話題189 NHK朝の連ドラ



NHK朝の連ドラは「ふたりっ子」からぽちぽち見ているのですが、私は「ふたりっ子」と「あぐり」が好きです。特にふたりっ子は小2(放送当時かな?)の頃すごくハマっていました。
あと「おしん」もBS2で放送されて以来好きです。田中好子さんが好きでした。
みなさんの好きだった朝ドラを教えてください。04/12/20(36)


***レス(発言は古い順に並んでます)***


朝はこの世にいないので、見てませ〜ん。でも田中好子、スーちゃんってドリフターズの番組とかでは「デブキャラ」で何かとオチに使われていたぐらいなのに、あんなに美人だったなんて〜。04/12/20(石川浩司)

僕は「やんちゃくれ」「あすか」「オードリー」「ほんまもん」「さくら」「ちゅらさん」「こころ」を見ていました。個人的に「オードリー」が好きでした。でも、最近は通学の関係で見ていません。前作の「天花」も地元が舞台だったのですが、ほとんど見ませんでした。記憶に残っているのはサンプラザ中野ぐらいですね。 04/12/27フィールドオブウンコ

最近「王様の耳はロボの耳」で沖縄の話題書くようになってから「ちゅらさん」を見たくなってきました。
オンエア中見てなかったからなんかちょっと悔しいなぁ(;_;)
どっちにしても生活がら朝のその時間はまずテレビ見られないけど(T_T)  04/12/27(あるみりゅう)

私もNHK朝の連ドラは、どんなにちまたで話題になっていたとしても見たことがないです。フジTVの昼ドラは面白いのだったらハマることあり。04/12/27(杏)

なんか、歴代ヒロインのその後の芸能活動を見ていると、 その明暗の落差が大きすぎて、時々切なくなります。
私が溺愛する『ちゅらさん』:国仲涼子さんは順調に歩んでいるようで嬉しいのですが。
そうそう、沖縄と東京を舞台にした『ちゅらさん』には
石垣島出身のBEGINの三人が出演していました。
特に比嘉栄昇さんは、ある時期、ヒロインの生き様に影響を与える 非常に難しい役どころでいい味出していました。
職にあぶれて空腹だった比嘉さんが、ヒロインの働く沖縄料理屋に故あって現れて、 ソーミン・チャンプルーやイリチー・チャーハンを一気に掻き込むシーンがあったのですが、 カットは無し、本当に30秒くらいで一気に平らげていました。
ドリフのコントみたいにNG連発していたら大変だったでしょう。
それから、夏川りみ版「涙そうそう」が大ブレイクする前年だったこの時(2001年)、 ドラマの中でBEGINが「涙そうそう」を歌うシーンもありました。
なんか別の話題に発展しそうですが、 もしも、石川さんがドラマに出演し、何か持ち歌を唄う、というようなことになった時 どんな場面でどの曲がよいでしょうか?
木下藤吉郎秀吉(石川浩司)が余興で信長様を喜ばせるため、服を脱ぎ捨て「全裸でゴ・ゴ・ゴー」?
いや、これは大河ドラマか…。04/12/27「Fuk‐Dah」

いや、やはりバラードだな。え・・・っと俺のバラード曲は・・・。 04/12/27(石川浩司)

一番古い記憶の連ドラは「おはなはん」。一本のNHK連ドラを通して見た事はいっぺんもないなあ。自宅で仕事でもしていないと見る機会もないしハマることもない。04/12/27(のん)

「女は度胸」っていうのありませんでした?たしか泉ピン子が主役で、藤山直美にいじめられる、旅館が舞台の。学校に行く前に必ず見てました。04/12/27(さっちゃん)

NHKの朝ドラは、毎回「最低視聴率」と言われてますね〜。
紅白も最低視聴率だし、そろそろ民放を見習った方がいいですね。05/1/10(ペロ)

「ひまわり」(弁護士の話)・「ふたりっ子」(双子の話)は毎日見ていました。
「女は度胸」も少し見ていました。新館だ、今風だ!とか本館だ、伝統だ!
と言ってぐちゃぐちゃになる話ですよね。「渡る世間」っぽい感じ。オープニング曲もそれっぽい曲だったように重います。
ひまわりは山下達郎さんの「ドリーミングガール♪」という明るい曲…あら、「ふたりっ子」の曲はなんでしたっけ?オーロラ姫の曲しか思い出せません。05/1/10(るつ)

朝の連ドラはやたら主人公の名前が題名に使われていますな。05/1/10(36)

最近、やっている「わかば」久々に連ドラ見ました。職場の昼休みにかかっているのですが、世間の評価は低いですが(多分、ヒロインが見た目普通なためかも)結構シビアなところもあったりして面白いです。05/1/10(kyuuri)

一番は「おしん」ですかね〜。05/1/17(ペロ)

あれは世界的にヒットしたからね。 05/1/17(石川浩司)

ちょっとまえ?にはやった、女は度胸も面白かったですね^。そういえば、おしんも女は度胸も橋田すがこ脚本・・・さすが売れっ子だ(子という年でもないけど)。05/4/13(kyuuri)

BS2で昔の朝の連ドラをやっているのですが、次からそうでなくなるようです。ふたりっ子とかもやって欲しかったのになぁ…。05/4/13(36)

「おしん」は学校の先生が給食の時間に観てましたよ。涙流しながら観ていたのを思い出します。05/4/18(ペロ)

今やっている「ファイト」に嵌ってるッス!!でも、周りで見ているのはアチキだけッス!!話し合わないッス!!05/5/9(フィールドオブウンコ)

もう一回見たいものは「あぐり」「ちゅらさん」「私の青空」です。「てるてる家族」「すずらん」も好きでした。
とにかく主人公が可愛くて、皆いい人で、なのにアホだったり要領が悪くて上手くいかない感じのものに惹かれます。
「私の青空」の脚本が、何とも上手い所で切るので、「おお〜っ!ここで切るか〜っ!?」「続きが気になる〜!!」
「上手過ぎるよ〜内舘さ〜ん!!」って叫んでました・・・。やっぱり話が面白い事が重要。抜けるとくやしくなるような。
ダントツが「あぐり」!なんだか全員「脱力系&ヘンな人」でイイ!実話ってとこがまた。05/5/16(タコちゃん系)

最近、夜中にケーブル放送でやっている「ちゅらさん」の再放送にハマっています。
ほんと毎回「なんでこんなところで?」ってところで終わりますよねぇ(^^;15分間の短いドラマだからかもしれないけど、きっと視聴者が次も見たくなるようにという狙いもあるんだろうなぁ。NHKに限らず、民放の番組でも気になるところでCM入れるのも多いくらいだし。05/6/20(あるみりゅう)

というか「次も見たくなる」が脚本の最大重要事項。内容より遙かにね〜。 05/6/20(石川浩司)

入院中は適当に観てましたけど、退院してから観なくなった・・・。05/7/4(ペロ)

次の連ドラヒロインは、宮崎あおいちゃ〜ん! 05/8/22(タコちゃん系)

ほおっ! それはそれは。 05/8/22(石川浩司)

あっ。あおいちゃん「次の」主役かどうかわかりません・・。
平成18年度前期のヒロインだそうです。ちなみに後期は藤山直美さん!
ところで、やっと「サイゴウジョンコの応援歌」歌えるようになりました・・・。
ジョ〜ンコジョ〜ンコ、サイゴ〜ウジョ〜ン〜コ〜・・♪ 05/9/5(タコちゃん系)

私も「あぐり」が大好きです。主題曲の「素晴らしき日々へ」が大好きで、ずっとCD買おうかな、どうしようかな、と迷っている間に時間が経ってしまい、店頭で見かけなくなって久しかったのですが、先日中古品を発見。迷わず購入しました。本当にいい曲!ドラマもほんわかして良かったし、何より野村萬斎さんのファンになりました〜。 05/9/5(かなめ彦)

萬斎さん、かっこ良かったよね!かなめ彦さん!!本当に〜!!!
ついでに言えば、息子さんもかっこいいお子さんだった・・・。(CMで)
子供なのに「かわいい」じゃなくて「かっこいい」。ナゼだ〜っ! 05/9/19(タコちゃん系)

タコちゃん系さん、おっしゃる通りですね〜。萬斎さんの息子さん、きりっとしててかっこいいです!姿勢も躾られていてピシっとしていて。

新しい連ドラ始まりましたね。視聴率はイマイチみたいですが、私はとりあえず初回から1週間見て、何回も泣きました。ついつい、土曜日BSでやる今週分、見ちゃいます。1時間半・・・。 05/11/29(かなめ彦)

私が朝の連ドラで重要視しているのはヒロインの相手役です。
私の中でベスト・オブ・相手役は…
「芋たこなんきん」の國村隼さんと「やんちゃくれ」の利重剛さんです!(ご存じですか?)
どちらか選べません。
恋に恋するのが大好きなんです。 07/11/10 (若様)

うー、よく知らない。利重剛は妻が昔知り合いだったかも。 07/11/10(石川浩司)

あるさんと利重剛さんがお知り合いだったのですか!?
すごい。
今は交流はないのですね。 07/11/28(若様)

知り合いというほどかどうか・・・なんかのシナリオ教室かなんかで一緒だったっけかな。俺と付き合うより昔の話だから20年以上前ね。07/11/28(石川浩司)

今期の朝ドラ「ちりとてちん」が好きで見ています。
この間、ビデオに録っていた「ちりとてちん」を見ていて、その回は感動する話で『泣けるなあ』と思っていたら、同じ部屋にいた父がドラマに感動したらしく大泣きしているのです。
それを見てお腹が痛くなるほど笑い、違う意味で涙がでました。  08/1/11(若様)

年を取ると涙もろくなるもんなんじゃよ・・・。 08/1/11(石川浩司)

ドラマはあまり見ないんですが、NHKの朝ドラは家族といるとついつい見ちゃいますね。「ちりとてちん」とか、今やってる「だんだん」が好きです。
僕の叔母は中学校時分、「おはなはん」を見てから登校していたので、ほぼ毎日必ず遅刻していたそうです。それ程魅力のあるドラマだったんでしょうね〜。 09/1/27(たちつ亭と〜助)

続き物は見始めると止まらないというのあるよね。時間が長すぎないのも長寿番組の秘訣のひとつかもね。  09/1/27(石川浩司)

NHKの朝の連ドラ、今まで特に見たことなかったのですが、今回の「ウェルかめ」は見てます。カメ好きなので。ウミガメがかわいいです。内容どうこうより、カメが見たくて見てます。 09/10/9(可南)

今度、俺のカメを・・・(以下自粛)  09/10/9(石川浩司)

まぁた〜、石川さんってば!そっちのカメはそんなよく見たことないですから(笑)でも連ドラって1回分は短いですが、1週間ためちゃうと見るの大変…。 09/10/23(可南)

貯まると大変だよね。
カメの方も貯めると大変だが・・・。  09/10/23(石川浩司)

今やっている「ゲゲゲの女房」面白いです。
初めてまともに観てます。けど、視聴率は悪いみたいですね。観てる人は皆面白いっていうのに、残念だなあ。NHKオンデマンドの見逃し番組の順位は高いので、放送時間帯の問題な気もします。 10/4/27(ぴよまる)

起床時間的に無理だが、俺も惹かれたなぁ。
なんだっけ、最近漫画家の娘たちで鼎談の本出したよね。「レレレの娘」が赤塚不二雄で「ラララの娘」が手塚治虫で、件の「ゲゲゲの娘」が水木しげるだっけ。
いづれも面白そうなので、連載にならないかなー。

やっぱりそれなりに時代を作った人は変人が多いよね。
俺ももうちょっと変人にならなければ・・・。  10/4/27(石川浩司)

結局「ウェルかめ」はたまったまんま見なくなっちゃった私ですが、今度の「ゲゲゲの女房」は面白いですね!面白いのでちゃんと見てます。やっぱ面白いから見たいから見るってのが大事ですね。ちなみに今回のヒロイン役の方のお父上は私の勤務先の某部署の部長さんらしいですけど、父親が一番稼ぎが悪いらしいです。 10/5/8(可南)

最近はカタカナの入った題名が多いんだな。  10/5/8(石川浩司)

今までまともに見た連続テレビ小説はもう15年近くも前にやっていた「春よ来い」ぐらいで、後の作品は断片的にしか見ていません。子供やサラリーマンだったら、学校や会社に行くのと同じ時間帯ですからね。 10/10/16(Hi-)

俺は40年くらい前の・・・もうタイトルも覚えてない。
6時に寝る俺にとっては完全に真夜中の時間だからな。  10/10/16(石川浩司)

去年台湾を旅行したとき、ホテルのテレビで宮崎あおいさん主演の「純情きらり」が放送されていました。オンエアー時はほとんど観てなかったのですが、あおいさんがほんとにキラキラ輝いていてこりゃ凄いわ、とあらためて思いました。そしてそんなあおいさんと共演している石川さんも凄いということは歴史が証明すると確信しています。 11/2/28(波照間エロマンガ島)

いや、あおいちゃんと共演している人なんて星の数ほどいるから。
さしづめ、俺は星からただの岩に格下げされた冥王星あたりか・・・。 11/2/28(石川浩司)

昨年(2010年)末に亡くなった母が生前、病床の中で「ゲゲゲの女房」を観るのを楽しみにしていました。たまにチェンマイから日本に国際電話をかけたとき、「水木しげるトリヴィア」を教えて喜ばしたりしました。しかし、11月中旬くらいに容態が悪化して入院、ついに帰らぬ人となりました。最後に朝の連続テレビ小説について母が言ってたのは、「2010年秋スタートの『てっぱん』のオープニングテーマの踊りが気持ち悪い」ということでした。  11/8/13(波照間エロマンガ島)

今頃はきっとあっちで「こんな感じの踊りがいいのよ」と素敵な踊りを踊っていますよ。 11/8/13(石川浩司)

映画『スウィングガールズ』が大好きなのですが、当時まだ無名だった出演者が後にNHK『連続テレビ小説』と大きな係わりを持つことになります。
『上野樹里』さん→『てるてる家族/三女・岩田秋子』、『本仮屋ユイカ』さん→『ファイト/主役・木戸優』、『貫地谷しほり』さん→『ちりとてちん/主役・和田喜代美』。他にも『あすか』さん→『かりん』、『前原エリ』さん→『ちゅらさん』、『福士誠治』さん→『純情きらり』、『岩佐真悠子』さん→『ウェルかめ』、『高橋一生』さん→『おひさま』などがあります。 12/2/6(デクノボー)

へー、結構有名人をたくさん輩出した映画だったんだね! 12/2/6(石川浩司)

2003年10月〜2004年3月まで放映していた「てるてる家族」は、いしだあゆみの実家の四姉妹をモデルにした、実話を元にした連続テレビ小説でしたが、私はある興味をもって連続視聴していました。それは、石原さとみ演じる、四女の主人公〔モデルは元歌手の石田ゆり〕が、作詞家のなかにし礼と知り合い、結婚するまでのシーンが描かれるのではないかと、楽しみにしていたのです。しかし、そこまで展開する前にドラマは終了してしまいました。なかにし礼と石田ゆりの結婚は、昭和40年代の芸能スキャンダル的な大事件だったので子供の私でも覚えていました。なにしろ、40がらみの中年作詞家が、10代のアイドル歌手をかどわかして、いただいちゃったのですから、マスコミの格好の餌食となったのもむべなるかな、だったようです。でもそれくらい、当時の石田ゆりは可愛かったです。  12/6/15(波照間エロマンガ島)

秋元康とかもね。
簡単にペロリンチョッと食べられたんだろーなー。 12/6/15(石川浩司)

NHK連続テレビ小説 『あぐり』は美しいドラマだったが、唯一の不満は吉行エイスケのダダイストとしての芸術家の側面がオミットされている点にあった。野村萬斎がちょっと変わり者だが愛らしい、という茶の間受けするイメージを作ってしまったが、芸術家としての挫折や苦悩、無頼や火宅ぶりなどはきれいさっぱり抜け落ちている。もっともっと狂気に満ちた鬼気迫る風貌をしていたと、私は前からイメージしていた。まぁエイスケに重心が移動したら朝の連続テレビ小説としては成立しなくなることは必定なのですがね(笑)。エイスケのダダイズムの詩を以下に引用。


変態侮辱 吉行エイスケ

男にサルマタを貸して呉れと云った娘は変態性欲だった/その女を瞬間出血に泣かした男は変態性欲だった/電燈に突きあたって頭をくじいた親父は憐憫の至りだ/きっと女は赤いハンカチをかんで泣いた 

そして直ぐ嫁に行きたいとダイヤモンドにしがみついた/白痴の親父をだまして娘はブ男と関係した/そしてそれが一生涯の終りであることを知った彼女は男を虐待した 

そしてある朝彼女は夫に向ってあなたはずいぶんインワイねと云った/夫は真赤にほほをそめて娼婦と関係した/そして夫は彼女の母親と関係した/そして祖母の散骨と関係して彼女を侮辱した夫はチャンチュウのよっぱらいだ   12/3/14(波照間エロマンガ島)

ドラマを作る時って、役柄を全部正確に現していくとゴチャゴチャして話の筋が分からなくなるのでわざと簡略されることって多いのかもね。
結果的に嘘の人間像がどんどん作られていく。 12/3/14(石川浩司)

この間までやっていた「純と愛」が酷かった!最後にどんでん返しで良い終わり方になるのでは、と期待して矛盾だらけのストーリーでも辛抱して観ていたたので、だまされた感でいっぱいです。
でも、視聴率は良かったし、周りに共感してくれる人が一人もいなかったので肩身も狭くもやもや嫌な気分の出所がなかったのですが、ネットの評判(ヤフーテレビ)を見ると52000人中、星5が37%、星1が51%。私と同じような感想の人たちがたくさんいてちょっと癒されました。今ここで私も堂々と表明します。NHKよ、時間を返せ!! 13/4/15(ぴよまる)

賛否両論というやつだね。
俺は見てないが賛否両論の作品は後年、比較的「あれは良かった」に転じる可能性高し。 13/4/15(石川浩司)

2013年上半期の連続テレビ小説は、宮藤官九郎・脚本の「あまちゃん」。これが今話題を呼んでますね。ところが、海外在住で、部屋のケーブルテレビにNHKプレミアムをケチって契約していない私は、視聴することができません。ご覧の皆さんはどんな感想をお持ちか、聞けたら幸いです。 13/4/15(波照間エロマンガ島)

2013年上半期の連続テレビ小説は、宮藤官九郎・脚本の「あまちゃん」。これが今話題を呼んでますね。ところが、夜型生活で、居間のケーブルテレビに録画設備はあるものの「ドラマ」というものに基本的に興味が無い私は、視聴する興味がありません。ご覧の皆さんはどんな感想をお持ちか、聞けたら幸いです。 13/4/15(石川浩司)

「あまちゃん」良いですよ!人や舞台の描き方が、あたたかくて優しい。話も程よくメリハリのついたちょうどいいテンポで、随所にあるユーモアがきいてます。主演の能年玲奈さんもとっても可愛くて、ほのぼのとした気持ちになって、元気がわいてきます。
昼ドラを朝にもってきたような前作の、いつも急展開、ストーリー破綻、ギスギスしていたドラマとは全然ちがいます!
私は能年玲奈さんの可愛らしい笑顔を見るだけでも価値があると思うので、エロマンがさんも余裕があれば一度観られてみてはいかかでしょうか? 13/5/3(ぴよまる)

これ音楽やっているの知り合いが多いんだよなぁ〜。
大友さん、マダムギターなど。 13/5/3(石川浩司)

結婚してから見るようになりました。15分で終わるし、見逃しても再放送があるというのが魅力です。
「あまちゃん」面白い〜!宮藤官九郎ファンの私にとっては、もうたまらないです。あきちゃんカワイイ〜!登場人物の人たちみんな魅力的!!大好きです!!
ただ、前回の作品は納得いきません。いまだに、腑に落ちない。…忘れます。  13/5/19(きゅう)

今回は俺は観てないが(テレビを生で観る習慣が無い)、妻は観ていて随分楽しんでるようだ。
「ジェジェッ!」は覚えた! 13/5/19(石川浩司)

ぴよまるさん、「あまちゃん」についての情報を教えてくださり、ありがとうございました。残念なことに2013年7月現在、いまだ「あまちゃん」未体験な私であります。しかし、毎日のようにtwitter で石川さんの奥さんを始めとして、多くのフォローしている人が今日のあまちゃんについて熱いコメントを呟いているので、観てないのになぜか観ているような気になっています。おまけに最近は、番組ホームページや関連ブログも追っかけるようになる始末。ドラマを観ていないのにウルウルする日々が続いています。たぶん、近日中に「あまちゃん」デビューする「その日」は訪れるような予感もあります。 13/7/29(波照間エロマンガ島)

俺も見てないのにほとんどストーリーは分かってる・・・。
こんなに少なくとも自分の周りで盛り上がってるドラマは初めて。 13/7/29(石川浩司)

あまちゃん、最近になってはまりました。総集編前編を見たら、めっちゃおもしろくって、ネットで今までの全話見ました。
あまちゃんのお母さん役を小泉今日子が演じていて、あまちゃんのお母さんは若い時アイドルを目指して頑張っていたが、アイドルになれなかったという過去があります。
僕は今まで小泉今日子にあまり興味がありませんでしたが、このドラマでは小泉今日子ははまり役だと感じました。
勢い、小泉今日子のCDを図書館で借りて聴き始めました。
あまちゃんのお母さん、アイドルになれたんだ。よかったなあ、という気分になれます。逆ですねww 13/8/12(マサラ)

昔、小泉今日子とたまでテレビドラマを撮影するという話があったが、流れたなぁ。 13/8/12(石川浩司)

話題になった「あまちゃん」ですが、映画「スウィングガールズ」[2004年公開]との共通点が多く見られます。
まず東北弁で喋る女子高生、次にローカル線の車内が舞台になるところ。
脇役として出演される俳優・女優さんも同じメンバーが起用されています。
そして、オープニングでジャンプをするアキちゃんは、映画「スウィングガールズ」のポスターで上野樹里さんがジャンプをしている姿と重なります。
もちろん、どちらも面白い作品であるというところが最大の共通点でありますが[笑]。
「あまちゃん」にハマったという方は、映画「スウィングガールズ」も楽しんで観ていただけると思います。是非ご覧ください! 13/11/2(デクノボー)

デクノボーは私設「スウィングガールズ」応援団だもんね。
あ、団じゃないか。 13/11/2(石川浩司)

結局「あまちゃん」は総集編で一部分しか観られませんでしたが、最近全作のドラマ台本が出版されたという話を聞き、買って読もうかと考えています。宮藤官九郎ワールドに浸りたいわたし。 14/8/28(波照間エロマンガ島)

同時期に宮藤官九郎作で映画化された「中学生円山」はコケたらしいね。
俺としてはそっちも興味津々なので近々観たいと思とります。 14/8/28(石川浩司)

朝ドラのオープニングの曲に突然、歌詞の字幕がつくようになりました。
何て歌っているのか、わかりやすいのは良いのですが、子供向け番組のオープニングみたいでわらけてきます。 15/8/7(ぴよまる)

なんか歌詞つけないと変な風に聴こえちゃうとかかな。
それとも何かクレームが来たのかな? 15/8/7(石川浩司)

朝ドラ、今度は今週から突然オープニング歌詞の字幕が消えました!
きっと何かあったのでしょうね〜。 15/8/14(ぴよまる)

迷走してるのねーん。
もしくはクレームの応酬!? 15/8/14(石川浩司)

NHK朝の連続テレビ小説で、私が見た作品でもっとも古く記憶に残っているのが、1970年に放映された南田洋子主演の「虹」。戦中戦後の混乱期、病弱な夫と4人の子供を育て上げ、たくましく生きた女性の半生を描いた作品でした。その中で印象に残っているのが次女みどり役で出演していた永野裕紀子さん。検索すると当時まだ15歳くらい。美人というわけではないけれど、愛嬌のある顔立ちをしていて大好きでした。その後、さまざまなホームドラマに脇役で出演し、記憶の中に定着されました。1974年の石立鉄男主演のユニオン映画ドラマ「水もれ甲介」では、ヒロインの村地弘美の親友役でレギュラー出演していたのを覚えています。あと、ライオンから1970年代前半発売されたエチケットライオンやバネットライオン〔柄の部分が湾曲して歯の奥まで磨けるというのが謳い文句の歯ブラシ〕のCMにも起用されていたんじゃないかな。 15/9/17(波照間エロマンガ島)

よく覚えてるなー。
俺は当時それを観てたかどうかも覚えてないし、ましてや余程の有名人以外その後の活動など誰も分からないなー。
明らかな能力の差だなあ。トホホホ。 15/9/17(石川浩司)

12/6/15の追記。2015年10月19日のテレビ朝日系列の「徹子の部屋」に、なかにし礼、由利子夫妻が登場してました! なかにし礼さんのガンからの生還のお話でした。NHKの連ドラ「てるてる家族」では、石原さとみさんが演じた石田家四姉妹の末っ子は、還暦を過ぎても美しかったですよ! こんな美しい女性が近くにいたらたとえオーバー60でもよろめいてしまうんだろうなー。 15/10/21(波照間エロマンガ島)

60、まだまだ俺もよろめくよ!(まぁ人にもよるが・・・) 15/10/21(石川浩司)

2015年下半期の「あさが来た」の視聴習慣ができました。ヒロインの波瑠さんのお姉さん役として、ダブルヒロインで宮崎あおいさんが2006年の「純情きらり」以来9年ぶりの登場! 29歳だというのに衰えぬ可愛らしさ、たまらない魅力をふりまいています。現在わたしが住んでいるタイは日本から2時間時差があるので、朝6時にテレビをつけて毎日観ています。幕末から明治初期が舞台になる朝ドラは史上初ということで、キャストの皆さんが、まげを結い着物を着ているところも新鮮です。この先どんな展開になるのか、非常に楽しみです。 15/11/14(波照間エロマンガ島)

宮崎あおいちゃん頑張ってるんだね。息の長い女優さんになって!
ずっと活躍してればしてるほど「俺、共演したことあってさ・・・」の自慢話が出来るので(笑)。 15/11/14(石川浩司)

2015年下半期の「あさが来た」を観ていたのですが、急速につまらなくなって視聴を止めてしまいました。やはり問題は主役の波瑠さんの演技力ですかね。がんばっているのはわかるのですがどうも単調で・・・。演技力という点では「おしん」の小林綾子さんや「私の青空」の田畑智子さんは図抜けていたなぁ、と思い返します。 16/1/29(波照間エロマンガ島)

みんな精一杯がんばってるだろうに如何せん差が出てしまうんだろうね。
全く観てないのでただの憶測ですが。 16/1/29(石川浩司)

朝ドラって最初のほうは面白くてもだんだんダレてきますよね。
半年もあると、ずっと面白くは難しいのかな。あとドラマ人気が出てくると各方面からいろいろとテコ入れがありそうで大変そうと勝手に思ってしまいます。
「あさが来た」飛び飛びですが、私も見てます。俳優さんがかっこいいのと着物目当てで見てる感じです。
過去朝ドラだと「カーネーション」が好きでした。昔のミシンが出てきたり昭和の雰囲気が観ていて楽しかった 16/2/14(0)

時代考証は結構きちんとやるみたいね。それでも完璧は無理だろうけど。
それより方言とかの方が大変そう。山ひとつ超えただけで全然違うイントネーションになる場合もあるもんね。
ほとんどの人は気づかなくてもその地元の人だけ激しく違和感覚えるようなね。 16/2/14(石川浩司)

あまちゃんに出ていた薬師丸ひろ子さんが、「Wの悲劇」のオマージュとして、同じネタを作中いくつか入れていたのが面白かったです。
https://www.youtube.com/watch?v=RtZ2yRpGqFE  17/2/24(わいわい)

まぁ書いたのは脚本家だろうが(笑)。 17/2/24(石川浩司)

実はあまり大きな声では言えないですが、おとついから不図思い立って社会現象にまでなった2013年上半期の話題作『あまちゃん』を観始めました。1週間6話分で90分。2週間分で180分。今5週目に入っております。おかげですっかり睡眠不足になってしまいました。しかも通勤電車の中でスマートフォンで見ていたらある回で感動して涙が出てきてしまいました。まわりが気になって恥ずかしいので電車の中での鑑賞は控えようと思いました。それくらい面白いです。という4年経った今頃『あまちゃん』シンドロームにはまってしまったわたくしでした。 17/11/17(波照間エロマンガ島)

俺も大人になってからはほぼ唯一(途中からだけど)見てたドラマだったからなぁ。
音楽担当の大友さんが知り合いだったことも見るきっかけのひとつ。 17/11/17(石川浩司)

15/10/21の追記。ここ3年ほどバンコクでお世話になっているライブハウス兼沖縄料理レストランのK。ここの音響設備は、なかにし礼・由利子夫妻のご子息で音楽プロデューサーの某氏と提携しており、東京にある彼の音楽事務所からは女性シンガーの卵が行儀作法と音楽の研修にきたこともありちょっと関わったこともあります。
朝ドラを視聴していた2003年には考えられないことが身近に起こっているという感じですね、ささやかなシンクロニシティーというか。 18/3/27(波照間エロマンガ島)

あのマスターもちょっと不思議な人だよね。
まぁ積極的個人的に海外へ移住するような人はどこか変わった人が多いんだろうな。
誰かさんも含めて・・・。 18/3/27(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る