話題187 ワタナベイビー



たま好きなら誰もがホフディランの「スマイル」を初めて聞いたとき、絶対に知久さんを思い浮かべたと思います。僕はワタナベイビーの歌声、毒のある歌詞、曲の完成度の高さ等に少なからず襲撃を受け、地元で開催されたライブにはほとんどいきました。
今はソロですが、昔と変わらず応援しています(ユウヒさんも)。そこで、僕以外のたま好きの人や石川さんはワタナベイビーをどう評価されているのか気になります。
参考にしたいので御意見お願いします。04/12/6フィールドオブウンコ


***レス(発言は古い順に並んでます)***


才能あるね。詞も面白いし。メロディメーカーとしてはむしろ柳ちゃんタイプか。ただ商業的には正直わからない。いいものを作ったからって必ずしも売れるとは限らないからね〜。 04/12/6(石川浩司)

たまを知る前に、ホフディランに出会い、中2の時の青春アーティストです!!!それからたまを聴くようになってからワタナベイビーのアルバムにたまが参加してるのを偶然聞いてびっくり。
私の好きなアーティスト同士はなぜかつながりがあります。
ホフの「CD(コンパクトディスク)」という歌を聴いては「CDってぇのは環境破壊だな!!!」と妙に影響を受けたり、夜になると「夜」という曲を熱唱してみたり。
その後、知久さんつながりで生ベイビーを何度か観ましたが、服装がかわいい。しかも知久さんには超低姿勢。
ライブで喉がやられたらしく、ペットボトル2本を交互に飲んでました。
ホフ時代の曲しかよく知らないんだけど、歌詞があったかいっす〜。04/12/20(さっちゃん)

「たまのお歳暮」か何かの時にゲストでベイビーさんが出て、たまと「スマイル」を歌った時は、とても自然で、そのままメンバーになればいいのにと思いました。04/12/20(ペロ)

ぼくは忌野清志郎さんのファンなのですが、彼の音楽により興味をもつにあたって、とても個性がありながらさらに他の個性的なミュージシャンともつきあえる器量をもっている事に感動した、ということがあります。ワタナベイビーはそんな中のとても重要なひとりです。さらにベイビー自身もたまや知久寿焼さんとのセッション、BABY&CIDERや、さらに目立たないところではVOWのホームページにコラムを書いているなど、とても多彩な活動をされています。それこそ才能がありながら知名度に欠けている事にもどかしさを感じるけれど、それよりもそんななかでこそベイビーの音楽に出会えた事を嬉しく思います。
ワタナベイビーがもっと公に評価されることがあるとすればそれは世の中がより流麗になった
証拠です。けれども今のベイビーにそんなことはあってほしくない。彼の顎をあげて歌うスタイルは好きになれません。姿勢に関しては、一緒に歌っている所を見て、知久さんの方が好感が持てる。でもまた出会う機会があればそのときは喜んで彼の歌をききたいと思います。
 ところで出題者さんはどうして「スマイル」を聴いてどうして知久さんを思い浮かべたのですか。よろしければぜひお教くださいな。04/12/20(フイス)

俺と清志郎さんがベイビーのライブに飛び入りゲストで出たこともあったな〜っ。 04/12/20(石川浩司)

石川さん!ホフディランが出てきた頃、知久さんはワタナベイビーに対して何か言っていましたか? 04/12/20フィールドオブウンコ

いや、特には言ってなかったと思う。 04/12/20(石川浩司)

私も最初聞いたときは知久さんの声だと思いました。
デビュー当時からたまと同じく応援してきましたが活動休止してしまって一人ぼっちになって、どうなることかと心配していましたがベイビーの最初のアルバムが出たときは「やったね!一人でできたじゃん!」と感激しました。これからもどんどん新しいものを出して欲しいです。
たま最後のライブはDVDで拝見しましたが、ベイビーが(いつもより)病的に見えてちょっと引きました。酔ってたんですよね。 04/12/20ぴんころ

あの時は酔ってたんだろーね。なんせ本当の飛び入りで、本編が終わって楽屋に戻ろうとしたらマネージャーが「ベイビーがどうしても出たいって」と言うので「それじゃ準備もしてないので『おやすみいのしし』でも適当に合わせてやってもらうか〜」って言って舞台に呼んだら、いきなりあの曲を弾きだしたのでビックラゲーション。 04/12/20(石川浩司)

>ところで出題者さんはどうして「スマイル」を聴いてどうして知久さんを思い浮かべたのですか。よろしければぜひお教くださいな。

こち亀のエンディングテーマで流れていたのを聞いて、発作的に知久さんが浮かびました。単純に声が異常に高かったからそう感じたのでしょう。ゆうたろうを見て石原裕次郎を思い浮かべるとか、バレーの選手を見てエスパー伊東を思い浮かべるとか、そんな感じです。相応しい回答ができなくてすみません…。 04/12/27フィールドオブウンコ

ホフディランのスマイルが某アニメで使われていた時、私の周りには「たま」が歌っていると勘違いしている人が結構いました(^_^; 04/12/27(あるみりゅう)

ワタナベイビーがたまの最期に飛び入りしてくれたおかげで、もう二度と聴けないと思っていた「ついたー!」を聴くことが出来た。本当にファン代表としてよくやってくれた、ベイビーのお陰だと感謝してます。04/12/27(のん)

ワタナベイビーさん…私はたまの最期DVDで知ったのですが、柳原さんのHPの2003年4月10日・7月20日のライブレポートを見て、ちょっと気になるので、ライブ行ってみようかなと思うので…好きかもしれません。04/12/27(ゆっち)

ワタナベイビーは、たまの曲は完全コピーできるらしいですね。
前に知久さんのライブで、僕の猫さんすごく上手に歌ってました。すごいたま好きなのが伝わってきました。05/1/10(kyuuri)

俺も去年は友部さんと「僕の猫さん」初めてふたりで歌ったな〜っ。あの曲わりと良くない? 05/1/10(石川浩司)

「僕の猫さん」大好きです!Gさんのもなかなかいいんですけどね〜。05/1/17(ペロ)

僕の猫さん、曲調ものすごく好きです!良い曲だと思います(^^)石川さんの幅広い曲層というか、石川さんはこんな曲も作れるのか!とその才能に驚きました。05/1/17(kyuuri)

実は「頼まれ曲」(コクヨのヨコクCM曲・中原中也祭の為に作った「月の光」・テレビ番組のジングルなど)は俺が作った物が意外に多い。もちろん作曲能力は他のメンバーの方が圧倒的に優れてるのだが「〆切に間に合わせる能力」が俺にしかなかったのだ・・・。 05/1/17(石川浩司)

たまごっちのCM曲も石川さんが作ったんですか?05/4/13(フィールドオブウンコ)

あれは俺じゃない。元々CM会社から楽譜が送られて来たような・・・。はっきり覚えてないが。 05/4/13(石川浩司)

コクヨテレビ今でも流れてますもんねー^^。あれはつい口ずさむナイスメロディですね。石川さん、締め切り間に合わせ能力はすごいんですね!
本も予定通りだったし。えらい!05/4/13(kyuuri)

小心者だから怒られるのが怖いんです。 05/4/13(石川浩司)

知久さんとトモとベイビーのライブが今から楽しみです。05/4/18(ペロ)

確かにその組合せには俺も驚いた。 05/4/18(石川浩司)

今はインディーズなんでしょうか。活動かなりコツコツ系ですよね〜。05/5/2(kyuuri)

どうなのかな? たまもそうだけど最近はメジャーとインディーズ行ったり来たりしてるミュージシャン多いもんな。演歌系ではさすがに少ないが時々「10年ぶりの新曲」とか言っている人の「メジャー」って・・・。 05/5/2(石川浩司)

ベイビーさんはポンキッキーズのCDアルバムで「いっぽんでもにんじん」のカバーも歌ってるんですよ。ある意味レア物かも? 05/5/16(そぎィ)

「およげ! たいやきくん」のB面でなぎらけんいちの曲ね。 05/5/16(石川浩司)

ちょっと前の話になりますが、「1ラウンドでノックミー・ダウン」って歌がよかった。
05/5/16(あきびん)

あれ、シングルだとカラオケが入っていて、俺のコーラス(?)だけが残っているのでいきなりある意味俺のボーカル曲に変身するぞ。 05/5/16(石川浩司)

シングルCDってカラオケはいってるのが何気にいいですよね。
何気にレア音源・・・?(kyuuri)

「1ラウンドでノックミー・ダウン」歌詞カードによると、石川さんは“ラップ”ですよね(笑)
初めて聴いたときは何も思いませんでしたが、後で歌詞に別の意味があると気づきました。(そぎィ)

俺もあれ見て初めて自分がラッパーだったことに気づいた。「MCコウジ」ヨロシク!! 05/5/23(石川浩司)

MCコウジ、、、もうろくちゃんコウジの略ですか?05/7/4(ペロ)

MCコウジ、、、滅多にはコブ取り爺さんと出会わないコウジの略です。 05/7/4(石川浩司)

ベイビー、知久さん、トモフ、サードクラスのCDが思いのほか良かった。05/7/11(ペロ)

へー、そんなの出てんだー。05/7/11(石川浩司)

すごい重厚なCDでしたね。たまとは又趣がちがっていますよね(^^) 05/9/5(kyuuri)

6月に「不思議な6月の夜」行って来ました。
 ベイビーさんの噛み噛み、おたおた振りが微笑ましかったです。トモフさんの突っ込みもまたよろしくて。サードクラスもいい感じで、文句なく楽しくて面白いライブでした。
 「巌流島ライブ」に行く人、これを読んでいたら、楽しんで来てくださいね! 06/10/6(鈴)

私はファンになったのがたま解散の4、5ヶ月後なんで、
たまの最期のDVDが貴重品で、
ラストのほうで、勝手にさよなら人類はじめちゃったベイビーに、
メンバーが若干うろおぼえながら合わせて演奏して、
石川さんの「ついたー」で大歓声が起こって、
「やめないでー ぼく寂しいよー みんなもさみしいよー いつか一緒になってねぇ〜」
というベイビーのアドリブにも感激して、
すごくすごく、切なく、感動した名シーンでした。

ワタナベイビー、神級や。 07/4/20(りあ)

本人はかなり酔っぱらっていたらしく、その後会うごとに「あの時は勝手にあんなことやってすいません」とか謝られる。俺は元々ハプニング大歓迎だったので「全然問題ないよ。というか良かったよ!」と言ってあげたけど、ライブを観ていた人の中には、「出しゃばり過ぎ」と反感を持った人もいたそうな。人の感想はそれぞれだから難しいね〜。 07/4/20(石川浩司)

ベイビーさんを初めて見たのはDVD『たまの最期』で、すごくベロベロだったのでヘニョヘニョな人だと思っていました。
でも最近DVD『不思議な六月の夜』を見て、MCの時のベイビーさんは声が低く話し方もロッカーというか男らしくてびっくりしました。  07/7/18(若様)

確かにあの時は本当にベロベロだったからな〜。そんな姿をDVDに収められて一生見続けられるベイビーもこれまたかわいいもんさ! 07/7/18(石川浩司)

私もホフディラン初めて聴いたとき「たま」みたい!だと思いました。
ベロベロに酔っていたとのことですが、酒に弱い私からすると、ベロベロの状態であれだけの即興とピアノができるって、プロだからにしてもすごいなぁーと思いました。
私個人の感想として、あれがあったからこそ、最期のライブが一層印象的なモノになったんじゃないかなと思います。あれをナマで見てみたかった、見て「天ぷら油」の一人になりたかった(笑)
でもあれで一番ウケたのは、Gさんの「できたー!」ですが。
そもそもDVD「たまの最期!」を買ったきっかけが収録曲「さよなら人類」誰が唄ってるんだ?どんな演奏なんだ??ってのが気になって気になって仕方がなくなって買ったので、いい意味で「やられたー!」とか思って大満足でした。あまりの面白さにここばかり何度も再生(爆)
「こんな理由でDVDを買った人もいますよ」、とベイビーさんに会ったら教えてあげてください。気にされているようなので。 07/10/4(梅桃ひよ子)

会ったら言っておくよ。喜ぶかもね。未だに気にしてるようなこと言われたことあるしな。俺なんて特にハプニング好きだから返ってライブにメリハリが出来て良かったのに。 07/10/4(石川浩司)

友達に「知久さんて洗剤のCMの歌うたってるんだね!」「あの感じは絶対そうだよ!」と言われて、誰と間違えてるんだろう…と思って見てみたら「♪ホフディラン」の文字が!ちょこっと感動でした。似てるのかな? 08/10/26(きよ)

ホフディラン、特にワタナベイビーは知久君に似てると言われたり柳ちゃんに似ていたりと言われるよね。
そのふたりの中間の声質なのかね。 08/10/26(石川浩司)

ええと、言いにくいことなのですが、ここでカミングアウト。
私は柳ちゃんの存在を完全に忘れていて、たまのCDをききながら、あれ?知久くんこの歌では別人みたいだなあ!
とか、??マークを噴出させまくってました。
好きなのに。頭の中から抹殺されてました。
かたじけない! 09/1/22(ますちゃん)

ああ、そういうことあるのかもね。
でもそれとワタナベイビーにどういう関係が? 09/1/22(石川浩司)

知久さんの誕生日ライヴでベイビーさんが登場したときには、『たまの最期』を思い出して(DVDでしか観たことない&当時ファンではなかったのに)泣きそうになりました!
「'93年頃のたまのライヴを隠し撮りしたテープを持っている」とカミングアウトしたベイビーさん、知久さんにたしなめられつつも「オレの形見だと思って大事にして」と言われてました。
なんだかほのぼのした光景を見ました。 09/3/1(キット)

形見・・・。失敗している時のライブだったら嫌だな(笑)。  09/3/1(石川浩司)

キットさんの仰ってる誕生日ライブで私もベイビーを間近で見たのですが、歌っているとき口が富士山の形なのを見て「ああいう口の人って本当にいるんだ」と妙に感心しました。
歌はとってもよかったです。 09/3/13(蓮)

「歌は」というと・・・。  09/3/13(石川浩司)

義姉に「カジヒデキ」なる人物をおすすめされて、アルバムを聴いていたらベイビーが一緒に(てかベイビーの声しかきこえなかった)歌っててびっくりしました。 09/11/9(りあちゃん)

彼も顔が広いな〜。器用だしね。  09/11/9(石川浩司)

ベイビーさん、最近、スペースシャワーTVの某番組で国王として大活躍です。天然具合がハンパないです。魅力的な方ですね。 11/8/13(コートニー)

王様か・・・。
確かに天然なとこちょっとあるかな。 11/8/13(石川浩司)

この前、「ホフディランを借りよう!」と思ってツタヤに行ったのではないんですが、ふとした拍子に「ホフディラン」の文字が目に入り、気がつくとCDを手に取り、カウンターに向かっていました。いいですね、ワタナベイビー。ああいう個性的なボーカルに心惹かれますね。 12/8/21(可南)

ベイビーの声も特徴あるからね。知久君と柳ちゃんを足して割ったような!? 12/8/21(石川浩司)

知久さんと柳原さんを足して割ったようなって、確かにそんな感じですね!あと、ちょっとジョン・レノンっぽい感じもします。 12/8/31(可南)

ま、変な声ということですわ(笑)。 12/8/31(石川浩司)

あ、3たま時代のサポートメンバーの方って、この方だったんですか。
初めて知りました。 17/1/30(わいわい)

全然違います・・・(笑)。 17/1/30(石川浩司)

ボブ・ディランさんのノーベル文学賞が決定した時に"ホフディラン"も話題になりましたけど、ワイドショーの電話インタビューに答えられていたのは小宮山雄飛さんだけでワタナベイビーさんは登場されませんでした。
そんなワタナベイビーさん、現在のお名前は"ワタナファザー"とのことです(ご本人のジョーク)。 17/2/24(テングザル)

ああ、子供産まれたんだっけ。今秋久しぶりに九州で一緒にライブやるよー。 17/2/24(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る