話題145  不思議な話



偶然見たデジタル時計の時間が自分の誕生日だったり、並んだ数字だったりしたことはありませんか?私は怖いぐらいにめちゃくちゃ多いのです。今年に入ってもう三回もありました(1月2日現在!)。時計だけじゃないんです。買い物した時の合計の金額、とかお釣りとか、果ては車に乗ってて何気なく見上げた住所の看板が「北5条西16」(5月16日生まれなので)だったり。
「444」とかなったときは怖さも倍増。
一体何なんだ、これは!! 
この謎を究明したいような、謎のままにしておきたいような・・みなさんはこんな経験ありますか?また他にも不思議な体験があったらご報告を!! 04/1/5(さっちゃん)


***レス(発言は古い順に並んでます)***


デジタルの時計を見ると20回に1回ぐらいの割合で11時11分だったり、22時22分だったりする。 04/1/5(石川浩司)

デジタル時計の誕生日、ありますねー。わたしの場合はたいていだんなか、モト彼の誕生日。モト彼の誕生日なんて忘れていいのに〜、わたしよ!
あと、しばらく連絡とってない友人のこと考えてたらその友人から電話やメールがきたり、たまに外出したらめったに会わない知り合いに立て続けに出会ったりしますね。(Rio)

また今日も・・・ふと見た時計が5時16分・・。
なんなの、これは・・。04/1/12(さっちゃん)

えーと、なんなのこれはと言われてもただの5時16分なわけで・・・。 04/1/12(石川浩司)

経理なんてやってると、バラバラな数字の合計がなぜか「3636363」だったりすることなどしょっちゅうです。そんなことより、偶然でも「なぜモー娘。の辻と加護でユニット組ませない?」とこのコーナーにメールを送った翌日の新聞にその話題が載ってたり、「なんか胸がざわざわする。きっとたまの解散のこと考えてるせいだ。ええい、早く寝てしまえ!」と8時か9時ぐらいに布団に入った翌朝十勝沖地震が来たりしたことの方が怖いです。04/1/12(うろたえ太郎)

午前中にテレビつけてると、時間が画面に表示されてますが、それで自分の誕生日と同じ数字の並びをみると「おおっ」なんかいいことある?なんて思ったり。04/1/12(杏)

そういうと、webの「キリ番」もそうですよね。自分が延々と踏まない限り、偶然「11111」とかになったら何かいいことあるかも?と思います。04/1/19(たにし係長)

うちの近所のひとり暮らしのおばさん(推定60歳代)は、私のうちの人物が玄関を出るとかなりの確率で玄関から出てきたりベランダに出てきたりします(その人の家は私の家から30mくらいの距離で、私の家の出入りが見やすい位置にあります)。
そして外に出ても何するでもなくちょっと干しあった雑巾を取り込んだりベランダの柵を拭いたりしています。昼でも夜でも。これは家に帰ってきた時も然りで、今日も私が夜9時頃自転車で家に帰ると、到着と同時にそのおばさんの家の玄関の電気が付き、出てきました。あのおばさん、もしかしてセンサーで作動してるのかもしれません。 04/1/19(作戦失敗)

私が不思議に思ったことなんですが、「ど根性ガエル」にでてくる、ゴローちゃん?
!というキャラクター(背が小さくて学ラン着てて、白い布の学生かばんをななめがけにしている)がいるんですが、顔の上半分が赤いんです。なぜ赤いんでしょうか、不思議です。 04/3/1(杏)

新興宗教・・・ 04/3/1(石川浩司)

先週は皆さんの話題と全然路線の違う話を投稿してしまいました(^^;とりあえず不思議な話っちゅうことで・・。
数字の並びで不思議というか、見ていてしっくり来るのはありますね。例えばデジタル表示の時計で3時15分とか5時25分、6時18分など、「分」が「時」の倍数になってると見ていて心地良かったりします。それと、アナログ式の時計で、ふと見ると一瞬秒針が戻る時ありませんか?  04/3/1(作戦失敗) 

ぱっ と時計を見て自分の誕生日とかぞろ目とか気がつく人は神経質だってキムタクがTVで言ってましたよ(^-^;)私もわりと気が付く方です。  04/3/1PN:にゃんこ

目覚まし時計をかけなくても、毎朝7時30分に目が覚めますがこれってけっこう不思議かも。
子供の頃はあれだけ起こされても起きなくて「なんで起こしてくれないの」式逆切れ常習犯だった私なのにです。 04/3/8(かづ)

俺も今は毎日仕事時間が違うので駄目だけど、バイト時代とかは目覚ましをかけていても必ずその5分前に目覚めたりした。脳内時計も結構正確。子供の時は「親が起こしてくれる」という意識でその感覚も鋭敏じゃなかったんだろーね。 04/3/8(石川浩司)

ここ1年位、幼馴染の女の子の夢を定期的に(月に1〜2回かな)見ます。
その子とは何年も前から連絡をとってなくて、引っ越しちゃったし携帯の番号も知らないんで今はどうしてるかわかんないんだけど・・
それだけ心の底で会いたいと思ってるのかな?

で、それを友人に話したら、吉本ばななの小説にも同じような話があったようです。
やっぱり月に一度くらい、定期的にある人の夢を見つづけて・・
1年位してその人が死んじゃったって話らしいです・・・・・・いやぁっ(>_<)汗汗 04/3/15HN:えみごん

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!! 04/3/15(石川浩司)

合格発表を見に車で高校へ向かっていたとき、「方向音痴」とか「おるがん」とか何か縁起の悪い語句(方向音痴とか、僕が死んだ日とか)を含んでいる歌を聞きながら行ったのですが、ふと車の時計を見たら3時33分だったのです。
4時44分じゃなくて良かったです。(もし、そうなっていたら落ち込んでいたと思うし。)
ちゃんと合格していましたよ!!  04/3/22(鯖子)

「たま」の歌にはだいたい「死ぬ」とか縁起の悪い言葉含有率高いのじゃ〜。特に知久君と俺のは多い。04/3/22(石川浩司)

今日、クラス発表がありました。
いつものように、たまの歌を聴きながら学校へ行きました。ちなみに、最後に聴いていたのが滝本さんの歌でした。
すると、なんと私は1年G組でした!!
ちょっと嬉しくなりました。。。
でもG組はいちばん端のクラスなので、玄関から遠いです。(泣)体力のない私に、4階まで上ってさらに、長い廊下を端まで歩け!!だなんて・・・。
嬉しいやら悲しいやら・・・。 04/4/5(鯖子)

おお、最近にしては珍しく生徒数の多い学校か? 俺の高校は当時14組まであったけどね。04/4/5(石川浩司)

時計は結構頻繁に見るので、やはり、神経質な人が気になると思います。
あ〜、夢のない話だこと。(笑)04/5/4(ペロ)

高校生の時、犬の散歩中に30メートルくらい先を、多分私の腰くらいまでの背の高さのキリンが横切ったのを確かに見たんです。うちは田舎なので、だだっぴろい田んぼ道を散歩しています。その後二度と見ていないし誰も信じてくれませんが、あれは絶対キリン!!バイオテクノロジーの研究がきっとこの田舎でひっそりと行われているに違いない! 04/5/4(ぶう)

だから変な薬は即刻やめなさいって! 04/5/4(石川浩司)

同僚が得意先から帰ってきた時お菓子を貰ってきました。袋に入れたままのそれを私に見せて「中身はなぁーんだ?」と聞いてきた時、頭に「かりんとう」という言葉が浮かんだのでその通りに言ったら、中身は本当にかりんとうでした。私自身は黒糖が好きではないので自分の願望ということはあり得ません。おお、神よ、舞い降りるならこういうしょぼい時ではなく、もっと重要な場面で舞い降りて来て欲しかった(笑)。04/5/10(のん)

そーそーどうでもいいような時に妙に勘がさえる時ってあるよね。無駄神。04/5/10(のん)

↑ありゃっ! 私はいつから「石川浩司」になったのだろう……。これぞまさしく「不思議な話」。04/5/17(のん)

ふふっ。人間入れ代わりの術。04/5/17(石川浩司)

親の友人にとっても霊感の強い人がいます。
その人が、ある人がとても不幸な目にばかり会っているから見てくれ、と頼まれたそうで。
んでちょっと霊視なのか知りませんが見てみたら、その人は三日間寝込みました。04/5/24(勾丞)

ゾロ目の時刻になると、無意識のうちに祈ってません?この歳になっても、私はいまだにやってます。 04/8/17(くにゅ)

でもデジタル時計が出るまでは「ゾロ目」ってなかったんだよね。 04/8/17(石川浩司)

たまたま行ったライヴで、お目当てのバンド以外に素晴らしい女性ボーカリストがいたので、声をかけたら、なんと自分が今在籍してるバンドのメンバーの先輩でした。
世間は狭いです。バンドやってるとこういうことが多くなりました。知らない人にも「あれ?たにし(仮)やろ?」とか。 04/8/17(たにし係長)

新しい彼女が出来て、お店に食事に行くと、別れた彼女に出会う事が多いです。
まぁ僕の行動範囲が狭いだけの事でしょうか・・・。04/12/6(ペロ)

旅行するたびに集めているご当地物があるんだけど、それが意外に探すのが大変で、まず空港で何種類かあるうちのふたつを買って、他にも欲しいタイプのがあったのだが、そこには微妙に形の違った値段が高いタイプのしかなくて、買うのをあきらめて、別の店を見てみたら(空港からはかなり離れている所)、空港でみつけた種類のがそこの店にはなくて、その代わりに探していた種類・タイプのものがそこに売っていたことがあった。地味なところでなぜか勘が働く。04/12/20(さっちゃん)

キティちゃんかな? あれ、とんでもないのあるよね。富山でホタルイカキティちゃんを見た。 04/12/20(石川浩司)

高校時代の友人のS君が、留学先のカナダから一時帰国する直前に事故にあってしまい、予定した飛行機で棺の中の人となって無言の帰国をしてしまいました。
葬儀が終わってしばらくして彼の家へ行ったら、彼が死の直前に母親に宛てた手紙を見せてもらいました。
が、とても縁起でもない字の間違い方をしているのです。
「日が沈んで」を、「日が没んで」と、「家賃を払って」を「家賃を仏って」と、まるで彼の運命を予期しているかのように。
人間の運命って、なにか見えないシナリオみたいなのがあるのかなあ、と思ってしまいました。 05/1/17アイマラ

それは怖いな。でもコジツケれば実は何でもそういう風に見えるということもあるんだけどね。 05/1/17(石川浩司)

宝くじで1万円当たったんだけど、もうなくなっちゃった。不思議な話だ。05/1/17(ペロ)

私はある香港映画が大好きなのですが、その映画はけっこう何回もテレビで深夜に放送されていて、いつも一人こっそり起きて、リビングで見ていました。ここからが不思議で、あるシーン(すごくエロい)になったら絶対家族の誰かが、リビングに入ってくるのです。故意にじゃなくて、まったくの偶然です。こんな深夜にHなのを見ていることがバレたら嫌なので、誰かが入ってきた瞬間にチャンネルを変えます。なのでそのシーンだけいっつも見れない…。こんなことがこれまでに四回もあってます。
ほんとに知らないで入ってくるんですよ。05/1/17(七色金魚)

実は七色金魚が(そろそろHなシーンだ)と思った瞬間、自分では気づかないでハァハァしてて「何の声かしら」って家の人が見にきてただけだったりして。 05/1/17(石川浩司)

七色金魚さんと似た話で、最近やってる特命係長とかいうドラマでよく乙パイが出てくるんですが、家族が来るとついまわしちゃいますねw。
12時前だってのに。テレ朝すごい。05/4/13(kyuuri)

オッパイで視聴率を稼ぐのだよ。kyuuri君みたいに観る人がいるだろう?ひひひ。05/4/18(ペロ)

手前味噌ながら私、先ごろ石川さんのお導きにより、「Fuk−Dah」に「c」の一時を加えて「Fuck−Dah」を襲名いたしました。で、投稿文を打っている時、不思議なことに気がつきました。以前は、OUTLOOK のスペル・チェック機能に引っかかるのか、「Fuk−Dah」全体に赤い下線が表示されていました。それが今は、「Fuck」にだけ、赤い線が表示されなくなりました。なぜ? 「Fuck」って何? そんな言葉、あるんですか? 05/5/2「Fuck−Dah」

馬鹿だなぁ。帽子とかをかけるフックじゃないか。あと、ロビンフックとか。 05/5/2(石川浩司)
僕清純なのでそんなにみませんよぉ。
湯けむりとかOL温泉旅とかの文字を見ても別にちょっとしか見ません! 05/5/2(kyuuri)

あまりテレビを見るほうではないのに、なぜか毎年、決まってニュースで見てしまう行事があります。一つは大分県の湯布院で行われる「牛食い絶叫祭り」。広大な原野で、日ごろ言いたくても言えないことを大声で絶叫し、鬱憤を晴らすとともに、その声の大きさを計測して競い合うという、いたって単純な催し。で、大声ですっきりしたところで、名物豊後牛に舌鼓を打つという特典つき。これはまあ、九州エリアだから、ローカル枠でも目にする機会が多いのかもしれません。ところが、もう一つ、こちらは岩手県の伝統行事。全国ネタ。不思議なことに今日も、というか今年も見てしまいました。「チャグチャグ馬コ」。ずいぶん前から聞き覚えのあるお祭り。と同時に、必ず「グチャグチャオマッ○」というお下品な言葉が脳裏に浮かんでしまいます。本来の美しき伝統をお知りになりたい方は以下のアドレスへ。 http://www.vill.takizawa.iwate.jp/section/chag/index.htm 05/6/13「Fuck−Dah」

俺が昔作った歌でも歌詞に「チャグチャグ馬コ」使った曲あるな。語感が面白いよね。 05/6/13(石川浩司)

独り暮らしでもエロDVDの音量を小さくしてしまうのはなんでだろうか?05/7/4(ペロ)

俺なんざイヤホーンさっ! 05/7/4(石川浩司)

マスタはステキな奥様で我慢しなされ。05/7/11(ペロ)

僕、ウファーつきの5.1chのスピーカーです。
ド迫力! 05/7/11 (kyuuri)

父のお葬式の日、触っていないのにデッキの電源がついて勝手にCDが再生されたり、玄関のドアがどうにも閉まらなくなったりしました。不思議な話。05/8/3(りあ)

それはよくあるらしい。死んだ人がしばらく自分が死んだことに気づかないで家にいるんだよね。 05/8/3(石川浩司)

もし、私が死んだら・・・、もし、この世で聴いたCDにずっと未練が残ったら・・・。5、6年は成仏できませんな。24時間、オーディオ鳴りっぱなし。でも、これって、「隣の家に向かってCDラジカセ大音量でガンガン」で逮捕されたオバハンと一緒? 棺桶には「BOSE」のヘッドフォンを入れてもらうか・・・。 05/9/19「Fuck-Dah」

自分が例になったら、たまファンの素質がありそうな人間のPCに勝手にオンラインでたまの音源を買い流しまくる。05/11/29(kyuuri)

右の壁から左の壁に、白いワンピの女の人が歩いて通り抜けていった。 不思議不思議。 07/3/12(りあ)

まぁその程度は許してやってくれ。窓からタンスの方に通り抜けて行ったら、泥棒じゃないかと疑った方がいいな。 07/3/12(石川浩司)

砂糖やミルクを入れても飲めなかったコーヒーが、顔から首にかけて出来たじんましんが完治しかけた頃に無性に飲みたくなり、今ではブラックで楽しんでおります。じんましんで体質でも変わったのかな? 07/5/8(秘密の座席)

俺も子供の頃一度だけじんましんになったことのあるのがイカだった。それがイカ天で人生が変わるきっかけになろうとは・・・。 07/5/8(石川浩司)

駅に向かって歩いていたら前から凄〜く背の高い人がやってきました。「見かけない人だなぁ。」と思いつつ見ているとすれ違った時にビックリ!だって以前私が絵に描いた人、そのものだったんだもの!
顔は勿論背の高さといいトンガリ帽子といい、着てる物からつま先の反り返った靴まで一緒!
よほどあとをつけて、どこに住んでいるのか確かめようと思ったけど、急いでたので諦めました。あの日以来会ってないので、例えストーカーと呼ばれようともあとをつけておけばよかった・・・。 07/8/26(ごりぽん)

今時トンガリ帽子かぶっている人いるか? それは絵の中から出てきた人・・・ではない。君が自分自身の絵の中に入ってしまった、日常の中の非日常空間なのだ。 07/8/26(石川浩司)

あちこちでいつも言っているのですが、中一からの一番仲のよい友人と区が違うほど別に近所ってわけでもないのに実家の電話番号が一番号違いだったのはほんとに不思議だったです。 その友人とは「今思いついたオリジナルギャグ」まで同時に同じこと言ってしまうことも多々あり、きもちわるっ!と思いました。 07/12/22(ことり)

電話番号は分からないが、思考回路が似てるんだろうね。きもちわるっ! 07/12/22(石川浩司)

ガムを食べているところにチョコレートを放り込むと、ガムが消えてなくなるそーです。
実験実験、やってみよー! 07/12/31(りあちゃん)

ほんじゃ逆にチョコレートを食っている時にガムを放り込むと!?
実験実験、やってみよー! 07/12/31(石川浩司)

じゃあじゃあチョコレート食いながらファンタとか飲んでみて!!
ムゴゴゴブバババババってなるから! 08/1/11(さっちゃん)

みんなで集まって「ムゴゴゴブバババババ合唱団」作るかっ! 何の意味もないがなっ! 08/1/11(石川浩司)

くっだらないですけど、私の旧姓も現在の姓も、そしてHNさえもすべてが「あ」行で始まっています。別に何の意識もしていないけど、不思議。 (梅桃ひよ子)

そういえば俺の妻も両親も弟もすべてが「あ」行で始まっている! ブルブル。
ってか、HNはそもそも自分で付けたんじゃ・・・。 08/1/30(石川浩司)

何故か部屋の中の小物が姿を消してしまうのです。一週間消えていた爪切りは、コンポのスピーカーの上に突如現れました。私の持ち物って、テレポーテーション出来るのかな。 08/4/8(秘密の座席)

あんたの男の仕業さ。 08/4/8(石川浩司)

男?・・・・・・いたらね・・・。(号泣) 08/4/17(秘密の座席)

男は選ばなきゃ、掃いて捨てるほどいるさー。選び過ぎなんじゃ? 08/4/17(石川浩司)

選ぶほどいたらいいですねー。夢のようですわ。 08/4/22(秘密の座席)

いるところにはいるさ。新宿駅の地下通路とかさ・・・。 08/4/22(石川浩司)

壊れてる時計をふっと見たら今の時間とほぼ一緒の時間で止まってた・・・ 08/6/28(きよ)

その時計なら、さっきニヤニヤ笑いながら部屋を出ていったよ。 08/6/28(石川浩司)

幼い頃、つり目の人形を手にして遊んでいた時、一瞬つり目が垂れ下がったように見えました。
本当に一瞬だったし、ずっと昔の話ですが、今でも覚えています。 08/10/26(たちつ亭と〜助)

人形は生き物だからね。事典にも載っているよ。 08/10/26(石川浩司)

先日の大学祭のバザーにて、先述の人形と全く同じものが出品されてるのを発見しました。
見かけた時は、「おお懐かしいな〜、ちょっと汚れてるな〜」としか思わなかったのですが、「もしかしてあの投稿をした後に何か伝えたいことがあってやってきたのかな?」と、後から妄想してしまい、1人で怖くなっています。  08/11/28(たちつ亭と〜助)

先日、その人形に偶然会ったので聞いてみたら「極力石川浩司のライブに行くように」だって、伝言ね。  08/11/28(石川浩司)

私、今は茶髪なのですが、諸事情により1日だけどうしても黒髪に変身しなければならなくなりました。
昨晩、黒染めをしたのですが…染まるはずがまったく染まりませんでした。おかしくないですか?前回同じものを使ったときはキレイに黒くなったのに。
あぁ今晩も黒染めをしなければいけない…めんどくさい。 09/8/26(じゅんぢ)

茶の力が強くなったのかもしれない。
菌がどんどん強くなるように。  09/8/26(石川浩司)

単身親戚宅に泊まりに行ったとき、みんなで近所の小さな居酒屋さんに行きました。
そこで色々と話をしていくうちに、婆ちゃんが亡くなった時の話になりました。何でも、お通夜の会場でみんなで話をしているとき、婆ちゃんの棺桶があった部屋の電気が点いたり消えたりした、とのこと。僕はこの時、二日酔いにうなされてう〜う〜言ってたので、そのことにまるで気付きませんでした。
そんな話の最中、従兄弟がトイレに行きました。すると、「うお〜!」という声。
戻ってきた従兄弟に話を聞くと、「あの時みたいに、トイレの電気が点いたり消えたりした!」。
今になって思うと、たぶん婆ちゃんも久しぶりに親戚一家の顔を見たかったがために、僕についてきたんだろうな、と思います。 09/11/9(たちつ亭と〜助)

それはたぶん本当にそう。
「あたしだっているよ〜」は伝えたかったんだろうね。  09/11/9(石川浩司)

5歳の甥を連れて遊園地内にある「動物広場」に行った時のことです。
6畳位の広さの囲いの中に、ウサギや羊が放されていました。そこで遊んでいると隅の方に羊の親子がいておっぱいを飲んでいるのが目に入りました。
近づいたら落ち着いて飲めないだろうと思い2メートル位離れてみていました。すると、後ろから親子連れが3組やって来て、ギャーピー言いながら羊の親子の傍に行き、しゃがみこんで囲んで騒いでいました。
私はそれを見ながら「おっぱい飲んでいるんだからそっとしておいてあげればいいのに。早く帰れー!」とつぶやきながら念を送り続けました。
しばらくしてやっとその親子連れが帰ったので「良かったね。ゆっくり飲みな。」とつぶやきました。そして甥に帰ろうかというと、周りに散らばっていた羊10頭位が次々にやって来て、全員で私を取り囲みました。
私の顔を見上げて一斉に「メーメーメーメー」言っています。身動きが取れないで居ると飼育員の人が羊達を散らしてくれました。
羊達は「さっきはありがとう。もう帰っちゃうの?もう少しいてよー。」と言っていたのでしょう・・・多分。
とても不思議な体験でした。 10/12/18(ごりぽん)

本当にそうだったのかもね。
もしくは君が他の人にはないケモノだけに分かる猛烈な異臭を放っていたか、どちらかだ・・・。  10/12/18(石川浩司)

上のほう3番目くらいのレスでさっちゃんがふと見たデジタル時計が「5時16分」だったというのは、もしかしてさっちゃんが5月16日生まれじゃないからではないかな、と思いました。確か5月生まれだと記憶しているので。以上、6年以上前のコメントへのレスでした(笑)。 11/5/12(波照間エロマンガ島)

そうかもね。本名「さつき」がさっちゃんの名前の由来だから5月生まれは間違いないな。
そう、ここはさり気なく何年も前の誰かの言葉に時間を超えてレスを付けられる不思議な場所。 11/5/12(石川浩司)

2010年の4月、餃子の王将で食事をした時、ふと伝票を見たら、僕の食べた料理の代金が777円だったことがあります。その年は素敵なライブ(大谷臨時楽団)や「たまの映画」の舞台挨拶を観れた思い出深い年でした。『おっさん7』は見逃したけれど・・・。 12/10/22(Sankaku)

俺もデジタル時計を見るとよく「6時66分」のことがある。 12/10/22(石川浩司)

3年前、仕事で行ったアメリカ東海岸の小さな町でたまたま入ったレストランに占い師のおばさんがいました。その人に、金髪で青い目の男の子があなたの人生に現れてあなたを幸せにしてくれる、私には見える、といわれました。私はその時はああそうですか、それはさぞ素敵でしょうねみたいな感じで適当に受け流して終わり、その後そのことは特に考えなかったのですが、それから丸3年たった今あの占い師のことをやたら考えています。アメリカ東海岸のその町から帰ってきた翌週に出会った金髪で青い目の男性が今の主人なのです。 13/7/29(Sabina)

おおっ!と思ったがアメリカに金髪で青い目の人は多いわけで・・・ムニャムニャ(笑)。 13/7/29(石川浩司)

フランスパンを包丁で切ってトースターで焼こうと思いましたが、いくら探しても肝心の包丁が見つかりません。
仕方がないので、「両手で」ちぎってトースターの中に入れました。
チンッとうっすら焼き色の付いたフランスパンをトースターから取り出し、包丁でスライスしてバターを塗・・・。
えっ!?
この手に持っている包丁は、一体どこから現れた!?
10分以上も散々探して諦めたのに、なぜ手に持っている!?
意識はハッキリしていたのですが、ほんの数秒間に起こった不思議な出来事でした・・・。 13/11/2(デクノボー)

それより、目の前の死体をなんとかした方がいいよ。 13/11/2(石川浩司)

13/11/2の石川さんのレス。「あのー、デクノボーがやったんじゃありません。もしこの包丁からデクノボーの指紋が出たら、それは拭き取った後に付いたものですから関係ありません。あ、そうだ。犯人を見ました。黒いズボンを着て黒いジャケットを穿いた身長3メートルくらいある男でした。えっと、警察の方では犯人の目星とか付いてるのかなーなんて。ほら、犯人逮捕に協力したいんで、ちょくちょく捜査の進捗状況とかを教えてもらえると有難いなーなんて。よし、デクノボーは無実だっていう記者会見を開くので、マスコミを集めてもらえますか?」 不思議と犯人は多くを語る・・・。 13/11/12(無口なデクノボー)

それより何よりまず、君、下半身丸出しじゃないかっ! 13/11/12(石川浩司)

コイントスで占いをよくやるのですが、コインがよく回転して跳ね上がったときほど、なぜかどこに飛んでも上手くキャッチできる事が多いです。やった事はありませんが目をつぶってでも取れそうな感じなのです。 13/11/12(Sankaku)

そういうスポーツを作ればいきなりオリンピック選手!? 13/11/12(石川浩司)

人生のこれからのキーポイントになるものや、やって良かったと思うものほど、なぜか見たりやったりもしくは入手したりするのが億劫な事が多々あります。たとえばたまのアルバムのCD『ひるね』を買う時に「カセットで持ってるから無くても良いかな」と思ってしまったり、またこの石川さんのホームページも見れば見たで非常に楽しめるのですが、行くのがひどく億劫だったりするのです。 14/1/7(Sankaku 

ふむふむ。でもライブ来るとやっぱり楽しいでしょ? 14/1/7(石川浩司)

この3月5日に更新された私のポイントが4286ポイントでした。
1年でここまで頑張れたのが嬉しかったので、死に野郎、市に遣ろう、などとゴロで憶えてメモリの少ない脳味噌に刻み付けたのですが、今日乗ったバスのナンバープレートがなんと4286でした・・・! こっこれは宝くじ売り場でロトなんとかをこの数字で買えという天の思し召しか!? か、買っちゃおうかな。 14/3/17(オポムチャン)

「世に病む」かもよ・・・。 14/3/17(石川浩司)

数字の語呂にオチが付きました。先週の仕事で28kgの荷物を担いだのとぼうずのお守りがきいたのか、腰が痛うて痛うてかないません。そうです、4286とは、「腰痛野郎」のことだったのです・・・! ふ、不思議だ。 14/3/24(オポムチャン)

55555(いついついついついつ・・・) 14/3/24(石川浩司)

こないだ友人の結婚式でミスチルの「365日」という曲をギターで弾くことになっててクロークに預けたら、預かり札の番号がなんと365番でした。さすがにこれは友人たる新郎がクロークに仕込んだな? と思って本人に聴いたらマジで!? これすげぇ、なんて感動して写真撮ってました。不思議だ。 14/6/24(オポムチャン)

パスカルズ(たま)で「326」という曲をやり始めた頃、326というイラストレーターが売れ始めたっけ。
以前他のとこにも書いたけど326はただのテープカウンターの番号で325でも327でも良かったのに。 14/6/24(石川浩司)

父が出掛けていくのを見送りに玄関に出ていた母が戻ってきて、「あ、パパテレビつけっぱなし」と言ってテレビを消しました。
  その時私は自室にいたのでテレビの様子は見えません。(音は聞こえます)
でも、母が出ていっている間、全くの無音だったのです。
一体無音のテレビには何が写っていたんだろう…。 14/6/24(すこんぶ)

シワシワのお婆さんになった未来の君の顔さ・・・。 14/6/24(石川浩司)

こないだ上司の結婚式でミスチルの「365日」という曲をギターで弾くことになって無事演奏しきったんですが、その日の出費がご祝儀 + 二次会費 = 36,500円でした・・・ ここでも365繋がりか!? 不思議だ。 14/8/7(オポムチャン)

「36500日」という歌なら完璧だったね! 14/8/7(石川浩司)

学校でまりちゃんズの「尾崎家の祖母」を流したら 尾崎先生が職員室に呼び出されてました・・・  14/8/7(ズミ天)

「尾崎家の祖母」はバージョンによってバーさんの年が上がっていくんだよね。
あ、今日ちょうど母親の80歳の誕生日だ。 14/8/7(石川浩司)

最近、TwitterでGさんがオオスカシバと言う昆虫の写真をアップしていて、その後知久さんがそれをリツイートしていたんですが、ちょうど知久さんがリツイートした日に、家にもオオスカシバを発見しました。  今まで見たことがなかった昆虫で、見てみたいと思っていた矢先の出来事に偶然とは思えないものを感じました。  14/8/31(きゅう)

俺は見てみたくない〜。
俺もそのGさんの写真は見たけど、俺にとってはゴキブリの方がまだマシじゃい!
あぁ気持ち悪っ。 14/8/31(石川浩司)

フィギュアを枕もとに置いて寝ることがあります。・・・ツッコミはさておいて、そうするとほぼ必ず変な夢を見てしまいます。 よくわからないけれど、怪談話でも枕を変えると悪夢にうなされるということがあるのでそんな類の話でしょうか。 14/12/18(Sankaku)

夢精・・・? 14/12/18(石川浩司)

  うまく説明できなくて、ナカナカ人に信じて貰えない話があります。
北京の胡同に住んでいた時、昼の強い日差しの日に、鈴の音のするお爺さんとすれ違ったことが忘れられません。
イメージとしては昔の香港映画とかに如何にも出てきそうな、丸眼鏡のショボくれた老師風ジーサマなんですが、あの人が歩いてくると、何故か周りの音が消えて、鈴の音だけがドップラーで過ぎ去っていくのです。
別の日に、同じ場所で二度、会いました。いずれもカーンと晴れた日の昼間、つかの間無音になる北京の茶色い胡同内の小道…
一度だけでなく複数回あったのがとっても印象的で、うまく説明出来ないんだけれど、なんだか妙に不思議なんです。
因みに中国ではボケ防止に、鈴の入った球を2つ、日常的に老人が手でニギニギして鳴らす古い風習があるのですが、たぶんその鈴の音だったんだと思います。
が、何故他の生活雑音が一瞬消えるの??何故あの鈴の音だけあんなに大きく響いて聞こえたの…??? 15/3/19(ジェレ美)

北京の胡同に住んでたんだ!
ああいう雰囲気大好き。確かにそういうことが起きても不思議じゃない感じだね。
日本には無いものもある気がするね。
他にも中国体験あったらいろいろ聞きたいなあ。 15/3/19(石川浩司)

職場のE支店の課長のバイさん(という苗字)が転勤になり、そのあとE支店に替わりに転勤してきたのはワイさんという課長でした。しかも下の名前の漢字も読み方もまったく一緒・・・! またドイツなどなら「Wai」はバイ、と読めないことも無いし・・・。不思議だ。てかこれは本社人事部のおふざけだな・・・。 15/4/19(オポムチャン)

バイ・セクシュアルさんとワイ・セクシュアルさんですか? 15/4/19(石川浩司)

んなアホな(笑)。せやから漢字ですってば。セクシュアルで漢字って・・・ 『施工主有』とか(笑)!? だいたいワイセクシャルって何ですの(笑)!! 
まあそもそも、同じ会社の大阪市西部区域の中に名前と役職がほぼほぼ一致してる人物がいる時点で不思議なのですが・・・。 15/5/7(オポムチャン)

ちなみに俺のFBの友達に「石川浩司」はふたりいる。 15/5/7(石川浩司)

  大切な人とは違う県に住んでいるのですが、初めてお互いの住所を確認したところ漢字表記も含めて地名が全く一緒でした! 15/6/19(同棲同名)

ああ「中央町」とか「昭和町」とかよくありがちな地名だったらあるかもねー。
そうじゃなくて一緒だったら、運命だな。 15/6/19(石川浩司)

昔、田舎の祖母の家にて。
庭木に数本植えていた松の木の剪定をしていた叔父に、3時の休憩がてら親戚数人で縁側で座ってお茶を飲みながら喋っておりました。
剪定の具合やなんかを話していく中で、叔父曰く1本だけどうにもうまくいかない松があるとのこと。
親戚の人たちも口々に「そうそう、あれは前からそうやった」「枝ぶりが宜しくない」「前に庭師さんに来てもらった時も、あの松はどうにもあかんかった」と、その松の木に関する苦労話をして、ダメだダメだと松の木のことを悪くいっておりました。

その数日後、その松の木は幹も葉も真っ赤になって枯れてしまいました。 15/10/9(ジェレ美)

ああ、それは確かにありそうだね。
植物はおろか電気製品ですら人の言葉聞いてるよね・・・。 15/10/9(石川浩司)

私がまだ小さなガキだったころ ある晩私はふとベッドで目が覚めました すると何かあっちの部屋から話声が聞こえました 見てみると 影のような男が二人 はなしあっています 言葉はわかりません 私は動くこともできずに見ていました すると何か虹色のカーテンのようなものがこちらに向かってのびてきます 隣で寝ている友達は起きません すると私の近くに影の犬がいます怖い怖い 私は恐怖に震えていますその内私は 寝ていました。 朝起きて私はヤバい 初めての心霊現象だと興奮していました 今思うとあれはただの金縛りだったと思います16/4/18(コンナンアカン)

典型的な金縛りかと。
俺は中学の時はほぼ一日おきくらいには金縛りにあっていて幻覚、幻聴もスゴかったなー。16/4/18(石川浩司)

うーんなんだろ。消費税導入後、レジでぴったり「1000円」とか「2000円」になると、おおおっとなりますね。 16/12/19(わいわい)

それはあるね。777円とかね。
もっとも不思議というほどではないかもしれないが。 16/12/19(石川浩司)

先日、よく使っていたマフラーが見当たらず、通い先で忘れたのかなと思いました。
そう思い、家から外に出るとアパートの敷地から出てすぐのところの道端に落ちていました。何でこんなところに・・・という感じでした。 17/4/16(Sankaku)

たまにはマフラーもひとりで散歩に出たかったんじゃないかな。 17/4/16(石川浩司)

2015年10月に、下北沢のLeteに初めてあかね・うつおさんのライブに行きました。アンコールラストは、何かカラオケの音源で歌われていて、のちに「ふたご」というユニットの曲だと知りました。
その次の年にお二人は新装したニヒル牛やマンダラ2で「ふたご」というアイドルユニットのようなパフォーマンスをされましたが、なんとそれは20年ぶりだったとのこと。2017年現在、今年もマンダラ2でやるそうですが、ちょうど僕が見始めた時期にユニットを再度立ち上げられたのでしょうか。不思議な巡り合わせです。 17/6/25(Sankaku)

まぁふたごが「ふたご」ってそのままのネーミングだが(笑)。 17/6/25(石川浩司)

たまから始まり、大谷氏、るり、パスカルズ、あかね・うつお、各方々のCDを集めてきましたが、不思議と本命のアーティストのCDはほとんどを揃えることができました。
るりさんやあかねさん、そしてパスカルズのCDは買った直後に売り切れになった事も、ままあります。
また思い出深いのは、たまのCDを集め始めたころブックオフで「さんだる」「ひるね」「きゃべつ」を立て続けに見つけ、なおかつ「犬の約束」をネットで見つけ、近所のTSUTAYAで「ろけっと」を見つけました。(ろけっとはネットや中古でもほとんど見かけませんでした)
そして石川さんの2003年のソロアルバム「おいしいうそがいっぱい」も普通にCD店で買う事が出来ましたが、10年後にネットオークションで5万円近い値段がついたのはやはり驚きました。

今から思うと、何か見えない勢いがあったとしか思えません。また同じことを意識してやってもできないでしょう。今ではフィギュア収集というある意味余計なことに心を砕いてしまっていますが、私にとって大本命の、音楽の資料にここまで恵まれていた事は、正に一つの奇跡だったと振り返ってみて思う次第です。 18/4/12(Sankaku)

今は流通のサイクルがどんどん早くなってきてるからね。
発売後一年も経たないうちに廃盤なんてこともあるからね。見つけたら買っとくが吉。 18/4/12(石川浩司)

工場で働いてた時に、すごく慌てていて骨組みだけの仕切りのないエレベーターみたいなものに上半身を突っ込んで作業してしまったことがありました。急にエレベーターが動いてしまってあわや真っ二つというときにものすごい反射神経で体をひっこ抜いて無事でした。足場も悪かったのに。
私はものすごくどんくさいのでこんなに素早く動けたのが不思議です。

真っ二つは言いすぎかな…背骨は折れるかもしれなかったです。 18/4/12(マジョライト)

いや、まっぷたつの可能性も。ブルブル。
そしたら下半身には家でご飯の用意をさせましょう。 18/4/12(石川浩司)


王様の耳はロボの耳に戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る