話題134 いたずら大好き(2)



***レス(発言は古い順に並んでます)***


毎晩、かならず特定の友達に、自分の顔を写メで送る、という意味なしいたずらをしている。
本文なしで、自分の顔だけを送りつづけて今日で三日目になる。
一応表情にはバリエーションをつけて、モー娘。風に撮りつづけるのだ。私はアイドルなのだ。
「写メだけ送られても・・・」と困っているようだが、その他のメールは一切せず、とりあえず一ヶ月は続けようと思っている。04/12/20(さっちゃん)

一ヶ月続けられたらもっと続けておばあさんになるまでやると、いつ顔が変わっていくか見られてきっと面白いぞっ! それで写真展を是非開いてくれっ! 04/12/20(石川浩司)

文房具屋さんで懐かしくスライム(緑色)を見つけたので買って父が入る前にお風呂場の石鹸置き場にデローーーンとしといてみました。04/12/20(ぶう)

私の彼氏は大型二輪の免許を持っています。うちの父も兄もバイク好きで私もちょっと興味があったので最近彼氏に内緒で普通二輪の免許を取ってみました!車の免許を持っていたので1日2時間で17時間の教習を受けたら取れてしまいました。試験の日は雨でしたが一発で合格できました!それで、休みの日に彼氏と遊ぶ時はいつもどっちかが迎えに行くことになってるので、この間の日曜日は、「今日は私が迎えに行くねー。」と言って父の250CCのビックスクーターを借りて登場しました。かなり驚いてたけど、それ以上に大喜びしてました。紅葉を見に行きたくてお弁当を作っていったのでそのままちょっと遠くの大きな公園までツーリングに行ってフリスビーをしてきました。楽しかったです!04/12/20(ぶう)

そういう「嬉しいドッキリ」みたいないたずらが一番好きだなーっ。 04/12/20(石川浩司)



私の卒業した大学は、キャンパスを出るとすぐに下宿屋やアパートが立ち並ぶ学生街、その中に定食屋、飲み屋、雀荘、パチンコ屋などの学生相手の歓楽街が混在するという、非常にアカデミックな環境に囲まれていました。学校に用がなくてもキャンパスを通り抜けるのが日常茶飯事。本来、出席しているはずの講義が行われている教室を横目に、二日酔の腫れぼったい顔して、学生生協に「ざるそば」を食いに行く、ということが「粋」に感じるというような風土でもありました。ふらふら揺れながら歩いていくに、目の前に場違いな交通標識。「20km制限…って、ここは車輌乗り入れ禁止エリアじゃねぇか、ばぁ〜か。」と通り過ぎようとした刹那、「あっ!」。昨夜、いや、数時間前の記憶、「いたずら」の記憶が甦ってきました。

日の高いうちこそ、青春を謳歌する若者たちの健康な笑い声や、サークル室から響き渡るへたっぴぃな管楽器のロングトーン、新興宗教の勧誘、10年前のノートを朗読しているだけの教授の片手間独演会などで猥雑としていたキャンパスも、夜の帳とともに人通りが少なくなります。周囲の飲食店からは様々な料理の香りが入り混じって漂い、それは夕食を想わせるハンバーグや味噌汁などの香りから、時の移ろいとともに、酒肴を想わせる焼き鳥の焦げた香りなどへと変わっていきます。そして、深夜にもなると熟柿の香りを漂わせた集団が彷徨、そして咆哮する無法地帯と化していきました。そうそう、昨夜の私もその集団の中にいました。最初のうちこそ、肩を組んで高歌放吟したりしておりました。卒業した高校の校歌、巨人ファンも加わっての「六甲おろし」、バービーボーイズの「♪一体なんだったんだ、7DAYS〜…」(堕落した日々を自問するような…)など。と、その歩いていく先には…、薄明かりの中、いつもの「獲物」が待っていました。「いたずら」の始まりです。横幅3mほどの車止め、左右の脚にはそれぞれ50cm四方ほどのコンクリート塊。結構な重量。しかし、私たちはその車止めに突進します、ラグビーのスクラムのように。男3人の力もあれば、鈍い金属音とともに容易に倒れます。雄叫びを上げる「ルール無用のラガーマン」。中には前蹴り一本でなぎ倒してしまう猛者も。次なる目標は「20km制限」と書かれた円形の、道路脇に立っているのと同じような標識。これも、地面には固定されておらず、脚のコンクリートが重石に。これは一人で十分。ある者はアスファルトに白い傷を残しながら引きずり回し、ある者は背筋力に物を言わせて持ち上げ、そして、本来あるべきではない場所へ移動させるのでした。酔いに加えて、群集心理にも煽られた、治外法権のキャンパス内だからこそ許される「いたずら」。若い力の無為な浪費、政治的意図のない破壊活動。一体、何に衝き動かされてあのようなことをしていたのだろうか?????

今になって振り返るに…、あれはゴリラやチンパンジーの雄が木の枝を揺すり、石を投げたりする行動、群れの中の序列を決定し、また、力関係を日々確認しあうため行動。そう、「威嚇ディスプレー」のようなものだったのではないか、などと思ってしまいます。私たちの集団は、サルの群れと同レベルの集団だったのではないか。その頃、巷には「♪サルにはなりたくない〜、サルにはなりたくな〜い…」という歌が流れていたというのに…。 05/3/7「Fuck−Dah」

バス停移動している奴とかもいたな。 05/3/7(石川浩司)

合羽橋でせんべいのサンプルをたくさんかって菓子置きにおいておく。
一口はかじってくれる。ささやかないたずらです。05/4/13(kyuuri)

でもサンプルって意外と高いんだよね。 05/4/13(石川浩司)

僕だったら、堅焼き煎餅だと思って食べてしまいそうだ・・・。05/4/18(ペロ)

俺だったら「サンプルも意外といけるな」と食べてしまいそうだ・・・。 05/4/18(石川浩司)

サンプル大体実物の10倍位でしょうか
パフェは7,000円とかしてました。
せんべいは200円でした。05/4/25(kyuuri)

小学生の頃、公園で遊んでいたらタイムカプセルを見つけました。そのまま戻すのも申し訳なかったので用水池に投げ入れました!!他人の思い出を踏みにじってしまいました。ごちそうさまです!!!05/4/25(フィールドオブウンコ)

じつは「悪の総司令塔」に挑戦しようかとも思ったのですが、「ちょっと小ネタすぎるな」「ここ2年くらい指令が出ていないが、総司令官が年齢相応に(失礼)円くなられてしまったのかな?」、はやまた「ちょっとやそこらの悪事じゃ歯牙にもかけられず、「もっと極悪非道なことで世間を騒がせるのじゃー」と、過激化してきたのかな?」などと考え、この話題に投稿しました。

以前から考えている「寿司も回れば人も回る」作戦。回転寿司屋に行って、10皿くらい平らげて帰る。それだけのこと。しかし条件がある。一皿食べたらすぐ店員を呼び「じゃあ、お勘定」って席を立つ。皿を数えにきたお姉さんが一瞬ギョッとしつつも「ひ、一皿ですね・・・」と伝票をくれる。レジへ向かう。ここでも別の店員がギョッとして、「なんかの間違いじゃないか」と店内を見渡す。するとお皿を数えてくれたお姉さんがアイコンタクトで、首をかしげながらも「うん」と頷く。「ひゃ、百円になります」。レシートを貰う。「ごちそうさん」とか言いながらドアまで来て立ち止まる。そして「う〜ん、やっぱ、もう少し食べたいなぁ」などと言いながら再びカウンターへ。怪訝な表情で再びおしぼりも持ってくるお姉さん。また一皿食べて、ゆっくりとお茶をすすって、また席を立つ。「計算してちょうだい」。動揺の色を隠せないお姉さんはそれでも「ひ、一皿・・・です」。レジの店員は一体何が起こったのか分からない。「もう、お勘定は頂戴しましたが・・・」などと笑顔で言われるかもしれない。「いや、もう一皿食べました」。「あ、あ、はい。では、百円になります」。レシートを貰う。「どーもー」とか言いながらドアまで来て立ち止まる。そして「あ、カンパチ食べるのを忘れてた」などと呟きながら三たび、もといた席へ。布巾でカウンターを拭いていたお姉さんは「な、なにかお忘れ物でも・・・」と何とか状況を理解しようと努力する。しかし「いや、カンパチ食べたくなって」と泰然と言ってのける。嬉しそうに食べる。ちょっと多めに注ぎすぎた醤油を残して、「それじゃあ、数えてちょうだい」。「か、数えるったって・・・」。お姉さんが、もしかしたら勇気を出して「な、なにかご注文のネタがございましたらご遠慮なくお申し付けを・・・」などと言ってくれるかもしれない。が、その申し出を丁重に辞し、レジへ。もう顔を覚えられた。無愛想に「百円、です」。「う〜ぃ、満足じゃ」とか言いながらドアまで来て立ち止まる。そして入り口のボードを見て「おやっ? 今日のおすすめは初ガツオって書いてあるぞ。これは食べておかねば!」などと言いながら四たび・・・。

うーん、いたずらを仕掛けているというよりも、罰ゲームをさせられているといった感じもしないでもないですが。あ、そうそう、レシート。これはいたずらをした証しとして必要な証拠書類。百円という金額と10分刻みくらいの時刻とが印字されたレシート、これを10枚セットにして大切に持ち帰る。万が一「悪の総司令塔」に採用された暁には、確定申告の書類みたいに、「結果報告」として石川さんに提出することになる・・・。 05/5/23「Fuck−Dah」

「悪の司令」のことすっかり忘れてまいた〜。「ナニワ金融道」かなんかで地上げの嫌がらせかなにかで「狭い立ち食いソバ屋に10人ぐらいで行き、開店から閉店時間までゆっくりと食べて他のお客を入れない」というのを思い出した。 05/5/23(石川浩司)

嫌な事をされた店には、みんな総出でやりましょ!05/7/4(ペロ)

でも広い店だったらかえって儲けさせてしまう・・・。 05/7/4(石川浩司)

みんなでハードゲイの格好で行けば客は怖がるでしょう。05/7/11(ペロ)

意外に子供が喜んだりして。05/7/11(石川浩司)

子供の頃、テーブルの下に隠れて、仕事から帰って来た両親が部屋に入ってり「おや?居ない」と思ったところで「ばあ〜〜〜」っとやってました。戸のかげだったり、階段の踊り場だったりと、バリエーションも多数有り。
今も同じ事を、自分の子供しています・・・私。 05/8/3(かなめ彦)

「ばあ〜〜〜」原点だよね。俺もやらねば。♪やらねばいかん〜っ! 05/8/3(石川浩司)

「うれしいドッキリ」。。。

たとえば、スポンジとみせかけてケーキをおいとくとか? 06/9/27(あきびん)

皿を洗おうとしたら生クリームが手にべっとり・・・全然うれしくないわいっ!! (石川浩司)

親戚が家に集まっていたので、ご飯をとりあえずおにぎりにしようということで、梅干や鮭などを入れていたのですが、1つだけアーモンドチョコレートを入れてみました。
叔父さんに当たりました。あったかいご飯の中で、チョコレートは溶けていました。美味しくないそうです。 07/2/4(飛助)

今度はペットフードにチャレンジ! 07/2/4(石川浩司)

それは…小心者の私にはできません…。
人間の食べ物の範囲でなんとかお願いします。でも大量のわさびとかでもできないなぁ。 07/2/17(飛助)

じゃ、イナゴの甘露煮で。 07/2/17(石川浩司)

大学時代からの大親友Mはらっきょうが大の苦手。カレー屋などでテーブルに置いてあるだけでも、「においがする」「視界に入るのもいや」などと言って、隣のテーブルに撤去するほどの嫌いよう。そんなMが大学在学中のある晩、私の下宿で友人数人と痛飲した後、そのまま寝込んでしまいました。実はその時、私の家の冷蔵庫には、祖母お手製の瓶いっぱいのらっきょうがストックされていました。Mのらっきょう嫌いは皆の知るところ。私のいたずら提案は満場の一致で可決されました。私は瓶を取り出すと、そっとふたを開け、スプーンでらっきょうの漬け汁をひとすくい。そして、細心の注意を払って鼻先へ。皆で目配せをし・・・、一気に鼻の中へ流し込んでやりました。すると・・・。Mが絶叫とともに起き上がり、悶絶、嗚咽したのは言うまでもありません。「な、なんじゃー、こりゃー、み、み、水をくれぇー!」。コップに、水の代わりにストレートの芋焼酎をなみなみと注いで差し出した友人たちの友情を、今も忘れることができません。 07/2/24  「Fuck-Dah」

酒が全く飲めないおとなしい友人が寝ている時、別の友人がいたづら心で開いた口の中に酒を一滴。5秒後、本気で人が人を殴ったのを初めて見たとまわりの人談。 07/2/24 (石川浩司)

職場で使っていて、休憩時間に置いていく、エプロン&上着がネタになります。一番のお気に入りは頭からかぶるタイプのエプロンの紐の輪を、頭が通らない大きさにしておくこと。地味に笑えます。 07/4/10(秘密の座席)

なるほど、それで俺がたまにパスカルズでやる「裸エプロン」の衣装のエプロンの背中の留め具が全然しまらないわけだ。な〜んだ君のいたずらだったのか〜。安心したよ。 07/4/10(石川浩司)

あら?あの時は確か緩めておきましたわよ? 07/4/20(秘密の座席)

ぎゃふん。 07/4/20(石川浩司)

有り難い「ぎゃふん」頂戴しました。家宝にします。 07/5/8(秘密の座席)

本当に家宝にしているかどうか今夜覗きに行くので、窓をちょっと開けといてくれ。 07/5/8(石川浩司)

イタズラこそ人生の醍醐味!
我が人生最大のイタズラは、妹がワキ丸見えの変なポーズで寝転がっているので、
「ワキ毛生えてるよ」と言ったら、「えっ!」と慌てたこと。
妹は確か小学校低学年だったかしら。生えるわけがない。
地味なイタズラだけど、笑いが止まらなかった。  07/8/8(桃玉)

俺も妻が「甥は産まれた時からムケてたよ」というので、ある日おしめ替えの時こっそり覗いてみたら全然ムケてない。「おやっ?」という顔で妻の方を見たらニヤニヤ笑いを堪えてやがった。
・・・やられたっ!!  07/8/8(石川浩司)

?「お悩み相談室」で相談した、「男大好きオバサン」が、私の話を聞かず、お目当ての男性をチラチラ見ていました。そのうち返事もしてくれなくなり、目線はずっと男性へ。(仕事中なんですよ。)イラッとして「何見てるの!?」とわざと聞いてみたら、そのオバサンは熱視線を送っている最中だったので体をビ〜ン!とハリガネのように硬直させて驚きました。心の中では大笑いでした。それだけ見てるのに本人の話では別にその男性のこと好きじゃないらしいんですけど。何なんだろ〜。 07/10/4(秘密の座席)

本当に男好きなんだね〜。女だけの飲み会とか興味ないんだろうな。 07/10/4(石川浩司)

書店で働いていた頃の話です。
本社の人がやってきたとき世間話をしていて私に彼氏がいるのかと聞いてきました。
すると妻子持ちの上司が「○○さんは僕と付き合ってるから」と言いました。
その冗談がおかしくて否定せずに笑っていたら、本社の人が「えっ!?本当にっ!?」と言いながら二人の顔をキョロキョロ交互に見るので、その反応がまたおかしくて何も言わず笑っていたらすっかり信じていたようでした。
面白かったので誤解は解きませんでした。 07/11/1 (若様)

相手の人、頭の中いろんな妄想が渦巻いたんだろうなぁ。
「不倫・・・あんな若いかわいい子と・・・チクショーーーッ!」
てな感じで。悪い子だね! 07/11/1(石川浩司)

昔ばあちゃんちで、じいちゃんが帰ってきたからパンにバター塗ってお砂糖かけたやつ作ってあげて、と頼まれ、私は張り切って作ってたっぷりの「砂糖」をかけてあげたのです。
しかし、それを一口食べたおじいちゃん絶叫!
そうです、私は全面にタップリ塩をかけていたのです・・・・。
悪戯したわけじゃなかったけどゴメン、殺意も勿論ないんだ。でもおじいちゃんのリアクション、面白すぎたよ・・・・・・(ことり)

♪砂糖を塗って糖尿病、塩を塗って脳卒中〜 07/12/16(石川浩司)

飲み会の席で、鶏肉を海苔に巻いて薬味を乗せて食べる料理を頼みました。その時、友達がわさびを大量に乗せたものを別の人に渡し食べさせました。予想通りその人は「辛い!!」と悶え、友達と私は大笑いしました。
でもあまりにも私が笑いすぎたせいか、私が首謀者だと思われてしまいました。否定すればするほど怪しくなるので誤解は解けないままでした…  07/12/31(若様)

どうせ疑われたなら今度は本当に首謀者に! そして「初体験」に「初めての首謀者」として報告してくださいな! 07/12/31(石川浩司)

真夏に友人宅でエアコンを冷房から暖房に切り換えてみたのですが、全然気がつかなかったようです。08/1/11(鈴べる)

その友人には本当はあなたにはエアコンがいらないことを教えてあげた方がいいね。これぞエコ! 08/1/11(石川浩司)

いたずらというか、息子に「ホラ話」をするのが大好きです。三日月を見て「何でまん丸じゃないの?」と聞く息子に「神様がかじったんだよ」とか、人前でお尻を見せてる子に「お外でお尻出してると”しりとりの神様”が来てお尻とられて、一生しりとり遊びで勝てなくなっちゃうよ」とか、大人が聞いたら「なにそれ?」って言うような話を作って、子どもに聞かせるのが楽しいんですよ。大人の反応は「よくそんなくだらないこと考えるね」派と「どうやったらそんな面白いこと思いつくの?」派に分かれます。石川さんはどっち派ですか?08/2/12(ばらっちゅ)

それはストーリーテラーだね。今は定番になっているどんなお話だって、最初は誰かが作ったんだもんね。
そしてお話はある意味全部「嘘」とも言えるしね。
しりとりの神様は面白いね。童話作家を目指してみたら? 08/2/12(石川浩司)

どどどど童話作家ですかぁ?お世辞とはいえありがたきお言葉。褒められていい気になったので、さらなる「ホラ話」を考えてみます。とりあえず近所の子どもに楽しんでもらえるようなのを。傑作ができたら、報告させていただきます。 08/4/8(ばらっちゅ)

楽しみに待ってるよんよこよんよんよーん! 08/4/8(石川浩司)

ある日、インターフォンが鳴り母が受話器を取りました。
「青森からりんご売りに来たんですけど〜」
と、訪問者は言ったそうです。母は丁重にお断りしました。
が、それは里帰りしてきた弟のいたずらでした。
母はすっかり騙されたそうです。 08/4/8(若様)

昔は「千葉から魚売りに来たんですけど〜」なんていう行商のおばちゃんよく見たけど、最近すっかり見かけないなぁ。 08/4/8(石川浩司)

今年のバレンタインのことです。
ひょんなことから友人と電話中にその子にあげるトリュフチョコに友人が大嫌いなレーズンを入れることになりました。
この友人のリアクションが本当に面白くて私がイタズラすると全身全霊で驚いたり悲鳴上げたりしてくれるんでやめられません。
この子の嫌がる様が見れるなら多少の無茶はします。
で、バレンタインのチョコには一つだけレーズン入りがあるロシアンルーレットみたいなのをすることを伝えると まぁ嫌がる嫌がる。大好きなものをビクビクしながら食べたくないと。
あまりにも嫌がるので私も苦手なものをトリュフに入れて一緒に食べるからということを伝えるとしぶしぶ了承。
当日、ウッキウキでロシアンルーレットリュフチョコを渡して反応を楽しむ私。というか一つじゃつまらんと思って二つ入れました。
一つ目のレーズン入りを叫びながら食べる友人。
二つ目はいつ食べるんだろうとワクワクしながら見守る私。
奇跡的に最後の1個まで二つめのレーズン入りトリュフを 残した友人はもう大丈夫だという感じでニコニコしながら食べましたが二つめのレーズンに気づいて表情が一変しました。
しかも奥歯に挟まってなかなか飲み込めなかったらしいです。
その様子をずーっと上機嫌で眺めてました。
来年も絶対やろうと心に決めました。
あ、ちなみに私の苦手なものはピーマンです。
そうピーマントリュフを作って食べたんです。
味は想像にお任せします。  08/4/17(マキノな人)

レーズンじゃなくて、取り外した乳首が入っていたらギャッと叫びます。 08/4/17(石川浩司)

たしかにレーズンじゃなくて乳首だったら驚きは倍以上でしょうね。
でもその前に乳首とわかるかどうか・・・。
あ、じゃあ食べてる時に「今度それレーズンじゃなくて乳首だよ」 って言って驚かしてみます! 08/4/22(マキノな人)

うわっ、ボケに返された(笑)。
たぶん乳首だったら驚きが倍というレベルじゃないと思います・・・。 08/4/22(石川浩司)

レストランで働いてたときにシェフがこっそり、昨日ジョルジュが道端で500フラン 08/6/4(まだユーロでなくてフランでした)拾ったんだって、でも端っこが1cm角くらい欠けてるんだって、相談されたんだよ、ますちゃん自分のだって言ってみなよ!
と、 そのころまだフランス語もあやしかったのでゆっくり作戦を練り、まかないの時間みんなの前で作戦決行!

おととい私のお誕生日だったからなんか買おうと街に出たんだけどお金おとしちゃって。。。
500フラン札なんだけど、おかしいことに端っこだけポケットに残っていたの!
と、言ってみたらかわいそうなジョルジュは大慌て!ますちゃんそれ拾ったの僕だ!返すから半分頂戴〜!と涙目に。

作戦成功!
おとなしいキャラで通っていた私がそういういたずらをする、ということで他の人々には2度びっくりだったそうです。  08/6/4(ますちゃん)

でも今じゃ正体がばれて「また、ますちゃんね〜」と言われているわけか。 08/6/4(石川浩司)

職場の共同の冷蔵庫には、各自の飲み物や食べ物に名前を書いて置いておくのですが、ヨーグルトとかペットボトルの蓋とかに後輩の名前が書かれていると、名前の横に「怒りマーク」を付け足すいたずらをコッソリしている。
「これ、私のです!!」と周囲にものすごい威嚇してる感じにします。 08/8/28 (さっちゃん)

いいね〜。腐ってしまった物にはニコちゃんマークを書いて「みんなでどうぞっ!」ってしてね! 08/8/28 (石川浩司)

いたずらはするよりもされる方が多いですね〜。
最近では、夕方に友人とあまり明るくない道を歩いていた時にやられました。友人は、単に電柱の後ろ側に隠れただけなのですが、相当テンパった僕は、彼が居なくなったことに気付くや否や、友人の名を呼んで辺りを捜し回り、挙げ句の果てにはその友人の携帯電話に電話をする始末でした。
さらに、悪乗りした友人は、今どこにいるのかを尋ねた僕に、「え、今、家にいたけど…?」と追い打ちをかけるような答えを返してきたのです。
これ程のことで大騒ぎしてしまう僕は、もっと大がかりないたずらをされたらさらに大慌てしそうな、そんな予感がします。09/1/22(たちつ亭と〜助)

うわっ、そう言われると大掛かりなイタズラしかけたくなる。
・・・あっ、もしやこれはイタズラをされたい為のフリだな。ムフフ〜。オヌシ、Mじゃのう〜。 09/1/22(石川浩司)

あ、あ、あ、何でもないです! 忘れて下さい忘れて下さい! ドキドキドキ。 09/1/27(たちつ亭と〜助) 悪魔だな。完全に。  09/1/27(石川浩司)

昔、友達の家に遊びに行く時に、口の中に水を含んでおいて、インターホンを鳴らし、友達がドアを開けた瞬間にその友達めがけて水を吹きかけたことがあった。 09/1/27(さっちゃん)

悪魔だな。完全に。  09/1/27(石川浩司)

思い出しました!高校の時のいたずらです。友人のタバコを1本抜き取り、中の葉を全部出します。このときタバコ本体の紙を破らないように丁寧に出すのが重要で、その空洞に爆竹を仕込むのです。その後、出した葉をもう一度詰めなおし、煙草の箱に戻しておくのです。機嫌よく煙草を吸う友人。しばらくすると「パン!」という音とともに炸裂するタバコ。そして固まる友人。それを見て大爆笑の仕掛け人。なつかしいなぁ。 09/2/11(ばらっちゅ)

普通の花火でもおかしかったかもね。
突然シャーッとキレイな火花がタバコから。
あとヘビ花火だったら突然タバコからニュルニュルニュルー。  09/2/11(石川浩司)

ばらっちゅさんや石川さんがお話ししている煙草花火。トータルテンボスというお笑いコンビがドッキリで行い、その様子を録った映像で1000万円を獲得していました。S−1グランプリというやつです。 09/4/24(たちつ亭と〜助)

ネタ取られたり!
半分でいいから、よこすように言ってください。
うまくいったら、1000円あげるよっ!  09/4/24(石川浩司)

毎日の散歩コースは、小高い丘へ登り→そこから一本坂を下り→川の堤防へ出るというものです。
一本坂を下る途中で登りの人と会うと、『こんにちは』と挨拶をします。イヒヒヒ・・・。
その後は坂を急いで下りると、地元の人も知らない森の中の階段を駆け上がり再び丘の上へ戻ります。
そして息を整え、さっきの一歩坂を下るのです。
『こんにちは』 『ひっ・・・。』
知らない人に、ドッペルゲンガーやデジャビュを見たと思わせるいたずらが止められません。 11/9/30((デクノボー)

そういう人いた!
何度も何度も向こうからやってくる人。
あれデクノボーだったのか!くそおぉぉっ。   11/9/30(石川浩司)

修学旅行でならに行ったときの話し。鹿せんべいの包装紙を捨てるのが面倒くさく、当時のいじめっこのカバンにこっそりいれたら、案の定追っかけまわされていた。ちなみに余談だが、友人は鹿せんべいをバリバリ食べていた。 11/10/13(ズミ天)

あの死んだ鹿で作った鹿せんべい? 11/10/13(石川浩司)

知り合いにイヤホンをしている人を見ると、トントンして口パクで話しかけます。
相手がイヤホンを取ると普通に話して、またイヤホンすると口パクの繰り返し・・・そのうちバレますが、やめられません。 12/3/26(みるく)

ああ、やるやる。
俺も妻とキャッキャッ言いながら。 12/3/26(石川浩司)

私はだいたい引っかけられる方の頓馬ですが、うちの親父は我々息子に対してよくイタズラを仕掛けてきます。
小さい頃、兄貴の手を取って「このまま目ぇつぶってこっち来てみぃ」と手を引いて犬の糞を踏ませたり、最近ではおっさんになった私に対しても「一円玉デコに張り付けてみ、回しながら押さえつけたらくっ付くで」と言ってやってみるとデコが黒ぉくなったり、グリーンガム(板ガム)のニセモノで一枚とると指をバチンと挟まれるやつをニコニコして買ってきたり・・・ 大したじじいです。はじめのイヌクソは嫁も弟に仕掛けて未だに根に持たれてるそうです。 14/4/12(オポムチャン)

その靴洗うのかーちゃんじゃあ・・・。 14/4/12(石川浩司)

小学生の頃、男子に「あ!何かあごに付いてる!」と言われ、あごをなでると男子にすかさず「マンダム!」と言われました。きっと、みなさんも経験があると思います。
うちの息子が「ケロロ軍曹」のアニメでそのパロディ(その時は「ガンダム」と言ってました)を見て、「これって何のパロディ?」と聞いてきたので、早速やってやりましたところ、すぐに引っかかりました。
息子は学校でそれが通用するか試したところ、当然ですがクラスメイトはそのイタズラの意味がわからなかったそうです(笑)
だって、チャールズ・ブロンソンのCMなんて40年くらいは前だと思うし・・・
でも、さす がに担任の先生は知っていたそうです(笑) 14/8/28(ハーブティー)

ちなみにそのマンダムの名作CMを作ったのが、誰あろう最近俺が連続で映画でお世話になってる若き日の大林宣彦監督その人なのです! 14/8/28(石川浩司)

ええ??大林宣彦監督が・・・!?そうなんですか、それは知らなかったです・・・!!このCMかなり有名ですよね(*^_^*)
バックに流れていた歌も好きだったんですけど・・・イヤー懐かしいです。
イタズラネタ、もうひとつ行きます。
「キリン」と10回相手に言わせて、すぐに「鼻の長い動物は?」と聞いて「キリン」と言わせたり、「ピザ」と10回言わせて、すぐ肘を指して「ここの名前は?」と聞いて「膝」と言わせるネタ。小学生の頃、よく流行りました。
しかしこれは今の時代もあるイタズラのようで、息子は必ず先に引っかかり、後で他の子にやってみますがその子たちはすぐに知っていて引っかからなかった、という屈辱を浴びているようです(笑) 14/8/31(ハーブティー)

時代とともに悪戯も変わるよね。
今じゃ問題になって出来ない悪戯なんかも増えたしね。 14/8/31(石川浩司)

小さいころ、家にあったサザエさんの原作本をよく読んでいて、その中で「Yシャツについた口紅の跡で夫婦がもめる」というシチュエーションがよく出てきたのが幼心に印象的でした。
ある日友達にその話をしたら、「それ、やってみよう」ということになりました。
その子の両親は共働きだったので、留守中にお母さんの口紅を口にべたりと塗ってお父さんのYシャツにぶちうううーーっとやって、マンガみたいなくっきりした跡をつけてハンガーにかけ直しました。
その後は記憶が曖昧で、いつの間にかその子とは遊ばなくなってしまったのですが、数年後にその子の両親が離婚したと噂で聞いたときは、もう色々理解できる年頃になっていたので、罪悪感と恐怖におののいたのを覚えています。
あのYシャツが引き金になったのかは今となっては知る術もないですが、ずっと懺悔し続けています…。 14/11/29(たゑ)

むむむっ、引き金になった可能性はゼロでは無いね。
もっとも他にもそれなりのことが出て来なくちゃなかなか離婚にはならないと思うが・・・。 14/11/29(石川浩司)

小学生のころにはドラゴンボールのカードが流行っていて、僕も集めていました。足立区のフリマに行った時にも見つけましたが、「見本」として展示していたカードをいかさましていただいてきました。
本来はまじめな性格なのでいたずらは苦手ですが、やるときは異様に乗り気になります(笑)。 15/6/27(Sankaku)

えっ、それいたずらじゃなくて万・・・。 15/6/27(石川浩司)

  昔、弟にカルピスと偽ってお米のとぎ汁を飲ませたことがありました。
飲んだ瞬間に吐いてました。あれって簡単に引っかかりますね。
飲み物って、あまり警戒されないような気がします。 16/7/22(邑楽)

彼女にカルピスと偽って・・・。 16/7/22(石川浩司)

16/7/22の石川さん。コメディー映画「メリーに首ったけ」で主演のキャメロン・ディアスがあの白い液体をヘアクリームと勘違いして「あら案外いいわね、これ」って髪になでつけたら寝ぐせみたいに髪の毛が立ってしまったギャグを思い出しました。あれは抱腹絶倒だった。下ネタ満載のおバカ映画として記憶してます。 16/12/16(波照間エロマンガ島)

あっ、そういう映画だったのねー。観たい。 16/12/16(石川浩司)

一度やってみたいことかあります。駅のホームや街中で、あらかじめ示し合わせた一人を「キャーキャー」と騒ぎ立てサインとか写真を撮りまくる。
その人はまんざらでもない表情。
周りの人は「なんだなんだ?」「誰なんだ」状態。
というフラッシュモブというかドッキリですね。 16/12/16(わいわい)

是非やってみて初体験かおバカさんに投稿して〜。楽しみ ! 16/12/16(石川浩司)

公共の場を使って行なうフラッシュモブ大嫌いです。そういうことを面白がる人間も大嫌いです。 17/4/3(SE.RA.PH)

俺も最初の頃はちょっと面白いのもあるなとは思ってたのだが最近は「ああ、フラッシュモブね」という感じで白けてしまうことも多い。
公共の場だと特にそれを本当に迷惑に思う状況でそこにいる人もいるだろうから、それをすべてスゴいとか感動に混ざらされるのは違うと思うね。 17/4/3(石川浩司)

私はフラッシュ・モブ大好きですねー。今は大学でもフラッシュ・モブのサークルが設立されていますし。
海外で次々オーケストラが現れて街中でコンサートをするやつとか、サッカーや野球で香川や松井が出てくるドッキリとか。交代で試合を行うのですが子供たちの目の輝きが違うんです! 最後にサッカーやスポーツに対する心構えや注意を受けると真剣に聞きます。親や監督の小言より心に残るんだろうなー。
あとはAKBとかが卒業式へサプライズ登場するときの生徒たちの歓声の凄さ^^。一生思い出に残る卒業式になりますね。 17/12/19(わいわい)

俺も映像で見るのは好き〜。
でも何かでAKBが俺の目の前に突如現れたとしてもひとりも顔わからないから驚けない(笑)。 17/12/19(石川浩司)


王様の耳はロボの耳トップに戻る
石川浩司のひとりでアッハッハーに戻る