むかつく!(2)





娑婆世界は丸い世界。刑務所は四角い世界

昔ボウリング場で働いていました。そこはお酒を飲めるお店もたくさん入っている建物で、酔っ払いやヤンキーさん本職さんなどに(普通の人にも)色々嫌な思いをさせられました。この前まで刑務所に入っていたというお兄さんに延々と人生論を聞かされたこともありました。覚えている言葉が「娑婆世界は丸い世界。刑務所は四角い世界」です。よくわからないけど怖いのでウンウンと頷いて聞いてました。(ひももん 2022/11/25)

(寸評)刑務所に入っていた人の言うことを聞いたら刑務所に入ってしまうような...。5ポイント。

あるディスカウントストアーにて

最近はレジ打ちの後に、モニターの機械にお金を払うスーパーが増えました。 今年の5月頃にオープンした、ある食品スーパーもそうなのですが、お金を払い、レシートを受け取ると即座に「いらっしゃいませ」という表示が出てきます。
いや、普通は「ありがとうございました」だろうっての!!びみょうにムカついています〈笑〉 (Sankaku 2022/11/7)

(寸評)それはもしかして、終わった君というより、即座に次にその機械に立つ人のための「いらっしゃいませ」の表示では・・・? 4ポイント。

看板に偽りあり

タイ在住のHです。私はタイマッサージ愛好者です。この14年間のタイ生活中、最低でも週に一度以上はマッサージを受けに町中のマッサージ屋さんに繰り出しています。そこには施術の上手な人、下手な人、圧の強い人、弱い人、・・・様々な施術師との出会いがありました。先日私は、この14年間の中で最も「むかつく!」経験をしたので、ここで皆様に分かち合いたいと存じます。

タイ某所、通勤途中にマッサージ屋さんがあって、その店先には「199」という看板が立てかけてありました。「1時間199バーツ」というふうに解釈するのは当然の看板表示です。タイでは1時間あたりの施術代は200バーツ前後というのが相場だからです。その日私は休日で時間があったので、このマッサージ屋に入ることにしました。
ドアを開けるとそこは、やたらものが散らかった雑然とした空間でした。客や施術師がいる気配はまったくありません。私は一瞬この店は開店しているのだろうかと危惧しましたが、ドアを開けた際にチャイムが鳴ったのを聞いて、奥から草臥れたよれよれのシャツを着たおばちゃんが出てきました。〔仕方ない、ちょっと怖いけどやってみよう、199バーツだし〕と瞬間的に覚悟を決めて「Thai massage 1Hour OK?」と尋ねました。おばちゃんは返事をするわけでもなく、無愛想に私を奥のカーテンで区切られた施術スペースに案内しました。
普通はここでパジャマのような施術着に着替えるのですが、そんなものは無し、私は短パンにTシャツのままでマットレスの上に横たわりました。しばらくするとおばちゃんが登場しマッサージを始めました。ちょっと圧は強いですが、まぁまぁのマッサージでした。私はいつも異常に凝っている肩と背中を指差して「ここを重点にやってください」とお願いしました。
トラブルもなく1時間は過ぎ、施術は完了しました。
私は店の入り口近くのソファーに移動して、おばちゃんが入れてくれたお茶を飲みました。そしてマッサージ料金を支払うべく500バーツをおばちゃんに渡しました。おばちゃんはお釣りを探しに奥に引っ込みました。そしてしばらくするとお釣りを持ってきて私に渡しました。しかし、そこで問題が起きたのです。

おばちゃんは私にお釣りとして200バーツを渡しました。

「あれ?」と私。すぐさまおばちゃんに言いました。「500バーツ払ってお釣りは300バーツだろ」と。

おばちゃんは突然大きな声で「No !」とブチ切れました。「1時間でマッサージ代は300バーツだよ、だからお釣りは200バーツで合ってるよ!」と言います。

私は「ふざけんなよ!表の看板に『199』って書いてあるじゃないか。お釣りは300バーツだろが!アホか!」
〔14年もこの国に住んでいれば、そのくらいのことはタイ語でやり合えます〕

するとこのババァはいきなり「あの看板の199というのはショルダー〔肩〕マッサージの値段なんだ。全身のタイマッサージは300バーツなの」と詭弁を弄し始めました。「あんたは先に料金を確認しなかったじゃないか」だと。

私は頭に血が上り、もう少しで「ざけんな、ゴラァ。警察呼べ、警察を」と言いそうになりました。しかし、その言葉を出すのは止めました。警察を呼んで無駄にかかる時間のことを考えたら100バーツでごにょごにょ相手と争ってもしょうがないと思ったのです。私は「馬鹿野郎!死ね!」と絶叫し、店を出てきました。あー、後味悪かったあー。
滅多に怒ることのない私が「看板に偽りあり」と非常にむかついた出来事でした。(波照間エロマンガ島 2022/10/23)

(寸評)俺もタイに行く大きな楽しみはタイマッサージ。なので気持ちはよくわかる。万一199がショルダーだとしたら、最初に「全身マッサージは300だけどいいかね?」と聞くべきだよね。
昔ノーパン喫茶に行った時「ドリンク1500円」って書いてあって入ったらメニューにビールがあって「同じ値段ならソフトドリンクよりビールにしよう」と思って念の為「同じ値段ですか?」と聞いたら、無言でメニューの裏を指さされた。そこには「ビール5000円」と書かれてた。それに近いものがあるよね。6ポイント。

営業電話 その2

またも来ました営業電話。
まぁそれはガチャ切りしたのでいいのですが
電話の際社名すらなのらなかった。

それなのに取り次いだ隣の社員。
嗚呼むかつく。(ズミ天 2022/10/14)

(寸評)昔「新聞取ってくださいよ〜」「何新聞ですか?」「どこだっていいじゃないですか〜」という訪問があった...。3ポイント。

廊下に立ってなさい!

これは私が幼稚園年長の時のことです。

私は幼稚園バスを利用して通園しておりました。
その日は私の地区へ向かう帰りのバスの準備が遅れているようで、「バスが来たら先生が呼びに来るから教室にいてね」と先生に言われました。
私は一人で教室でお絵描きをして待っていたところ、同じバスに乗って帰るお友達(ひとつ歳下で別のクラス)が私の教室へ遊びに来ました。
バスを待つ間、一緒にお絵描きをしようと言うので2人でお絵描きをしました。
しばらくすると先生が来て
「もうすぐバスが来るから、お片付けしてね!」と言って立ち去りました。
私は友達に「もうすぐバスが来るみたいだからお片付けしよう!」と言って自分が使ったペンやお絵描き帳などを片付けました。
ところが、友達は一向にお片付けせずにお絵描きを続けています。私は何度か片付けようよ、と促しました。
そうこうしているうちにまた先生が来ました。
「まだ片付けてないの!?さっき言ったよね!?もう廊下に立ってなさい!」
そう言われてお絵描きをしていた友達はそそくさと自分の教室へ戻り、私は廊下に立たされたのです。
当時5歳でしたが、私は納得いきませんでした。私はお片付けをして、友達にも何度も片付けようよと促したのに何故私が立たされなければならないのか。
先生には“なぜお片付けできてないの?”と一言聞いて欲しかったです。
そして私は理由をきちんと説明したかった。
何も言えずに1人廊下に立たされ、なんとも言えない感情に押しつぶされそうでした。廊下に立たされるなんて後にも先にもこの時だけです。

当時はムカつくと言う表現は知りませんでしたが、今思えばこれが人生で初めての「ムカつく」という感覚だったのかもしれません。
大人になった今でも忘れられないムカつく出来事です。(ひーちょけり 2022/10/3)

(寸評)おそらく今では「廊下に立たせる」も体罰になって出来ないんだろうなー。
こういう理不尽な怒られ、稀にあったよね。6ポイント。