(49)

ここは自分のまわりのおバカな奴の行動・言動などを紹介するコーナーだ。
なるべく本人を直接見たり本人から直接聞いたものが良いが、信憑性が高ければその友人ぐらいまではOK。もちろん人間じゃなくてもかまわないぞっ。
さぁ、まだ世間に埋もれている貴重なとっておきのバカを紹介してくれいっ!
メールにて投稿は題名「おバカ」で、末尾に自分の名前を入れてね。
ポイントは3ポイント以上〜ーだっ! ダ〜〜〜ッ!!

バンコクでイノブタが散歩



タイ在住の波照間エロマンガ島です。先日のこと、通勤で会社の最寄り駅に下車するといきなり上記の光景を目撃しました。駅前の交差点でイノブタが用を足していたのです。性別はメスのようにも見えます。スカーフをかけられているので野生ではないことは一目瞭然です。すると近くにいたお坊さんが歩き始めると促されたイノブタはこのお坊さんの後をひょこひょこついていくではないですか!このイノブタはお坊さんに飼われているようでした。
それにしてもここはバンコクのオフィス街の中心部、日本で言えば東京丸の内のような場所です。なぜイノブタが散歩していたのかは定かではありません。でもそこはかとないおバカな情緒を感じました。そんなバンコクでイノブタが散歩しているところに出くわした話でした。(波照間エロマンガ島 21/4/6)

(寸評)国によってはペットの好みも違うのかもね。変わった動物をペットにすることがある国ってどこだろうね。6ポイント。

失禁飲み会

数年前の職場の飲み会の話です。
私のいる部署は酒癖の悪い人が見事に集まっており、この日は同僚Aという巨乳美人にみんなが潰されました。
私も途中でAに仕掛けられたワインのがぶ飲み(お店の赤ワインがなくなるまで続いたようです)に巻き込まれて気絶しましたが、ノンアルで参加した人から話を聞くとその後がなかなかすごかったようです。
既婚者の男がふたりいるのですが、片方のIという男がAと肩を組んで近くにある居酒屋チェーンに向かい、もう片方のHという男がAの名前を叫びながらそれを追いかけていたようです。
しかしどれだけ追いかけても追いつけず、なんとHは運転代行を呼びAの車で帰ってしまいました。(その後Aの車で無事?帰宅したHはめちゃくちゃに奥さまに詰められたようです…)
Iはそのあと居酒屋チェーンでAに吐瀉物をぶっかけ、Aがようやく呼んだタクシーのなかでもぶちまけたようなんですが、タクシーのなかの様子は後日Aのスマホに写真が残っており私も見せられました。本当にAは悪い女です。
翌日は全員でおはようございますと一緒に昨日はすいませんでした!と謝りながら職場に入って行きましたが、二日酔いが凄まじくほぼ仕事になりません。Aの上司は二日酔いを理由に早退してしまいました。

かく言う私も偉そうに話していますが、なんとか自宅までたどり着いたとき、部屋の鍵が開けられずアパートの自室の前で失禁して寝ていました。(何故か漏らす瞬間と吐く瞬間は鮮明に覚えてます)
今年度はコロナで残念なことがすごく多かったですが、このような黒歴史を重ねずに済んだのは少し嬉しかったです…。でもその日潰される代わりにAのおっぱいをドサクサに紛れて揉みまくったのはよかったです。(五十嵐アキラ 21/4/6)

(寸評)ちなみに五十嵐アキラさんは女性。男性だと思って読むと、最後のところで引かれるからねー。
まあ、若いうちは酒の失敗、多いよね〜。最近は落ちついた酒しかなくなっちゃったな。ジジジジイ。8ポイント。

くしゃみ二重唱

昔あるサークルにいた女性のことを思い出した。
彼女はくしゃみがユニークだったのだ。くしゃみをすると同時に「はっくしゅーーん!」という声が同時に発声されるの。この「くしゃみ二重唱」とも言うべき音声、なかなかユニークで記憶に残っている。これ、どうして声がいっしょに出てしまうのか本人には聞かなかったが、たぶんわざとではなく自然と声が出てしまうのだと思う。だって、くしゃみ二重唱、わたしは10回以上聞いているから。そんな女性の思い出。(波照間エロマンガ島 21/4/6)

(寸評)たまにいるよね。明らかに「ハックション」と発音する人。6ポイント。

「ふつつかな娘ですが…」と脳内変換された日のこと 〔2002年1月1日、39歳〕

その日は元日でしたが、わたしは例年通り銀座のオフィスに出勤しました。夕方5時頃ひとりで仕事をしているところへ、女性タレントのMTさんが来社されました。前もって社長から連絡があり、MTさんに急須とお茶のセットを差し上げるように指示を受けていたのでお渡しすると、それとひきかえるように「これつまらないものですが」とお年賀をいただきました。となりにMTさんのお母さまもいらして「いつも娘がお世話になっています、これつまらないものですが」ですって。恐縮して受け取ると、お年賀を会社にいただいたのではなくて、私一人がもらったみたいな気分になってしまいました。思わず頬がポーと上気しました。だって

「ふつつかな娘ですがもらってやってください。どうぞよろしくお願いします」

って脳内変換されて聞こえてきたんだもん!!〔爆〕 わたしはその瞬間、MTさんと幸せな家庭を築くところまで妄想してしまいましたよ。なんという都合のいい勘違いでしょう〔笑〕。正月出勤して良かったですー。ちなみにこのタレントのMTさんは某ドラッグストアのCMで話題になった女性で、そこそこの美人でした。その後タレントを辞め当社に入社して同僚になりましたが、それはまた別の機会でお話できれば、と存じます。(波照間エロマンガ島 21/3/16)

(寸評)妄想の中では何でも誤変換して良し! おかずになれば万々歳。5ポイント。

鮎川誠さんからの年賀状

タイ在住の波照間エロマンガ島です。
高校同期で58歳の現在にいたるまでの40年来の親友Aくん宅に行ったときのこと。そのときはタイから正月休暇で日本に一時帰国していて、Aくんの自宅に遊びに行ったというわけでした。
わたしが部屋でごろごろくつろいでいると、Aくんは酒の買い出しの帰り、配達された年賀状をもって戻ってきました。Aくんは一枚ずつ年賀状を確認していたのですが、ある一枚をじっと眺めるととつぜん爆笑しました。「なに、どうしたの?」と私が訊くと、Aくんは黙ってその年賀状をわたしに手渡しました。
「これ、鮎川さんから来た年賀状」とAくん。Aくんはシーナ&ザ・ロケッツのファンクラブの重鎮で、鮎川さんのバースデーパーティーではDJをやるような親しい間柄でした。
「なに、これのどこが可笑しいの?」と私が訊くと、Aくんは「そのHappy New Yearって印刷されてるほうじゃなくて、はがきのおもて面見てみ。」と言いました。
わたしはあて名の書いてある方を見ると、吹き出してしまいました。「わー、なにこれ!」

そこには住所と名前を書いたのを修正液で消して、あらたにAくんの名前を書いていたのです!つまりは誰かに出すためにあて名を書いたはいいが書き損じてしまったので、年賀状がもったいないから修正液で消して再利用したわけですね。わたしは鮎川さんのライブはかなり見に行きましたが会話はしたことはなかったのですが、彼の人間性を垣間見たような気がしました。悪い人でないことだけはわかりました。だって、書き損じの年賀状でも、もったいないから有効活用するんですもの。
そんな鮎川誠さんの年賀状の話、でした。(波照間エロマンガ島 21/3/16)

(寸評)へー。今鮎川さんは友部さんともユニット組んでるんだよねー。6ポイント。

椎名林檎の初期のアルバム

波照間エロマンガ島です。
2000年代に入った頃だったと記憶しています。友人たちと群馬の水上にスノーボードに行ったことがありました。そのときはわたしが三菱デリカワゴンを出して5〜6人のメンバーで行ったのですが、車中で印象的な出来事がありました。
その頃は椎名林檎がデビューしたばかりでわたしはファンだったので、彼女のCDをかけていました。すると助手席に乗っていたSくんがぽつりと一言。「CD壊れてない?なんかノイズが酷いけど・・・」
「はぁー?これって、そういうサウンドなんですけど」とわたしは答えました。「曲中、ホワイトノイズを多くかけてミックスダウンしてるんだよ」と。なんとSくんはカーステレオの再生装置が壊れていると勘違いしていたのです! 亀田誠治氏が編曲しサウンドディレクションを施した最先端の楽曲も「カーステ壊れている」と言われた日にゃ浮かばれないナと思った瞬間でありました。そんな椎名林檎のCDでの思い出です。(波照間エロマンガ島 21/3/16)

(寸評)ビートルズの「アビーロード」を買って、レコード屋さんに「あの、これ音が途中で切れてるんですけど」と替えてもらった自分を思い出した...。6ポイント。

飛び乗り

タイ在住の波照間エロマンガ島です。今から10年ほど前、北部タイのチェンマイに住んでいた頃の話です。チェンマイにはソンテオと呼ばれる乗り合いタクシーがあります。これは1トントラックの荷台を改造して最高10人くらいまで乗ることのできる公共交通システムで、チェンマイでは数年前に路線バスが開通するまでは、数少ない市民の足として重要な移動手段となっていました。チェンマイではこのソンテオの組合の力が強くて、ほかの都市では当たり前に存在する自動車のタクシーやバイクタクシーがなかなか参入できない事情があるそうです。
ソンテオに乗る方法は簡単です。街中を流しているソンテオを手を上げて止めて、ドライバーに行き先を告げ行ってもらう、目的地に着いたら降車したい意思を伝えるブザーを鳴らし、停車したら降車してドライバーに運賃を支払う、それだけです。しかし、ほかにお客さんが乗っている場合はそちらを優先し遠回りすることもあり、急いでいるときには玉に瑕な側面があることも事実です。

ある日わたしは用があってソンテオに乗って旧市街の市場のほうへ出かけました。旧市街に入りかけたとき、少しだけ往来が渋滞し徐行運転になりました。そのとき。
西洋人カップルがいきなりソンテオに乗り込んできたのです! 普通だったらドライバーに行き先を告げなくてはいけないのに、それをせずにいきなり「飛び乗り」したのでした。わたしやほかの乗客は驚きました。けれど、なんとなく声をかけて注意するのが憚られる雰囲気があり、黙って見過ごすことにしました。そうこうするうちにソンテオはワローロット市場に到着し、わたしを含む大部分の乗客は降り、ドライバーに乗車賃を支払いました。すると、その「飛び乗り」した西洋人カップルもソンテオを降りて、皆に倣って料金を払おうとしました。「How Much?」という声が聞こえてきました。ところがドライバーは乗せた記憶のない人から声をかけたので困惑しているようで、やがて飛び乗った事実がわかると、そういう行為は危ないのでしないでくださいと叱責されてました。まぁ旅行者で事情がわからないので仕方がなかったのでしょうけれど、そんなソンテオに飛び乗った旅行客を見た、の巻きでした。(波照間エロマンガ島 21/3/16)

(寸評)知らないと渋滞で止まっていたりすると乗っちゃいそうだね。でも行き先が全然違ってたらどうしたんだろ。あと、逆にお金を払わずに「飛び降り」というのもあるのかな。見たことはないけど。5ポイント。

さんだる

10数年前、副業でしていたキャバクラ嬢の送りの仕事で、親しくしてもらっていたキャバ嬢から聞いた話。
彼女はH○Sの格安ツアーでバリ島旅行に行ったらしいのだが、おまけにもらったビーチサンダルを履いて街を歩いていると、同じビーチサンダルを履いている日本人にやたらと会って、そのたびバツの悪い思いをしたという。同じ格安ツアーで来ていることがモロ分かりだったからだ。そんなことも海外旅行に行けない2021年現在は夢のまた夢のような話。海外は遠くなりました!
〔追伸〕会社の近所のH○Sは旅行代理店としてめちゃくちゃ大打撃を受けているようで、店頭でマンガ本を売ったり、学習塾とコラボして店の面積の半分を塾のスペースに開放したり、いろいろ旅行以外の商売をやっています。本当大変そうです…。(波照間エロマンガ島 21/3/6)

(寸評)LCCも倒産したところあるし、今後はビンボー人には海外は遠い存在になるのかもなあ...。5ポイント。

19cm

大学生の頃の話です。
当時音大に通っており、特に演奏の上手い子だけが出られる演奏会があったのですが、仲の良い友達(Mとします)が出られることになりました。
舞台に登る際のドレスを合わせるために、アンダーバストを聞くと「19cm」とのこと。
アンダーバストとはおっぱいの膨らんでるところのすぐ下をメジャーで測ったサイズです。普通は65cmとか70cmくらいなんですが、19cmは流石に小さすぎ(細すぎ?)です。
どうやって測ったか確認すると、乳首と乳首の間の長さが19cmだったとのこと。
ウチの大学は女子大だったので、誰が広めたのかすぐに噂になり「Mの乳首と乳首の間の長さは19cm〜!!!」とことあるごとにみんな絶叫してました。狂ってますね。

ちなみにMは私より全然巨乳なんですが、私も乳首と乳首の間の長さが19cmで、彼氏も19cmでした。(五十嵐アキラ 21/2/27)

(寸評)俺はたぶん20cm以上あるな〜。なんせ普通のランニングシャツを着ると、どちらかが必ず出てしまうから。必殺、乳首離れ! 6ポイント。

下名の思考回路のおバカ加減について告白する

波照間エロマンガ島@タイランドです。
わたしは一昨年からメイドさんを雇って部屋の掃除をしてもらってます。メイドさんは決まった曜日に来るはずなのですが、たまに連絡なしに予定を変更したりして困ってしまいます。でもそこのところはタイらしいといえばタイらしいので、少々の落ち度は大目に見てあげることにしています。

ある日のこと。その日はメイドさんの掃除予定日でした。わたしは仕事を終え帰宅しました。運悪く帰宅途中から便意が起き、身悶えるようにして部屋にたどりつきました。玄関入ってすぐのところのトイレに飛び込みました。するとどうでしょう。

なんと、トイレの便器には流してない状態のうんこが放置されていたのです!

わたしはそのしゅんかん、メイドさんの顔が浮かびました。「あのメイド、掃除したとき排泄して水を流さずに帰りやがったのかー!」と激怒するわたし。
私は便意がマックスだったのでとりあえず先にトイレに水を流して洗浄してから、便座に座り用を足しました。
そしてトイレから出て部屋に戻りました。するとすぐに異変に気づきました。

なんと、部屋にメイドさんが入った形跡はなく、ベッドカバーは今朝寝起きのままで、キッチンの洗い物もそのままだったのです! つまり、あのトイレにあった流してないうんこは自分のものである可能性が一気に高まったわけなんですね。だってうんこは誰がしたのかわからないから。
数秒のち「流し忘れたのはおれだったのか・・・」と心の中でつぶやくと、わたしは部屋に帰ってきてからの自分の思考回路について反芻しました。

最初流してないうんこを見たときに即座にメイドさんのせいにしてしまった自分って、なんて早合点で浅はかで思慮が足りないのだろう、と落ち込みました。次いでこんなおバカな自分をネタにして「私のまわりのおバカさん」に投稿してやろうとも同時に思いましたね。もう石川浩司さんのサイトには波照間エロマンガ島の黒歴史がえんえんと告白されていくのではないかと思う、今日この頃であります。(波照間エロマンガ島 21/2/27)

(寸評)お詫びに今度そのメイドさんのうんこを食うプレイを...。6ポイント。



トップに戻る