、ちょっと時間を工面しさえすれば、3時間後には羽田空港です。今、石川さんとは年に2回会いたくらい、とろ火が燃え上がっています。そろそろ1000ポイントで・・・。「大泉in F」に石川さんのお友達が出演する時に、一緒に日本酒チビチビやりながら盛り上がるとか、はたまた、昔「正装」して行っていた「銀座Swing City」に二人してランニング姿で行くとか。しかし、ライヴは楽しいけど、せっかくの時間、ゆっくりお話しができない。目と目で見詰め合って頬を赤らめることもできない。だったら、西荻近辺のお店で石川さんにおごってもらって、その後、私のおごりで「アケタの店」深夜の部に行く、なんていかがでしょうか? 渋やんのソロとか、ぜひ生で聴いてみたい!

ちなみに「なんじゃもんじゃ会」、実はアイデアはあるのです。何でも好き勝手に出来る場所。私が昔、地球との対話に感動した場所。たぶん、石川さんの記憶にもディープ・インパクト刻まれるであろう場所。生声の音楽が大聖堂の中のように響き渡る場所。ただし、春から秋の早朝、天候の良い時に限る。しかも○○活動が活発ではない時・・・??? あ、「なんじゃもんじゃ会」の企画の相談って、メールでしたね。 05/8/22「Fuck-Dah」

他にも「ポイントたまったけど、どこで食事したら・・・」という人、ニヒル牛2のその時のカフェで飲み放題&食い放題というのもいいぞっ! 「アケタの店」もいいね。ただ、そういう場所で困るのは渋谷さんにしろ「ちょっとだけ知り合い」という人が多いので、挨拶もしなくちゃいけないのでキンチョーが(笑)。変な場所での「なんじゃもんじゃ会」企画お願い〜。 05/8/22(石川浩司)

退職金で「なんじゃもんじゃ会」か〜。ええと、去年の11月から毎月3000円、積み立ててるから・・・
考えると悲しくなってきた。 05/8/22(うろたえ太郎)

一年半でたまるなら、すぐさっ! 
 でも地方は交通費・宿泊費がね・・・。う〜ん。
 そういえばこの間、東京だけど生活保護受けているという人がそれでもお金を貯めて企画してくれて嬉しかったなー。05/8/22(石川浩司)

生活保護の方の企画よいおはなしですね。
話題をすこし元に戻して、私の場合、日本人のすくない北部カナダに住んでるので、たまに日本語を聞くとなつかしくてこちらから話しかけてしまいます。でも皆さんのいうとおり反応はまちまちだと学んできました。最近は「せっかく日本を忘れて観光を楽しんでるんだから」って感じのオーラを出してる人には悪いからあまり話しかけないようにしてます。こんなロッキー山脈の麓の田舎町ですが、いつかライブ企画なんて夢のようなことができれば思います。そのときは是非カナダ人を震撼させていただきたいです。06/12/18(taka)

ロッキー山脈の麓の田舎町の人ってーことは、蟻のようにすばやく動いている人達だね(笑)。06/12/18(石川浩司)

イタリアの、とある広場で結婚式をやっていました。イタリア人もこういう所でやるんだな〜と思ってみていると日本人カップルでした。何だかガッカリ。私の時は国内でやろうと決心しましたが、予定はまだありません・・・。 07/6/19(秘密の座席)

来年結婚20年ですが、まだ結婚式はやってません・・・。 07/6/19(石川浩司)

オーストラリアに行ったときアジア系ではない外国人と目が会うとお互い笑顔で「ハロー」と挨拶するのですが、日本人と思われる人たちとすれ違っても何も挨拶しませんでした。
嫌いあってるわけじゃないけど恥ずかしいというか、そういう習慣がないからなのか。
考えてみれば不思議です。  07/10/4(若様)

分かるな。そういう傾向はあるね。まぁ国内じゃ絶対やらない、言わば「ハレ空間」だからね。 07/10/4(石川浩司)

私は前日出かけた台湾・九分へのバスに別な場所に向かうため乗っていたときに、ものすごくアホみたいな大学生たちが九分がどこなのかうろたえ始めたときに、前日行った余裕で「あと30分くらいですよ」などと先輩風で教えてやり、悦に入りました (笑) と、自分はわりとヘラヘラ話しかけてしまうのですが、世の中的にはそういうのはあんまりな感じなのでしょうか、とかも思います。 08/4/17(ことり)

い〜んじゃない? ことりのやることに間違いはあまりないよ。大丈夫、突っ走れっ! 08/4/17(石川浩司)

中国留学をしていた時、誰かの知り合いか紹介で、本科生(留学生ではない正規の学生)の日本人の方に色々案内してもらいました。我々短期留学生では分からない酒場や、北京一と言われたディスコなど。
特にディスコは、日本ですら行ったことがなかったので、初めてのディスコを異国の地で体験でき、またとない思い出になりました。
その人も親切で面白い方だったのですが、お友達のカナダ系華僑の人はもっと面白いキャラの人で、ある女の子を狙うんだけど、冷たくあしらわれて、それがコントみたいですっごく爆笑したのを覚えています。 08/10/12(梅桃ひよ子)

ディスコ・・・一回若い時行ったけど、辛かっただけだったなぁ。あの時はまだ自分のマイナー体質にあんまり気がついてなかったんだよなぁ。18か19の頃。 08/10/12(石川浩司)

留学期間中は、他の日本人学生が周りにたくさんいましたが、やっぱりみんなシャイなのかな。
かくいう自分も、帰国後はまた日本の空気に馴染んでしまい、人前で話す時はちゃんと大きな声で喋るようにしましたが、知り合いがいない公の場ではさほど喋らなくなってしまいましたね。
あと、自分も周囲も同じ黄色人種であるため、しょっちゅう現地の人に間違えられ、逆に観光名所で会った人達をも、現地人と間違えまくってました。 08/12/29(Hi-)

実際、顔だけだと判別つかない場合も多いよね。だって元はほとんどおんなじなんだから。  08/12/29(石川浩司)

3年位前、父がフランスの私の家に来ていたので帰りパリまで送っていきました。
帰りの電車で、指定の席に座ると目の前に誰かもう座っていたのですが、電気の具合が悪いのか、真っ暗で
真っ暗ですね!
と、フランス語で言ったら、なんか変な感じ、
よ〜く見たらなんと日本人なのでした。
私が住んでいるあたりはただでさえ日本人が少ないのに同じ方角に帰っていく日本人がいるなんて何かの縁だと思い、しかも話していたら同業者だったし。。。
連絡先を教えたら名刺をくれました。
帰ってきて連れ合いにそのことを話したらそのころ重度の嫉妬を病んでいた(嫉妬は普通の反応ですが、病的な嫉妬だったんです)彼はその名刺を破りました。
ああん、話がそれた〜!!
今は素敵な出会いがあって、連れ合いの病的な嫉妬もなおり、縁ってやっぱり大事だなあ!と、思うのでした。 09/1/10(ますちゃん)

嫉妬もひどいと病気になるって分かるなぁ。そういう友達俺のまわりでも何人かいるからなー。 09/1/10(石川浩司)

留学中、とある旅先での博物館で、写真を撮ってもらおうと、現地の人に韓国語で話しかけたら、バリバリの日本人でした。同じ黄色人種だから、しばらく住んでいるうちに、見分けがつかなくなって当たり前ですが…。
いきなり下手な韓国語聞かされて、びっくりしたことでしょう; 09/11/9(Hi-)

あるね〜、台湾あたりでも。
一所懸命下手な英語喋ったら向こうも同じような感じで、日本人だと分かること。
今や、世界中どこでも日本人はいるからね。  09/11/9(石川浩司)

そういえば、チェンマイへ行ったときに物凄く日本人のおじさんに話しかけられました。
不思議なのだけども、特にそのとき日本語を喋っていたわけでもなく黙って歩いてただけとかでも日本人だと気付かれたり、こちらもとても似ている中国や韓国、台湾の方なんかと日本人がなんとなく見分けついて日本人だと分かったりもして、あれはなんで分かるのでしょうねぇ。
分かるのでしょうねぇ?とかいってシンガポールでガッカリはどこにあるのか必死に英語で通行人に聞いてみたら思いっきり現地在住日本人で「日本語で大丈夫ですよ」と言われてしまったので分かってないのかもしれませんが・・・・・。 10/4/12(ことり)

微妙なんだけど、服装とかメイクの仕方とか動きとかで分かるんだよね。癖みたいなものか。
日本人は分かりやすいみたいだよ。  10/4/12(石川浩司)

実名出しちゃいますけど、チェンマイで会った「波照間エロマンガ島」さん。
初チェンマイで戸惑ってる私に、色々教えて下さったり。皆さんにガイドさんのような役割を果たして下さったり。
とにかくむちゃくちゃ親切な方で、「こんなに良くしてもらっていいの??」と恐縮しっぱなしでした。
とにかく物腰の柔らかい、素敵な紳士ですね。
彼にまだ何のお礼もできていないので、いつか日本にいらした時、何らかの形でお返しできたらと思います。
ただ、皆さんが「エロさん、エロさん」と呼ぶのはなんだかシュールな光景でした(笑)。 10/11/6(くすもと明子)

俺の知り合いの中でも、一番人が善いかもなあ。
なかなかあそこまで人の面倒見てくれる人いないよね。
心の奥底は分からないが、そこがまたいい (笑)。 10/11/6(石川浩司)

わーーーー、超びっくりしてしまいましたー!!!私のことを話題にしていただき恐縮至極にございますーーー (滝汗)。くすもと明子さん、チェンマイではありがとうございました。とっても照れくさいお言葉です。私自身は自分を承認することの苦手な人間で、自分のことをあちこち行き届かないところの多いロクデナシと思ってマス。 10/11/15(波照間エロマンガ島)

ま、 波照間エロマンガ島さんほど素敵な人はいないし、波照間エロマンガ島さんほどジェントルマンはいないし、波照間エロマンガ島さんほど優しい人はいないから仕方ないよ。
だって、波照間エロマンガ島さんは日本一だからっ!  10/11/15(石川浩司)

グアムで出会った日本人と、出会って半年で同棲を始め、その7年後に結婚しました。 11/2/1(DO)

しかも美人妻!クゥ〜! 11/2/1(石川浩司)

数年前は留学生の身分でしたが、そんな当時の自分があこがれていた職業に巡り合えたので、最近会った留学生の人達からは「実際にやってみて、どうですか?」と、聞かれることも多くなりました。
その留学生の人達には、当然ながら年上もいれば、年下もいて、いろいろ聞いてくる人もいれば、「へえ、そうなんですか」というような、淡白な人も。
相手や環境によって、淡白か、積極的になるかも変わってくるので、一概には言えませんけどね。 11/9/22(Hi-)

俺はミュージシャンには別に憧れてなかったな(笑)。 11/9/22(石川浩司)

バンコクに「タニヤ通り」という、タイ人ホステスが接客してくれる日本人駐在員御用達のカラオケクラブが林立するエリアがあるのですが、夕方そこを歩いていると、かなりの高確率で以下の特徴をもった日本人男性に遭遇します。(1) ポロシャツの襟を立てている (2) 手にセカンドバッグを抱えている (3) 銀縁のメガネに高級時計をしている。・・・・・・、ポロシャツの襟を立てるのだけは勘弁してください、と内心思いながらすれ違うことが多い、仕事帰りのわたしです。  12/8/31(波照間エロマンガ島)

襟を立てずにち○ぽ立てろってか。 12/8/31(石川浩司)

最近、日本からタイに仕事で赴任してくる駐在員の方のインタビューの仕事をしているのですが、とても興味深く考えさせられる内容が多いです。彼らのほとんどは、何年後かは日本に戻ることがわかっているので、身体はタイにいますが、意識は日本に向かっています。タイへの眼差しも、ゆっくり腰を落ち着けて文化や言葉など吸収しようという態度ではなく、タイ人の安い人件費を使って、いかに効率よく稼いで日本の本社を儲けさせるかという、当然といえば当然の、市場経済的な考えをもって仕事をしているという方が多いです。そのことによってタイの国も雇用が確保され経済成長があるわけで、お互いWIN=WINの関係ではあるのですが。でも、そういうドライな話だけではなく、もれ伝わってくるのは「男女関係」の話でして、タイのシャム猫ちゃんたちにハマってしまい、会社をやめてタイに居ついてしまった人の話とか、家庭が崩壊してしまった人の話とか、よーく出てきます。そっちの話を聞くことのほうが私は大好きです。 14/7/13(波照間エロマンガ島)

人間が変化していくことを傍から見てることほど楽しいことはないからなぁ。ムヒッヒッヒッヒ。 14/7/13(石川浩司)

初めて海外旅行に行ったのは1986年のギリシャでした。有名なパルテノン神殿を観光したあと、歩いて丘から下りてくると、突然道の脇のヤブの中から、「日本人ですか?」と声をかけながら出てきた日本人のおじさんにはびっくりたまげましたね。なんか作業着を着ていたので、遺跡の修復かなにかで来ている風でしたが、顔が真っ赤に日焼けしていて、その風貌は横穴に住んでいる原始人のようでした。あの頃50歳くらいに見えたので、今生きていれば80歳くらいか。何してるんでしょうかねー。 15/8/7(波照間エロマンガ島)

ギリシャ行ってない。行きたい。
でも今回の金融破綻問題で旅行に行くのはどーなんでしょうかね。
旅行者にはどんな影響があるのか教えて偉い人。 15/8/7(石川浩司)

チェンマイに旅行に行ったとき、道の向こうから『地球の歩き方』を手にした日本人女性が歩いてきました。
女性はワタシを見つけて?英語で?道を尋ねてきました。
う〜〜〜ん…ワタシはどう見てもアジア人にしか見えないと思うのだけれど、何人だと思われたんだろう…
ちなみに、自分が何語で何と答えたかは覚えていません(苦笑) 16/1/21(キット)

信州人。確か公用語は英語だったよね・・・。 16/1/21(石川浩司)

2012年2月、タイのチェンマイで親切な日本人女性にお会いしました。
変圧器(タイ220V‐日本100V)を貸してくれたり猫カフェまでの地図を書いてくれたりと、他にも随分と助けられました。
チェンマイ滞在中にグループ内の交換日記を書いたところ他のメンバーから「気持ち悪い内容で不快だ」との苦情も来ましたが、役立たずながら何かのキッカケにしてもらえたらとこの女性向けに書いたものでした。

それなのに、帰国の日にこの女性に対して大変失礼な事をしてしまいました。
握手を求めていただいたのに断ってしまったのです。
それには二つの理由がありました。もちろん、この女性には何の非もありません。
一つ目は、この女性はチェンマイの寺院で「厄祓い(厄払い)」をされたばかりでした。なのに「厄」そのものである自分が触れるわけにはいかないこと。
二つ目は、その場に自分を嫌っている(挨拶を無視し握手も握り返さない)人がいたこと。もしグループ全員と握手をすることになると、不測の事態が起こりかねませんでした。

4年経った現在でも、この外国で会った親切な日本人女性と握手をしたいと思っています。

〇○〇さん、その節は大変申し訳ありませんでした。
またどこかでお会いすることがありましたら、是非よろしくお願い致します。 16/1/21(デクノボー)

まぁいろいろあるからねー。
みんな上辺だけでもいいので仲良くしてください(笑)。 16/1/21(石川浩司)

15/8/7の石川さん。ギリシアは料理が美味しかったです。地中海料理はそれまでほとんど食べたことがなかったのですが、オリーブオイルをふんだんに使ったサラダや魚や貝料理に魅了されました。エーゲ海の名もなき島に行ったときに入ったレストランで店の人から「近くに魚市場があるからそこでとれたての魚を買ってきたら料理してあげるよ」と言われて、魚市場で買ったイワシを料理してもらいそれが死ぬほど美味しかったのは一生の思い出です。あれからもう30年経つのか。。。 16/3/6(波照間エロマンガ島)

俺もトルコのエーゲ海では泳いだけど魚を食べずに中華を食べた。
何故ならその前一週間田舎をまわっていたのでずーっとトルコ料理ばかりで飽き飽きしていたから・・・。 16/3/6(石川浩司)

ソンクラン休暇で行ったタイ南部のクラビー旅行でのこと。オプショナルツアーでピピ諸島サンセットクルーズツアーに行ってきました。

そこでひとりで参加していた20代の日本人男性と会いました。その日本人は最初はひとりきりだったのですが、途中からドイツ人の男性ばかり6人くらいのバックパッカーグループとで仲良くなっていたのを見て感心しました。わたしだったらコミュニケーション能力と語学力の問題で仲良くなるのは難しいかもなー、と感じていました。そのかわり、タイ人の大学生ふうの女性4人組とはタイ語でコミュニケートをとりけっこう仲良くなりました。これはたぶんわたしがぽっちゃり体型のゲイの日本人だと彼女たちに認識されたからだと確信しました。タイ人女性2名と一緒に旅行していてどうみてもストレートじゃないと思われたのかもしれません。わりとそういうパターンのコミュニケーションってあるんですよ。 なよなよっとした仕草を笑われて仲良くなること。

あと印象的だったのはアフリカ系のカップルがいたのですが、そのオネエサンの体型。お尻が大きく腰が異常にくびれておっぱいが超巨乳なダイナマイトボディーそのものでした。ヨーロッパでは黒人の娼婦がいちばん人気があると聞いたことがありますが、娼婦やポルノ女優以外であまり見たことの無い、網膜に焼き付けたブラックアフリカンの女性、たくさん話したかったナー・・・〔遠い目〕。  16/5/7(波照間エロマンガ島)

身体能力は夜も凄いんだろーなー。
腰ブルンブルン。ああっ、ちぎれるぅぅぅぅっ。 16/5/7(石川浩司)

前に「初体験」か「おバカ」で書いたと思うかもしれませんが、南極へ行ったとき、千葉で会社を一か月休んで旅行した青年と、チリの青年援助隊の女の子とツアーで一緒になったことがあります。今なにしているんだろ。
出発地のアルゼンチン、ウシュワイアには日本人の夫婦がお住まいになっており、宿を経営し、南極へ行くとき、日本語が聞きたくて電話をしたこともあります。最近ご主人が亡くなったそうですが、今でも世界一周の日本人&世界の旅人のお世話をしています。結構有名人で、よくテレビの秘境「ここに日本人が住んでいる」的番組に取り上げられています。 17/3/6(わいわい)

南米は行ったことないな。
国によっては結構治安が悪いのでビビって・・・。
最近チェンマイにも在住の日本人の知り合いがたくさん出来て嬉しい。 17/3/6(石川浩司)

高校同期の部活仲間だった友人が、バンコク支社長としてバンコクに在住しています。たまに会って酒を飲みます。
去年までは家族で住んでいたのですが、日本の本社の売り上げ減の影響で、家族は日本に戻され本人だけ単身で残るようになってしまいました。バンコクでは超高級コンドミニアムに住んでいますが、家族と離れて住むなんて可哀想な面もあるな、と同情してしまいます。やはり貧乏でも現地採用のほうが気楽でよいですよ、責任は少ないし。 17/9/30(波照間エロマンガ島)

何を一番大切にしているかは人によって違うしね。 17/9/30(石川浩司)

この5年間数え切れないほどバンコク駐在員の方と関わってきましたが、はじめは海外赴任で日本と同じ給料ベースでタイに住めるなんて夢のようでいいなぁ、と思っていたのですが、関われば関わるほど、気の毒な面が見えてきました。家族と離れ離れに生活している前述の高校同期の友人もそうですし、アジア総支局勤務なんて肩書きで、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマーを週ごとに飛び回っている人もいます。そして日本の本社の業績いかんですぐに呼び戻されるという「一寸先は闇」という人たちも多い。給料は安いですが、まだ現地採用の身分のほうがましかな、という気になります。 17/10/12(波照間エロマンガ島)

何度か書いてるけど何を最重要視するかは人によって違うからね。
他人の幸せが自分の幸せとは限らないからね。 17/10/12(石川浩司)


王様の耳はロボの耳に戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る